リボンの父 さん プロフィール

  •  
リボンの父さん: リボン日記
ハンドル名リボンの父 さん
ブログタイトルリボン日記
ブログURLhttp://moon.ap.teacup.com/ribbon/
サイト紹介文映画、本、車、バイク、スポーツなどいろいろな出来事についてライトに綴ったブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供33回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2007/11/17 13:35

リボンの父 さんのブログ記事

  • SCOOP!
  • 福山雅治さん主演の2016年10月公開の映画芸能ゴシップネタばかり狙うパパラッチ。ありとあらゆる方法でスクープ写真を狙う。そんな、パパラッチの都城静役を福山雅治さんが演じる。実は、都城は20世紀最大の戦場カメラマンとして知られた故ロバート・キャパ(実在の人物)に憧れ、報道カメラマンになり、数々の報道スクープを取ってきた実績のある敏腕カメラマン。しかし今は芸能スキャンダルネタ専門のパパラッチと言う設定。そ [続きを読む]
  • ニューアルバムリリース
  • たまには、しばじゅんの事書かなきゃね。2年半ぶりに新しいオリジナルアルバムがリリースされます。https://www.shibajun.jp/schedule/new-release/ニューアルバムのタイトルは「私は幸せ」え?え?と二度見。ざ落ち込みソング、失恋ソングのシンガーソングライター&綺麗なお姉さん代表のしばじゅんが、「私は幸せ」そうなんだ、幸せなんだ。きっと電話の耳元で『どうした?』と言ってくれる、腕に血管が浮いている、包容力満載 [続きを読む]
  • 22年目の告白ー私が殺人犯ですー
  • 遅ればせながら観ました。観たかったから。最後までどうなるんだ?と思って観てました。ひきこまれました。最後まで書くとネタバレるのでここでは書きません。韓国の2012年の映画『殺人の告白』のリメイクだそう。どこまで元の内容に沿ったのか気になりましたね。映画の時間制限の中では、やはり足りないなと思うところもあったりしました。監督:入江悠脚本:平田研也・入江悠原作:主演:藤原竜也、伊藤英明   仲村トオル、夏 [続きを読む]
  • 銀魂
  • 銀魂観たよ全身ギャグ映画なのに、いやだからこそ、作りに妥協も、手抜きもなし。漫画検索で、ギャグものって映画化するとどうしてもダレる。テンポが違う。漫画でページをどんどんめくっていくテンポ感が失われてしまう。でも、銀魂。そんなことはありません全てに全力。演者さんたちも、一流の方達ばかり。しっかり、しっかり無邪気に楽しめます。監督・脚本:福田雄一原作:空知英秋主演:小栗旬、   堂本剛、橋本環奈、菅田 [続きを読む]
  • マスコミの偏向が尋常じゃない件
  • 今更言うまでもないけど、テレビマスコミの偏向報道の酷さったら、最近本当に目を覆いたくなるし、耳を塞ぎたくなる。ま、チャンネル買えちゃうんだけどね。これって、個人が「見たくなきゃ見なきゃいい」と言うレベルで対応していていいレベルじゃないと思うのですけどどうです?一部では、スポンサー向けの署名運動や、総務省への抗議などをやってるみたいですけど、そう言うネガティブなもののためにエネルギーを使う乗って勿体 [続きを読む]
  • LINEのトーク履歴を残したい!
  • 2017年6月4日現在、スマホでLINEを利用している人たちを悩ませているのが、異なるOS間(Android-iPhone/ iPhone - Android間)のトーク履歴問題。同じOSなら引き継ぎは可能のようで、様々なサイトで紹介されているけども、LINE公式サイトでも異なるOS間では移行はできないと明確に記されています。もはやLINEは一種のライフライン。過去のアルバムやトークが引き継げないのは、いろいろ問題があったりする。いや、実際に自分の場 [続きを読む]
  • SING/シング
  • 話題の芸人さんたちや歌唱力で定評のある女優さん、声優さん、そしてバリバリのシンガーを声優陣に揃えたアニメ。内容も、ストーリーも、いわゆるよくあるダメな奴が必死になって最後にはうまくいくという話。アニメの理由が今一つわからない。実写で、生身の人間でやればいいじゃないかと普通に思う。トイ・ストーリーはCGアニメのほうがいいし、でないと成立しない。ズートピアも、ファインディングニモも、アニメで正解。ミニ [続きを読む]
  • 日本で一番悪い奴ら
  • ああ、映画だ。映画らしい映画だ。綾野剛さんの演技はいまさら言うまでもないけども、やはりこの映画でもその実力がいかんなく発揮されている。新宿スワンといい、この映画といい、ちょっとこの近辺の芝居が多いので、もっと反対側の演技も観てみたいものです。さて、舞台は北海道の警察。先輩刑事に刑事としての成績を上げるための秘訣を教えられ、徐々にそれにはまりつづけ最終的には収監されるという話。これが実話だというのだ [続きを読む]
  • キセキ あの日のソビト
  • 言わずと知れた、音楽グループ、Greeeenのデビュー秘話を描いた映画。みんなが、とってもいい演技であっという間に映画が終わった印象。さわやかでいいな。若い悩み、若いエネルギーがふんだんに盛り込まれている。何もいう事はありません。しかし、松坂桃李さん、めちゃいいですね。監督:兼重淳脚本:斉藤ひろし主演:松坂桃李、菅田将暉   小林薫、麻生祐未、野間口徹、忽那汐里、平祐奈、横浜流星、成田凌、杉野遥亮 [続きを読む]
  • この世界の片隅に
  • アニメ映画「君の名は。」の大ヒットに隠れてはいるが、この作品は、純文学を読むような素晴らしい映画作品。アニメでありながら、映像表現に頼ってない。なによりもこれが一番大きい。アニメならではといえばそうなるのだろうけども、映像を自由に操れるのが特徴だ。アングルからデフォルメ、隕石を落とすのもあり、短いスカートの女子高生を動き回らせるのも自由。グラフィカルな色彩構成もどんどんやるのがアニメ。でも、そうい [続きを読む]
  • LA LA LAND
  • 久々の、アメリカらしい、総天然色ミュージカル映画。と、CMをみて期待していたけど、それほどミュージカルミュージカルしてない。例えば、レ・ミゼラブルにしても、アニー、コーラスラインにしても、古い映画だと、サウンドオブミュージック、シェルブールの雨傘、絹の靴下、雨に唄えばにしても、映画全体を覆う雰囲気がもう、ミュージカル。そのド、ミュージカルから比べると、やはり最近らしくドライだし、ドラマ寄りだなあと [続きを読む]
  • 学校で学ぶこと
  • 3月も終わりに近づいて、再来週には4月。多くの学生たちが、新しい学年を迎える。ところで、みんな一所懸命に勉強しているが、目標、目的ってあるのだろうか?正直なところ、目的をもって何かを勉強しようと思ったのは中学三年生のとき。このままじゃどこの高校にも入れないかも知れないと危機を感じた親が、せっせと参考書を大量購入してくれたので「ああ、勉強しなきゃいけないのね」と思ったときが最初。それまでは、ただ学校に [続きを読む]
  • トランプ大統領
  • 世界経済の中心的存在であり、世界の軍事パワーバランスの重要な役割を担っているアメリカ合衆国の大統領に、政治未経験のトランプ氏が就任した。批判も期待もあり、株価やパワーバランスに就任前から影響を及ぼしているのを見ると、今後の4年間でどうなるのか見続けていきたい。御多分にもれず、多くのマスコミはトランプ非難の論調が圧倒的に多い。しかし、イギリスのEU離脱にしろアメリカ第一主義を掲げて当選したトランプ氏 [続きを読む]
  • マタハラ・セクハラ・パタハラ
  • 職場のハラスメントが話題になっている。わざわざ横文字にせず「嫌がらせ」と素直に表現すればいい。セクシャルハラスメント(卑猥表現を使った嫌がらせ)から始まり、マタハラ(マタニティ-妊婦であること-に対する嫌がらせ)、パタハラ(パタ二ティ-本来は父性という意味- 父親が積極的に育児などに参加する態度-に対する嫌がらせ)、など間接的表現や略語で表現することでハラスメントに対する罪悪感やハラスメント行為に対する恥ずか [続きを読む]
  • カジノ解禁
  • 一部政党やマスコミ取り上げられているカジノはギャンブルを助長し生活破綻を招くと言っている問題だが、「カジノの実態知ってるのか?」とまず問いたい。日本国内には合法カジノは存在しない。あるのは合法ギャンブル。海外旅行の際にカジノに訪れた日本人も数多くいるだろう。しかしそこに常習性やマニアを見かけたことがある人はいないのではないか?なぜか?そこは明らかに観光客たちが訪れる事を目的としているリゾートにある [続きを読む]
  • LGBT
  • 今までは明らかに色物扱いだった、性的不適合者。その良し悪しを言う必要は一切ない。良いも、悪いもなく、ただ、そう言うことなのだ。あなたが、男であり、あなたが女である。あなたが日本人であり、日本語を話す。髪の色が、目の色が、体が、顔が・・・。つまり生まれつきのものという理解をすべきなのだ。しかし、人間というのは、自分の知っている世界が、自分の価値観を作っているから、全く未知の事象や出来事については、そ [続きを読む]
  • 不文律
  • 寺の参拝、初詣でベビーカー自粛で炎上なんて言う話題がある。ニュースをよく読めば、原因はベビーカー優先を悪用した者たちがいたからとの事。ベビーカーを優先と書けば、小学生をベビーカーび載せるバカな親がいたり、ベビーカー一台につき大人2人とすると、ベビーカーを使い回すバカもいる。「書いてある事を書いてる通りにしか理解できない」バカな人たちは、社会の良識やエチケット、マナーを学ぶべきだ。社会には不文律とい [続きを読む]
  • 婚活男子どの
  • 本気で婚活するのなら、まずは、将来目標を決める事少々の事では諦めない目標仮に彼女ができてその目標を諦めてと言われても、一時的に中断したとしても、必ず達成するために着実に積み上げる覚悟を決めた目標を立てよう。仕事も毎日の生活も、節約も贅沢もその目標に向かって進む一歩。その実績を見せることができたら、まず男としての評価を上げられる。少なくとも他の男子から頭一つ抜け出せる。性格面では、おおらかである事と [続きを読む]
  • シリコンバレーの日本人起業家
  • 人は、なんだかんだと肩書に弱い。そうかもしれない。いや間違いなくそうだろう。だからと言って、肩書のある人が肩書のない人の間に人間的差があるとは思えない。「シリコンバレーの日本人起業家」なんて聞くとあなたは何を想像する? めちゃくちゃ人格者?、有能なビジネスマン? ネイティブな英語で、瞬時に物事を判断し、 分析能力にたけていて、人のコネクションもすごい人ばかり・・・ ほんとうかな。いやたとえそうだと [続きを読む]
  • ブラック企業
  • エイベックスの松浦社長が、法律を改正しろと言っていることで注目されている労働基準法。そもそも、これは労働者を使用者からの一方的な搾取から守る法律として労基法が存在していることを認識しなければならない。労働者は労働の対価として後払いでお金をもらう立場、使用者がお金を支払う義務を負うはずが、難癖つけてお金を支払わなかったり、お金を握っているという優位な立場を利用して、労働者に規定にない無理を強いること [続きを読む]
  • ブラック企業
  • エイベックスの松浦社長が、法律を改正しろと言っていることで注目されている労働基準法。そもそも、これは労働者を使用者からの一方的な搾取から守る法律として労基法が存在していることを認識しなければならない。労働者は労働の対価として後払いでお金をもらう立場、使用者がお金を支払う義務を負うはずが、難癖つけてお金を支払わなかったり、お金を握っているという優位な立場を利用して、労働者に規定にない無理を強いること [続きを読む]
  • 男らしさ
  • 男らしさとか女らしさという話題をすると、やたら古い価値観を押し付けるなだの、お前の考えだろうという意見が出てくるが、十分に男らしさ女らしさを考えてから言えよと思う。最近特に、ニュースになっている有名大学生が女子学生に対しての集団婦女暴行や、別れた彼女に対して、その腹いせにいわゆる二人だけの秘密の写真をネットに流出させるリベンジポルノ。ある特定の女性に執着し追いかけるストーカー行為。むしゃくしゃして [続きを読む]
  • 学歴
  • Yahoo!の記事で、学歴に触れたものがあったので、思うところを一つ。いわゆる学歴は、中卒、高卒、大卒といわれる、卒業実績によってその本人の就学歴をいうものと、大学卒ならば、どの大学なのかという学校歴を言うものとがあるらしい。ところで大学とは何を学ぶところなのか?タイトルは覚えていないが、ある本に「大学は普遍性について学ぶところ」であると書いてあった。つまり学問的なアプローチから、ある特定の物事や思想と [続きを読む]
  • MARS ただ君を愛している
  • 恋愛映画ってどうしても若い人たちを対象にするから仕方がないとはいえ、制作側の意向と映画として守るべき部分がオトナの事情で折り合いをつけた形になった作品。マンガちっくな程の典型的な振る舞いやセリフが随所に散りばめられ、一方でストーリーのシリアスさが展開されるという違和感は、ちょっと看過できない。シリアスに役作りに取り組み一つ一つのセリフに隙がない窪田正孝さん、飯豊まりえさん、に比べると藤ヶ谷太輔さん [続きを読む]
  • 海賊と呼ばれた男
  • 原作を読んでないので、この映画でどこまでのことが描けたのかはわからないが、一人の男が生涯をかけて、日本の未来のために一つの商社がどの様に混乱の時代を生き抜いて来たかを伝えている。物がないなら知恵で生き抜く力強さ、人を惹きつけるのは、高い志と諦めない心に人を思いやる気持ちだとも伝えている。今の時代、物が溢れ、一足飛びに成功を狙い、儲けたもん勝ちの根底には私利のみが横たわる。賢く、要領よく金儲けしない [続きを読む]