mario030303 さん プロフィール

  •  
mario030303さん: 自分探しの世界旅
ハンドル名mario030303 さん
ブログタイトル自分探しの世界旅
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/mario030303
サイト紹介文美しい自然と安らかな時間を求めて
自由文 万物、皆誰も、無意識のうちに自然に生き、自然を愛し命を楽しもうとしている。 自然の眼と向き合った瞬間、私は自分の命に感謝する。 そして、そんな瞬間を求め続けるのが自分の命の源であると気ずいた。 さあ此れからどんな瞬間が待っているのだろう。 命を澄まし自分探しの世界の旅へでかけてみる。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供877回 / 365日(平均16.8回/週) - 参加 2007/11/16 20:25

mario030303 さんのブログ記事

  • 桃岩展望台にて
  • 花の浮島礼文島の人気NO1は 桃岩展望コースを歩き花々をめでることだろうか。だが 見渡す限りの深い霧に覆われて、如何することもできない。訪れたハイカーも途方に暮れて残念無念・・・・。 [続きを読む]
  • 霧の花の浮島
  • 利尻島へのフェリーの出港まで時間があったので、礼文の花々に出会おうと山間に向かってみた。霧深い山間に 運の悪さを実感してみる。そりゃ 前行くハイカーも同じ思いだろうな・・・・。 [続きを読む]
  • さいなら星観荘
  • 三泊した星観荘にさいならをする。よくよく歩いた花の浮島だが 礼文島北端にある星観荘は絶好のロケーションだった。機会があれば 次回も世話になるだろうな。あの日の朝も 霧に塗れたのは残念至極ではあるが・・・・。 [続きを読む]
  • 礼文島 星観荘の夕食
  • 昨日につずきよく歩いた一日だった。往復4時間の礼文島頂上への道、そして登山口から船泊まで3時間歩いたことになる。星観荘の夕食が憩いのひと時であったことは間違いない。エネルギー補給には 温かい食事が何よりだな・・・。 [続きを読む]
  • 久種湖通過
  • 礼文岳下山後 沿岸を歩きゆるやかな起伏を下ること3時間で久種湖畔が見えてくる。小さな浮き島なれど、自然の働きでこのような地形ができるとは驚きだ。さざ波がたち風が強くなってきた。 [続きを読む]
  • 礼文の沿岸風景
  • 礼文島名物といえば ウニだろうか。確かに沿岸を行けば、ウニ漁に欠かせない小舟が小休止している。日中 見かけなかったので朝方や夕刻が忙しいのかもしれない。暫しの休息の時間が、私の繁忙期であったようだ。 [続きを読む]
  • カモメよカモメ
  • 礼文岳を下山すれば、目の前には礼文の海が広がっている。便数の少ないローカルバスは行ってしまっていた・・・・。さすがに3時間は待てないので、北に北に沿岸を歩くことにせざるを得ない。カモメは好いよね、空が飛べるから。 [続きを読む]
  • ああ イチジク
  • 雨の夏に イチジクが戸惑っているかのように、青い実をつけている。強い夏の日差しが欲しいところだろうに、このままだと大きく熟さないかもしれないな。恨めしい 雨の夏のつずく関東地方です。皆様よい一日を。 [続きを読む]