dendrobates さん プロフィール

  •  
dendrobatesさん: DENDROBATIC LIFE
ハンドル名dendrobates さん
ブログタイトルDENDROBATIC LIFE
ブログURLhttp://dendrobates.blog112.fc2.com/
サイト紹介文ヘビを20匹飼っています。ヤドクガエルもいます。観た映画や、読んだ本も紹介しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供136回 / 365日(平均2.6回/週) - 参加 2007/12/07 11:13

dendrobates さんのブログ記事

  • 水の表現に刮目せよ
  • 映画「モアナと伝説の海」を観た。公式サイトはこちら。女神テフィティのハートを盗んだ英雄マウイだったが、それによって世界に死の闇が広がることになった。その闇は、長の娘モアナの住む島にも及んでいた。ココナツは腐り、魚は捕れない。モアナは祖母タラの導きで、禁じられた珊瑚礁の外へとこぎ出す。海に選ばれた娘として、テフィティのハートを手に。もはやディズニーのアニメは、それ自体一つのジャンルになったようだ。日 [続きを読む]
  • 結婚することが罪だった時代
  • 映画「ラビング 愛という名のふたり」を観た。公式サイトはこちら。1950年代後半のアメリカ。バージニア州では白人と黒人の結婚は法律違反だったが、白人のリチャードと黒人のミルドレッドは、子供ができたことを機に、違法ではないワシントンDCで結婚する。バージニアに戻った2人を待っていたのは、保安官による逮捕。有罪となった2人は離婚するか、25年間州を出るかの選択に迫られる。リチャードにジョエル・エドガートン。「エ [続きを読む]
  • これが家族の終わり
  • 映画「たかが世界の終わり」を観た。公式サイトはこちら。劇作家のルイは、「もうすぐ死ぬ」ことを家族に伝えるため、12年ぶりに実家に戻る。実家では、母マルティーヌ、妹シュザンヌ、兄アントワーヌ、そして兄の嫁カトリーヌが出迎えた。ルイは、思いを告げようとするが、4人それぞれい逆に思い告げられて言い出せなくなってしまう。ルイにギャスパー・ウリエル。「ジェヴォーダンの獣」は観た。マルティーヌにナタリー・バイ。 [続きを読む]
  • 探偵物語
  • 映画「ナイスガイズ!」を観た。公式サイトはこちら。原題も「he Nice Guys」。腕っ節一つで依頼を解決する「示談屋」ヒーリーは、少女アメリアから、私立探偵マーチに自分をつけ回すのをやめさせるという依頼を受ける。ヒーリーは依頼通り、マーチを痛めつけるが、アメリアが失踪したことから2人で彼女を探すことに。アメリアはポルノ映画を撮ったらしいが、それに関係する人物が次々と謎の死を遂げていた。いつの間にか、マーチ [続きを読む]
  • パルクール
  • 映画「アサシン クリード」を観た。公式サイトはこちら。幼い頃、父親に母を殺されたカラム・リンチは、殺人の罪で死刑になった。が、目を覚ますとそこに科学者のソフィアがいた。ソフィアは暗殺者アギラールが隠したとされる「エデンの果実」を手に入れようとしていた。カラムはアギラールの子孫で、その遺伝子には、アギラールが体験した記憶が組み込まれており、特殊な装置アニムスによって再現できるという。かくしてカラムは [続きを読む]
  • 小さな幸せ
  • 映画「素晴らしきかな、人生」を観た。公式サイトはこちら。原題は「Collateral Beauty」。ポスターには「LIFE,CAN BE WONDERFUL」とあるので、原題かと思ったら違ってた。紛らわしいことすんなw広告代理店の経営者ハワードは、6歳の娘を亡くしてから、ドミノ倒しに執着するなど茫然自失の毎日を暮らしていた。経営パートナーのホイット、クレア、サイモンは、会社の危機を乗り越えるために買収に応じる計画を立てるが、大株主の [続きを読む]
  • 名脇役
  • ビル・パクストンさんが亡くなった。61歳。ニュース・ソースはこちら。私が好きな映画には、彼がいつも出演していた。「ターミネーター」「ストリート・オブ・ファイヤー」「エイリアン2」「プレデター2」「トゥルーライズ」「アポロ13」「タイタニック」「U-571」「オール・ユー・ニード・イズ・キル」。オスカー発表の前日に知らされたのも奇遇。まさに名脇役である。合掌。 [続きを読む]
  • ミュージカル
  • 映画「ラ・ラ・ランド」を観た。公式サイトはこちら。ロスで女優を目指すミアは、オーディションに落ち続けていた。ある夜、パーティーを抜け出して立ち寄ったレストランでピアノを演奏するセブに出会う。彼は渋滞していた道路でミアに嫌がらせした男だった。セブの演奏に心引かれるミアだったが、セブは直後にクビになり、ミアを無視して店を出る。別のパーティーでミアはポップスを演奏するセブに出会う。最初はけんか腰だったが [続きを読む]
  • 最もマトモ
  • 映画「ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち」を観た。公式サイトはこちら。原題は「Miss Peregrine's Home for Peculiar Children」。ジェイクの好きな祖父エイブが何者かに襲われた。駆けつけたジェイクにエイブはミス・ペレグリンに会うように告げ、息を引き取る。その時、ジェイクには巨大な怪物が見えたような気がした。ジェイクは彼を診察している精神科医ゴランの許しを得て、父と共にミス・ペレグリンが住むという屋敷があ [続きを読む]
  • 勝利
  • Digiarty Softwareのデータ管理ソフト「MacX MediaTrans」をめぐるやりとりの続き。容量の大きいデータをMacとiPad同士で同期すると「デバイスがビジー状態」というメッセージが出て、まったく同期しないか、一部分だけを同期しまうという困った状態になってしまう。なので、サポートにメッセージの意味と容量に限界があるのか尋ねたのだが、そこから泥沼に(詳しくはカテゴリ「パソコン」を参照のこと)。さて、2月9日に「誠意 [続きを読む]
  • セブン以来
  • 映画「マリアンヌ」を観た。公式サイトはこちら。原題は「Allied」。第2次大戦下のモロッコに潜入したカナダ軍の工作員マックスは、カサブランカでフランス人の工作員マリアンヌと合流する。2人は夫婦を演じ、パーティーに潜入、ナチス・ドイツの大使の暗殺に成功する。マックスはマリアンヌと結婚、ロンドンに移り住む。子供もでき、空襲下でも幸せに暮らしていたが、ある日、マックスはマリアンヌがドイツのスパイの可能性がある [続きを読む]
  • いつものパターン
  • 映画「セル」を観た。公式サイトはこちら。空港に着いたコミック作家のクレイ。別れた妻シャロンと息子ジョニーの2人と携帯で電話していたがバッテリー切れに。とその時、空港で携帯電話をかけていた人たちが突如凶暴になり、周囲の人々を襲い始めた。クレイは地下鉄に逃れ、そこで出会ったトムと共にクレイのアパートへ逃げ込む。そこへクレイの上階に住む少女アリスが現れ、凶暴になった母を殺したと言う。3人はシャロンとジョニ [続きを読む]
  • 作家の佐藤さとるさんが死去。ニュースソースはこちら。コロボックル・シリーズの第一作「だれも知らない小さな国」は、小学生の頃に買って40年近くたった今でも持っている数少ない本のひとつだ。新イラスト版 コロボックル物語1 だれも知らない小さな国 [ 佐藤さとる ]価格:1512円(税込、送料無料) (2017/2/18時点)合掌 [続きを読む]
  • シンプル
  • 映画「マグニフィセント・セブン」を観た。公式サイトはこちら。金鉱を経営するボーグに支配された町。夫をボーグの手下に殺害されたエマは、賞金稼ぎのサムに助けを求める。サムは、ギャンブラーのファラデー、南軍の腕利きスナイパーだったロビショーとその右腕ビリー、お尋ね者のヴァスケス、ハンターのジャック、インディアンのレッドハーベストの七人と共に、町へ向かう。サムにデンゼル・ワシントン。エマにヘイリー・ベネッ [続きを読む]
  • く●ったれ対応
  • MediaTransの対応について、続報。7日の問い合わせに対して、8日に返事。「この異常なトラブルにぶつかるのは初めてでございますので、それによるスクリーンショットをご発送頂けましたら、すぐソリューションをご提供させていただきます。」「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」。これに対する私の返答。Sales & Tech Support Team さま日本語の文章が理解できるスタッフの対応をお願いし [続きを読む]
  • 6000円無駄に
  • iPhotoに代わる画像ソフトを探していて、次の2つを試用後に購入。FonePaw「iOS転送」サイトはこちら。そしてMinX MediaTrans。サイトはこちら。しかし、どちらも購入後にトラブルが発生、結局無駄金を払ってしまった。トラブルはiPadとiMacをケーブルでつないで、画像のやりとりをしているときに発生。小さな容量では問題ないのだが、「GB」級になるとダメ。FonePawの方は、アルバムAに画像を転送した後、アルバムBを新規作成した [続きを読む]
  • 吹き替え版にしてくれ
  • 映画「スノーデン」を観た。公式サイトはこちら。米軍の特殊部隊に入るべく訓練に明け暮れていたスノーデンだが、足の骨折が元で除隊することになった。コンピューターに精通してたため、NSA、CIAで情報収集活動を行う。しかし、米国民がやりとりする情報を収集していることに、次第に疑問を持ちはじめる。スノーデンにジョゼフ・ゴードン=レヴィット。「ザ・ウォーク」「LOOPER/ルーパー」。スノーデンの恋人リンゼイにシェイリ [続きを読む]
  • カ・メ・ハ・メ・ハー
  • 映画「ドクター・ストレンジ」を観た。公式サイトはこちら。天才神経外科医のストレンジは、交通事故で両手にケガを負い、メスを握れなくなってしまう。同僚のクリスティンにもつらく当たる日々。ある日、脊髄損傷から奇跡的に走れるようにまでなった男から、カトマンズにあるカマー・タージという場所を知る。ストレンジは街でモルドと名乗る男に出会い、カマー・タージでエンシェント・ワンに魔術を教わる。しかし、エンシェント [続きを読む]
  • 転ぶ
  • 映画「沈黙ーサイレンスー」を観た。公式サイトはこちら。江戸幕府によるキリシタン弾圧下の長崎。神父のロドリゴとガルペは、消息を絶った師匠のフェレイラの行方を探るため、マカオで出会った日本人キチジローとともに五島列島に潜入する。そこで隠れキリシタンたちに歓迎される2人だが、奉行所の追跡におびえる日々。2人は別々に活動することになるが、ロドリゴはキチジローの密告で捕らえられてしまう。ロドリゴにアンドリュ [続きを読む]
  • パズルのピース
  • 映画「ザ・コンサルタント」を観た。公式サイトはこちら。原題は「The Accountant」。会計士のウルフに、大手電機メーカーの社長ブラックバーンから財務の調査が舞い込む。経理のデイナが使途不明金を見つけたもので、その実態を解明するというもの。ウルフは役員の不正を暴きかけるが、その役員は殺し屋のブラクストンに殺害される。一方、財務省のキングは裏社会で暗躍している謎の会計士の正体を暴くべく、部下のメディナに捜査 [続きを読む]
  • 食べちゃいたいくらいかわいい
  • 映画「ネオン・デーモン」を観た。公式サイトはこちら。モデルになることを夢見て田舎からロサンジェルスに出てきた16歳のジェシー。二流カメラマンのディーンの撮影でメイクのルビーと出会い、自分の美しさにほのかな自信を持つ。ジェシーはモデル事務所にあっさり入ることができると、一流のカメラマン、一流のデザイナーと、とんとん拍子で仕事をするようになる。ジェシーにエル・ファニング。「トランボ ハリウッドに最も嫌 [続きを読む]
  • 50%
  • 映画「アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場」を観た。公式サイトはこちら。イギリス軍のパウエル大佐は、ケニアでテロリストの集会を確認する。しかし場所はテロリストたちが占拠している地域で、当初の予定だったケニア軍によるテロリスト逮捕も危うい状況となってしまった。パウエルは上官のベンソン中将にドローンによる攻撃を進言する。さらに超小型カメラによる偵察で、テロリストたちが自爆テロを計画していることも確 [続きを読む]
  • 実録データレスキュー
  • 昨年12月に落ちた我がiMac。最初はSafariが立ち上がらなくなり、iMac自体を再起動しても「?」マークのついたフォルダーが表示されるようになった。ネットの情報やアップルサポートのアドバイスを受けながら復旧を試みたが、「SMARTエラー」が表示されて、事実上HDDがクラッシュしていることが判明。結局業者に頼んでデータ復旧を依頼することになった。アップルサポートからは「オントラック」「PCキッド」の2社を推薦されたが [続きを読む]
  • その時
  • 映画「この世界の片隅に」を観た。公式サイトはこちら。広島に住むすずはのんびり屋さんだが、絵が得意な少女。18歳になったある日、呉に住む北條周作の嫁になる。戦局が厳しくなるにつれ、北條家の食卓も寂しいものになっていくが、すずはなんとかやりくりしていた。監督は片渕須直。監督作は今作が初見。地味な作品である。声高に反戦を叫ぶこともない。淡々と、銃後の暮らしを描く。それが、「日常の大切さ」をしみじみ観るも [続きを読む]
  • さよならレイア
  • キャリー・フィッシャーさんが亡くなった。ニュースソースはこちら。ご存知、レイア姫である。最新作「フォースの覚醒」に出演、次作の撮影も終えていたそうだ。「ローグ・ワン」ではCGで出演していて、第1作出演時の美しさを再認識したところであった。私のお気に入りのシーンは、ROJのビキニ?姿ではなく、NHで、トルーパーに扮したルークがレイアのいる独房を開けた時の姿である。独房のベッドに横になっていて、ルークに「ず [続きを読む]