マーケティングと教育に強い@飲食店コンサル さん プロフィール

  •  
マーケティングと教育に強い@飲食店コンサルさん: 飲食店コンサルタントのBLOG
ハンドル名マーケティングと教育に強い@飲食店コンサル さん
ブログタイトル飲食店コンサルタントのBLOG
ブログURLhttp://ameblo.jp/food-business/
サイト紹介文人気急上昇中の飲食店コンサルタント中西敏弘が「売れる」飲食店作りの秘訣を分かりやすく解説します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供60回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2007/12/06 22:08

マーケティングと教育に強い@飲食店コンサル さんのブログ記事

  • ●アルバイトに”厳しい”ことが言えないあなたへ
  • ●アルバイトに”厳しい”ことが言えないあなたへ「やる気がないのか、作業的に仕事をこすアルバイトがいます。なので、お客様からもクレームを受けたりするのですが、こんなアルバイトに対してどう接したらいいでしょうか?」店長や社員スタッフからこんな相談をよく受けます。アルバイトのやる気が高まれば、仕事の質も高まりますから、その結果、お客様満足度につながり、そして、売上が向上する。だからこそ、アルバイトの教育 [続きを読む]
  • ●2017年、2回目の「飲食店プロ店長育成」のご案内
  • ●2017年、2回目の「飲食店プロ店長育成」のご案内先日の27日、「飲食店プロ店長育成研修」の2日目を実施しました。2日目のテーマは、「教える」つまり「教育」についてでしたが、アルバイトを「考えさせる」教育のあり方(理念、クレドに基づいて考えて行動するとは?)、新人教育の進め方(何をどこまで教えるべきか?)、コーチングを活用した目標設定のあり方などなど、できるだけ実践で明日から使える内容で、参加いただいた [続きを読む]
  • ●先日、視察で訪れた居酒屋で感じたこと
  • ●先日、視察で訪れた居酒屋で感じたこと「どうして、この店は、こんなにお客様が入るんですか?」とは、同行した人の言った言葉。いい意味で「お客様が入る」と言ったのではなく、「こんな店で、なんでお客様が入るのか」という意味、思いが言葉には隠されていました。この店は、居酒屋ではとても有名な店で、勉強になればと思い連れて行ったのですが、別の意味で勉強させることになってしまいました。 確かに、・生ビールの [続きを読む]
  • ●経営者が学ばなければ、会社の成長はない!
  • ●経営者が学ばなければ、会社の成長はない!経営者自身が学ばなければ、スタッフも成長せず、会社も成長するはずがありません。 では、何を学ぶべきなのか?もしあなたが、大手チェーン店とは違った”自分らしい”会社作り、多店舗化を推進したいのであれば、「戦略策定」、「マーケティング」、「店舗改善の手法」、「仕組みつくり」、「コーチング」の5つを最低限学ぶ必要性があると僕は考えています。1)戦略策定 [続きを読む]
  • ●なんでも自分でやってしまう店長さんへ
  • ●なんでも自分でやってしまう店長さんへ「指示しないと動かないんですよねえ〜」とは、社長さんや店長さんからよく相談される課題。確かに、「指示待ち」だと仕事が遅れるし、お店の営業中だとタイムリーに仕事ができず、それがお客様の不満足に繋がったりしてしまいますからね。ただ、「指示しないと動かないんです」という人ほど、その人自身が問題の原因がある場合が多い、っていう事実も受け止めるべきでしょう。なぜ、「指示 [続きを読む]
  • ●「負のサイクル」にはまったら、もうおしまい!
  • ●「負のサイクル」にはまったら、もうおしまい!売上が下がってくると、ついつい「目先の売上」が欲しくなります。だから、ついつい、「割引」のような対策を立ててしまいがち。例えば、目先の客数が欲しいから、目先の売上をとるための「〇%割引き」や「1品サービス」、「時間延長」等という策・・・・。これを僕は、「小手先の最悪の策」と呼んでいます。もちろん、意図があれば別ですがね・・・・。僕自身も、仕事が取れない [続きを読む]
  • ●今後、更なる多店舗化を推進したいと考えている経営者の方へ
  • ●今後、更なる多店舗化を推進したいと考えている経営者の方へ1店舗目は、創業者がガムシャラに頑張ってお客様の支持を得て、売上を上げ、その勢いで2店舗目、3店舗目と出店をしてきたという人は意外に多いのでは?でも、ここから先は、ただ「ガムシャラ」に頑張るだけでは、店舗を増やすことも売上を上げることも難しくなっていきます。なぜなら、”カン”と”気合い”だけでは、「再現性」が低いから。つまり、創業期はワンマン [続きを読む]
  • ●組織の問題児は、「分かっている」「できている」と・・・
  • ●組織の問題児は、「分かっている」「できている」と、こちら側が”勝手に思い込んでいた”スタッフかも!「言ったことが伝わらない」、「指示したことが伝わらない」と、悩みを抱えらておられる経営者さんはたくさんいらっしゃいます。自分の指示したことが組織の末端まで伝わらないと、間違った方向に皆を導くことになってしまうので、「こんなことは無くしたい」と、多くの経営者さんが自分の話し方を気を付けたりされています [続きを読む]
  • 「多店舗経営塾」のご案内
  • ●3/23(木)〜全5回開催3店舗からの”飛躍”を目指す飲食店経営者のための、多店舗化の”基盤作りのノウハウ”が学べる講座、「多店舗経営塾」のご案内1店舗からスタートして、経営者自身の「ワンマン経営」によりスムーズ(?)5店舗ぐらいまでは進みますが、この頃から経営手法、マネージメント手法を変えていかないと、5店舗から店舗数、社員数が伸びないばかりか、店舗数が減少したり離職する社員も増えたりします。こういう事 [続きを読む]
  • ●「よく見てるね」「気が利くね」って何か、深めてみるといいですよ!
  • ●「よく見てるね」「気が利くね」って何か、深めてみるといいですよ!数字の勉強をしていないスタッフに、「明日までに、数字から自店の問題点を抽出してきて!」という指示を出したとしましょう。あなたはこのスタッフがこの宿題をできると思います?きっと、「どこを見ていいか」「何を考えればいいのか」が分からないからできるわけないですよね。なので、こんな指示だし、宿題を出す人はいないはず。たまにこんな指示を出す人 [続きを読む]
  • ●「モノ」から考える派?「コト」から考える派?
  • ●「モノ」から考える派?「コト」から考える派?「宴会をやりたいんですけど・・・」って、あなたのお店にお問い合わせの電話がかかってきたら、あなただったらどうやって答えます?「ありがとうございます。当店の宴会コースは、3500円、4000円、4500円の3コースがあります。で、3500円は7品・・・」って電話応対するお店があったとしたら、品数はいくつか、ボリュームはどれぐらいだろうって、お客様は考えるよね、きっと。この [続きを読む]
  • ●共通の”モノサシ”はありますか?
  • ●共通の”モノサシ”はありますか?「あらら。もう少し、謙虚になって仕事をすれば、この人もっと伸びるのになあ」ご支援先を回っていても、研修会などで思うことが本当たくさんあります。僕自身も、昔会社で働いていた時、きっと、上司にこんな風に思われていたんだろうなあって思います。とにかく生意気でしたから・・・(笑)。経営者の方や店長からも、「あの人、すごく自信過剰すぎて、あまり周りのいうことも聞かないし、自 [続きを読む]
  • ●今の時代のお客様が求める、飲食店って何だろう?
  • ●今の時代のお客様が求める、飲食店って何だろう?僕は、個人店のお店で働いたこともありますし、チェーン店でも働いたこともあります。個人店のお店では、”商品作り”はすべて手作り。材料を切り込んだり、煮込んだり、いためたりなどなどの仕込みをして、商品を作ります。なので、包丁や鍋を振るということもある程度できるようになりました。一方、チェーン店は、カット野菜、カットされた肉、ある程度加工されたソースなどを [続きを読む]
  • ●努力の曲線
  • ●努力の曲線慣れない仕事を始めたときっていうのは、「筋トレ」と同じだなあって思うようにしています。でないと続けられないから。筋トレは最初本当大変。腹筋するにしても、腕立て伏せをするにせよ、バーベルをあげるにしろ、筋肉がないので、すべてのトレーニングが苦しく辛いものです。ただ、トレーニングを我慢して継続して行っていると次第に慣れてきて、数か月後には始めた当初苦労した腹筋、腕立て伏せの回数も難なくこな [続きを読む]
  • ●1/30(月)開催!「飲食店プロ店長育成研修」のご案内
  • ●1/30(月)開催!「飲食店プロ店長育成研修」のご案内店長次第で売上は2割から3割は変わると言われています。これまでのコンサルティングの中でも、実際、店長次第で売上は大きく変わります。店長の「何が」変わると、「何」違うと売上が変わるのか?それは、「考動力」。「売上を上げられる」店長は「考動力」が他の店長とは違うのです。そして、ただ、闇雲に考動しているのかと言えばそんなことはありません。数字から店の問題 [続きを読む]
  • ●店長がお店の問題点を発見するには、営業中の店長の仕事の見直しが必要!
  • ●店長がお店の問題点を発見するには、営業中の店長の仕事の見直しが必要!「すべてのお客様が飲食を楽しめているか」これ実現することが、店長の営業中の仕事であり、大きな役割と言えます。例えば、・料理、ドリンクの提供時間が遅い・お客様が呼んでいるのに、誰も対応できない・客席に定期的にスタッフが訪れないので、お客様の要望を聞き取れない・料理の品質が悪い・トイレを探しているお客様がいるのに誰も案内できないなど [続きを読む]
  • ●1/26(木)開催!「経営指針書策定講座」のご案内
  • ●1/26(木)開催!「経営指針書策定講座」のご案内5店舗ぐらいに店が増えてくると、「今までと同じやり方」でマネージメントを行うことは難しくなってきます。「今までできていたことが、いつの間にかできなくなってきた」「自分の指示したことが、現場の細部まで伝わりづらくなってきた」「不満を口にするスタッフが増えてきた」「ある程度は考えてやって欲しいのに、指示がないと動かない」「給与のことばかり要望するスタッフ [続きを読む]
  • ●エッジランク
  • ●エッジランクエッジランクとは、Facebookのフィルター機能があり、投稿をより多くハイライト表示させる機能(アルゴリズム)のことだそう。みなさんのタイムラインにも、よく出てくる人と友達なのにあまり出てこない人というのがあると思いますが、それはこのエッジランク機能のためだそうです。 このエッジランクは、ファン(友達)との関係性が高いとランクがあがるそうで、つまり、友達のタイムラインに、あなたの記事や [続きを読む]
  • ●「計数管理は、難しい計算をすることではない。」
  • ●「計数管理は、難しい計算をすることではない。」「計数管理は大切ですね。しっかり毎月分析して行動しましょう!」と話すと多くの店長さんが、浮かない顔をします。理由は、「計数管理・・・」「数字・・・」「計算・・・」と苦手意識が頭にあるため、どうしても億劫になってしまうようです。 「計数管理は、難しい計算をすることではない。」 これが僕の持論。計数管理の「ゴール」を [続きを読む]
  • ●凡事徹底
  • ●凡事徹底 「なんでもないような当たり前のことを徹底的に行うこと、または、当たり前のことを極めて他人の追随を許さないこと」 本日、ご支援先でこの「凡事徹底」をテーマに勉強会を行ってきました。上記に書かれているように、普段当たり前と思っていることを徹底することで、また、当たり前すぎてあまり常用死していないことを徹底することで、他を圧倒し、他との差別化につながります。例えば、「笑顔」は飲食店で [続きを読む]
  • ●一年の計は元旦にあり!
  • ●一年の計は元旦にあり!新しい年がスタートし、この時期に「今年はどんな風に会社を導いていこうか?」と考えている経営者の方も多い事ではないでしょうか?「一年の計は元旦にあり」ということわざがあるように、この言葉には、「一年間の目標や計画は、元旦に決めるのが良い」ということだったり、「何事も最初に計画や準備が大切であり、初めの計画ができていないと物事はうまくいかない」という意味があるそうですが、やはり [続きを読む]
  • ●「店長教育」に対する”私の信条”
  • ●「店長教育」に対する”私の信条”当社は、店舗数5店舗前後、売上規模1〜2億円の飲食企業さんに対してのコンサルティングを行っています。コンサルティングの内容は、「今後、更に会社を成長させる」、とはいっても売上だけをアップすることを目的とせず、「永続的に存続できる会社になるための仕組みつくりや戦略策定」のアドバイスを行っています。さらには、永続的に存続するためには「人つくり」が欠かせないと考えています [続きを読む]
  • ●「仕事の報酬は仕事」にすることが、働きがいを促す!
  • ●「仕事の報酬は仕事」にすることが、働きがいを促す!「賃金は不満を減らすことができても、満足を増やすことはできない。満足を増やすことができるのは、仕事そのものだといわねばならぬ。どんな仕事であろうと、それが自発的主体的に行動できるような仕事になってくれば、人々はそこから働きがいを感ずるようになるのだ」(『土光敏夫 信念の言葉』 http://u0u0.net/ABrP) 仕事を「やらされる」のではなく、「自主的に、 [続きを読む]