じいちゃん さん プロフィール

  •  
じいちゃんさん: じいちゃんの車中泊日記3
ハンドル名じいちゃん さん
ブログタイトルじいちゃんの車中泊日記3
ブログURLhttp://tyrar3.naturum.ne.jp/
サイト紹介文全国様々な場所へ観光や釣りやスキーに車中泊へ出かけています。車中泊便利グッズも紹介しています。
自由文車中泊グッズや車中泊便利グッズなど沢山紹介しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供427回 / 365日(平均8.2回/週) - 参加 2007/12/10 19:52

じいちゃん さんのブログ記事

  • サンコウチョウ
  • サンコウチョウサンコウチョウ(三光鳥、学名:Terpsiphone atrocaudata)はスズメ目カササギヒタキ科に分類される鳥類。日本へは夏鳥として渡来する。日本、台湾、フィリピンのバタン島とミンダナオ島に分布する。日本には、夏渡来し繁殖する。日本で繁殖した個体の多くは、冬季中国南部からスマトラへ渡り越冬する。杉やヒノキなどの針葉樹林等の薄暗い森林に生息するため撮影には苦労する 昼でも暗くシャッタースピードが上が [続きを読む]
  • サンコウチョウ
  • サンコウチョウサンコウチョウ(三光鳥、学名:Terpsiphone atrocaudata)はスズメ目カササギヒタキ科に分類される鳥類。日本へは夏鳥として渡来する。平地から低山にかけての暗い林に生息する。繁殖期には縄張りを形成する。食性は昆虫食で、林内で飛翔中の昆虫を捕食する。樹上の細枝にスギやヒノキの樹皮を用いたカップ型の巣を作り、外側にウメノキゴケをクモの糸で張り付ける。産卵期は5-7月。抱卵日数は12-14日で、雌雄とも [続きを読む]
  • 梅干し
  • 梅干し梅干し(うめぼし)とは、ウメの果実を塩漬けした後に日干しにしたものである日本ではおにぎりや弁当に使われる食品であり、健康食品としても知られるなお、塩漬けのみで日干しを行っていないものは梅漬けと呼ばれる。伝統的な梅干しは非常に酸味が強く、好き嫌いが分かれる食品である梅干しのこの酸味はレモンなどの柑橘類に多く含まれるクエン酸、調味梅干の場合はそれに加えて漬け原材料の酸味料に由来する。普通の梅干し [続きを読む]
  • コアジサシ
  • コアジサシコアジサシ(小鯵刺、学名:Sterna albifrons)は、チドリ目カモメ科に分類される鳥。海岸や川などの水辺に生息し、狙いをつけて水にダイビングして魚をとらえる。その様子から鯵刺(あじさし)の名前がつけられたと思われる。同様の理由から鮎鷹(あゆたか)の異称も。狙いをつけるときには短時間ながらホバリング(停空飛行)をすることもある。繁殖前にはオスがメスへ獲物をプレゼントする「求愛給餌」がみられる。巣 [続きを読む]
  • コチドリ
  • コチドリコチドリ(小千鳥、学名:Charadrius dubius)は、チドリ目チドリ科チドリ属に分類される鳥類の一種。全長が約16 cm 翼開長が約35 cm 日本のチドリ類では最小の種 頭頂部と背面は灰褐色、腹面は白い羽毛で覆われる。眼の周囲の羽毛は黄色。この太い黄色のアイリングが特徴で 近縁種のハジロコチドリはアイリングがほとんど目立たず、イカルチドリのアイリングはより細い 他のチドリ類と異なり翼の上面に翼帯がない  [続きを読む]
  • コアジサシ
  • コアジサシコアジサシ(小鯵刺、学名:Sterna albifrons)は、チドリ目カモメ科に分類される鳥ユーラシア大陸の中緯度地域で繁殖し、アフリカからオーストラリアにかけての沿岸部で越冬する。またカリブ海沿岸域やハワイ諸島にも分布している日本では本州以南に夏鳥として渡ってきて繁殖するが、繁殖地となる場所の減少にともない数が減っている。また、カラスによる捕食も個体数減少の一因とされ東京都ではカラスの撃退に一役買う [続きを読む]
  • コアジサシ
  • コアジサシコアジサシ(小鯵刺、学名:Sterna albifrons)は、チドリ目カモメ科に分類される鳥ユーラシア大陸の中緯度地域で繁殖し、アフリカからオーストラリアにかけての沿岸部で越冬する。またカリブ海沿岸域やハワイ諸島にも分布している日本では本州以南に夏鳥として渡ってきて繁殖するが、繁殖地となる場所の減少にともない数が減っている。また、カラスによる捕食も個体数減少の一因とされ東京都ではカラスの撃退に一役買う [続きを読む]
  • コアジサシ
  • コアジサシコアジサシ(小鯵刺、学名:Sterna albifrons)は、チドリ目カモメ科に分類される鳥。全長は24 cm ツグミやヒヨドリと同じくらいの大きさでアジサシよりも小さい。翼開長は約53 cm 翼と尾羽がツバメのように細くとがっていて、嘴もまっすぐのびる子育て真っ最中 この写真の最中は抱卵中でしたが今日現在はほとんどの巣(巣と言っても砂利を少しへこましてそこに卵を産み落とし抱いているだけ)から雛が生れてエサをも [続きを読む]
  • サンコウチョウ
  • サンコウチョウサンコウチョウ(三光鳥、学名:Terpsiphone atrocaudata)はスズメ目カササギヒタキ科に分類される鳥類。日本へは夏鳥として渡来する。全長は雄が約45cm(繁殖期)、雌が17.5cm。繁殖期のオスは、体長の3倍ぐらいの長い尾羽をもつ。羽色は、顔面部が黒紫色、腹部は濁白色背面はやや赤みのある黒紫色、その他の部分は暗黒紫色で、アイリングと嘴は明るい水色である。 メスは、オスの色彩とほぼ同色であるが、オスと [続きを読む]
  • ハリオアマツバメ
  • ハリオアマツバメハリオアマツバメ Hirundapus caudacutus学名  Hirundapus caudacutus (Latham, 1802) シノニムChaetura caudacuta 和名  ハリオアマツバメ 英名  White-throated needletail  White-throated needle-tailed swift ハリオアマツバメ(針尾雨燕、Hirundapus caudacutus)は、アマツバメ目アマツバメ科ハリオアマツバメ属に分類される鳥。今シーズン初めのハリオ 全く写せません   風向きも運悪く目の前 [続きを読む]
  • ハヤブサ
  • ハヤブサ繁殖形態は卵生。巣をつくらずに(人工建築物に卵を産んだり、他の鳥類の古巣を利用した例もある日本では3-4月に3-4個の卵を断崖の窪みに産む 主にメスが抱卵し、抱卵期間は29-32日 雛は孵化してから35-42日で巣立つ 生後2年で性成熟する                          2017年6月6日撮影 [続きを読む]
  • ハヤブサ
  • ハヤブサこの時期あちこちでベビーラッシュで鳥撮りの皆さんが忙しい時期になってきましたここでも巣立ちの情報に駆けつけてきました 3羽が巣立ち 1羽が中々出れずにいたおぼつかない飛び方で巣の周りを行ったり来たり      2017年6月4日撮影  じゃれあったり 兄弟がいるところに 寄って行ったり人間も一緒ですそして着地に失敗ぶら下がっていますここでも岩肌に激突ここでも着地失敗そんな子供たちに一生懸命にエサを [続きを読む]
  • 迷い人
  • 移動中どこに行くか迷っていますいまいち鳥さんの出が悪いとの情報迷いながら走って居ます 何処にしたかは明日に? [続きを読む]
  • 道の駅
  • 道の駅大日岳岐阜県郡上市高鷲町西洞此処も夏冬よく利用する所です温泉に入り コンビニで弁当を買い車で食べます8じごろには爆睡の予定 明日はゆっくりの5時起床明日の撮影は此処から始まります [続きを読む]
  • 温泉紹介
  • 湯の平温泉 岐阜県郡上市高鷲町西洞Tere 0575 72 6455冬はスキー 夏は観光 写真等に来たときよく利用する温泉です 大きくはないですがこじんまりしていてお湯はヌルヌルノの気持ちの良い温泉です [続きを読む]
  • 鳥撮り
  • 此れから夏の必需品 脱水症状にならないためにもいっぱい飲むようにしている明日ははじめての写真仲間が来るので再び昨夜の道の駅で仮眠をとって と言っても8時から爆睡モードになること間違いなし? 早朝案内することになった [続きを読む]
  • ハヤブサ
  • ハヤブサ河川、湖沼、海岸などに生息する。和名は「速い翼」が転じたと考えられている食性は動物食の猛禽類で、主にスズメやハト、ムクドリ、ヒヨドリなどの体重1.8キログラム以下の鳥類を食べる 獲物は飛翔しながら後肢で捕えたり、水面に叩きつけて捕える 水平飛行時の速度は100?前後、急降下時の速度は、飼育しているハヤブサに疑似餌を捕らえさせるという手法で計測したところ時速390kmを記録した [続きを読む]
  • 今日は今日は鳥撮りではありません梅獲りです 鳥撮りの時に握ってもらうおにぎり用の梅干を今年も確保しにやって来ました 暫くの間女房どのの仕事が増えます [続きを読む]
  • ハヤブサ
  • ハヤブサハヤブサ(隼 鶻鸇、Falco peregrinus)は、ハヤブサ目ハヤブサ科ハヤブサ属に分類される鳥類。数日前に巣立ちした雛鳥 訪問した時は3羽が巣立ちして 1羽は巣の中でピーピー泣いていた この子が一番遠くまで飛んで 近くの民家の屋根で餌をもらっていた                        2017年5月31日撮影親鳥が小鳥を捕まえて帰ってきましたおぼつかない足取りで フラフラしながらエサをもら [続きを読む]
  • 立山
  • 雷鳥ライチョウ(雷鳥、学名:Lagopus muta)は、キジ目ライチョウ科ライチョウ属の鳥の一種である。日本の固有種である亜種ニホンライチョウ(Lagopus muta japonica )は、国指定の特別天然記念物であり、富山県・長野県・岐阜県の県鳥である雷鳥の♂                       2017年5月30日撮影雷鳥の♀ウソウソ(鷽、学名:Pyrrhula pyrrhula Linnaeus, 1758)は、スズメ目アトリ科ウソ属 に分類される [続きを読む]
  • こまどり
  • コマドリコマドリ(駒鳥、Erithacus akahige)は、鳥綱スズメ目ツグミ科コマドリ属に分類される鳥類。亜高山帯の渓谷や斜面にあるササなどの下草が生い茂った針葉樹林や混交林、亜種タネコマドリは照葉樹林にも生息する。食性は動物食で、主に昆虫を食べる。低木の樹上や地表で獲物を捕食する。繁殖形態は卵生。崖の下など目立たない場所に木の枝や葉を使って巣を作る3-5個の卵を産む。抱卵期間は12-14日で、雌が抱卵する。雛は12- [続きを読む]