じいちゃん さん プロフィール

  •  
じいちゃんさん: じいちゃんの車中泊日記3
ハンドル名じいちゃん さん
ブログタイトルじいちゃんの車中泊日記3
ブログURLhttp://tyrar3.naturum.ne.jp/
サイト紹介文全国様々な場所へ観光や釣りやスキーに車中泊へ出かけています。車中泊便利グッズも紹介しています。
自由文車中泊グッズや車中泊便利グッズなど沢山紹介しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供426回 / 365日(平均8.2回/週) - 参加 2007/12/10 19:52

じいちゃん さんのブログ記事

  • アカガシラシラサギ
  • アカガシラシラサギ先月末九州 鳥取 から帰って来てくたびれていたとき連絡をもらい 行って来ましたがこの日動きが悪く 2回ほど葦の周りで見れたのみ あとはブッシュの中で姿が見れず あきらめて帰ってきた・・・・・・・・・この2枚のみ姿が見れた            2017年7月30日撮影 [続きを読む]
  • サンコウチョウ
  • サンコウチョウこのサンコウチョウも個体の違う同じ日に写したものです昨日のサンコウチョウは巣は近くにあり水浴びだけに来る場所で撮影したものでした 今日の写真は個体の違うもので 営巣中のものが整理せずに残っていたものです                             2017年6月16日撮影 [続きを読む]
  • コウライウグイス
  • 梅雨が明け 毎日暑い日が続いています!岐阜県までコウライ鶯の撮影にやってきました今日は日曜日 そしてお盆休みに入り 噂を聞きつけてやってきたカメラマンたちでにぎわっています AM 6時頃にはすでに60名ほどの人がコウライ鶯の居るであろう方向にレンズを向けていました私は少し離れた場所に陣取り 飛びたち 場所変わりする飛びものを狙っていたのですが ほとんど場所を動くことなく 同じような場所で枝移りだけだった [続きを読む]
  • ブッポウソウ
  • ブッポウソウブッポウソウ(仏法僧、Eurystomus orientalis)とは鳥綱ブッポウソウ目ブッポウソウ科に分類される鳥である 吉備町の横山様の雛は巣立ち 10日遅れのここ岡山県加賀郡吉備中央町下土井1390 中山様が管理しているブッポウソウの巣箱を見に行ってきた 撮影場所から巣箱までの距離が60mほどあり 止まり木からもそれくらいあり いずれもちょっと遠いことから来シーズンは もう少し近く 撮影場所から巣箱までを30メ [続きを読む]
  • アカショウビン
  • アカショウビン種小名はインドのコロマンデル海岸に由来する。燃えるような赤いくちばしと体全体が赤色を持つことから、火の鳥の異名を持つ。鹿児島県奄美大島の地方名ではクッカルという。漢字の「翡翠」は本来青いカワセミを指すが色の異なるショウビンにも熟字訓として用いられている。                          2017年7月20日撮影 [続きを読む]
  • アカショウビン
  • アカショウビン種小名はインドのコロマンデル海岸に由来する。燃えるような赤いくちばしと体全体が赤色を持つことから、火の鳥の異名を持つ。鹿児島県奄美大島の地方名ではクッカルという。漢字の「翡翠」は本来青いカワセミを指すが色の異なるショウビンにも熟字訓として用いられている。                          2017年7月20日撮影 [続きを読む]
  • アカショウビン
  • アカショウビン種小名はインドのコロマンデル海岸に由来する。燃えるような赤いくちばしと体全体が赤色を持つことから、火の鳥の異名を持つ。鹿児島県奄美大島の地方名ではクッカルという。漢字の「翡翠」は本来青いカワセミを指すが色の異なるショウビンにも熟字訓として用いられている。                          2017年7月20日撮影 [続きを読む]
  • アカショウビン
  • アカショウビン種小名はインドのコロマンデル海岸に由来する。燃えるような赤いくちばしと体全体が赤色を持つことから、火の鳥の異名を持つ。鹿児島県奄美大島の地方名ではクッカルという。漢字の「翡翠」は本来青いカワセミを指すが色の異なるショウビンにも熟字訓として用いられている。                          2017年7月20日撮影 [続きを読む]
  • 8月10日の記事
  • 暑い一日でした 夕方は雨降り前で一段と蒸し暑くじっとしていても汗が出てくる状態・・・・・ そんな時は脱水症・・・・熱中症・・・・熱射病・・・・にならないように 水分 塩分補給をこまめにとって乗り切りましょう [続きを読む]
  • アカショウビン
  • アカショウビン種小名はインドのコロマンデル海岸に由来する。燃えるような赤いくちばしと体全体が赤色を持つことから、火の鳥の異名を持つ。鹿児島県奄美大島の地方名ではクッカルという。漢字の「翡翠」は本来青いカワセミを指すが色の異なるショウビンにも熟字訓として用いられている。                          2017年7月20日撮影 [続きを読む]
  • アカショウビン
  • アカショウビン 繁殖形態は卵生。巣穴は崖や、キツツキの古巣を使って営巣する。亜種アカショウビンでは、石川県で1988年にスズメバチの古巣を使った営巣記録が報告されている 亜種リュウキュウアカショウビンでは、タカサゴシロアリが樹上に作る球状の巣に穴を掘って営巣した記録 石垣島と西表島で、発泡スチロール製の人工営巣木で繁殖した記録がある。日本での産卵期は6-7月、産卵数は5個ほどである。オスは朝夕や曇りの日に [続きを読む]
  • ブッポウソウ
  • ブッポウソウブッポウソウ(仏法僧、Eurystomus orientalis)とは鳥綱ブッポウソウ目ブッポウソウ科に分類される鳥である近年、全国的に減少しており、環境省のレッドデータブックでは絶滅危惧種に指定されている。広島県や岡山県、長野県天龍村では巣箱による保護で繁殖個体数が回復し、徐々に増加しつつある。山梨県身延町や宮崎県高原町のブッポウソウ繁殖地が天然記念物に指定されている。                  [続きを読む]
  • ブッポウソウ
  • ブッポウソウ森の中で夜間「ブッ・ポウ・ソウ」と聞こえ、仏・法・僧の三宝を象徴するとされた鳥の鳴き声がこの鳥の声であると信じられてきたため、この名が付けられた。しかし、実際のブッポウソウをよく観察しても「ゲッゲッゲッ」といった汚く濁った音の鳴き声しか発せず件の鳴き声を直接発することが確認できないため、声のブッポウソウの正体は長く謎とされた。結局のところ、この鳴き声の主はフクロウ目のコノハズクであり、 [続きを読む]
  • 冷蔵庫
  • アイスクリーム暑い日は これ アイスに手が延びてしまいます私専用の冷凍庫にはアイスが常に補充されます? アイスクリームよりキャンディーの様なかき氷の方がさっぱりしていて口に会います 多い日は1日に5個も食べてしまい女房殿に怒られる事も‼ [続きを読む]