fubuki さん プロフィール

  •  
fubukiさん: 「医薬系
ハンドル名fubuki さん
ブログタイトル「医薬系 "特許的" 判例」 ブログ
ブログURLhttp://www.tokkyoteki.com/
サイト紹介文医薬業界に関わる気になる知財(特に特許)判決(特に日本)、時々出願・明細書、についてのコメント。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供57回 / 365日(平均1.1回/週) - 参加 2007/11/21 21:44

fubuki さんのブログ記事

  • 2017.02.22 「エヌ・エル・エー v. 東洋新薬」 知財高裁平成27年(行ケ)10231
  • 「一部」、僅かな部分のサポート要件違反: 知財高裁平成27年(行ケ)10231【背景】東洋新薬(被告)が保有する「黒ショウガ成分含有組成物」に関する特許権(第5569848号)の無効審判(無効2015-800007)請求不成立の審決取消訴訟。請求項1:黒ショウガ成分を含有する粒子を芯材として,その表面の一部又は全部を,ナタネ油あるいはパーム油を含むコート剤にて被覆したことを特徴とする組成物。原告は、請求項1における「ナタネ [続きを読む]
  • 2017.01.23 「X1・X2・X3 v. 特許庁長官」 知財高裁平成28年(行ケ)10022
  • 引用発明の認定: 知財高裁平成28年(行ケ)10022「タンパク質からなる疣と新生物を溶解して除去できる薬物及びその用途」に関する特許出願(特願2012-525865; WO2011/023013)の拒絶審決取消訴訟。本願発明は引用例に記載された発明であると認定して新規性及び進歩性を否定した審決に対して、原告は、「審決は、引用例記載の構成から、目的達成のために必須の構成を除外し、技術的意義を失ったものを取り出して引用発明とし、このよ [続きを読む]
  • 2017.01.18 「X v. ロート製薬」 知財高裁平成28年(行ケ)10005
  • 「平均分子量」とは?(明確性要件): 知財高裁平成28年(行ケ)10005【背景】ロート製薬(被告)が保有する「眼科用清涼組成物」に関する特許権(第5403850号)の無効審判(無効2015-800023)請求不成立の審決取消訴訟。請求項1:a)メントール,カンフル又はボルネオールから選択される化合物を,それらの総量として0.01w/v%以上0.1w/v%未満,b)0.01〜10w/v%の塩化カリウム,塩化カルシウム,塩化ナトリウ [続きを読む]
  • アリムタ®のビタミン療法特許 知財高裁が維持判決
  • イーライリリー・アンド・カンパニーの2017年2月2日付プレスリリースによると、抗悪性腫瘍剤アリムタ(Alimta)®(ペメトレキセド注射剤)の2件のビタミン療法特許に関し、沢井製薬が2015年11月の特許庁の特許維持審決を不服として提訴していた審決取消訴訟において、知財高裁は、特許庁の特許維持審決を支持し、本件特許が有効に維持される内容の判決を下したとのことです。本件特許は2021年6月まで有効に存続するとのことです。 [続きを読む]
  • 沢井と興和がLIVALO®ANDA訴訟で和解 沢井発売は2023年
  • 2017年2月1日付の沢井製薬のpress releaseによれば、沢井と興和との間で争っていたLIVALO®(ピタバスタチン錠)米国ANDA特許侵害訴訟は和解に至ったとのことです。この和解契約に基づき、沢井のピタバスタチン錠は、2023年5月2日または特定の状況下においてはそれ以前の日を開始日として、発売が可能となるとのことです。参考:沢井製薬 press release: 2017.02.01 「ピタバスタチン錠の医薬品簡略承認申請に関する米国特許権侵害 [続きを読む]
  • 小野・BMS v. Merck 抗PD-1抗体特許係争で和解
  • 2017年1月21日付の小野薬品のプレスリリースによると、小野薬品およびブリストル・マイヤーズ スクイブ社(BMS社)は、小野薬品と本庶佑氏との共有に係る抗PD-1抗体の用途特許および小野薬品とBMS社との共有に係る抗PD-1抗体の物質特許を保有しており、メルク社による抗PD-1抗体製品である「キイトルーダ®」(一般名:ペムブロリズマブ)の販売等の特許侵害に対し、日本、米国、欧州等において特許侵害訴訟を提起するなど係争して [続きを読む]
  • 2017.01.20 「デビオファーム v. 東和薬品」 知財高裁平成28年(ネ)10046
  • 延長された特許権の効力(知財高裁大合議判決): 知財高裁平成28年(ネ)10046(原審: 2016.03.30 「デビオファーム v. 東和薬品」 東京地裁平成27年(ワ)12414)【背景】「オキサリプラティヌムの医薬的に安定な製剤」に関する特許第3547755号の特許権者であるデビオファーム(一審原告)が、東和薬品(一審被告)各製品は本件発明の技術的範囲に属し、かつ、存続期間の延長登録を受けた本件特許権の効力は一審被告各製品の生産等に [続きを読む]