dendrobates さん プロフィール

  •  
dendrobatesさん: DENDROBATIC LIFE
ハンドル名dendrobates さん
ブログタイトルDENDROBATIC LIFE
ブログURLhttp://dendrobates.blog112.fc2.com/
サイト紹介文ヘビを20匹飼っています。ヤドクガエルもいます。観た映画や、読んだ本も紹介しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供120回 / 365日(平均2.3回/週) - 参加 2007/12/07 11:13

dendrobates さんのブログ記事

  • 静かなサスペンス
  • 映画「午後8時の訪問者」を観た。公式サイトはこちら。原題は「La fille inconnue」。診療所で働く代理の医師ジェニー。研修医を叱っていたその時、ドアのブザーが鳴らされる。応答しようとした研修医をジェニーは「診療時間外だから」と止める。しかし、翌日、少女の遺体が発見され、彼女がブザーを鳴らしたことが分かる。「あの時受け入れていたら」と自責の念にさいなまれるジェニー。独自に少女の身元を調べるが・・・。監督 [続きを読む]
  • 人災
  • 映画「バーニング・オーシャン」を観た。公式サイトはこちら。原題は「Deepwater Horizon」。メキシコ湾に浮かぶ油井ディープウォーター・ホライズン。技師のマイクは、主任のジミー、操縦士のアンドレアらと共に、2週間の勤務につくためヘリで到着した。ジミーはBP社幹部のヴィドリンが必要なテストを行っていないことに腹を立てるが、簡易テストを実施することで折り合う。しかし、海底では不気味な泡が次々と吹き出ていた。マ [続きを読む]
  • 泣いた
  • 映画「LION/ライオン 〜25年目のただいま〜」を観た。公式サイトはこちら。インドの田舎町に住む5歳のサルーは、仲良しの兄グドゥに連れられて、石炭を貨物列車からちょろまかしたり、客車の中をあさって小銭を集めたりして、貧しい家計の足しにしていた。ある日、グドゥに無理矢理ついてって大きな駅に着いたサルーは、回送列車の中で寝込んでしまう。気づいたときは、列車は走り出していて、回送ゆえドアが開くこともなく、コル [続きを読む]
  • 3人目
  • 映画「パセンジャー」を観た。公式サイトはこちら。120年かけて移民星へ向かう巨大な宇宙船。コールドスリープ装置の故障で予定の90年も早く目覚めてしまった技術者のジム。途方に暮れるジムだが、唯一の話し相手はバーテンダーのアンドロイド、アーサー。1年後、たまたまコールドスリープ中のオーロラを見たジムは、彼女を目覚めさせる。2人は愛し合うようになるが、宇宙船に異常が発生する。ジムにクリス・プラット。「マ [続きを読む]
  • グレートウォール・トルーパーズ
  • 映画「グレートウォール」を観た。公式サイトはこちら。ウィリアムは「新兵器」黒色火薬を求めて仲間たちと旅をしていた。しかしキャンプ中にトバールを残して何者かに襲われてしまう。ウィリアムが振るった剣は、何者かの腕を切り落とす。2人は盗賊に追われるが、その前に巨大な壁が現れる。壁は巨大な長城で、「禁軍」が首都を何者かから守っていた。禁軍の女隊長リンはウィリアムたちを捕らえるが、そこに何者かの群れが現れた [続きを読む]
  • もう一つの攻殻
  • 映画「ゴースト・イン・ザ・シェル」を観た。公式サイトはこちら。脳を機械の体に入れることに成功した第一号として、生存が危ぶまれたケガを負ったミラ・キリアンは生き返った。ミラは「少佐」として公安9課の荒巻やバトーらと共にテロ事件を追う。テロは大手サイバー企業ハンカ社を狙ったテロリスト、クゼによるものだった。事件を追う中でミラは、自分の記憶が何者かによって書き換えられたのではないかと疑念を抱く。少佐=ミ [続きを読む]
  • 私も飛行機を降ろされた
  • アメリカのユナイテッド航空が、非のない乗客を無理矢理降ろした。ニュースソースはこちら。実は、4月8日、私も飛行機を降ろされた。羽田発長崎行き、日本航空605便である。羽田を午前7時40分に出発、長崎に9時35分に到着、その日は長崎で一泊の予定。定刻通り飛行機に乗り込み、機内誌を読んでいたが、ふと機が動いていないことに気がついた。すでに定刻を10分以上過ぎている。やがて機長から「貨物室のドアが自動で [続きを読む]
  • 初恋
  • 映画「ムーンライト」を観た。公式サイトはこちら。シャロンは、無口な性格からいじめられがちだった。悪ガキから隠れていたところをドラッグの売人フアンに見つけられ、彼の家へ行くことに。そこではフアンの恋人テレサが温かく迎えてくれた。シャロンの母ポーラは息子を愛しているが、やがてクスリにおぼれていく。シャロンにはケヴィンしか気軽に話せる友人がいなかった。ある夜、ケヴィンと2人きりになったシャロンは、マリフ [続きを読む]
  • 私は気を使わない
  • 先日、国立新美術館で開催中の「草間彌生 我が永遠の魂」と「ミュシャ展」を観てきた。国立新美術館のHPはこちら。どちらもすばらしい内容だった。そして、どちらも一部の作品の写真撮影が可能だった。ただ、どうしてあんなに撮影に時間がかかるのだろうね。別に計っていたわけではないのだが、長い人では10秒以上レンズを作品に向けている人もいる。そして、構図を決めるために不用意に動くものだから周りの鑑賞者にぶつかる。 [続きを読む]
  • まわせ!
  • 私はサッカーくじtotoを毎回購入して、もう15年ほどになろうか。そう、発売開始からずっと購入しているのである。「毎回」とはいえないが、ほぼ継続して購入していて、ネットで購入できるようになってからは毎回購入している。これまでの最高当選額は12万円余り。つまり「赤字」である。ところで2020年の五輪に使われる新国立競技場をはじめ、施設の改修などに対してtotoの売り上げを更につぎ込むという。ニュースソースは [続きを読む]
  • 誕生日おめでとう
  • 映画「SING/シング」を観た。公式サイトはこちら。ムーンは劇場のオーナー。しかし運営に苦しみ銀行からは支払いの催促。ムーンは賞金1000ドルのオーディションで起死回生をはかろうとするが、そのチラシには秘書のクローリーがミスって賞金を10万ドルとしてしまった。劇場に殺到する応募者から選ばれたのは、主婦ロジータ、ギャングの息子ジョニー、ストリートミュージシャンのマイク、ロックギタリストのアッシュ。ムーン [続きを読む]
  • 前哨戦
  • 映画「キングコング 髑髏島の巨神」を観た。公式サイトはこちら。原題は「Kong: Skull Island」。ベトナム戦争末期、ヘリ部隊の隊長パッカードは、最近見つかった島の探索に出るよう命令を受ける。ヘリを積んでベトナムから出航する船には、ヘリ部隊隊員のほか、謎の研究機関モナークのランダとその助手ブルックスとサン、戦場カメラマンのウィーバー、そして元英軍特殊部隊のコンラッドら。一行は、島の地質を調査し資源を探ると [続きを読む]
  • 水の表現に刮目せよ
  • 映画「モアナと伝説の海」を観た。公式サイトはこちら。女神テフィティのハートを盗んだ英雄マウイだったが、それによって世界に死の闇が広がることになった。その闇は、長の娘モアナの住む島にも及んでいた。ココナツは腐り、魚は捕れない。モアナは祖母タラの導きで、禁じられた珊瑚礁の外へとこぎ出す。海に選ばれた娘として、テフィティのハートを手に。もはやディズニーのアニメは、それ自体一つのジャンルになったようだ。日 [続きを読む]
  • 結婚することが罪だった時代
  • 映画「ラビング 愛という名のふたり」を観た。公式サイトはこちら。1950年代後半のアメリカ。バージニア州では白人と黒人の結婚は法律違反だったが、白人のリチャードと黒人のミルドレッドは、子供ができたことを機に、違法ではないワシントンDCで結婚する。バージニアに戻った2人を待っていたのは、保安官による逮捕。有罪となった2人は離婚するか、25年間州を出るかの選択に迫られる。リチャードにジョエル・エドガートン。「エ [続きを読む]
  • これが家族の終わり
  • 映画「たかが世界の終わり」を観た。公式サイトはこちら。劇作家のルイは、「もうすぐ死ぬ」ことを家族に伝えるため、12年ぶりに実家に戻る。実家では、母マルティーヌ、妹シュザンヌ、兄アントワーヌ、そして兄の嫁カトリーヌが出迎えた。ルイは、思いを告げようとするが、4人それぞれい逆に思い告げられて言い出せなくなってしまう。ルイにギャスパー・ウリエル。「ジェヴォーダンの獣」は観た。マルティーヌにナタリー・バイ。 [続きを読む]
  • 探偵物語
  • 映画「ナイスガイズ!」を観た。公式サイトはこちら。原題も「he Nice Guys」。腕っ節一つで依頼を解決する「示談屋」ヒーリーは、少女アメリアから、私立探偵マーチに自分をつけ回すのをやめさせるという依頼を受ける。ヒーリーは依頼通り、マーチを痛めつけるが、アメリアが失踪したことから2人で彼女を探すことに。アメリアはポルノ映画を撮ったらしいが、それに関係する人物が次々と謎の死を遂げていた。いつの間にか、マーチ [続きを読む]
  • パルクール
  • 映画「アサシン クリード」を観た。公式サイトはこちら。幼い頃、父親に母を殺されたカラム・リンチは、殺人の罪で死刑になった。が、目を覚ますとそこに科学者のソフィアがいた。ソフィアは暗殺者アギラールが隠したとされる「エデンの果実」を手に入れようとしていた。カラムはアギラールの子孫で、その遺伝子には、アギラールが体験した記憶が組み込まれており、特殊な装置アニムスによって再現できるという。かくしてカラムは [続きを読む]
  • 小さな幸せ
  • 映画「素晴らしきかな、人生」を観た。公式サイトはこちら。原題は「Collateral Beauty」。ポスターには「LIFE,CAN BE WONDERFUL」とあるので、原題かと思ったら違ってた。紛らわしいことすんなw広告代理店の経営者ハワードは、6歳の娘を亡くしてから、ドミノ倒しに執着するなど茫然自失の毎日を暮らしていた。経営パートナーのホイット、クレア、サイモンは、会社の危機を乗り越えるために買収に応じる計画を立てるが、大株主の [続きを読む]
  • 名脇役
  • ビル・パクストンさんが亡くなった。61歳。ニュース・ソースはこちら。私が好きな映画には、彼がいつも出演していた。「ターミネーター」「ストリート・オブ・ファイヤー」「エイリアン2」「プレデター2」「トゥルーライズ」「アポロ13」「タイタニック」「U-571」「オール・ユー・ニード・イズ・キル」。オスカー発表の前日に知らされたのも奇遇。まさに名脇役である。合掌。 [続きを読む]
  • ミュージカル
  • 映画「ラ・ラ・ランド」を観た。公式サイトはこちら。ロスで女優を目指すミアは、オーディションに落ち続けていた。ある夜、パーティーを抜け出して立ち寄ったレストランでピアノを演奏するセブに出会う。彼は渋滞していた道路でミアに嫌がらせした男だった。セブの演奏に心引かれるミアだったが、セブは直後にクビになり、ミアを無視して店を出る。別のパーティーでミアはポップスを演奏するセブに出会う。最初はけんか腰だったが [続きを読む]
  • 最もマトモ
  • 映画「ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち」を観た。公式サイトはこちら。原題は「Miss Peregrine's Home for Peculiar Children」。ジェイクの好きな祖父エイブが何者かに襲われた。駆けつけたジェイクにエイブはミス・ペレグリンに会うように告げ、息を引き取る。その時、ジェイクには巨大な怪物が見えたような気がした。ジェイクは彼を診察している精神科医ゴランの許しを得て、父と共にミス・ペレグリンが住むという屋敷があ [続きを読む]
  • 勝利
  • Digiarty Softwareのデータ管理ソフト「MacX MediaTrans」をめぐるやりとりの続き。容量の大きいデータをMacとiPad同士で同期すると「デバイスがビジー状態」というメッセージが出て、まったく同期しないか、一部分だけを同期しまうという困った状態になってしまう。なので、サポートにメッセージの意味と容量に限界があるのか尋ねたのだが、そこから泥沼に(詳しくはカテゴリ「パソコン」を参照のこと)。さて、2月9日に「誠意 [続きを読む]
  • セブン以来
  • 映画「マリアンヌ」を観た。公式サイトはこちら。原題は「Allied」。第2次大戦下のモロッコに潜入したカナダ軍の工作員マックスは、カサブランカでフランス人の工作員マリアンヌと合流する。2人は夫婦を演じ、パーティーに潜入、ナチス・ドイツの大使の暗殺に成功する。マックスはマリアンヌと結婚、ロンドンに移り住む。子供もでき、空襲下でも幸せに暮らしていたが、ある日、マックスはマリアンヌがドイツのスパイの可能性がある [続きを読む]
  • いつものパターン
  • 映画「セル」を観た。公式サイトはこちら。空港に着いたコミック作家のクレイ。別れた妻シャロンと息子ジョニーの2人と携帯で電話していたがバッテリー切れに。とその時、空港で携帯電話をかけていた人たちが突如凶暴になり、周囲の人々を襲い始めた。クレイは地下鉄に逃れ、そこで出会ったトムと共にクレイのアパートへ逃げ込む。そこへクレイの上階に住む少女アリスが現れ、凶暴になった母を殺したと言う。3人はシャロンとジョニ [続きを読む]
  • 作家の佐藤さとるさんが死去。ニュースソースはこちら。コロボックル・シリーズの第一作「だれも知らない小さな国」は、小学生の頃に買って40年近くたった今でも持っている数少ない本のひとつだ。新イラスト版 コロボックル物語1 だれも知らない小さな国 [ 佐藤さとる ]価格:1512円(税込、送料無料) (2017/2/18時点)合掌 [続きを読む]