alby さん プロフィール

  •  
albyさん: 細見の一日
ハンドル名alby さん
ブログタイトル細見の一日
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/alby/
サイト紹介文おもに一日の仕事について書いていきます。情報教育や理科教育について
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供64回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2007/11/25 12:08

alby さんのブログ記事

  • イスタンブールは大雨
  • 今日のイスタンブールは大雨。雷がすごかった。市内では、地下鉄が浸水したり、道路が冠水したりして、大変な状況だった。イスタンブールの道路には、日本のような側溝がなく、雨水は土地の傾斜に沿って洪水になる。坂道の下には、大きめの穴が空いたマンホールがあり、そこから下水につながっている。 [続きを読む]
  • 中華料理店 A Wai Lou
  • イスタンブールのメジリエキョイにある中華レストラン「A Wai Lou」に一年半ぶりに行きました。イスタンブールで中華料理が食べられる店はいくつかありますが、ここは結構リーズナブルな値段で、本格的な中華料理を楽しむことができてお勧めです。甘辛いスープ、サラダ、小籠包、麻婆豆腐を食べました。トルコ人用にフォークとナイフが置いてありますが、お箸とレンゲで食べることができるので、なんだか落ち着きます。A Wai Lou住 [続きを読む]
  • イスタンブールのレジャープール AQUA Marine
  • イスタンブールにあるレジャープール「アクア マリン」に、同僚に連れて行ってもらいました。大人も子供も楽しめるプールや滑り台、フードコートがありました。天候がよければ一日中遊ぶことができます。子供用プールの水深は60cmで監視員もしっかり見ておられ、安心して遊ばせることができました。小さな滑り台やトンネル滑り台などが充実していました。プールの中にちょっと怖い人魚がいました。大人用のプールの水深は180cmでか [続きを読む]
  • 民主主義と国民団結の日
  • 昨年の軍の一部によるクーデター未遂事件から1年がたった。この日は、「7月15日殉死者の日」として、祝日になった。7月15日、16日は、イスタンブール市内の公共交通機関が無料になる。イスタンブールカードもこの日を記念したデザインのものが販売されるので、1枚購入しようと思う。 [続きを読む]
  • 息子の友人宅で朝食
  • 息子はトルコの幼稚園に通って3年目になります。担任の先生はトルコ人で、友達もトルコ人。日本人もいます。現在、家族で一番トルコ語が話せるのは息子です。次は、トルコ語講座で勉強したり、日常の買い物でトルコ語を話している妻。私と娘は週1回のトルコ人家庭教師をお願いして勉強していますが、職場や学校が日本語環境ですので、トルコ語はほんの少し会話できる程度です。今朝は、息子の友達の家に招待してもらい、家族で朝 [続きを読む]
  • ソフトボールの練習試合
  • ソフトボール部の練習に、職場の同僚6人で参加してきました。ソフトボール部は、毎週土曜日、早朝7時から9時まで活動されています。2年前は、日本人会でもイスタンブール工科大学の立派なグラウンドを借りて、ソフトボール大会が開催されていましたが、昨今の治安情勢や予算の関係でここ2年間は中止されていました。しかし、体育担当の同僚がソフトボール部と連絡を取り、練習試合が実現できました。職場の親睦のために行動して [続きを読む]
  • 総務省 先導的教育システム実証事業に係る成果物の公表
  • 総務省では、「先導的教育システム実証事業」における3年間の実証成果等を踏まえ、クラウド活用の先進事例や導入手順についてまとめた「教育ICTガイドブック Ver.1」を教育委員会・学校等に向け、作成しました。http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01ryutsu05_02000097.html『教育ICTガイドブック』の80ページ、「CASE25 教育活動の継続・発展にクラウドが貢献」に事例が掲載されています。 [続きを読む]
  • 校長・教頭の授業観察・面談ハンドブック
  • 日本語の図書が少ない環境で、最近、書庫に眠っていた書籍が目に付く場所に置かれることになった。手にとって読んでみた一冊目は、『校長・教頭の授業観察・面談ハンドブック』。授業観察や面談というテーマで、著者一人あたり3ページを執筆された200ページ弱の本。私の師匠の名前もあり、懐かしく感じた。授業観察という点で、多数の手法が紹介されているので、研究主任とかが読むと参考になる部分もある。ところで、東京都区市 [続きを読む]
  • ボスポラス海峡クルーズでヨロス城
  • 6月に入り、最高に天気がよく、海と空の青が本当に美しい時期になりました。イスタンブールの冬はどんより暗く、雨や雪ばかりなので、今が最もよい季節なのかもしれません。今日は、ベシクタシュから船に乗り、ボスポラス海峡クルーズ最北端アナドル・カヴァウまで行ってきました。行きの航路はボスポラス海峡のヨーロッパ側、帰りはアジア側です。オルタキョイジャーミ(モスク)と7月15日殉死者の橋(ボスポラス第一大橋、写真 [続きを読む]
  • キリヨスのソラル・ビーチ
  • 断食月明けのシェケルアリフェの日。イスタンブール北部黒海に面するソラル・ビーチに海水浴に行きました。いいバイラムのスタートです。天気は最高に良く、暑い一日でしたが、黒海の水は相変わらず冷たく感じました。土曜日でしたので、道路の混雑はなく、海水浴場もガラガラの状態で大変快適でした。昨年度は、トルコ軍の一部によるクーデター未遂事件の影響で、海水浴場に行くことも禁止されましたが、現在のトルコの治安は少し [続きを読む]
  • イスタンブールのホタル
  • サナチュラルパルクの近くのシテ(集合住宅)にホタルがたくさんいるという情報があり、私の住んでいるシテの森にもいるかと思って探しました。1匹ゲット。体長は1cmほどで小型。光り方は結構速いです。日本のヒメボタルとよく似た感じでしょうか。手元に昆虫図鑑がないので、また調べてみたいと思います。トルコの植物と鳥の図鑑は揃ってきました。 [続きを読む]
  • 世界遺産サフランボルの魅力
  • トルコには世界遺産が16あります。1994年に登録されたサフランボルは、昔ながらの民家が数多く残されており、土壁に木の窓枠が並んだ独自の木造家屋が魅力的な町です。内部を公開している民家「カイマカムラル・エヴィ」では、それぞれの部屋に人形があり、昔のトルコの暮らしがよく再現されていました。タンスの一部が風呂になっていて驚きました。また、サフランボルを紹介する日本語字幕入りのDVDも見せて頂いたので、理解が深 [続きを読む]
  • トルコの国民の結果はエベット
  • 2017年4月16日(日)に行われたトルコの国民投票。結果は、エベット(賛成)派が勝利。エルドアン大統領の演説があり、勝利宣言がされた。イスタンブールに日本人が多く住むエリアは、反対派が多い。道路にハユル(反対)の旗が立ち、チラシが配られ、私も受け取ったことがある。先ほど、結果が出たとたん、発砲音、反対の意味を示す鍋を叩く音が鳴り響いた。明日から、スカーフを巻く女性が増えるのだろうか。 [続きを読む]
  • トルコの携帯電話を海外で使用する方法
  • トルコの携帯電話会社Turkcell(トゥルクセル)を、海外で使用する方法を紹介します。まず、Turkcellのホームページで、使用したい国名を選択します。現在、69カ国から選択できます。デバイスは「携帯電話、タブレット、すべて」の3種類から選択できます。私はフィンランドを選択しました。Avantaj Yurt Dışı Paketi プランがありました。1ヶ月60TL(2,000円ほど)で、通話500分、インターネット2GB、SMS1000通のパッケージで [続きを読む]
  • チャムルジャの丘
  • イスタンブールで一番標高が高いチャムルジャの丘に登りました。トルコ最大級のモスク「チャムルジャ・ジャーミー」の建設の様子も近くから眺めることができます。山頂には、テレビ塔やレストラン、公園や観光客向けの小さなお店があります。頂上から眺める景色は最高です。ボスポラス海峡を渡る船を見るもよし、ボスポラス大橋を通る車を見るもよし。バスで近くまで行くことができますが、かなりの登り坂ですので、タクシーの利用 [続きを読む]
  • アジア側のベイレルベイ宮殿
  • イスタンブールアジア側にあるスルタンの夏の離宮「ベイレルベイ宮殿」に行きました。ボスポラス大橋(7月15日殉教者の橋)のすぐ北側にあります。夏の離宮とあって、宮殿内は涼しくする工夫が一杯。床板の上に日本のござに似たものがひいてありました。館内は寒く、ガイドさんはベントコートを著ていました。日本製の大きな壺があると言われました。私には中国製に見えました。入場料は20TL。ミュゼカードは使えません。館内の [続きを読む]
  • 3年間分のJAETニューズレターを読了
  • 春休みに入りました。昼間は娘や息子の習い事の送迎をしたり、たまっていた書籍を読んだりして過ごしています。今日は、日本教育工学協会のニューズレターを3年間分読みました。教育工学のトレンド(の推移?)が確認できました。先日、イスタンブールでお出会いしたK先生の記事もありました。送付していただいた荒木先生、どうもありがとうございました。トルコでもきちんと読みましたので、ブログにてご報告いたします。JAET 日 [続きを読む]
  • トルコ製ケーキでホワイトデーのお返し
  • 女子力の高い、職場の同僚(男性)から「今日は、手ぶらで帰ってはまずいですよ」という忠告を受け、帰宅途中にケーキ(トルコ語ではパスタ)を購入しました。在留邦人に人気のあるemek pastanesi(エメッキ パスタネシ)のバナナチョコレートシュークリーム。実は、トルコでは、シュークリームはあまり販売されていないのです。とりあえず、妻と娘のご機嫌をとりました。ちなみに、トルコでは、バレンタインデーは、男性から女性 [続きを読む]
  • 司書教諭の実務マニュアル
  • トルコにも2017年3月10日に発売された「司書教諭マニュアル」が届いた。司書教諭の仕事が体系的に分かりやすく書かれていた。「図書館教育」年間計画の例(大阪府豊中市立中豊島小学校)には、1年生から6年生まで、それぞれの教科と図書館での学習をどのように結びつけられているのかが整理されていた。まさに欲しかった情報。あと、必要涕情報を自分の手元におく方法「情報カード」の実践が参考になった。「平行読書」を充実さ [続きを読む]
  • 小5教育技術2017年3月号
  • iPadのアプリ「教育技術」では、2月14日から指導要録記入のポイントと文例が読めるようになっている。これは、小5教育技術3月号増刊のよう。様式1や様式2の書き方が解説されている。編入学や退学については、日本の学校ではあまり取り扱わなかったが、海外の学校では日常的に事象が発生する。大変参考になる記事だった。なお、定期購読していると、全ての学年の記事が参照できる。 [続きを読む]
  • 信頼の心理学
  • 世界各国30社450人の管理職に調査したところ、その約半数が「経営陣を信頼できない」と回答した。回答者の69%が「だれを信頼してよいか、わからない」という。管理職の約半数が、自分の上司である経営陣を信頼していない。これは、フォーダム大学のロバート教授(訳 マクドナルド京子)の調査結果(2002)である。信頼度の低い職場とは、「ストレスフル」「険悪」「対立的」「非生産的」「高いプレッシャー」がある。一方、信頼度の [続きを読む]