む(ツマ)&かず(オット) さん プロフィール

  •  
む(ツマ)&かず(オット)さん: 着物のいろは
ハンドル名む(ツマ)&かず(オット) さん
ブログタイトル着物のいろは
ブログURLhttp://kimono.no-iroha.com/
サイト紹介文神戸に住む着物大好き・食いしん坊のオットとツマによるブログです。 イラストエッセイなどもあり。
自由文神戸に住む着物大好き・食いしん坊のオットとツマのブログ。
オットの視点・ツマそれぞれの視点から,着物と落語と美味しい肴とお酒にまみれた(^^;; 生活を綴っています。
イラストエッセイなどもあり。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供191回 / 365日(平均3.7回/週) - 参加 2007/11/20 15:46

む(ツマ)&かず(オット) さんのブログ記事

  • 池田重子コレクション 日本のおしゃれ展ー最終章 まずは羽織にどっぷり
  • 大阪・梅田阪急にて開催されていた池田重子コレクション日本のおしゃれ展ー最終章。最終日に滑り込んできました。深紅のエントランスにテンションダダ上がり!きけばこの展示会、撮影OKとのこと。なんて太っ腹なのでしょう。会場にいらしたお客さん達みなさん、思い思いにお気に入りを撮影してらっしゃいました。私もお言葉に甘えてあれこれ撮影。もう最近記憶力がアテにならないもので…。帰って来てからも写真見ながらコレクシ [続きを読む]
  • 冬の森と北海道神宮と、六花亭 神宮茶屋店 〜北海道旅行15
  • 先日季節遅れの吉野の桜の話を書き終えてホッとしたのもつかの間…雪の北海道のハナシ終わってないじゃん!!!というわけで、ダッシュで書き進めます。ほとんど自分の画像整理のために。今までの北海道旅行記はこちら> さて、六花亭のカフェでケーキを楽しんでいたら、窓からすぐそこに雪の山が見えるんですよね。円山と呼ばれるこの辺り、最近はカフェやらおしゃれな店やらが増えて人気スポットらしいのですが、すぐそこに山が [続きを読む]
  • 楊柳木綿と春の藤原
  • これは5月のおハナシかな?この春は単衣を着る機会があまりありませんでした。なんだか冷え性気味でずるずるといつまでも袷を着ていたし、その後充分暖かくなってからはあまりお出かけする機会がなくバタバタとしていたし。そんな中で、ちょっとしぼのある楊柳木綿の単衣を着てのお出かけ。二宮の名店、藤原さんへ行ってきました。楊柳木綿はさらっと薄手でとても軽く気心地がいいもの。もう何年も前に大阪のはきもの・きもの弥生 [続きを読む]
  • きもの六花(ricca)のセールへ
  • 大阪・中崎町の着物ショップ、きもの 六花(ricca)さん。気付け教室、和裁教室や、可愛らしいオリジナル商品の販売で有名ですね!オリジナル商品はときどきイベントなどで拝見しているのですが、そういえば実店舗に行ったのって…超がつくほど遥か昔だったかも。あれはいつのことだったかしら…???と自分のブログを遡ること、まあなんてことでしょう!?2008年に、店舗へ行ったことは直接書いてなかったのですがお店で買った帯 [続きを読む]
  • 〆は巨大チキン南蛮! 〜グリル ヨシダ
  • 吉野旅行のおハナシラスト。今までの吉野旅行のおハナシはこちら>こうやって、たった一日のハナシを延々と書いてるからいつまでたってもブログがすすまないのですけどね。困った困った。で、旅行の〆はチキン南蛮ですw今回の一行は、びっくりするほど大食いな面々でした。ご一緒したKントクとSちゃんは大食いなのにアスリートでスリム。片やウチ夫婦は…明らかに食べすぎですわ。痩せねば。というハナシはさておき、〆に狙ったお [続きを読む]
  • 吉野の桜、一目千本をどっちから見るか? 〜吉野旅行7
  • 吉野の桜のおハナシ、ラスト。今までの吉野旅行のおハナシはこちら>ゆるゆると世界遺産・南朝皇居 吉水神社へ向かいます。源義経、弁慶、後醍醐天皇、豊臣秀吉と各時代の超有名人にそれぞれ縁があるというこの神社ですが、吉野の桜の写真といえばこちらからの眺めがよく使われているという絶景ポイントなのです。それがこちら、「一目千本」。中千本、上千本の桜を一望できるとあって、かなりな混み様。実際は満員電車状態といっ [続きを読む]
  • 吉野の草餅を連れ帰る 〜萬松堂・吉野旅行6
  • 吉野の参道で、ついつい気になって連れ帰ってしまったお土産。萬松堂は昭和天皇にもお菓子を献上していたというお店。看板商品の草餅は、契約農家で栽培されているヨモギを使ったり、添加物を使っていなかったりとこだわりの品なのだとか。この日も大層な人だかり。人気店なのね。桜の花びらの入ったお菓子など華やかなものもあったのですが、シンプルなのが好き!と、ド定番の二品をいただきました。バラ売りされているので、一個 [続きを読む]
  • 吉野のれん&瓦散歩 〜吉野旅行5
  • そろそろ吉野の桜の話も終わらなくっちゃ!って、もう六月やん!今までの吉野旅行のおハナシはこちら>暖簾画像が残っていたのでこちらにアップ。奈良漬け屋さんの暖簾は、短い水引暖簾。藍染に白抜きの雪輪、その中に屋号。草餅屋さんも水引暖簾。草餅色…じゃなくって草色ね。あっちこっちにある葛屋さんも水引暖簾。吉野のお店は水引暖簾が多いみたい。なかなか年代を経た使い込まれた暖簾が渋い!墨色に屋号。個人的な興味で軒 [続きを読む]
  • 国立文楽劇場の資料展示室で遊ぶ
  • さて、食いしん坊オットと四月文楽公演を観に行った帰りのこと。その時のおハナシはこちら>夫婦で着物 〜四月文楽公演・楠昔噺(くすのきむかしばなし)/曾根崎心中(そねざきしんじゅう)三番叟の人形など眺めながら,ロビーをうろうろ。三番叟は能や歌舞伎の演目にもいろいろあって、衣装はそれぞれ違うようですね。文楽人形のいしょうは烏帽子の高さはやや低め、黒と黄の横縞に大きな赤丸。素襖(すおう)は黒地に金糸や緑で [続きを読む]
  • お家でエスプレッソトニック♪
  • 週末は地味にお仕事をしておりました。なかなか着物の日記もお出かけの日記もまとめられておりません…。 さてさて、とある日。おトモダチのSNSにアップされていた「エスプレッソトニック」なるドリンク。が目にとまりました。とても涼しげで美味しそう!!飲んでみたい〜!そこのカフェ行きたい!と話していたら、食いしん坊オットが「それやったらウチでもできるで〜」と。何気にいろんな技を持っている男、食いしん [続きを読む]
  • お家で甘酒。甘酒って美肌にいいの!?
  • 巷では甘酒なるものが流行っているらしい…って今さらですね。甘酒は健康にも良ければ、美肌にもいいらしい。美肌と聞くと気になってしょうがないお年頃。もうとっくに曲がり角を曲がりに曲がってはや幾とせ、ではあるのですが。そんなツマの気持ちを見抜いてか、食いしん坊オットが甘酒を作ってくれました!レシピはNHK「趣味どきっ」を参考に。ポイントは、温度管理らしい。レシピはテキストで販売されてますし、いろんなサイト [続きを読む]
  • 五月の和菓子 〜幸福堂
  • 所用で神戸駅へ言った帰り。そうだちょっと甘いものでもかって帰ろうかと、駅前の幸福堂さんへ。パン屋とケーキ屋さんにまったく不自由しない神戸において、和菓子屋さんだけはちょっと困るんですよね。そりゃデパートには有名店が入っているし、全くないわけじゃないけれど…デイリーなお値段でご近所に複数軒欲しい。ってどんだけわがままやねん。まあ、以前の京都勤め時代が和菓子に恵まれすぎていたのよね。そんな中で神戸駅の [続きを読む]
  • 半衿の収納、私の場合は。
  • 着物の小物って、あっという間にどんどん増えているんですよねぇ…みなさんはどう整理されているのかしら?ああ、でも。気がついてしまったのですが、というか今頃気がついたのかって感じなのですが、私はとことんマメじゃなくおしゃれじゃないんですよね…なのに着物ブログしてていいのか!?いやもう、ほとんど着物ブログやないし。着物着て呑み歩いてるってブログやし。いろんな半衿や帯揚、帯締めをとっかえひっかえこまめにコ [続きを読む]
  • 金峯山寺から吉水神社へ 〜吉野旅行4
  • さて、吉野。吉野の桜、「白山桜」と呼ばれる桜がメインだそう。この白山桜は、花と葉が一緒につくのですね。葉の色がこれまた鮮やか!でも、それを知らないと「あー、もう葉っぱが出始めてる。遅かったみたいね。」と思う人もいるらしく。実際にそうおっしゃってるマダムをふたりほど見かけましたわ。他にもいろいろあります。あ、名前失念!札まで下がってたのに。電線が少ないので、写真がすっきりするわ…。普段目にしててもそ [続きを読む]
  • 吉野のれん&看板散歩 〜吉野旅行3
  • 吉野旅行(と言っても日帰りですが)のおハナシをジャンジャン書いてしまいましょう。吉野旅行のおハナシまとめはこちら>吉野の下千本、山頂駅付近から吉水神社へ向かいゆるゆると歩いて行きます。今回腰痛持ちの食いしん坊オットがおりますのでね。上千本まで歩くことは断念し、ひとまず中間地点くらいの吉水神社から「一目千本」なる眺めを楽しむことを目標にいたしました。途中、黒門、鋼の鳥居などの観光ポイントを通り過ぎて [続きを読む]
  • 吉野の桜・見頃とルートの覚え書き 〜吉野旅行2
  • さて、吉野旅行(と言っても日帰りですが)のおハナシ続き。吉野旅行のおハナシまとめはこちら>これは来年以降、また吉野に桜を観に行きたいなと思ったときの覚え書きに。まず、今回吉野へ行くにあたってスケジュールにずいぶん悩みました。桜の開花状況を確認しつつ、できるだけ満開な日にそして少しでも人の少ない平日に行きたかったので、大の大人が4人仕事のスケジュールを調整しなければなりません。桜の開花状況は、吉野山 [続きを読む]
  • 今シーズン最初の単衣 〜同じ着物&帯に帯揚と帯締だけ換えて
  • たまには比較的タイムリーなおハナシを。いつ頃から単衣を着るか。着物を着る人ならわりと悩ましいところなのでしょうか…いろんなサイトでよく質問されている方を見かけます。暦上は6月から?今でもお茶をする方なら、そういうの厳密なんでしょうね。まあ、個人的には日常に着物を着る分にはいつ何を着たってかまわないんじゃないのー程度の認識です。ブログを見返すと、早い年はもうお花見の前後から単衣を着ている年も。しかし [続きを読む]
  • 奈良で季節限定・絶品モンブラン! 〜吉野旅行1
  • 北海道の雪のころのハナシも書き終わってないのですが、あまりにも季節おくれになりすぎないうちに(もう充分なってますが)吉野の桜のおハナシも。あ、こちらも着物成分低めですってか、ゼロね。一生に一度は吉野の桜を見に行ってみたいものだわ…(大げさ。)と思っていたのでした。神戸からだとさほどの遠さでもないのですけどね。ただ、そのあまりにも人が多いという噂で怖じけづいていたのです。それが先日、私の唯一の酒を呑 [続きを読む]
  • 六代豊竹呂太夫さんを囲む会…!?
  • さて、文楽を楽しんだあとのおハナシ。国立文楽劇場の1Fには資料展示室がありまして。この日は代々の豊竹呂太夫さんたちの資料が展示されておりました。口上にもあったように、確かに五代目、ものすんごいオトコマエでございましたわ…!!!そうそう、その資料で疑問が一つ解けたのです。今回舞台にかけられた小幕に紋が二つ入っていたのですね。あれは一体どこの紋かしら…?と思っていたのですが、竹本座の紋と豊竹座の紋だった [続きを読む]
  • 四月文楽公演。やっとこさ菅原伝授手習鑑。
  • 四月文楽公演のおハナシ、ダラダラ続いております。このハナシの長い所が、どんどん遅れて行く原因なのですがね…まあ。そういえばあちこちの劇場、素晴らしい緞帳がいっぱいありますねぇ。東京の歌舞伎座に初めて行った時、入れ替わり立ち替わり緞帳のお披露目アナウンス付きがあるのにびっくりしましたけど。前回アップした松の緞帳も素敵でしたが、こちらの緞帳も華やかでいいなぁ…こんな帯欲しいわ。花びらや紅葉の立体感が素 [続きを読む]
  • 四月文楽公演。やっとこさ菅原伝授手習鑑。
  • 四月文楽公演のおハナシ、ダラダラ続いております。このハナシの長い所が、どんどん遅れて行く原因なのですがね…まあ。そういえばあちこちの劇場、素晴らしい緞帳がいっぱいありますねぇ。東京の歌舞伎座に初めて行った時、入れ替わり立ち替わり緞帳のお披露目アナウンス付きがあるのにびっくりしましたけど。前回アップした松の緞帳も素敵でしたが、こちらの緞帳も華やかでいいなぁ…こんな帯欲しいわ。花びらや紅葉の立体感が素 [続きを読む]