グリン さん プロフィール

  •  
グリンさん: The Grave of songs
ハンドル名グリン さん
ブログタイトルThe Grave of songs
ブログURLhttps://plaza.rakuten.co.jp/miomio03/
サイト紹介文私には、言葉しかない。 歌が、全て。
自由文大学生です。
命ある限り
言葉がある限り
唄が降りてくる限り
主人公が語り陰る限り
歌を残し続けます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供119回 / 365日(平均2.3回/週) - 参加 2007/12/13 08:07

グリン さんのブログ記事

  • アリとキリギリス
  • 「最終電車纏うものはスーツ背負うものは家族路上にはいつもの弾き語り相変わらずたいしたことないな立ち止まるやつが少しくらい増えたくらいで調子に乗るなよいつもちゃんと生きてきたずっと真面目に生きてきた... [続きを読む]
  • わかってなかった
  • ごめん、何の役にも立てなかった非力より微力になれればなんて思い上がってその背中を押して未来はホロリと崩れてしまった「あなたのせいじゃないよ」と言ってくれるけどたとえ何にせよ叶わない運命だったとして... [続きを読む]
  • 傷つけるために
  • だから言いたくなかったの。あなたのこと傷つけたかもしれないだって叩いたあとの手のひらみたく今、心がジンジンとしているからわたしの「大切」を伝えたくて目の前の「大切」を失くしそうやさしさと強さのバラ... [続きを読む]
  • 更新
  • もう一度、逢いたいと思ったのはあなたを更新するためなんですまっさらなふたりでやり直すつもりなんてないから大丈夫ですもう一度、逢わなきゃと思ったのはわたしを更新するためなんです「さよなら」もないまま... [続きを読む]
  • 心の鳴き声
  • 「愛してる」なんて言いそうになってしまった誤魔化すようにその腕に収まってみたけれど大きな想いに引っ越すときが来たのかな「好き」という言葉ではもう窮屈みたいなんだ心が鳴いているわたしにはまだ翻訳でき... [続きを読む]
  • 足りない絵の具
  • 昨日あった哀しいこと話そうとしたけれど言葉の絵の具ではとても色が足りなかったのだからやめた伝えるのやめたグラグラ傾く心のなかコロコロ転がるあの光景哀しかった言葉よりずっと哀しかったなゼロより1にして... [続きを読む]
  • 二匹の金魚
  • あの人の手にすくわれて初めてココで出逢った日あまりに狭い水槽に顔を見合わせ笑ったね「いつか大きな世界が見たいな」たしかに煌めいていた夢は「いつか一緒に世界へ出たいね」赤く揺らめかせていた愛は浮かん... [続きを読む]
  • 祈り
  • あなたは時々かなしみを笑顔で隠してしまうからわたしは何にも気づかずに微笑んでしまうかもしれないあなたは度々くるしみを背中に隠してしまうからわたしは何にも知らないで抱きしめられてしまうかもしれないだ... [続きを読む]
  • 大丈夫じゃないなんて
  • いじめられた傷跡はないし不登校にもならなかったから努力をしたことは報われて不合格にはならなかったから大丈夫じゃないなんて、言わなかった行きも帰りも座れるような通勤電車で生きているから泣いてわめくよ... [続きを読む]
  • 今だけは言わせてよ
  • 一番大切な人が一番遠くへ消えてゆくこんな こんな気持ちをあらわせる言葉さえも習ってなかったみたいだから 口にするのは心からかけ離れた「ありがとう」しかないでしょもう恋なんてしないなんて今だけは言わ... [続きを読む]
  • ありがと、さよなら。
  • わたしは今最後のわたしを生きています疲れ果て夢を脱いであなたの体温裸足で触れたとき初めての未来が見えたから想像ができないことは叶わないと思ってきた想像さえできないから描く事もできなかったそんな未来... [続きを読む]
  • だけど、もう。
  • 愛が弱ってゆく姿をふたり黙って見つめてきたねあなたが苦しいのがわたしにはわかっていてわたしが哀しいのがあなたにはわかっていた誰かが「赤い糸」と名づけた何かが絡まり 巻きついて 締め付けて それでも... [続きを読む]
  • 夢じゃない日
  • もう会えないと思っていた何度まばたきをしても景色は戻らないから思い出で日々を生きてたまに夢で補充してそれなのにそれなのに恋より愛より深いところが熱いよもう会わないと思ってきた好きな花だったのにな雨... [続きを読む]
  • 幸せのカラクリ
  • こんな毎日なんだから夜はみたい夢くらいみせてよあなたが笑っていたらいいなあなたが優しかったらいいなそこにいてくれるだけでいいなもう、ひとつも叶わないから現実では何も。あんな毎日だったけど夢みたいに... [続きを読む]
  • 赤い糸と青い糸
  • あなたの幸せを考えることとあなたとの幸せを考えることそれは違うから苦しくなるのですすっかり救われたつもりでいたわたしを叶えたならあなたが叶わないとわかっていたはずなのに恋になって愛になって体になっ... [続きを読む]
  • たぶん、愛だけど
  • ふかく風を吸うと吐く息と一緒にうっかり涙がこぼれそうだ呼吸を止めるように心を我慢していたのかたぶん、愛だけどたぶん、愛だから悲しい言葉はもう綴りたくないだけど言葉より悲しいことが何度でも起こってき... [続きを読む]
  • 虹が綺麗ですね
  • 泥を泳いでここまで来たの七色が咲く前の雨でしっかりと洗い流したからあなたは知らないでしょうそれでいい虹が綺麗ですねここからをわたしの人生と名付けていくらでも誤解してほしいの心がバラバラになったら言... [続きを読む]
  • 戦いを終えた日
  • 長い長い長い戦いを終えてすっかり痩せたあの人の肩わたしたちの目にはシルバーリングの輝きしか見えていなかったそこにどれほどの涙をどれほどの生活を映してきたのでしょう愛なんてどんなものでしたか?今、あ... [続きを読む]
  • 思い出の穴
  • このごろ季節が早いのは命があなたに向かうから?友達といても恋人といても心は呼吸を止めるときがある思い出の穴に吸い込まれてゆくそこにはあなたが待っていてくれる幸せになるなんてたぶん本当の意味ではいま... [続きを読む]
  • 話しても仕方ない
  • 冷蔵庫を開けて閉めた食べたいものなんてないよね玄関ドア開けて閉めた行きたい場所なんてないよね誰か生きてゆく魔法をわけて誰にも救われずにあきらめたこの人にもわけられるくらい話しても仕方ない話しても仕... [続きを読む]
  • 最後の東京
  • あなたとのすべてが初めてじゃなくてよかっただって困るでしょう報われない人との夜を忘れられなくなったらあくび一つにさえ寂しさは震えたりした傷つけたかったなもし二度と治らない傷でわたしを刻めるのならな... [続きを読む]
  • 今日だけのこの歌
  • 生まれたての思いをすぐに言葉にできなくていつも悔しい思いをする心を急かさないで今やっと、文字になるからあなたを被せないで今これが、本当だから街は忙しい自分のことで忙しいだけどあなたはあなただけは想... [続きを読む]