元気 さん プロフィール

  •  
元気さん: 音楽を呼びさますもの
ハンドル名元気 さん
ブログタイトル音楽を呼びさますもの
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/genkikunsjc
サイト紹介文元気のでる写真が撮りたい
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供65回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2007/11/25 17:52

元気 さんのブログ記事

  • 母指球 地球のへそ 無重力
  • 暗闇生活 偏西風 部屋に入り込むすきま風最後に すき っていってから さよならしたいきみ との距離 15センチ もうすこしで 手の届きそうな 位置 ふんばれ母指球 地球のへそを おなかに入れてやば 男子ズボンのチャックのなかが発狂寸前 [続きを読む]
  • 寝返り宇宙
  • 寝返り宇宙 それがキミの名前だ眠りにつくと 無呼吸になりマネキンになることを知ったぼくは寝息にしないキミに可愛い洋服を着せるぼくはだんだん呼吸が荒くなり背中で息をし始める夢のなかでキミがくるくると回っている息を弾ませ右に左に縦にスピンまさに寝返り宇宙 夜空を漂う星の人 [続きを読む]
  • バグパイプ
  • 自分自身が楽器だと言い張る男に出会ったバグパイプのような声音の男だ 熊のような毛深い大柄な男だ木管楽器のような声が森に木霊する女はポッケからオカリナを取り出して吹いたカメラ女子がカメラ男子と仲良くないのは画角の広さがちがうからだ きっとそうだアリューシャン列島の西半分を占める山の山小屋で シャッターチャンスがやってきた 朝ごはんがおいしいです 窯焼きのトースト ピンク色のサラダと暖炉の火 地響きのような [続きを読む]
  • 天使の輪
  • あなたに愛されたい愛されたいという気持ちがあるからあと髪を25のばしてみる愛される ために やさしくしたりしない愛していると伝えた瞬間に終わる愛を知っているから暗い雲の上の通路を歩いている雲の切れ間の光がさしている場所に足を踏み外してはいけないやさしいだけの人にはなりたくないやさしさがのこっていたら教えてきえそうできえねい愛のなかに [続きを読む]
  • 秋雨前線☂
  • 忘れもの置き場のなかにぼくがいる傘と傘の間に埋れて 簡単には見つからないタバコの煙にまかれてきえた夏今年の夏ほどアイスを食べなかった夏はない いつも120個 今年はまだ3個冬が来て春が来て夏が来なかったのはなんで秋がながいと失恋するよ 雨の日は傘を忘れずに 傘と傘のあいだにぼくがいる [続きを読む]
  • 週間小学生
  • 1週間だけ小学生にもどれるとしたらおうちのプールでコバンザメのこどもを飼うお祭りでもらったヒヨコにユルという名前をつけるシャボン玉を吐くフリをしてお腹いっぱい吸い込んで ほら平気だよって顔をするイジワルなあいつのランドセルのなかに鳥の死骸を入れる [続きを読む]
  • メイク顔
  • 自分の顔なんて自分で書いてしまえばいいペンで可愛くパッチリ二重まぶたに書いてかわいいねとか 言われたい瞳のなかに星が見えるよ とか愛しあうことの 美しさを 言葉で唱えてしまえばいい [続きを読む]
  • 足裏 母指球 地球
  • 地球を足裏感覚だけで歩いている気がする指先だけで 口先だけで仕事している気がする言ったそのあとすぐ忘れてしまうような何気なく放った言葉が ナイーブな君の人生を狂わせる緊急入院したとか知らなかった小手先ではなく 体幹で 君を想いますぶちあたり 砕けて 拳を野球のように突き上げて 爆破 人生はデンデン太鼓 バスコダガマにピタゴラス富士山が噴火すると どんな夕焼け空になるのだろう [続きを読む]
  • 冷えたビール
  • クーラーのきいた部屋と冷蔵庫のなかはどちらが涼しいんですか?と聞く若者がいたものだからぼくは若者に 煎餅とビスケットはどちらが美味しいかと逆にたずねた冷蔵庫の番人から言うと冷蔵庫が涼しいに決まっているが、からっぽの冷蔵庫の場合冷やすものがないからあまり冷えないらしい無人駅の駅長が笛を吹いているレールに沿って歩こう 列車は来ないのだから 枕木をまくらにして寝よう寝袋は電線にひっかかったビニール袋でいい [続きを読む]
  • 覆水盆に帰らず
  • 覆水をプールにもどす作業をしていたら浮き輪の穴に首が締め付けられて溺れそうになった ぼくはカナヅチストレス解消にスマホをプールに落とす水没した肉体とふやけた白い指細い指にはめられたリングが揺れている排水口の蓋を開けろ 覆水盆に帰らず [続きを読む]
  • ハイレベルなわがまま
  • しばらくみないうちにかわったなおまえと 初対面のひとに言える 勇気がほしいきょとんとあいたくちのなかからどんな言葉がでてくるか わくわくしたいおんなのこに ふれただけで逮捕されるそんな世の中になってほしくないけどカッコつけなくても大丈夫カッコ悪くなんかないよ と言ってほしかっただけ [続きを読む]
  • 消去
  • ぼくのつくりだしたものがどこにも保存されてなくてあたまのなかにも残ってなくてからっぽ くるくるぱあ いないないば消えた きみの面影 うっすらと耳に残ってる声 輪郭だけの肉体みどりいろの涙 みぎがらひだりに流れる涙おぼえていないけど粘土でこねて きみのかたちをつくってみたぶさいくな きれいな なつかしい顔 [続きを読む]
  • もの
  • ものを見ると吐気がするだから生活感のない白い部屋にこもってる床に転がってるのはほったら菓子というお菓子がひとつ蝉の抜け殻みたいなぼく つまり中味がない噛みすぎたチューインガムのような味ガスボンベで膨らますと虹の奥まで飛んで消えていってしまうくらい軽い綿菓子は甘い 黒砂糖も甘い白い部屋の白いシーツの上で黒光りしてる肉体はサナギではないカブトムシでもないとくとくと脈打っている黒光りしたそれはは僕自身なの [続きを読む]
  • モテ期
  • モテ期が何処かに行ってしまったいや モテ期なんてなかったもてはやされたけどモテなかった足はうまれつき短かった土踏まず中心に歩いたのでいつまでもよちよち歩きだった喋る前に大きく息を吸う癖溜め息で歌う学芸会の劇のなか脇役だったけど黄色い声を浴びた今振り返れば あれがモテ期だったんだ [続きを読む]
  • 砂時計
  • 砂時計のように力感なくさなさなと流れるようにこの世に必要とされず忘れておぎざりにされて眠りについたころに ひっくり返されて頭に血がのぼる ぶち切れそうだわあたまもなければ顔もない運命をかえる3分間3人の女の子 美しい姉妹 そのかすかな微笑 こけし こけし こけしこけし あなたは ナルシスト 私あなたがきらいよ私は時の支配者 砂時計さなさなさな 南の島の白い砂 [続きを読む]
  • 涼しくて快適
  • プロのストーカまたしても真夜中の冷蔵庫の潜入に成功冷蔵庫のさ なかってさ涼しくてさ 居心地いい冷えたサラダ 冷めた味噌汁 冷めたピザぼくは野菜室で眠る眠るやいなや 君の声が台所から聞こえるぼくのことが好きらしい やった冷蔵庫を開けた回数だけ恋をする夏 [続きを読む]
  • 五レンジャー
  • カレーを食べるとからだが引き締まると聞いたからカレーを食べ続けたんだ 黄レンジャー三船三郎桃レンジャーの中に入っているのは男なんだ という噂を聞いた瞬間に雷が鳴り雨が降ってきた そんなの嘘だ青レンジャーにはあまり感情がないと言われてる 冷静でクールで無口で大人しいでもいちばん泣き虫だった。覆面のまま目の周りのゴムが劣化するまで泣いた 嗚呼素顔のままで泣いてみてぇ緑レンジャーはヒーローになりたかった 主 [続きを読む]
  • わたし誰なんだわたし犬なんですビーフジャーキー骨つきこの世のなかそれ以外何が必要自由な散歩 自由な時間お願いします 放し飼いにしてくださいもう帰って来ませんから暇をください もう帰って来ませんから辛いです正直 はあはあ息が荒いです 口を塞いでください 鼻で息は出来ませんからもう嫌です 月に吠える狼は野良犬の野外ライブに行った [続きを読む]
  • 小心者の歌
  • 波の音かはたまた森進一の声か地震の前触れかぎしぎしベッドの軋みか破壊神の怒りかジオラマ山の噴火ひょっこり瓢箪島ひっつき虫 ひゃっぴき服にひっついて痛い 痒い ウザい悩みや不安ありますか任せてください 解消する自信があります安心してください馬鹿ばかり 馬鹿ばかりです顔はヤクザ カラダは山羊 私は憎まれる動物痩せようとして 痩せようとして 山羊になった壁際に座り続けてたらそのまま壁になってしまったおじさんの話 [続きを読む]
  • When did I start to loving you
  • 君を好きになったのはいつからだろう君が夢に出てこなくなったのはいつからだろう友だちがいなくなったのはいつからだろう気がつくといつもひとりだったのはいつからだろうまわりがぼくを避けるようになったのはいつからだろう孤独が淋しくなくなったのはいつからだろう人の多い場所に行かなくなったのはいつからだろう歌を歌うようになったのはいつからだろう人見知りするようになったのはいつからだろう家から出なくなったのはい [続きを読む]
  • よみがえり
  • いきてくれ いきてくれ いきてくれその日のことは なかったことにしてこたえてくれ こたえてくれ きこえてるならよみがえれ めをさませ 日が昇る夜が開ける みんな待ってるあなたを想うひとが待っている [続きを読む]
  • チヨコレイト中毒
  • チヨコレイト中毒になり病院いきました恥ずかしい話しです血液検査の結果身体の63%をチヨコレイトが占めているとチヨコレイトをやめて2日目です禁断症状で胃に穴があきそうですチヨコレイトとコーヒーの夢をみましたチヨコレイトの食べ過ぎで鼻血が止まらず ちよ子ちゃん がちよ子のいない人生なんて つまらないでしょあなたが ポッキーなら ぼくは チロルチヨコとぼくを誘惑します蚊はいない カエルもいない都会のオアシス チヨコ [続きを読む]