ケント さん プロフィール

  •  
ケントさん: 福井県大好き!!
ハンドル名ケント さん
ブログタイトル福井県大好き!!
ブログURLhttp://nipponn-daisuki.seesaa.net/
サイト紹介文全国に福井県のことをもっと知ってもらうために書いています。
自由文福井は全国で最も知られていない県です。
この認知度を少しでも向上させるために、書き続けています。




参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供266回 / 365日(平均5.1回/週) - 参加 2007/11/11 20:14

ケント さんのブログ記事

  • 屋根の修繕(刺し茅)の準備
  •  来週に屋根の補修が行われます。 予算がないので毎回行うという訳にはいかないんですが、今年は私が管理している家で行われます。 先日トラックで足場材が持ち込まれました。   雨が降ってたんですが、家の周りに足場が組み立てられました。   茅葺きの屋根は急で直接屋根には登れないので、足場を確保するために櫓を組みます。 style="display:block" data-ad-client="ca-pub-0456478953514167" data-ad.. [続きを読む]
  • 三田村和男展 (ギャラリー喫茶サライ)
  •  色彩の画家 三田村和男さんが福井市で個展を開いています。 場所はギャラリー喫茶サライ。  入口に、ちょっと見え難いですが案内があります。  中に入るとちょうど新聞社の方とお話ししていました。    取材が終わった後写真を撮られていました  近じか新聞に記事が載るかもしれません。 style="display:block" data-ad-client="ca-pub-0456478953514167" data-ad-slot="7333022837.. [続きを読む]
  • 空印寺
  •  小浜市にある空印寺には人魚にまつわる言い伝えが残っています。 若狭国を治めた京極氏が菩提寺「泰雲寺」を建立し、京極氏の松江転封後に若狭小浜藩藩主となった酒井氏により建康寺(のちに「建康山空印寺」に改められる)が建立され今日に到ります。 お寺であることは石柱でぼんやりと分かります。    進んでいくと山門があります。  本堂  敷地内には、人魚の肉を口にして800歳まで生きたという八百比丘尼が、その [続きを読む]
  • 柿の摘果講習
  •  今庄の特産品である吊るし柿は県内で有名です。 しかし、後継者不足から柿畑は放置されているのが現状です。 その理由の一つに柿の不作豊作の差が大きく、また作業が一時期に集中することもその理由の一つです。 終了が言っていすれば作業の計画も立てやすくなるので、後に続く若い人も増えると期待されます。 収量の一定化と品質確保に向けて先日摘果作業の講習が行われました。 会場は吊るし柿組合員の柿畑で行われました [続きを読む]
  • 高成禅寺
  •  小浜の三丁目町の近くにある高成禅寺。 ちょっと隠れているため見つけ難いんですが・・・・・。 三丁町を散策している時に見つけました。 高成禅寺はご本尊は千手観音菩薩。 暦応2年(1339)に足利尊氏の命を受け諸国に建立した安国寺のひとつ。  康永3年(1344)に炎上焼失したため若狭国守護の大高重成が高成寺として再興した。 寺号は大高重成の名に由来するそうです。   堀の前には解体新書の翻訳で活躍した中川淳 [続きを読む]
  • 旧岡本家住宅
  •  福井各地に残っていた茅葺き屋根の家。 その代表的な家を集めて移築した場所が福井市内にあります。 場所はおさごえ民家園。  入園料100円を支払って入りました。 最初に見学したのが旧岡本家住宅。  屋根は最近葺き替えたようで、きれいな直線の屋根でした。 入ったところは玄関ではなく勝手口だったようで、いきなり竈(かまど)が見えました。  土間に置かれているので、これだと火事になる心配はありません。 馬 [続きを読む]
  • 三国ラベンダーファーム
  •  女性に人気のラベンダー。 ラベンダーと言えば北海道が有名ですが、福井県内にもラベンダー畑はあります。 そのラベンダーが見頃になってきたので見に行ってきました。 場所は坂井市。 今庄からは遠いんですが、行ってきました。  この畑は砂地で栽培にはちょうどいいそうです。 綺麗に直線に植わっています。  1株にこんなにたくさんの花をつけます。  道路の向こうにも畑があります。  まだ小さな株が植わってい [続きを読む]
  • 熊川宿
  •  若狭街道の宿場だった熊川宿。 小浜から今日に海の幸を届けるためにこの宿場を利用し、たいそう栄えました。 その宿場の面影が今でも宿のあちこちに残っています。 宿の入り口に立つ常夜塔  道沿いの家々が時代を感じさせます。    宿場の地図   宿の中を流れる小川    谷川の水を宿の中に引いて生活用水として利用しています。 style="display:block" data-ad-client="ca-pub-0456478953514167" da [続きを読む]
  • 名水手打ちそば お清水
  •  大野氏は至る所に湧水がわいています。 中でも有名なのがお清水。   ここでは野菜を洗
    ったりして有効に利用しています。 水がわき出ているところには柄杓が置いてあって飲むこと
    が出来ます。     そのお清水の近くにお蕎麦屋さんがあります。  style="display:block&q
    uot; data-ad-client="ca-pub-0456478953514167" data-ad-slot="7333022837" data-ad-format=.. [続きを読む]
  • 九頭竜新緑まつり
  •  5月20,21日に行われた九頭竜新緑まつりに行ってきました。 山ん中の今庄に住んでいるので新緑は身近にありますが、お祭りは無いので行ってきました。 駐車場の近くにはトロッコ電車が運転していました。  駐車場(裏側)から入って行きました。  大野市の美味いもんが並んでいました。  見上げると新緑がまぶしいです。  今が旬の山菜が並んでいます。    style="display:block" data-ad-client="ca-pub-0 [続きを読む]
  • 若狭国分寺
  •  奈良時代に聖武天皇の勅願で全国に建立された国分寺のひとつで、国 の史跡に指定されています。 釈迦堂には、大きな釈迦如来坐像が、薬師堂には鎌倉 時代の作の木造薬師如来坐像が置かれていますが見ることは出来ませんでした。 国道27号線から少し入ったところにありました。 他の寺院と比べると随分小さいと感じます。     発掘調査から当時は瓦屋根ではなく茅葺きの屋根だったんではないかと言われています。  それ [続きを読む]
  • 旧長浜駅舎鉄道資料館
  •  観光ボランティアガイドでは今年度から滋賀県の長浜までガイドを行うことになりました。 それで一度は見ておかないと・・・・、という声で長浜までガイドも兼ねながら行ってきました。 これが旧長浜駅舎鉄道資料館です。  その当時湖西線や東海道線の線路は敷かれていなかったために琵琶湖には汽船が運航していました。  その時の名残りです。 館内に入ると当時の資料が並べられています。     パンフレットにミニ新 [続きを読む]
  • 多田寺
  •  久しぶりに小浜に行きました。 会社勤めをしていた時には小浜は近くだったので良く行ったんですが、辞めてからは数えるほどしか行ってませんでした。 街並みはさほど変わっておらず、記憶を取り戻すのにそんなに時間はかかりませんでした。 国道27号線で舞鶴方面に向かって走ると看板が多田寺の方向を示しています。 その看板通りに素直に走ると多田寺の小さな山門があります。  近くに車を停めて歩いて行くと大きな本堂が [続きを読む]
  • 三方石観音
  •  弘法大師が若狭に布教の際、三方五湖を一望できる雲谷山山麓の花崗岩に一夜で彫ろうとしたが、完成する前に一番鶏が鳴いた為、右手首が未完成のまま下山した。 このことから片手観音とも呼ばれている。 手足の病にご利益があるとされ参拝者がたえない。御手足堂には参拝者が御手足型とよばれる木で作られた足や手を借られる。 また治癒した後は返納し奉納された木製の御手足型が積まれている。 このような言い伝えが残る三方 [続きを読む]
  • バスツアー(今庄宿とアカタン砂防堰堤群)
  •  南越前町では旧北陸線トンネル群と今庄宿を活用したバスツアーが始まりました。 いくつものルートが観光会社によって作られています。 先日その一つのルートを案内しました。 今庄のアカタン砂防群と、北陸線トンネル群を案内しました。 アカタン砂防ではボランティアの人が歴史を説明してくれました。  川沿いの林道を上ってよく見えるところまで行きます。  奥の東堰堤  アカタンに残る砂防の特徴は水の流れを川の片 [続きを読む]
  • 若狭塗
  •  福井県には漆器の産地が二つあります。 一つは鯖江市の越前漆器で全国的にも有名です。 もう一つは小浜市の若狭塗です。 若狭塗は越前漆器と違って貝や卵の殻を用いて模様を作ることです。 お菓子入れ    塗った漆器の上に貝殻や卵の殻を張りつけて、更に漆を塗って磨き上げると模様が浮かび上がってきます。 中は普通の漆が塗られています。  もう一つのお菓子入れ  若狭塗りに出会ったのは、たまたま入ったリユー [続きを読む]
  • 木の本地蔵院
  •  国道365号線を滋賀県の方に下って椿坂峠を越えていくと木之元に着きます。 ここは北國街道と北國脇海道が交わるところで宿場町として栄えました。 北國街道沿いに建っています。  地蔵菩薩大銅像  途中にある毘沙門天  奉納瓦  屋根の修繕が行われるようです。 木之元のお地蔵さまはこんな効用があるようです。  ここでお祈りをします。   お賽銭を入れて・・・・、   [続きを読む]
  • 蓮如上人御影道中
  •  毎年、4月17日〜23日までの「御下向」(真宗本廟〜吉崎別院)と5月2日〜9日までの「御上洛」(吉崎別院〜真宗本廟)が蓮如上人御影道中と呼ばれています。(4月23日〜5月2日までは、吉崎別院にて御忌法要が勤まります) 吉崎御坊で10日間の法要を終えられた護影像を車に載せて京都まで運ぶ途中に今庄にも立ち寄られるのですが、その蓮如上人御影道中に偶然に遭遇しました。 ある集落に入る入口でしばしの休憩をとっていました [続きを読む]
  • 越前漆器まつり
  •  越前漆まつりが鯖江の漆器会館で行われ、行ってきました。 このお祭りは毎年行われているんですが、今年もお天気に恵まれ人出も多く盛況でした。 ここが会場の入り口です。  芝生の広場にテントを建てて各お店の自慢の品々を並べていました。    お祭りには美味いもんが付きものです。  [続きを読む]
  • 愛発船川の里
  •  その昔、北陸の産品を京に運ぶために川を利用していました。 川に船を浮かべて川上に運んでいたようです。 その福井県側の船着き場が敦賀市の愛発地区に残されています。 鉄道産業遺産のツアーで行きました。 地区の中を流れる小さな川ですが、水量が多いです。   これだと船を引くのにもいいですね。 新しく整備された愛発船川の里   [続きを読む]
  • 京藤甚五郎家
  •  今庄宿に残る家屋には袖鵜建があるものが多く残されています。 袖鵜建は隣からの延焼を防ぐためのものですが、特に京藤甚五郎家の袖鵜建は泥で覆われて燃えにくく作られているので有名です。    中に入ると左側に庄屋らしく帳場台が置いてあります。  大きな自在鍵がある囲炉裏  今庄宿に残る家屋は間口が狭く、奥行きが長い構造になっています。  留守番をしていたので、パソコンが写りました。  天神様  今庄で [続きを読む]
  • 鉄道産業遺産 樫曲トンネル
  •  明治時代北陸に蒸気機関車が走っていた頃、北陸トンネルはまだ造られてなく、線路は海岸線を縫うように走っていました。 そんな時代に造られたトンネル群が今庄側と敦賀側にいくつも残っています。 当時はレンガや石を積み上げて内部を補強していました。 敦賀の樫曲地区に短いトンネルが残っています。  今ではもう使われなくなりましたが、すぐそばには旧線路は国道になっています。 トンネルがある場所    トンネル [続きを読む]
  • 越前そば 西村屋
  •  福井県ではお蕎麦屋さんが多く営業しています。 そのお店の多くは郊外にあるので車でなければいけないところが多いです。 駅前は歩いて行けますが、やはり車が便利です。 今回お邪魔したのは、国道8号線沿いにあるお蕎麦屋さんです。 越前そば 西村屋。  駐車場もそれなりの広さで、難なく停められます。 ただ駅からはちょっと遠いので、車で来られるお客さんが主だと思います。 お蕎麦屋さんには囲炉裏が似合います。 [続きを読む]
  • 竹田の里 しだれ桜まつり
  •  竹田地区のしだれ桜は有名です。 毎回この時期になると大勢の観光客が訪れます。 あまり
    にも多くの人が訪れるので土日は避けるのが賢明ですね。  竹田川沿いにしだれ桜の並木道が
    続いています。     しだれ桜は覆いかぶさってきますね。  style="display:block"
    data-ad-client="ca-pub-0456478953514167" data-ad-slot="7333022837" data-ad-format="au.. [続きを読む]
  • 丸岡城の桜
  •  丸岡城の周辺は、日本庭園式公園の「霞ヶ城公園」として整備されており、歴史的・文化的資源を有効に活用している公園として、「日本の歴史公園百選」に選ばれています。 丸岡城天守閣を取り囲むようにソメイヨシノが植えられているこの公園は、「日本さくら名所100選」にも選ばれていて、桜が満開の頃は、桜が作り出す霞の中に丸岡城が浮かんでいる幻想的な風景や、夜間ライトアップされた丸岡城や桜を楽しむことができます。 [続きを読む]