ホリー さん プロフィール

  •  
ホリーさん: ホリー絵日記
ハンドル名ホリー さん
ブログタイトルホリー絵日記
ブログURLhttps://ameblo.jp/holly-uk/
サイト紹介文イギリスはスコットランドの片田舎に住むズボラ主婦の絵日記です。年子姉妹のシュールな遊びを日々記録。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供369回 / 365日(平均7.1回/週) - 参加 2007/11/22 02:44

ホリー さんのブログ記事

  • ◎中3の放課後◎
  • 中学3年生になるチハナが楽しそうに話してくれた。背筋が凍った。↑特にブランコが楽しかったらしい(真顔▼本日限定!ブログスタンプあなたもスタンプをGETしよう◎おススメ漫画◎恐之本 充 (コミック SGコミックス) [ 高港 基資 ]価格:734円(税込、送料無料) (2017/9/10時点)【恐之本】怖いけど止まらない(真顔私のお気に入りは「ヨビト」 [続きを読む]
  • ◎バイリンガルの落とし穴②◎
  • ◎すくパラぷらす◎第39話−2【日本語への質問】今回のテーマは「バイリンガルの落とし穴」です。可愛かった娘達の質問は月日を重ねるごとに面倒なモノへと変貌・・・良かったら覗いてみて下さい。↑「コイツ・タワー」「アイツ・タワー」もお気に入り。◎ギター・カポ◎以前チハナがネットで購入したギター・カポ(弦を押さえる道具)がようやく到着した。ウクレレ用だったが(真顔これを正々堂々と「ギター・カポ」としてネ [続きを読む]
  • ◎日曜のにゃんこ151◎
  • 夜――花さんが転がっていた。ペロペロ・タイムらしい。「終わったー」毛繕い終了後の花さんはなぜかボサボサ(真顔ちょっと落ち着いた。本日もありがとうございます。▼本日限定!ブログスタンプあなたもスタンプをGETしよう [続きを読む]
  • ◎モモカ×エセ・ヴァカンス◎
  • 自室を持たぬがゆえ唯一の縄張りが二階建てベッドの上層部だけというモモカ。そんな彼女から写真が送られて来た。『今、素敵なホリデー中!』『なーんてね・・・』居候モモカより↑そんなモモカが居候先(チハナ部屋)でゴロゴロしようものなら「モモカで足の踏み場がない!」と、チハナから苦情が来る(真顔ゆえに最近は色々な部屋を放浪している(悲 [続きを読む]
  • ◎バイリンガルの落とし穴①◎
  • ◎すくパラぷらす◎第39話−1【理科の問題】↑文字をタップ!今回のテーマは「バイリンガルの落とし穴」です。モモ・ハナに「光合成に必要なモノ」を聞いてみたら――良かったら覗いてみて下さい。↑出川イングリッシュをリスペクト中(真顔◎御礼◎「旦那は私の粗大ゴミ」への愉快・爽快なコメント、皆様ありがとうございます。とりあえず、タイトルの読み違えに腹筋が崩壊した事だけお伝えしておきます(痛ホリー亜紀Amebaい [続きを読む]
  • ◎旦那と私と粗大ゴミ◎
  • 老朽化がハンパなかったモモカのブランコを処分しようと思い立ったが吉日。早速解体作業へと移った。ネジが錆びついて解体は困難を極めたがなんとか無事に車のトランクに収めることが出来た。すると、そんな私の仕事ぶりを横目で見ていた旦那が不意に声を掛けて来た。なぜ私が?↑ホイール付きだったので丁重にお断りさせて頂いた(真顔◎おまけ◎我が家には課題がある。ひとつは皆様が心配して下さっている「シャワールーム改装 [続きを読む]
  • ◎チハナ×ネット通販◎
  • 密やかにミュージシャンなチハナはネット通販にて「ギター・ケース」やら「ギター・スタンド」やら「ギター・カポ」やらを注文しまくっていた。何かしらの弱みを握られているのか料金は全て旦那持ちだった(微笑それから三日と経たぬ内に第一便が到着した。私はチハナに箱を手渡し開封を勧める。すると中には――浴室用電気。猪木風に言われても(真顔↑どうやら旦那は「廃墟と化したシャワールーム」を直す気はあるらしい(真顔 [続きを読む]
  • ◎NASA×都市伝説◎
  • テレビで「深海スペシャル」なるものが放送されていたので私は喰い入るようにそれを観ていた。すると、チハナが声を掛けて来た。NASAの都市伝説?何だ、ソレ!?超怖ぇな!!!!一人にしないでっ↑恐ろしい妄想ばかりが膨らみ悶々と夜を過ごした(真顔▼本日限定!ブログスタンプあなたもスタンプをGETしようちなみにチハナは来年の10月学校の旅行でNASAへ行く(真顔 [続きを読む]
  • ◎私と義妹と義母とリオ◎
  • 前回もそうだったのだが今回またしても義妹ジル一家と姑グラニー夫婦が同じ日程で別々の旅行に出掛けた。前回は→「こちら」からどうぞそして前回同様グラニーは「明日からリオ(猫)の面倒よろしくね☆」とジル邸の鍵を持って来た。そう――リオくんは義妹ジルの愛猫である。ゆえに、それジルがすべきじゃね?実はこの二日前私はジルに会っている。会っているにも関わらず私は彼女から何も依頼されていない。そう、彼女的には猫 [続きを読む]
  • ◎15歳スコティッシュ女子×味噌汁◎
  • 午後11時――コリン(旦那のステップ兄)の次女(15歳)からメールが届いた。その内容とは「味噌汁の作り方を教えてくれ」といったものだった。結構な夜更けに味噌汁の作り方だと?しかし、このメールをあからさまに無視したら今後、私の立場が危うくなる(真顔と、いう事で私が日本語で述べた作り方をチハナが翻訳しタイピングするという形でなかなかの長文を返信した。勿論、作り方の動画付きで。しかし姪っ子からはその後何 [続きを読む]
  • ◎モモカ×ヘアダイ◎
  • 中2のモモカが、またしても髪を明るくしたいと言うので私がヘアダイを購入し金髪に染めてやった。その後、上機嫌でシャワールームへと向かったモモカだが洗髪後――「ママ!金髪にし過ぎ!!」と――さも「前髪切り過ぎ」みたいな感覚で怒られた(真顔↑ヘアダイ後。次の日、今度はヘアカラーを購入しモモカの髪を少し落ち着かせてみた。↑最終形態。↑面倒な中2に、ようやく納得して頂けました(真顔◎Ameba13周年記念キャンペ [続きを読む]
  • ◎旦那VSチャーハン◎
  • とある日の晩御飯はチャーハンだった。私は、溶き卵とネギとエビと熱されたフライパンと戦いながらチャーハンをこしらえていた。すると、隣で旦那がスゲェ話し掛けて来た。チャーハンに夢中な私はただ、旦那の話を流し流し聞いていた。すると彼は――今更・・・?↑ここ10年は興味ないな・・・ [続きを読む]
  • ◎引き籠りホリーとパリピ親族◎
  • 【パリピ】party people(パーティーピープル)の略。本場の英語の発音では「パーティー」という言葉は「パーリー」「ピープル」という言葉は「ピーポー」という発音に聞こえます。 そのためパーティーピープルではなくパーリーピーポーという言葉を略し「パリピ」という言葉が生まれました。タダでさえ、毎晩飲んで毎週末飲みに行く私の周りのスコットランド人達。そんなスタンダードな飲み会に加え夏が来るとグンと跳ね上がるのが [続きを読む]
  • ◎日曜のにゃんこ149◎
  • ごめん、花さん。すげぇピンボケ(真顔ピントが合う所までお互い移動中。寄り道する花さん。やっぱりピンボケ(白目ここまで接写しないとピントが合わなくなってしまった。「新しいお向かいさん♪」本日もありがとうございます。 [続きを読む]
  • ◎スコットランド×怖い話⑧◎
  • ◎すくパラぷらす◎第38話−8【スターリング城の幽霊】今回のテーマは「スコットランドの心霊」です。城のイメージがクライズデール銀行発行の20ポンド紙幣に採用されている「スターリング城」で度々目撃される心霊です。良かったら覗いてみて下さい。↑本日もありがとう・・・◎御礼◎『いいね』『読者登録』『リブログ』そして心躍る『コメント』等皆様ありがとうございます!「どの拷問いっとく?」というご質問を頂きまし [続きを読む]
  • ◎旦那の夏休み◎
  • 娘達の夏休みは、7月1日から8月20日までだった。7月中は日本に里帰りしていた為こちらに戻って来た時には残り3週間となっていた夏休み。そんな8月初旬――娘達(特にモモカ)は友達と遊ぶ約束をキッチキチに詰め込み始めたのだがラストスパートを仕掛けて来たのは娘達だけではなかった――なぜ、汽車?娘達曰く「ダッダ、復路は汽車に乗らず線路沿いを走ってたよ☆」とのこと(真顔結局、絶景を眺めながら走りたかっただ [続きを読む]
  • ◎25日振りの旦那◎
  • 旦那の事なぞ書くタイミングもなく8月最終日となった――本日は、日本里帰り中&帰国直後の旦那をダイジェストでお伝えしたいと思う。娘達と私が大阪に滞在していた25日間毎日、滞りなく――リンダおばちゃん(お向かいさん)が猫の世話をしグラニー(姑)が夕飯を持って来ていたらしい(真顔明確に表記するならば朝―― リンダがカーテンを開け猫・ドジョウのエサやり夕方――グラニーが夕飯を配達旦那の郵便物を郵便局へ夜― [続きを読む]
  • ◎スコットランド×怖い話⑦◎
  • ◎すくパラぷらす◎第38話−7【灰色の貴婦人】今回のテーマは「スコットランドの心霊」です。目撃情報が絶えないグラームス城に住む「灰色の貴婦人」。彼女のあまりにも悲しい生前を覗いてみて下さい・・・↑明日は・・・「悠々自適な一人暮らしを堪能していた7月の旦那」を、ダイジェストでお伝えいたします・・・ [続きを読む]
  • ◎モモカの本当にあった怖い話◎
  • モモカがケイティ宅のBBQにお呼ばれになった。今回は、ケイティの同級生と2つ上のケイティ兄・ジミー君の同級生とのコンパ仕立てBBQであったが為その狭間の学年となるチハナはあえなく不参加となった。夜8時過ぎ――ご機嫌で帰宅したモモカがパーティーで起きた事件を私に報告してくれた。怖すぎる!更に怖すぎる!どこ行ったひざ!↑救急車で運ばれたお友達のひざの行方が激しく気になる(真顔 [続きを読む]
  • ◎ドイツの奇抜な拷問◎
  • 前回の「奇抜な拷問」は→こちらからどうぞモモカも、とある拷問を教えてくれた。それは16世紀のドイツでしばしば行われていた――「Head crusher」直訳すると「頭部砕き」(真顔拷問方法は――痛い痛い痛い痛い・・・↑モモカの擬態語がコワイ(真顔 [続きを読む]
  • ◎スコットランド×怖い話⑥◎
  • ◎すくパラぷらす◎第38話−6【グラームスの怪物】今回のテーマは「スコットランドの心霊」です。グラームス城には驚くほど多くの心霊話が語り継がれています。怪物・心霊・悪魔とそれらは多岐に渡っており文献を読んでいるだけで背筋が凍ったものです・・・今回はその中の「怪物話」を描いてみました。良かったら覗いてみて下さい。↑次回のすくパラは「グラームス城の心霊」です・・・▼本日限定!ブログスタンプあなたもス [続きを読む]
  • ◎イギリスの奇抜な拷問◎
  • ※サムネイル対策心霊話を描くに当たって夜な夜な拷問画像を眺めていたワケだがある時、いまいち拷問方法が不明な画像を発見した。↓こちら「Rat-Torture」すなわち「鼠拷問」である。皆目見当が付かないこの拷問に首をかしげているとチハナが得意げに教えてくれた。痛い痛い痛い痛い・・・動物虐待且拷問だな(真顔↑拷問方法を習うスコットランドの中学校ってなんかスゲェ。 [続きを読む]