zubakabu80 さん プロフィール

  •  
zubakabu80さん: 出島昇のブログ
ハンドル名zubakabu80 さん
ブログタイトル出島昇のブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/zubakabu80/
サイト紹介文負けない投資家になってもらうことを願ってのブログ
自由文投資をする上で欠かせない相場雑感や市況を読み投資家の皆様の投資の参考になればと思っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供245回 / 365日(平均4.7回/週) - 参加 2007/12/11 11:11

zubakabu80 さんのブログ記事

  • 銘柄重視の投資なら米国株急落の影響もさほど無し
  • 昨夜の米国市場はNYダウ、ナスダック指数共に大きく下落、トランプ政権の迷走による米政治の混乱に加えて、スペインでテロ事件も発生、リスク回避の動きが強まりNYダウ、ナスダック指数共に下げ幅を拡大。昨夜の米国株の急落を受けて本日の日本市場も売り先行の始まりで日経平均も大きく下落、しかし売り一巡後は下げ幅を縮めるなど過度に悲観が強まると言う状況では有りません。又、日経平均や主力銘柄の下げは大きくても、 [続きを読む]
  • 円高で日経平均は弱含み、しかし今日も個別物色の動きは旺盛
  • 昨夜発表された米7月FOMCの議事要旨では、米物価上昇の鈍さが懸念されていた事からFRBの緩和的な金融政策が長期化するのでは?との見方が強まり、為替市場では円高が進行、今日の日本市場では109円台まで円高が進みました。しかし日経平均の下げ幅は小幅、その理由としては先日発表された国内GDPが4%成長となりましたが、その中に輸出によるかさ上げが無かった事、多少の円高なら問題なし、それが株式市場の判断。 暴 [続きを読む]
  • 四半期決算発表も一巡、株価下振れ時は好業績銘柄の買いチャンス
  • 昨日大きく上昇した反動もあり、今日は目先の利益確定売りが優勢で日経平均は小幅反落、しかし個別物色の動きは旺盛で、新興市場銘柄や小型材料株には上昇するものが目立ちました。北朝鮮情勢や欧米金融政策、安倍政権の先行き不透明感などを考えれば、日経平均の上値は重くなりがちですが、個別物色に資金が向かっている限り日経平均の軟調展開もさほど気にする事は有りません。 日経平均は当面2万円〜19500円のボックス相場、銘 [続きを読む]
  • 有料情報「リアルタイムサービス」前場引け情報から抜粋
  • 日経平均株価は252円高の19789円で前場を終了。昨夜の米国市場はNYダウ、ナスダック指数共に大きく上昇して続伸、北朝鮮情勢を巡り、米政府高官から外交による解決を目指すとの発言が相次ぎ株式市場も好感すると言う展開に。北朝鮮でも、グアム周辺海域へのミサイル発射に関して、当面米国の動向を見守るとの発言が有り、今日は日経平均も急反発。円相場も110円台を回復し、警戒が強まった北朝鮮情勢も今日は一旦警戒ムードは大 [続きを読む]
  • 米朝緊張の高まりを背景に日経平均は4日続落
  • 米朝緊張の高まりを受けて先週木曜日に米国株が大きく下落、週末の金曜日には小幅反発はしたものの、本日連休明けの日本市場は109円台まで進んだ円高を受けて売り先行の始まり。しかし寄り付きの売りが一巡した後は下げ渋り、後場は日銀のETF買いも有って膠着した展開に。国内はお盆休み、海外勢は夏休み、市場参加者が限られる状況ですので今週は投機筋の動きが日経平均を左右すると言う感じ。 日経平均が多少変動をしても、 [続きを読む]
  • 3連休を控えてポジション解消売りが優勢
  • 今日は昨日の下げに対する自律反発で始まり寄り付き直後には19829円まで上昇した日経平均でしたが、アジア市場の株価が総じて下げていた事や3連休を控えている事などから買い戻し一巡後は戻り売りに押されて上げ幅を縮小、マイナス圏に沈み、一時下げ幅を広げましたが、終わってみれば前日終値付近での小幅安、ざっくりと言えば北朝鮮情勢の今後を見極めたいと言う感じで終りました。 北朝鮮情勢が一段と緊迫化すれば日経平均もも [続きを読む]
  • 北朝鮮情勢の緊迫化を受けて久し振りに大きく下落
  • 昨夜トランプ大統領が北朝鮮に対して強く牽制する発言を行い、それに対して北朝鮮はグアム攻撃を示唆する発言で応酬、北朝鮮情勢を巡る緊張が高まり、今日は日経平均も久し振りに大きく下落、明日がSQと言う事も有って、投機筋も売り仕掛けに動いたと言う感じです。 日経平均はテクニカル的には75日移動平均線を下回り、一旦上昇基調が崩れたと言う感じですが、企業業績は良好と言う事も有り、銘柄重視の個別対応なら、逆に一段 [続きを読む]
  • 今日も決算発表銘柄と材料が出た銘柄に資金が集中
  • 昨日は上昇した日経平均ですが、今日は円高に振れた事から日経平均も反落、しかし好決算を発表した銘柄には資金が集中するなど引き続き個別物色意欲は旺盛。業績上方修正のルックがストップ高まで買われ、1回の充電で走れる距離を2倍に伸ばす新型電池を量産すると発表したGSユアサが大幅高、2部では第1四半期好決算を発表したテクノスマートが大きく上昇、短期資金の動きは活発。 好決算銘柄は買われ、業績悪化銘柄は容赦なく売 [続きを読む]
  • 良好な米7月雇用統計を好感して日経平均も反発
  • 注目された米7月雇用統計は市場予想を上回る結果になり、米経済良好との安心感から今日は日経平均も反発。しかしさほど円安が進まず、日経平均も伸び切れずと言う展開になりました。6月以降日経平均は2万円を挟んで上下に振れると言う展開が続いており、8月中には上下どちらかに動きが出そうな感じがします。 日経平均は膠着した値動きが続いていますが、決算を発表した銘柄を物色する動きは旺盛、簡潔に言えば日経平均よりも銘柄 [続きを読む]
  • リアルタイムサービス前場引け号を公開
  • 昨夜の米国市場はNYダウは小幅高ながら8日続伸、ナスダック指数は小幅安で続落、NYダウは7日連続で過去最高値を更新していますのでぼちぼち一旦調整場面を迎えそうな感じです。NYダウが一旦利食いモードに入っても、直近調整が進んでいるナスダック指数が次は買われると言う感じになると思いますので、米国市場全体で見ればNYダウとナスダックの循環物色が続くと言う状況は余り変わらないと思います。米経済が良好、米企 [続きを読む]
  • アップルの好決算を好感、マザーズ指数の反発
  • 昨夜の米国市場引け後にアップルが好決算を発表、時間外取引でアップル株が上昇している事から、今夜の米ハイテク株の上昇を先取りする格好で今日は日経平均も上げ幅を拡大。加えて円安が進み、昨日は目先の利益確定売りから大きく下げたマザーズ銘柄やテーマ株、小型材料株なども今日は総じて反発、昨日は警戒が強まった投資家心理も今日は急改善と言う感じです。 今週末の8/4には米雇用統計の発表が有ります、米金融政策の行方 [続きを読む]
  • 日経平均は小幅高ですが、新興市場銘柄は総崩れ
  • 今日は日経平均は60円高と上昇したものの、新興市場銘柄中心に幅広い銘柄が売られて大きく下げる銘柄が目立ちました。特に直近上昇していた銘柄が大きく下げており、この事から言える事は夏期休暇入り前に、海外勢の利益確定売りが出たと言う感じ、簡潔に言えば一時的な需給の悪化で下げたと言う事、ならば需給の悪化が通過すれば大きく下げた銘柄などは急反発も期待出来ます。 好材料が出て上昇していた銘柄などは、今日のような [続きを読む]
  • 日経平均は軟調でも、個別物色が活発なら特に問題は無し
  • 相変わらず膠着した値動きが続いている日経平均、個別物色は活発ですが、日経平均はレンジ内での値動きが続いています。しかし個別物色が活発ですので、日々チャンス有りと言う相場状況でも有ります。好業績割安、好材料を持つテーマ株等、個別重視で対応するなら特に悲観するような投資環境でも有りません。チャンスの有る所に参加すると言うのが利益追求の基本です。 しかしチャンスが有るからと言ってリスクの大きな投資に参加 [続きを読む]
  • 週末の手仕舞い売りが強まり反落
  • 昨夜の米国市場でハイテク株売りの動きが強まった事から、今日の日本市場でもハイテク株の売りが強まり日経平均も下落。円高が進んだ事や今日が週末と言う事、時間外取引で米株先物が下げていた事も売り材料に。又、この週末に北朝鮮のミサイル発射も警戒され、今日は一旦ポジションを解消して週末を迎えたいと言う投資家も多かった感じ。 活発だった個別物色の動きも今日はやや小休止、好決算を発表した銘柄に買いが集中すると言 [続きを読む]
  • リアルタイムサービス大引け情報を公開
  • 日経平均株価は29円高の20079円で終了。昨夜の米FOMC声明文がハト派的との見方から円高が進み朝方は日経平均も売りが優勢で小幅安で推移。しかし本格化している国内主要企業の四半期決算が総じて良い事から次第に買いが強まり日経平均もプラス圏に浮上。その後は14時前まで小幅高の推移が続いていましたが、民進党のレンホウ代表が辞任との報道が流れると日経平均も上げ幅を拡大。レンホウ代表が辞任して株価が上昇すると言う [続きを読む]
  • 良好な決算発表は安心感を高め個別物色意欲を強める
  • 昨夜の米国市場はNYダウが大きく上昇して4日ぶりの反発、ナスダック指数は小幅高で続伸。原油先物相場の上昇が好感され、加えてオバマケア改廃法案の審議入りが決まり、トランプ政権の政策が前進するのではとの期待からNYダウが大きく反応。トランプ政権の政策が前進するなら恩恵を受けるのはNYダウ採用銘柄ですので、オバマケア改廃法案の審議入りが決まり、素直に好感したNYダウと言う展開です。 主要企業の四半期決算 [続きを読む]
  • 日経平均は3日続落ですが、中身を見れば個別物色は活発
  • 今夜から米FOMCが始まり、日米主要企業の四半期決算発表も本格化、日米政治リスクへの警戒もあり、日経平均は依然膠着した展開が続いています。しかし一方では個別物色意欲は旺盛、好決算発表銘柄、好材料出現銘柄、割安テーマ株や値動きの良い小型材料株への買い意欲は旺盛な日本市場。全体よりも銘柄重視、その様な対応が求められる投資環境です。 1部では協栄産業、新日本理化、レナウン、芦森工業に資金が向かい、2部では [続きを読む]
  • 日経平均は続落、しかし個別物色は依然旺盛
  • 米国ではスパイサー大統領報道官が辞任、日本では閉会中審査で加計学園問題を集中審議、日米共に政治リスクが警戒される展開。米長期金利の低下を受けて110円台後半まで円高が進み今日は日経平均も19900円付近まで下落、しかし売り一巡後は日銀のETF買いで下げ幅を縮め、大局的に見れば日経平均は2万円を挟んでの上下動が依然続いていると言う状況です。 日米共に主要企業の四半期決算発表が続いていますが、企業業績は総じて [続きを読む]
  • 日経平均は反落ながら、個別物色意欲は旺盛
  • 今日はやや円高に振れた事と週末と言う事でポジション解消売りが優勢。直近2日続伸している事、円高に振れている事、週末と言う事、を合わせて考えれば今日の日経平均の反落も妥当な展開だと思います。しかし今日も個別物色意欲は旺盛は展開でした、好決算を発表した銘柄は大きく買われ、その銘柄の周辺銘柄などにも連想買いの動きが出ていました。連想買いの動きが出る事自体が投資家心理は前向きだと言う事です。 主要企業の先 [続きを読む]
  • 米国株高と円高の一服を好感して日経平均も上昇
  • 今夜はECB理事会が有り、その後ドラギ総裁の会見が有ります、量的金融緩和政策の今後に対してどのような発言をするかで為替市場も多少動きが出るかもしれません。ユーロが動けばドルが動く、ドルが動けば円が動く、と言う感じで、円相場にも多少の影響が出て来ます。その為、今日は日経平均も上昇していますが、明日に繋がるかどうかは今夜のドラギ総裁の発言内容次第です。 現時点では日経平均のボックス相場的な展開に変化は [続きを読む]
  • 日米主要企業の四半期決算発表を控えて膠着した展開
  • オバマケア見直しを巡り、共和党からの造反者が増えて、早期採決が絶望的に。オバマケア見直し法案が成立しないと減税やインフラ投資などの公約にも遅れが生じる事から米長期金利が低下、その結果円高が進み一時111円台まで円高が進行。今日の日本市場も売り先行で始まったものの、日本市場では112円台を回復し日経平均も小幅高で2万円台を回復。 底堅さを感じる展開ですが、底堅さの背景には今後本格化する主要企業の業績への期 [続きを読む]
  • 小幅高で終ったものの、連休前で商いは閑散
  • 今日は3連休を控えた週末と言う事もあり、終日様子見ムードの強い展開で日経平均も膠着。特段の手掛かり材料も無く、ポジション調整が中心と言う展開、個別物色も材料が出た銘柄だけが物色されると言う展開で、直近に賑わっていた材料株などは総じて下落、3連休を前に一旦手仕舞いが強まったと言う感じですが、連休が明ければ再度買い直されると思います。 今日のように連休を理由に手仕舞い売りで下げる銘柄などは、有る意味では [続きを読む]
  • 米国株高も円高進行で相殺
  • 注目された昨夜のイエレンFRB議長の議会証言は、次の利上げに対しては慎重な姿勢を示し、ハト派的な発言になった事が好感されて昨夜の米国株は大きく上昇。しかし米金融政策のハト派姿勢は円高要因になりますので、今日の日経平均は円高を嫌気して一時マイナス圏に。米国株高は買い材料ながら、円高は売り材料、差し引きトントンと言う感じで今日は1円高。 しかしこれまでにも何度も繰り返し述べて来たように今の日本市場の物 [続きを読む]