ケント さん プロフィール

  •  
ケントさん: 福井県大好き!!
ハンドル名ケント さん
ブログタイトル福井県大好き!!
ブログURLhttp://nipponn-daisuki.seesaa.net/
サイト紹介文全国に福井県のことをもっと知ってもらうために書いています。
自由文福井は全国で最も知られていない県です。
この認知度を少しでも向上させるために、書き続けています。




参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供275回 / 365日(平均5.3回/週) - 参加 2007/11/11 20:14

ケント さんのブログ記事

  • 北陸本線トンネル群バスツアー
  •  26日に行われた今庄鉄道物語に杉津までのミニツアーが行われました。 参加者は20名だったんですが、その様子をお届けします。 通常は今庄駅から出発するんですが、今回は今庄サイクリングターミナル前から出発しました。  最初に停まる山中真号所跡   ここにはスイッチバックがあったところです。 山中トンネル前  トンネルが二つ見えますが、左側はスイッチバックで入るトンネルです。  style="display:block" [続きを読む]
  • 今庄鉄道物語
  •  今庄プロジェクトの一環として今庄駅とSLデゴイチがリニューアルされたのを記念して、3月26日に今庄鉄道物語が行われました。 会場は今庄駅前とデゴイチが置いてある今庄サイクリングターミナル前で行われました。 これがリニューアルされた今庄駅です。  会場には大勢の人が訪れていました。  会場にはお土産が並んでいました。   定番の焼き取りと鯖の丸焼き   今庄駅に併設されている案内所の入り口  今庄宿 [続きを読む]
  • 長浜鉄道スクエア
  •  今庄発のバスツアーが出来ます。 目的地は明治時代に作られた今庄と敦賀間に残っているトンネル群と鉄道施設。 そして最終目的地は長浜市と京都市。 先日、今庄観光ボランティアの会員と観光ルートをバスで巡った後、長浜にある長浜鉄道スクエアに行ってきました。 これが長浜鉄道スクエアの建物です。  旧長浜駅舎 入口に大きな文字を刻んだ石が置いてありますが、これはトンネルの名前が彫り込んであって各トンネルの上 [続きを読む]
  • 観光バス お初のお目見え
  •  南越前町が力を入れている観光。 今庄には旧北陸トンネル群がよく保存されて残っています。 それもただのトンネルじゃなくて明治時代に作られたもの。 レンガ造りや石造りのトンネルが残っていて今でも生活道路として使われています。 そのトンネル群を散策するツアーが最近人気があるようです。 全行程を歩くと何時間もかかるので、バスで要所要所をめぐるツアーのために町がバスを購入しました。 24日はそのお披露目があ [続きを読む]
  • ガイド研修
  •  旧今庄町から敦賀市にかけて残るトンネル群。 このトンネル群が旧北陸線トンネル群として国の登録有形文化財として登録されています。 このトンネル群に最近訪れる人が多くなってきて、町でも活性化の一環として案内できるのではないかと考えています。 ボランティア協会も案内できる人間を増やしていこうということで、今回バスツアーで巡るルートを見に行ってきました。 全コースを歩くと時間がかかり過ぎるので、バスで廻 [続きを読む]
  • 門前町 大通寺
  •  大通寺の参道には門前町があります。 そんなに大きな門前町ではないんですが、いろんなお
    店が出ています。 お寺の山門から見た門前町  中を少し歩いてみます。    いろんなお
    店が並んでいます。 振り返ると・・・・・、  向こうに山門が見えます。 style="display:b
    lock" data-ad-client="ca-pub-0456478953514167" data-ad-slot="2695843632" data-ad-forma.. [続きを読む]
  • 真言宗大谷派 長浜大通寺
  •  滋賀県の長浜市にある大通寺に行ってきました。 今庄ボランティア協会の研修として行きました。 今庄と敦賀間に残る鉄道トンネル群が遺産に登録されたので、ボランティア協会としてもその歴史を説明する人を養成するためです。 今庄のことでさえうまく説明できない(知らないから)のに、ましてや他県のことまでガイドとしてしゃれることが出来るのか疑問ですが・・・・・。 立派な山門が迎えてくれました。   彫り物も立派 [続きを読む]
  • 東尋坊
  •  春のある晴れた日に東尋坊に行ってきました。 訪れた日はお天気も良くて、風も無く、ぽかぽかと暖かい日でした。 東尋坊タワーが見えます。  ここから入って行きます。 英語と中国語が書いてある!!  それにしてもぎょうさんのお客!! 海が見えます。  以前はこんなに人は多くなかったんですが・・・・・。 柵まで来ると下に遊覧船が浮かんでいました。  style="display:block" data-ad-client="ca-pub-04 [続きを読む]
  • 越前かに感謝祭
  •  3月18(土),19日(日)にかけて越前町の道の駅越前で行われた越前かに感謝祭に行ってきました。 カニの漁期に入ったすぐ後に行われるカニまつりは知っていたんですが、このお祭りは初めて知りました。 3月20日に漁期が終わるので、それに合わせたお祭りです。 会場には12時前についたんですが、すでに人でいっぱいでした。  ステージではカニのむき身コンテストが開かれていました。  人だかりでよく見えません!! 外 [続きを読む]
  • そらば亭
  •  国道8号線にある蕎麦屋の看板が気になっていました。 いつか行こうと思ってたんですが、ちょうど福井に行く途中の右側にあるので、なかなか立ち寄れませんでしたが、やっと行けました。  お店の名前はそらば亭。  そらば亭という意味が分からないんですが、とにかく暖簾をくぐってお邪魔しました。 ちょうどお昼時だったので、お店全体の写真は撮れませんでした。 このお店は以前お寿司屋さんだったそうで、その名残が残 [続きを読む]
  • 新「SLバス」誕生記念
  •  明治時代に作られたトンネル群が産業遺産に指定されてから訪れる人が増えています。 中京方面や関西方面から大型バスに乗って1000人もの人が訪れるようになりました。 それとは別に電車を利用して訪れる人もいます。 そんな方々のために町がバスを購入しました。 それがSLバス。 先日、今庄観光ボランティア協会に属する人が観光コースをバスに乗って廻ってきました。 行先は滋賀県の長浜と京都。 一日だけでは話す内容 [続きを読む]
  • 今庄鉄道物語
  •  来る3月26日(日)に今庄サイクリングターミナル前と今庄駅周辺で今庄鉄道物語が行われます。 このお祭りは今年初めてのものなんですが、SLデゴイチと今庄駅のリニューアル記念として行われるものです。 また、明治時代に作られた国鉄時代に掘られたのトンネル群を散策するためにバスを購入しました。 そのバスもお披露目される予定です。  SLデゴイチゾーンでは  特設ステージイベントが12時から2時半まで行われます。 [続きを読む]
  • 枡田屋光生作品展
  •  鯖江まなびの館で枡田屋光生さんの作品展が開かれています。 期間は3月7日(火)から12日(日)まで。 同時に陶芸教室の生徒さんの作品も展示されていました。 右が枡田屋光生さんです。   左は画家の三田村和男さんです。 入口には大きな割れた壺を花器として使っていました。  枡田屋さんの作品です。   style="display:block" data-ad-client="ca-pub-0456478953514167" data-ad-slot=".. [続きを読む]
  • 国道から見る板取
  •  板取の宿は国道365号線のすぐ横にあります。 ただ建ってる場所が崖の上なのでなかなか気付きません。 歩いて5分もかからないのですが、あまり歩くかなくてもいいので気軽に訪れられるんですが・・・・・。 道のすぐ上にあるのが分かると思います。  垂直な崖の上にあります。 今は冬なので木々の枝の葉や草が育っていないので良く分かりますが、夏になると葉っぱで覆われて見え難くなります。  板取宿は国道沿いにあるの [続きを読む]
  • 会社訪問 ㈱福岡
  •  祖父が興した会社を引き継ぎ、日本全国に顧客を持つまでに発展させた会社が鯖江市にあります。 会社は鍛冶屋から始まりました。 初めは鍬や鎌などを作っていたのでしょうか。 後には農業作業場等を請け負うようになり、工場を移転して発展して来ました。 株式会社 福岡さんに見学に行ってきました。 大きなクレーンが目印です。  看板には社員さんの募集の文字が見えます。 事務所  安全ヘルメットをかぶって現場に・ [続きを読む]
  • 近づく板取の春
  •  平地では雪がほとんど消えましたが、まだ板取には雪が残っています。 この雪も雨が降れば溶けるスピードも速くなります。 そんな雨が続いています。 良いお天気です。  小さな小川の廻りも溶け始めました。    まだ解けた部分は少ないですが、道が見てています。  屋根の下にはそげ落ちた茅が見えます。  雪が降って屋根雪が落ちると屋根の茅の弱った部分がそげ落ちてきます。 その部分は腐っているので落ちるのは [続きを読む]
  • 勝山差議長(番外編)
  •  差議長櫓の上で踊る仕草は勝山差議長の特徴です。 子供も大人と同じような着物姿で踊るのが特徴です。 踊り終えた子供たちは街中に出て、そのままの格好で屋台で遊びます。 その姿はやはり子供らしく、お祭りに色添えをしてくれます。 そんな姿を追いました。   華やかな着物を着ていますが男の子です。  こちらは女の子  やはりお菓子が気になります。 人混みの中で・・・・・。  こちらも気になるのはお菓子です [続きを読む]
  • 雨漏り
  •  茅葺き屋根の家の大敵は雨漏り。 屋根材が茅(ススキ)なので仕方がないんですが、時間が経つとどうしても腐ってきます。 そして、雪も茅を痛めます。 屋根から雪が落ちる時に茅も落ちてしまいます。  これは茅と雪が凍るからです。 家に住んでいていつも火を焚いていれば腐るスピードも遅くなるんですが、住んでいないとどうしても腐るスピードは速くなってしまいます。 私が管理している家もいつ屋根を葺き替えたのか分 [続きを読む]
  • 勝山差議長まつり
  •  奥越に春を告げる勝山差議長まつり。 今年は2月25,26日に行われました。 差議長櫓は町内に12基建てられていて、その上で長襦袢をはおった大人や子供たちが太鼓や三味線の音に合わせて舞い踊る舞台です。 沢区の櫓  子供たちの舞い踊り   空には赤、緑、黄の短冊が風に踊っています。  作り物の展示  なに似せたんでしょうか? 出番を待つ子どもたち  風刺のきいた絵行燈  大人と子供の共演   style="dis [続きを読む]
  • 武家屋敷旧田村家
  •  大野城の周りには武家屋敷が二棟残っています。 一つは旧内山家住宅、もう一つは旧田村家住宅です。 どちらも大野藩の家老を務めた家柄で、当時の面影をよく残しています。 今回は旧田村家住宅を訪れました。 まだ雪が残っている時期に訪ねました。  門から奥まったところに玄関があります。   玄関をくぐると・・・・、  広い土間があります。 板張りと畳が敷かれています。  天井が高く梁もしっかりしています。 [続きを読む]
  • かんきち
  •  お昼に初めて行ったお店です。 お店は鯖江市の西縦幹線十幹線沿いにあります。 名前はかんきち。  中に入ると・・・・・  長い廊下があって・・・・、 カウンター席とテーブル席があります。   みんなでワイワイと行ったのでコースは何かは分かりません。 出てきたお料理。  最近は郊外型のお店が多く出来てきて寄りどりみどりです。 こんな傾向は消費者にとって大変便利ですが、お店側にとっては料理の種類を考え [続きを読む]
  • 小春日和の板取
  •  2月も中頃になると寒さが緩んできます。 時折暖かい空気が南からやってきて春の準備を告げます。 積もった雪も太陽を感じて少しづつ緩んできました。 板取にも春は確実に訪れようとしています。 冬の空らしからぬ雲が流れていきました。  水も緩んできてよく雪を溶かしてくれます。  屋根から落ちた雪に茅が混ざっています。  今年は刺し茅をした方がよさそうです。 style="display:block" data-ad-client="c [続きを読む]
  • たくらかまくらまつり
  •  山間の小さな集落で行われた小さなお祭り。 たくらかまくらまつりに行ってきました。 この場所は明治時代に大雨が降って集落が消滅したところでもあります。 何とも素朴な看板です。  入口にはイノシシの肉が焼かれていました。    後で知ったんですが、ここでは全部振る舞いで食べられました。 つまりタダだったんです。 広場には大きなカマクラが作られていて、横には穴が掘られていました。  カマクラの横では餅 [続きを読む]
  • 田楽能舞(池田町)その2
  •  あまじゃんごご       田楽の3番目。3人で、カラフルなシャグマを着け、びんざさらを鳴らしながら、太鼓に合わせて「ヤ アンハー」の掛け声とともに舞台を右に3回り、中央に入って、最後反対に1回りして終わる。 あま        田楽の4番目。前半は、チリと中啓を持って、田遊びのような詞章を述べる。 後半は、チリを鈴に持ち替えて舞う。 style="display:block" data-ad-client="ca-pub-04564789 [続きを読む]
  • 田楽能舞(池田町)
  •  鎌倉時代から伝わるという「水海の田楽能舞」はこの地に受け継がれて750年。 鎌倉幕府の執権であった北条時頼が全国行脚の折、雪で立ち往生し、水海で越冬した際に村人たちが「田楽」を舞って慰めたところ、時頼が返礼として「能舞」を教えたのが始まりと伝えられている。 毎年2月15日、ピンと張りつめた空気の中、古式のしたがって田楽四番と能楽五番が厳かに奉納されます。 観客を幽玄の世界へと誘う、池田町が誇る伝統行事 [続きを読む]