yuzamurai さん プロフィール

  •  
yuzamuraiさん: 鼻からちょうちん
ハンドル名yuzamurai さん
ブログタイトル鼻からちょうちん
ブログURLhttp://yuzamurai.seesaa.net/
サイト紹介文女(嫁)、音楽、酒、踊る
自由文嫁とロックンロール
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供0回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2007/11/21 18:46

yuzamurai さんのブログ記事

  • Helter Skelter (しっちゃかめっちゃか)
  • (原画)「ヘルタースケルター」岡崎京子有名なヘルタースケルターも名作だ日本ではヘルタースケルターを、しっちゃかめっちゃかと訳すのです「ひっちゃかめっちゃか」かと思っていたが、「しっちゃかめっちゃか」が正しいのか「しつこい」を「ひつこい」っていったりするからな「7」も「ひち」っていうたり西日本に多いのでしょうかはてしっちゃかめっちゃかのすさまじい映像ホワイトアルバムが世に出たのは1968年の暮れだから、 [続きを読む]
  • 岡崎京子さんの作品で知ったこと(テクノポップ)
  • 岡崎京子さんは、80、90年代に多感な時期を過ごした人間にとって、なかなか避けられずわっちも一撃くらったテクノ、ニュー・ウェーヴ(New Wave)、ツバキハウス、ロンドンナイトなどその存在を知ったのも岡崎京子さんのたくさんの漫画だったと思う今のようにネットが普及していない時代だったし、80、90年代の田舎の中学、高校生(わっち)は少なからず、その作品群から東京を想像、妄想したりした「原爆オナニーズが〜」みたいな [続きを読む]
  • FENDER MUSTANG MINI 〜ギターアンプの進歩にびびる〜
  • 買ってもうた「まじで、びびる」ポータブルサイズのモデリング・アンプ「MUSTANG MINI」? 計8モデルのアンプ・モデリングを内蔵。? 2のエフェクターを搭載。? USB接続によりPCでディープな音色編集が可能? バッテリー駆動(単二電池×6)が可能初めてのギターアンプは2万円で買ったギターについてきたあの、バンドやろうぜの小型アンプ(燃えよパンクス)電池で動く、すさまじく音量の無いあの小型アンプああ、あの日あの時、 [続きを読む]
  • タモリ vs Run DMC vs
  • 画像に難はありますけど、観れるだけでありがたいタイムリーで、さっき職場でRun DMCのかっこよさについて熱弁していたところだったぜタモリ vs Run DMC 1986 して、半ば強引だが、アディダスのジャージはオールドに限る(個人的好みの問題ですが)あと、フットボールファンの観点からは変則2本線もしびれるこの時、クライフは個人的にプーマとの契約があった為に苦肉の策としてオランダ代表のアディダス3本線をひとりだけ、2本線 [続きを読む]
  • とどのつまりの洗濯板(Washboard)②
  • またずいぶんと書いてなかったその間にもいろいろあった洗濯板まず横っちょにギターのストラップホルダーっていうのかな?ピン?それをねじ込んだ(これはストラップつける為のもの。ちなみにストラップはまだない。ださいストラップはいやだから、革を切って自作します『予定』)「そして、シンバル!ロケンローーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!」楽器屋さんで見るからにジョニー・ウィンターみたいなお兄さ [続きを読む]
  • スケートボードについて
  • わたしは昔、スケートボードに乗っていたそれは、小学生から中学生のころででもそれで飛んだり、トリックをするといったものではなく、とにかくチクタク乗る滑るというのかな遊びと移動手段だった我が家が面したアーケード街の路面は凹凸が無く綺麗に舗装されていてスケボーやローラースケートをやるのにはとても適していたその為、ご近所は小さなスケーター達のメッカと化していたすこしだけわたしはブームが去っても買い物やおば [続きを読む]
  • テントが宙に浮く
  • この世には重力いうものがあってわたしやあなたが日々、物を持った時に感じているわたしが勉強した重力、アインシュタインの一般相対性理論でいうところの、時空のゆがみ「The Weight」でThe Bandが歌う荷をおろせよ ファニー自由になり、荷をおろしてくつろぎなそしてスノーピーク、何か所も何か所もカンッカンッ とペグを打ち込まれ、大地にびしっと固定されるのが、テントだったのだが、荷をおろし自由を求めついに、宙に浮い [続きを読む]
  • とどのつまりの洗濯板(Washboard)
  • 「Soap And Water Blues」Washboard Sam 洗濯板を買った日本で買うにはあんまし選択肢がない以前欲しかった洗濯板は、後回しにしていたらもう無かったそれからというものずいぶん調べ探したけど、ほぼこれ一択となっていた「これから、カスタムせねば」と思っているまずはシンバルかしらカウベルかしら「これは、わたしのセンスが問われるな」 [続きを読む]
  • ロックは死なない 
  • 母上様今夜、ギターが復活しました「よいギターだ」ゆずってくれた、いの先輩に感謝せにゃならんグレッチはブリッジが固定されていないので、弦の張力でとまっているだけわたしのも弦をすべて外していたので、ブリッジも外れてますオクターブのチューニングとか面倒くさかー弦張りもひさびさにやるとうまくいかなくていらいらする今夜は、いの先輩に足を向けて寝るばい [続きを読む]
  • Rock Sweet Rock
  • 札幌は大雪あっという間に冬景色であっという間に冷え込むわたし手も足もほっぺもおしりもそこに愛と思いやりがある自分のためだけに人を傷つけることはないでしょう「One Love」 Wailing Wailers 茶碗洗いとつややかなダンス [続きを読む]
  • 地獄の天使
  • 1960年代、アメリカ“ヘルズ・エンジェルス”に自ら迫った作品「地獄の天使」写真家 長濱治これは復刊してほしくて、復刊ドットコムにお便りしてるけど難しいんだろうなぁ今日はコーヒー豆をひきますあら、空が明るくなってきました [続きを読む]
  • Here Comes the Summer 函館 ⑤
  • 以前、barで細野さんかけてもらったらハリー細野 クラウン・イヤーズ1974-1977だった”冷たくひやして”が流れるわたしはこの歌を知らなかったのでこれはうかつだったなぁ と思ったそしてとても感動した「Don't be cruel つめたく冷やして」細野晴臣さて、函館市に入りました港の方でにぎやかにお祭りやってます疲れた・・・休もう腰ときんたまが痛いしとわたしはひとり、コンビニにバイクをとめてコーヒー買ってそれから、ぼー [続きを読む]
  • マーシーの I FOUGHT THE LAW
  • ましまろ(真島昌利、真城めぐみ、中森泰弘)は先日、NHKでバディホリーを日本語でカバーしてましたそしてこれもいろんなひとにカバーされてて個人的にはクラッシュやストレイキャツが印象的それと、マーシーの日本語で歌うのが好きですね冷たい檻にぶち込まれ法律と俺は戦った法律が俺に勝ったあの娘もどっかへ消え去った法律と俺は戦った法律が俺に勝ったツキにも見放されてもはやこれまでかあの娘はとってもいい娘だった法律と [続きを読む]
  • 公団の屋根の上どこへいく
  • 最近までキリンジは聴いてこなかったんですが、これはすごすぎ「エイリアンズ」キリンジこの世界で考え込もう旅客機(ボーイング)、公団の屋根、バイパスの澄んだ空気、仮面のようなスポーツカー、単語の一つ一つと取り巻く状況が無駄なくひとつの世界を形成している「ああ、都市生活者のロマンチシズム」ぼくらは夜空を見上げても、月の裏側は見えません月そのものが地球と同じように自転するため、地球にたえず同じ面を向けてい [続きを読む]
  • Here Comes the Summer 函館 ④
  • 自転車を完成させたし、いざと思ったら、明日は雪あの時は夏だったのにこれは、8月の話ですアメリカについて悩みつつも熟睡酒の力は偉大だ尿意で目が覚めればもう朝だったよたよたとテントを這い出て、トイレまで本日も夏の晴天ですテントとバイク、その向こうに日本海用を足したら、ビーチサンダルに履き替え、朝食と日向ぼっこぽこぽことクッカーが音をたて湯が沸き上がる朝飯は何を食べたんだっけ、日が経ちすぎて忘れてしまっ [続きを読む]
  • 完成。お嫁においで
  • 「ドープにスワッグにヒップに彼女を幸せにする」幸せだなアなんて今のご時世じゃそう言えたもんじゃないけど蛍光灯に照らされてる洗った顔は もうそんな若くない落ちついたら喫茶店やって ランチはカレーだけ そんなのいいかもなるようになってく 多分ノリさそういつも、青春だお嫁においで 2015 / 加山雄三 feat. PUNPEEPVには加山雄三氏も出てますそして、わたしの自転車が完成した [続きを読む]
  • エイリアンズ
  • 先日は高知の田舎へ帰ってた街も人もそして我がじいさん、ばあさんも何かがすこしずつ変わり、でも30年前は何でしたか?して、何してたかというとまあ、特に今と変わらんようにも感じて混乱じいさんとばあさんが大事にしてきた心のアルバムは、はたからすれば、埃をかぶってはいるもののそのときのままあのときで時間を止めていたので、「人間は過去へいき、未来へ戻る。この実感として、とても幸福であるけれど、懸命でもある」な [続きを読む]
  • how I roll
  • 「自転車の乗って〜ベルを鳴らし〜 と」「自転車にのって」高田渡 1988テレ朝プレステージ鼻歌まじりで、せっせことパンクを直してホイール付け替えて・・・「how I roll」問題はギアのところさ・・・おじさん、違うとこ分解してもうて危うくベアリングバラバラにするとこだった「見切り発車はあぶい」・・・スプロケットってゆうのが外れない・・・とりあえずここまで「今度、工具買いに行こう」 [続きを読む]
  • 自転車操業 〜E.Tとロッキー〜
  • みなさんいかがお過ごしでしょうか札幌はもう「とても寒い」突然ですが「E.T.」(The Extra-Terrestrial)って映画があって公開は1982年、監督・製作はスティーヴン・スピルバーグ、アメリカのSF映画ですわたしは1977年生まれですから、公開当時はもすぐ小学生って頃かな?日本でブームが起きたのは、アメリカよりも少し後になるだろうから、ちょうど小学1年生かみんな観ましたね 大人から子供までそこで印象に残ったのが、ETは当 [続きを読む]