beckmesser248 さん プロフィール

  •  
beckmesser248さん: 木陰の散歩道
ハンドル名beckmesser248 さん
ブログタイトル木陰の散歩道
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/beckmesser248/
サイト紹介文日々感じたこと、聞いた音楽などを気ままに綴った1コマです
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供102回 / 365日(平均2.0回/週) - 参加 2007/11/17 21:45

beckmesser248 さんのブログ記事

  • 5/23(火)住宅ローン
  • 住宅ローンの完済手続きをしました。21年前、当時の住宅金融公庫の融資に始まり、金利の見直しを契機に富士銀行、みずほ銀行に移行した借金。一体、どのくらい借りて、返済額の内利息分はどのくらいだったのか。コンサートの記録やCDのリストなどを作れない性分なので当然、借金の記録もなし。いつも思うのは記録を付けておけばよかった・・・・ということです。ところでこの手続きは近所の支店からテレビ電話を介して担当者とや [続きを読む]
  • 5/19(金)ロジェストヴェンスキー 読売日響 ブル5
  • 別働隊の11本の金管楽器が立ち上がって(チューバは座ったままです)、シンバルとトライアングルも加わっての壮大なフィナーレが終わり時計に目を落とすと20時26分。随分長いシャルク版ブルックナー交響曲第5番でした。ドイツ系の指揮者ならもっと厚い音を要求したでしょう。スクロヴァチェフスキなら和声の変化、木管やホルンと弦のアンサンブルで楽しませてくれたでしょう。名匠ロジェヴェンなら・・・豪快に鳴らしパワーで押し [続きを読む]
  • 5/14(日)256倍
  • 散歩をしながらNHK-FMの人気番組「キラクラ」を聞いていました。1曲目のドヴォルザークの「母が教え給えし歌」 ギトリスのヴァイオリンのバージョンでしたが曲についてのコメントがなく思わずエッ!今日は母の日なんですね。番組ディレクター氏のそのあたりを意図した選曲だったと思うのですがDJに無視された(気が付かなかった)ような・・・意図を汲んでもらえなかったディレクター氏のお顔を想像してしまいました。キラク [続きを読む]
  • 5/13(土)オーディオのグレードアップ
  • 図書館でオーディオ雑誌に目を通してきました。皆さんご立派(高価)な装置をお持ちのようで、しかもソースにより数種類ずつの装置を使い分けている方もいらして羨ましい限りです。人生の下り坂に入って〇×年、実感はありませんが、これからは音楽はホールで聞かなくっちゃ!ライブでないと楽しさ半減などと言っていられなくなってくるでしょうね。そこでオーディ装置の充実をと思い、先月20年近く付き合ったサンスイアンプAU907 [続きを読む]
  • 5/12(金)クラシカ再び
  • 連休疲れの1週間もようやく週末を迎えます。WOWOWを半年、クラシカを半年というパターンが続いています。メルマガにネトレプコとティーレマンのローエングリン!放映と出ていて、これはと思い契約を切り替えました。ところが番組HPにPRが出ているものの、契約初月はプログラムガイドが送られてこないので放送時間がよく分かりません。HPの番組表を見るも何時なんだろうと首をかしげるばかり。よくよく見るとネトレプコのロー [続きを読む]
  • 5/5(金)連休終盤
  • ここまでは天気にも恵まれまずまずといったところです。恒例のオペラハウス巡り一人旅のプランを考えています。次回はメトロポリタンオペラを中心にNYフィルや美術館をいくつかと思い公演日程をチェック、空路のバリエーションも豊富で数種のプランができあがりました。ホテルはいつものようにオペラハウスから徒歩圏内で検索してみてお値段にビックリ仰天、どうしたものか・・・今までのヨーロッパでは1泊7,000円程度の三ツ星エコ [続きを読む]
  • 4/28(金)プログラム誌
  • 今日は休暇をいただき一足早くGWをスタートさせました。今年も溜まっている音源の整理がテーマです。書棚の大半を占めているコンサートのプログラム誌、有料のものは「記念」にとっておくとし在京オケの無料で貰うものは・・・・捨てるのも忍びないし、といって読み返すことはまず無いのでさてどうしたものか。一つずつ手に取って目を通すとステージの光景が思い浮かんだり、こんな演奏会に行ったのかしら?とまったく記憶にないも [続きを読む]
  • 4/23(日)過去に購入した商品です!
  • 年度切り替えの慌ただしさもようやく落ち着いてきました。HMVの1万円購入で20%のクーポンというセールが先週の木曜日まであって最終日にアレコレ見繕いました。しばらく遠ざかっていたレコ芸ですが、5月号に創刊号の復刻版が付録としてつくというので先ずはこれ(1,800円)をチョイス。続いて狙っていたワーグナーの交響曲やピアノ曲などを集めた3枚組789円とその他を合わせて1万円少々。夕食を済ませ、では発注と思い [続きを読む]
  • 4/16(日)カンブルラン 読響 青ひげ公
  • 今日も爽やかな風が心地よいです。実は昨日はダブルで、渋谷の日本フィルが終わったのが16時。2時間後に池袋で読響というスケジュールでした。センター街のレコファンを覗いてみました。20年ぶり位でしょうか。相変わらずゴチャゴチャしていてエレベーター前に1枚100円のLPやCDが段ボールに入っていました。レギュラー中古CDは1,080円前後 今の時代、少々お高い気もします。5枚買うとそれぞれ200円引きとなっていました。池 [続きを読む]
  • 4/15(土)インキネン 日本フィル
  • 初夏の陽気だったとか。若者で賑う渋谷駅前から人をかき分けるようにしてオーチャードホールへ。この時期、アイスクリームを食べながら歩いている女子高生には特に注意が必要です。今シーズン後期から定期会員になった日本フィル、後期からの新入会者は座席が固定ではありません。先月は右サイド、今日は10列の左サイド。マァマァかと思いきやこのホールの最前列は6列目。従って前から4列目の左隅でヤレヤレというところ。弦楽器と [続きを読む]
  • 4/8(土)アンプ到着
  • 午後、雨が上がったので近所の公園へ花見に行ってきました。長閑なものです。懸案のアンプ交換、今のサンスイAU-α907MRを下取りに出してアキュフェーズE370を購入することにしました。前者が20年くらい前で295,000円、E370は400,000円。物価の推移を勘案すると同ランク若しくは毛が生えたくらいのグレードアップでしょうか。思い切ってセパレートにしようかと考えましたが12畳そこそこのリスニング・ルームなのでマァこんなも [続きを読む]
  • 4/4(火)東京・春・神々の黄昏
  • 昨年に引き続き早目のテンポで締まった音楽を創っていました。多少のデフォルメ、熱くなるような劇的な効果があった方が私のような素人ファンにはたまらなくなるのですが、オセオセのテンポ感で気持ちが高揚するシーンもあって、特にラストはN響渾身の圧巻のフィナーレでハイの状態で帰ってきました。外は絶好のお花見日和、ホール内は黄昏。このコントラストにどこか現代社会を見るような気がしました。東京・春・リングの最終回 [続きを読む]
  • 4/2(日)Let's get off・・・
  • 中央線に乗って御茶ノ水へ行ってまいりました。観光ツアーなのでしょうか、先端にハンカチを巻いた棒を持った日本人ガイドが外国人数人を引き連れて車内に入ってきてJRのことなどを説明していましたが各々喋っていて聞いていません。新宿駅に着くとLet's get off!と大声で叫んで降りていきましたが、ガイドの案内にロクに耳を傾けないのは何処も同じですね。名曲喫茶「ウィーン」「丘」が消えてどのくらいになるのでしょう。L [続きを読む]
  • 3/30(木)アンプを・・・
  • 年度切り替え、我が社も多少配置換えがあって様子が変わりそうです。新年を迎える時はオフモードの切り替え、年度替わりはオンの切り替えでしょうか・・・・20年近くお供をしてくれているアンプ サンスイのAU-α907MR、まだまだ現役で頑張ってくれていますがそろそろ買い替えてもいいかなと思い先日、秋葉原のオーディオ街をウロウロしてみました。アキバは学生のころ、よくイシマルでLPレコード物色をした地です。テレオンの品 [続きを読む]
  • 3/23(木)近所の小学校の卒業式
  • 新年度へのカウントダウンが進んでいます。NHKのアナウンサー、TV番組なども大きく変わるのでしょうね。読響の看板コンマスの日下紗矢子さんが特別客演に退く?というニュースを見てガッカリしています。遠藤真理さんの就任ニュースが2/2だったので、何故この時期に日下さんの・・・・という疑問もわきます。ケイヤクの問題なのでしょうか。愛聴しているミュージックバードでは平井洋氏のプロデューサーの部屋が打ち切りとい [続きを読む]
  • 3/20(月)新国立劇場のルチア
  • いつもの4階席へ昇っていこうとし、アッ!S席(24,300円)何年か振りの1階席、それもこれもペレチャッコさんを間近で聞きたかったためです。2015年の2月にウィーン国立歌劇場で清教徒を、同じ年の12月にテアトロ・レアルでリゴレットのジルダを最前列で聞いて、その完璧な歌唱力と可憐な演技にすっかり魅了され、あの時の感動をもう一度と思い4列目通路側を確保し「再会」を楽しみにしていました。高度なテクニック、10点満点の [続きを読む]
  • 3/18(土)飯森範親 東京交響楽団
  • 東響の川崎シリーズを聞いてきました。東響と縁の深い飯森範親、1曲ごとに奏者を立たせて敬意を払っていました。そこまでしなくても・・・・と思いましたが、このオケがキャリアのスタートなので思い入れもあるのでしょうね。14時開演、15分前に到着したらエントランスが混雑していました。リハが延びたのでしょうか?モギリのお姉さんのところまで辿り着くのも大変、40年以上前の学生のころ、東京文化会館の名物オバサン!はお元 [続きを読む]
  • 3/4(土)小林研一郎 日本フィル 定期演奏会
  • 日本フィルがイイゾ、凄いよ・・・という話をこのところよく聞くので、それではと思ったのが昨年。17・18シーズンの定期会員券を発売日に予約しようとしたら空席は僅か、しかも良席とは言えないところばかりだったので断念。それでも周囲から日フィル好調の噂が絶えないので今シーズン後期の連続券を買い楽しみにしていました。日フィルとのお付き合いは40年以上前の1970年代の初め、渋谷公会堂で毎月行われていた文化放送東急ゴー [続きを読む]
  • 2/26(日)旅の決算
  • 2/10(金)に羽田を発って19(日)に戻ってきた今回の一人旅、旅日記をダラダラと1週間書いてみました。記憶が曖昧なところが多々あって何をしていたのか・・・と自嘲してしまうところも。東京の音楽ファンの水準は高レベルだと多くの音楽家が言っていますが、実際に現地のホールに行ってみると確かにと思います。それでも文化なのでしょうか、大雑把に言って彼らにとってのコンサートは日常の延長のこと。一方、東京の聴衆にとっ [続きを読む]
  • 2/11(土)旅の最終日
  • 仕事の都合ということもありますが1週間くらいが気力・体力ともに丁度いいようです。荷造りをして朝食、コンセルトヘボウの近くのコンサートというホテルは立地の良さもあって快適に過ごせました。ただチェック・アウト時に領収書をくれなかったのは??です。トラムで中央駅、運河巡りのクルーズ。HISのお正月半額セールでグレイラインという運航会社8?。1時間少々、日本語のガイドイヤフォンで靄がかかるアムステルダム運河をぐ [続きを読む]
  • 2/17(金)その2 アムステルダム国立オペラ
  • NATIONALE OPERA&BALLETと記されているのでオランダ国立歌劇場と呼ぶのでしょうか。以前のネザーランド・オペラ、何でも建設に反対する運動が起こったこともあるということ。運河に面する近代的なオペラ・ハウス 18:30開演 ボロディンの歌劇「イーゴリ公」1階正面最前列118?メトロポリタン・オペラで初演されたDmitri Techrniakov演出のもの。この舞台はメト・ライブビューイングで見たことがあります。コート・バック類はク [続きを読む]
  • 2/17(金)アムステルダムの美術館めぐり
  • ホテルのWifiでメールのチェックと荷物の整理。8日目ともなると疲労もピークを過ぎ限界近くになります。日々のことを忘れないようにメモしましたが何だったけ?という箇所もいくつか9時前出発 徒歩でゴッホ美術館。ここは写真撮影禁止です。整理されているのとゴッホに絞っているので順路通りに見るのが効率的です。それにしてもゴッホは人気です。小中学生の社会科見学のグループが何人も。中国人の観光ツアーは添乗員からして騒 [続きを読む]
  • 2/16(木)ハイティンク コンセルトヘボウ管
  • ホテルから徒歩2分 アムステルダム・コンセルトヘボウへ。20:15開演 ハイティンク指揮によるコンセルトヘボウ管のコンサート。席は中央5列目通路側 カテゴリー1で105?例の階段を降りて指揮台へというパターンではなく舞台右側から登壇、先日のガイドツアーで専用のエレベーターについての説明がありましたが、多分控室からエレベーターで降りてきたのでしょう。ハイティンクも88歳ですから。プログラム前半はドビュッシーの牧 [続きを読む]
  • 2/16(木)デン・ハーグとロッテルダムへ
  • 3階の部屋から外を見ると小雨。朝食は8時からで一番乗り、といっても計2〜3組の宿泊客ですが。カウンターのお兄さんにRain contineu?と聞いたらDon't mindという返事。何でしょうか。オランダ人は勤勉でオランダ語と英語はOK、多くはドイツ語もということ。トラムで中央駅へ。ロッテルダムまでの切符 往復で30.4?に1?プラス これは発券手数料なのでしょうか。自販機はコインかカード。インフォメーションで尋ねたら緑の窓 [続きを読む]