呼吸 さん プロフィール

  •  
呼吸さん: 哲学日記
ハンドル名呼吸 さん
ブログタイトル哲学日記
ブログURLhttp://blogs.yahoo.co.jp/cyqnh957
サイト紹介文仏陀、イエス、ショーペンハウアー。ロックンロール。一日はあっという間に過ぎ去る。
自由文存在の意味について、日々思いついたことを書き綴ったものです。
このテーマに興味のある方だけ見てください。
(とはいえ、最近の関心はヴィパッサナー瞑想実践に集中してますし、途中から懐かしいロックなどもとりあげ、当初の趣意から若干逸脱ぎみです)
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供192回 / 365日(平均3.7回/週) - 参加 2007/11/09 19:35

呼吸 さんのブログ記事

  • 人々は、自由の国に厭きては往年の獣の国にくりかえし戻る
  •  人は(私は)死んでも生きてるんだと。何千年も昔から世界中で、なんど世代が入れ替わっても、人々はこの迷信を鵜呑みにする。日本人も「死んだ人は、あなたの近くにいる」と、千年も前から言い続けている。しかし、何千年続こうと、間違いは間違いだ。 ひとつ質問です。この世界に争いが絶えない原因は何だとおもいますか?(ブッダの真理のことばDh.6 中村 元 訳)から引用します。「われらは、ここにあって死ぬはずのもの [続きを読む]
  • 臆面もなく表白される共同妄想
  • いまさらですが 『おくりびと』「おくりびと」 予告編 もうテレビでもやったから、近所のゲオなら旧作料金50円でレンタルできる。 元ネタ本『納棺夫日記』は大昔読んだが、映画とはだいぶ違う印象だったとおもう(具体的内容はすっかり忘れたが) 国内外で多くの賞をとっただけあって、映画自体はよくまとまっていて良い出来だ。 しかし、根本的なところでとんでもないインチキがあるとおもう。「人は死んでも生きている」妄 [続きを読む]
  • 長い夜(大音量でロックを聴いていた頃)
  • シカゴ。「長い夜」長い夜  シカゴ おれは中学後半から高校にかけて毎日かかさず夜中まで大音量(ヘッドホン)でロックを聴いていた。「次の日を生きるために必要なエネルギーを耳から充電中」って感覚だった。毎夜次の1日分のエネルギーをロックからもらいながら、なんとかその日その日を生き残った。 『一見カラダに悪そうだが、実は健康によい11のこと』にこう書いたあった。「英マサチューセッツ大学の研究チームによると、 [続きを読む]
  • 『長い散歩』『後妻業の女』『永い言い訳』
  • 『長い散歩』 とてもいいんだけど、ちょっとロマンチック過ぎるとこが嫌だ。長い散歩(プレビュー) 『後妻業の女』 原作は読んでない。面白いけど後の漫画版のほうがいい。【映画】後妻業の女 予告集 “特報” 『永い言い訳』 水底が見えないのは深いからじゃなく、濁ってるからだ。映画『永い言い訳』予告編にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ(文字を ) [続きを読む]
  • 思考(強迫神経症)2
  •  8日記事強迫神経症 気がつくと常になにかよそ事を考えているの続きです。 仏教は、迷中の思考を明確に強迫観念とみなしているとおもう。医学的に認知されている強迫観念は患者自身が病気だという自覚を持っている場合が多い。思考(という強迫観念)は最も一般的な症状であるにもかかわらず、医者も含むほとんどの人々は、これが人生を破滅させる恐ろしい病だという自覚をもたない。古今東西、人類の99,9%が常にかかってい [続きを読む]
  • 今日の日々日記
  •  4時頃就寝8時頃起床。 9時過ぎ、安いアメリカ産豚肉ロースとんかつ・ソテー用4枚、醤油と白ワインの液に5分漬け、とんかつに仕立てる。肉の筋切は一切しない。玉子・小麦粉を水は使わず少な目の白ワインで溶いたバッター液を薄くまとわせ、パン粉付け、揚げる。 最初肉が縮んで反らないように低温でゆっくり火を通し衣が固まってから最後180℃で返しながら揚げ終るパターンでカラッと上手く仕上がる。揚げたて4枚一気食い(写 [続きを読む]
  • 探偵ナイトスクープの最近の名作。
  •  探偵ナイトスクープ『ヴィヴィオ君の最期』見た。面白かった。お母さんが良かったし、澤部 佑の対応もよかった。なかなかの名作だと思う。朝日放送・探偵ナイトスクープ 最愛の息子“ヴィヴィオ君”の旅立ちに局長も涙!?より引用します。【内容】1.『ヴィヴィオ君の最期』探偵/澤部 佑埼玉県の女性(36)から。我が家には今年24歳になる「ヴィヴィオ君」がいる。だが、彼は今年の3月に我が家から旅立たなくてはならない運 [続きを読む]
  • 強迫神経症 気がつくと常になにかよそ事を考えている
  •  迷中の思考はゴミだ。悟る前の人間の思考は、どんな立派そうにおもえてもすべて不浄なもので、なんの値打ちもないもの。それを一言で表現すればゴミ。 おれはこの事実に対する信念が全然足りない。それで人生を空費している。 歩きながらでも、車を運転しながらでもヴィパッサナー実践はできるが、ヴィパッサナー実践中の思考は無価値であるだけでなく有害だ。思考はゴミという確固たる信念がなければヴィパッサナー実践は徒労 [続きを読む]
  • 親子丼があるなら親子揚げもあり
  •  以前、親子丼があるなら親子揚げもありだろうとおもってやってみた。これが美味しかったので今でも時々作る。百均グッズ活用で時短する。1.鶏腿肉を適当にカットして百均「チリソース」をポリ袋の中でからめます。2.百均「レンジで目玉焼き」で目玉焼きを作ります。3.目玉焼きを1.のポリ袋に入れて「チリソース」にからめながら適当にちぎります。4.ポリ袋に片栗粉を適量入れて全体にまぶし、ちぎった目玉焼きを腿肉でくるみます [続きを読む]
  • 豊洲問題に現れた日本人の悪癖 空気を読む無責任の体系
  •  昨日車の中で、豊洲移転決定に関する石原慎太郎氏の記者会見を聞いた。「科学者専門家を信頼」「部下を信頼」「浜渦さんに任せきり」「私一人というより行政全体で責任」…なるほど石原氏の言い分にも一理ある。 かって丸山眞男が「無責任の体系」と告発した官僚制の無責任とはこういうことだったか。 戦争の大悲惨を学んだあとも、日本人の悪癖は丸で変わってなかったんだ。 ちょっと昔、皆が場の空気を読むばかりで、事実を [続きを読む]
  • 冷凍フライドポテトでポテサラ作ってみた
  •  おれはときおり、無性にポテサラが食べたい気分になる。さっきその気分になった。生のジャガイモはないが、業務スーパーで買った冷凍フライドポテトがある(1埓波188円)これでいけるっしょ。 フライドポテト250gレンチンして、薄切り生タマネギ、軽く炒めたベーコン、醤油に5分漬けた輪切りキュウリは水気を絞って、白ワイン少々、マヨネーズ、塩胡椒少々、砂糖少々で作り…実食。ポテトの加熱時間が足りずマッシュできてないが [続きを読む]
  • 今GYAO!で怪作『彌勒 MIROKU』が見れます
  •  今、GYAO!で謎の映画『彌勒 MIROKU』が1ヶ月無料視聴できる(2月28日〜3月27日)←リンクあり。謎の映画「彌勒 MIROKU」予告編其ノ一GYAO!解説から引用■内容・ストーリー13歳の少年・江美留(えみる)と友人たちは、自分たちの将来を夢みていた。ある少年は科学者を夢みて、またある少年は詩人を夢み、そして哲学者を夢みる少年たちのなかで、江美留だけは自分の将来がはっきりと分からなかった。ある日、少年たちの一人が突然 [続きを読む]
  • 苦は生ずる時生じ、滅する時滅せん。二の矢を受けず(一切皆苦への至高の態度)
  • (雑阿含経10 闡陀経)より引用苦は生ずる時生じ、滅する時滅せん。(引用終) 釈尊ほどの無我の聖者といえども受苦をまぬがれることはないということだ。ただ最初の受苦に対して一切妄想せず相手にしないだけだ。 同じ雑阿含経に「二の矢を受けない」という教えがある。おれは以下のように解釈する。人生において、失敗は避けられない。避けられない失敗は、実はまだぜんぜん失敗ではない。←一の矢その避けられない最初の失敗 [続きを読む]
  • NHK「空想大河ドラマ 小田信夫」
  • NHK「空想大河ドラマ 小田信夫」 小田信夫?織田信雄のことかな、信雄が主人公なら今までないから珍しいとおもって見てみた。信長だった。いや信長でもないけど。でも面白い。09 11 小田信夫 오다 노부오 第01話 脚本の前田司郎って、以前NHKプレミアムドラマ「徒歩7分」書いた人だ。なにげない日常を描いてる風だけど、なにげなくないし、ヒロインもけっこう非凡で、もうちょっとやると作り物感出すぎて見てられなくなるギリギ [続きを読む]
  • 日米の「幸せなら手をたたこう」
  • ファレル・ウィリアムス 『ハッピー』まさにアメリカ版「幸せなら手をたたこう」だな。Pharrell Williams-HAPPY-日本語訳&歌詞2035 SC ♪ 幸せなら手をたたこう ☆ クリス・ハート,夏川りみ ほか ◇ 160202え!?「幸せなら手をたたこう」って元はアメリカ民謡かよ(この動画のど頭左上に出てる)…知らんかった。アメリカって感じ、ないけど…曲の由来が気になってググったら、大元は中世フィリピンの民謡とのこと(作詞者・早 [続きを読む]
  • 薬物依存はなくならない、排除の論理では解決しない
  •  麻薬覚醒剤に手を染める人はあいかわらず後を絶たない。著名人やタレントが薬物所持使用で逮捕されるたびに、ワイドショーでコメンテーターや世間の反応が流される。短絡的な「もっと刑罰を重くしろ」のワンパターン。「(覚醒剤は)いけません、絶対」の連呼というもう一つのワンパターンがそれを裏から補強する。社会復帰しているおおぜいの元薬物依存者達の存在を無視して、排除の論理ばかり振りかざす。しかし、禁酒法の愚を二 [続きを読む]
  • 「今日を生きよう」「明日を生きよう」どっちが正解?
  • 「今日を生きよう」グラス・ルーツ今日を生きよう [日本語訳付き  グラス・ルーツ]「明日を生きよう」ラズベリーズラズベリーズ 明日を生きよう the Raspberries I Wanna Be With You歌詞見ると、別に言ってないけど、邦題は「明日を生きよう」にされてた。その方が大衆に好まれて売れると判断したからだとおもう。商売人の判断は正しい。そういえば「明日があるさ」って何度もヒットしてる曲もあったな。Re:Japan - Ashita ga a [続きを読む]
  • ゾンビーズ
  •  クールな感じがとてもよかったゾンビーズなんども聴いた懐かしい曲「ふたりのシーズン」The Zombies - Time Of The Season (1969) HQShe's not thereThe Zombies - She's not there (HQ)もう1曲。日本のGS・ザ・カーナビーツがカヴァーしてた「好きさ好きさ好きさ」The Zombies Live 2014 = I Love You = Can't Nobody Love You [= 5/4/2014 - Houston, Tx]そのカーナビーツの「好きさ好きさ好きさ」もThe Carnabeats - suki [続きを読む]
  • 弱い人間が煩悩の流れをわたるために頼れるよりどころ
  •  ウパシーヴァという名の学生が、次のような正直で切実な質問を、ブッダにした。わたしは、 独 (ひと ) りで他のものにたよることなくして大きな煩悩の流れをわたることはできません。わたしがそれにたよってこの流れをわたり得るよりどころをお説きください。ブッダは『そこには何も存在しない』と思うことに依って、煩悩の流れを渡れ。と教えている。 ブッダは、弟子たちに、戯れに口にするどんな些細な嘘でさえ、断固として禁 [続きを読む]
  • 人生最大の悲惨事
  • ひとがこの人生において出会う最大の悲惨事は、道が示されたにもかかわらず、いつまでも第三流の席にとどまって、彼らの存在が結局、自分にとっても他人にとっても真実の価値を持たずに終わる場合である。(ヒルティ幸福論第二部「教養とは何か」 草間平作・大和邦太郎訳) ヴィパッサナー実践。これだという確信がある。 にもかかわらず、いざ始めると、あいかわらず雑念に障えられ、ヴィパッサナーがすぐ切れてしまい、今今今 [続きを読む]
  • 黒い戦争
  • エドウィン・スター。「ウォー/黒い戦争」 この動画いいね!曲の良さに映像のプレゼン的アイデアがプラスされている。Edwin Starr - War (What Is It Good For?) 戦争で金を儲け平和になると儲からなくなる者達にとって、戦争は明らかに望ましいものだ。しかし戦争が次々起こり平和が来ない真の原因は彼らではないことに気づかないと、戦争がやむことは決してない。 戦争の真の原因は、ごく普通の人々が「自分は死んでも生きて [続きを読む]
  • フランス・ギャル 名前が変
  •  名前からしてフランス・ギャルだからね。日本花子みたいなもんか。今ならこんな芸名、日本でもかっこ悪い。でも当時は誰も変な名前だと気づかなかったんじゃないか。まじフランス人形みたくかわいかったし。日本人のフランスへの憧れの気持ちが今よりずっと強かったからだ。「夢見るシャンソン人形」France Gall - Poupée de cire, poupée de son (1965) Stéréo HQFrance Gall - Laisse tomber les filles 1964 HD (Tele Mel [続きを読む]
  • 訃報 青山ミチ
  • 「恋はスバヤク」 青山ミチは一度耳にしただけで強く印象に残って忘れられない歌い手だ。当時、パンチのある歌声で弘田三枝子と双璧だった。 生きるのが下手な人だったとおもう。青山ミチ Aoyama Michi 恋はスバヤク koi wa sabayaku「ミッチー音頭」 この名曲。名歌唱。 昔聞いたとき、すごい迫力だったけど、今聴くと、ミッチー、けっこう軽く流して歌ってる。ちょっと意外。でも野太い力強さが伝わってくる歌いっぷりだ。当 [続きを読む]
  • 昔のピコ太郎?トニー谷
  •  ミュージシャンとしての確かな才能に裏打ちされた植木等の軽快な歌いっぷりは素晴らしいと思う。 しかし、この道にも何人かの先駆者がいた。中でも、かる〜い曲の極めつけはトニー谷でしょう。そろばんを楽器代わりに鳴らして「あなたのお名前なんてえの」とやってるのを、昔テレビで見た気がする。 そして今、この道を見事に体現してるのがピコ太郎だと思う。なんか風貌もちょっと似てるし。時の人トニ谷ざんす!PPAP(Pen-Pi [続きを読む]
  • 神と悪魔が天使達の前で夫婦漫才やってる
  •  ネットからダウンロードしたヨブ記.MP3を聴く。 神と悪魔は、大勢の天使の前で夫婦漫才やってるようなもんだ。 舞台でどつき合っても楽屋じゃ仲がいいと思う。 この何千年も続く長い漫才のネタのために操られる人間は堪ったもんじゃない。にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ(文字を ) [続きを読む]