taro さん プロフィール

  •  
taroさん: 島に住処(+工房)を作る
ハンドル名taro さん
ブログタイトル島に住処(+工房)を作る
ブログURLhttp://taro.ti-da.net/
サイト紹介文元貧乏旅行者が島に腰を据えた。農振除外に6年半、長い長いハンドメイドの拠点作り。 亜熱帯石垣島〜
自由文坪10万円の家。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供24回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2007/12/20 20:46

taro さんのブログ記事

  • 細々とDIYいろいろ
  • 最近世の中が嘆かわしいというか、腹立つというか・・・でも、前向きに地道に日々を営んでいます。簀の子の木製棚を洗面所の隙間空間に合わせてカットし、作り直す、とか。掃き出し窓二カ所に、移動式縁側を設置する、とか。古い70年代アコギ(モラレスM250)、胴が膨らんで弦高が高くなってるので、サドルとナット(牛骨製に交換)底を削って低くする、とか。おまけに、人前で弾くこともないのに、ストラップピンもつける、とか [続きを読む]
  • 草刈り機のメンテナンス
  • 亜熱帯石垣島において、草刈り機は一家に一台の必需品。かりに自宅に庭がなかったとしても、保育園から幼稚園、小中学校にいたるまで、或いは公民館の共同作業において、草刈りは年中行事なのだ。(ところで、内地でもそうなのか知らないが、島では草刈り機の事をビーバーと呼ぶ)全てが活発に生育する春から夏はもちろん秋、太陽光線とスコールで刈っても刈ってもすぐボーボー。そんな時の頼みの綱である草刈り機が調子悪いと、イ [続きを読む]
  • 木と木の間に腰掛を作る その2
  • 木の形を写し取る、スクライバーという工具は持ってないので、コンパスの様なものを作って代用。残り物の杉板を張って、木材防腐塗料を塗り完成。材料費は、新たに購入したステンレスの長ネジとワッシャー&ナットのみで、720円也。こっちのブログでも告知しとこ。単行本サイズ(A5変形)の小さな「ディア・インディア」写真集。11月上旬発売《予約受付中!》ご予約の方はここからどうぞ→http://www.ryokojin.co.jp/books/74de [続きを読む]
  • 木と木の間に腰掛を作る その1
  • 台風16号が去って、すっかり涼しくなった石垣島。その分、戸外の作業がしやすくなった。たまにはチェーンソーも動かしてあげないとな。・・・ということで、カヤックを吊るしていた木に、腰掛を作ることにした。三寸角と立木を密着させるために、木の形に合わせてチェーンソーで削る。あとは50センチの長いボルト?4本でグイっと締めて、その上に杉板を張り・・・夏の落とし物 [続きを読む]
  • 自転車修理 その2
  • 直りました、直りました。素人なので笑わないでくださいな。要するに、変速機(リアディレイラー)がカタカタ鳴るのは、位置が悪かったわけですな。チェーンの逆回転もし難く、絡まりそうになるのでこれじゃ危ない、と。じっと見てて、閃きました。音もしなくなり、全速に入れることが出来るようになりました。これでやっと旅立てる。 [続きを読む]
  • 自転車修理
  • 人生は障害物リレーのようだw後輪の変速機と自転車のフレームをつないでる、ハンガーとかいう部品が折れて、変速機ごと車輪に食い込みあちこち破損。(転んだ、とか他の友達のチャリと接触したとか言ってましたね)今回も幸いにケガはありませんでした。自転車屋さんに丸投げで修理してもらったら一体幾らかかるのか・・・そもそもこのクロスバイク自転車は、フリマで7000円でゲット。へたすると、否、へたしなくても修理代の [続きを読む]
  • 小型薪窯完成
  • 1200度以上になる窯の熱膨張と、冷却時の収縮を繰り返すうち、レンガが割れたりズレてくる。そのため、窯はアングル金具などでがっしり固定しなければならないのであった。溶接は、なんちゃって程度ですが、何か?熱いし超がつくほど暑いけど、こういうのは楽しくてハマる。この窯は、「信楽陶芸の森」にあるらしいイッテコイ窯と同型のタイプだというのが分かった。ちなみに製作費は5万円ほど。耐火レンガの総数は、二丁レン [続きを読む]
  • 小型薪窯作り その7
  • 炉内0.5立米、通称イッテコイ(行って来い)窯と呼ばれる小型薪窯作りの続き。佳境に入ってきました。大きい方の薪窯の延長した煙突部分をばらして、60個レンガを用意。(この窯は引きすぎるようなので、1メートル短くしても大丈夫と踏んだ。ステンレスの延長用煙突もあるし)トタン屋根を切り抜く上からそして、ホームセンターでアングルを購入。(アングル18メートルと鉄筋24メートルで約14000円)自分で切って加 [続きを読む]
  • 薪作りとチェーンソー
  • 前に持っていたチェーンソーが壊れ、修理に結構かかると言われて以来、丸ノコでずっと廃材の角材をカットしていた。チェンソー、ヤフオクで買いました。田舎暮らしに、草刈り機(ビーバー)とチェンソーは必需品ですね?憧れのスチール製、超古いタイプで年式も分からん。プライマリーポンプがついてないので、初動に時間がかかるが、しゃーない。でも丸ノコで切っていた頃より、時間は3分の2短縮された。最近3分の2多いな、、 [続きを読む]
  • 小型薪窯作り その6
  • 朝一に投票を済ませてきました。(祈るように)              ☆炉内0.5立米、通称イッテコイ(行って来い)窯と呼ばれる小型薪窯作りを再開。アーチを支えていた型枠を外し、出し入れ口両サイドと反対側の開口部を耐火レンガで塞いでいく。形の整ったレンガはもう残り僅か。煙突に取ってあるので、不揃いの欠けたレンガをパズルのように積み上げる。何とか足りました。最後1センチほどの隙間は、棚板の割れたや [続きを読む]
  • 小型薪窯作り その5
  • 炉内0.5立米、通称イッテコイ(行って来い)窯と呼ばれる小型薪窯作りの続き。ついに台風一号が発生し、週明け中頃から影響出始めるというから、目途がつくまでこれ一本にかかることにした。・・・もちろん店番やりながら。汗みどろになって、カランコロン♪〜御来客の度ちょっと困ります。(そのまま出ていけないので)          ☆畑から流れ出て農道に溜まった土と海砂を使用。適度に粘りがあってサトウキビの葉ガ [続きを読む]
  • 小型薪窯作り その4
  • 炉内0.5立米、通称イッテコイ(行って来い)窯と呼ばれる小型薪窯のアーチ作り。積んでいけばアーチになる、あらかじめ楔形になったY1、Y2、Y3というレンガがないので、自分でカットしなければならない。当初ベビーサンダーのダイヤモンドカッターで切っていたが、のこぎりでも面白いように切れる。しかし歯がすり減って3本パー。やっぱり自分でカットすると最後の真上で誤差が出る。窯のアーチ表はこちらで→http://mta [続きを読む]
  • 小型薪窯作り その3
  • 炉内0.5立米、通称イッテコイ(行って来い)窯と呼ばれる小型薪窯作りの続き。頂きもの、中古品、リサイクル品を大いに活用し、労を厭わず安易に買うな、がコンセプトのDIY。今の段階で1万5千円ほどしか使ってないが、ここからがそうはいかん。レンガが絶対的に足りん。耐火煉瓦を新品で買おうと思えば、島のホームセンターでは一個415円。あと3、400個はいるから・・・    高っ!内地は岐阜の、窯材を扱う有名な [続きを読む]
  • 小型薪窯作り(素焼用?) その2
  • この時点で、SK32の耐火煉瓦600個弱使用。手持ちの煉瓦が足りなくなったので、窯小屋周辺のあっちゃこっちゃから集めるが、最終的には1000個くらい要りそうだ。焚口、煙突側出し入れ口側後ろ側炉内(SK34の二丁掛けレンガは買い足した)次はアーチを架け、煙突を伸ばし、窯をアングル等で補強・・・という作業の流れ。秋までには出来そうやな。。。 [続きを読む]
  • 素焼用小型薪窯作り その1
  • 増設スペースが一応完成したので、窯作り開始。読谷北窯出身の友人からもらった設計図を基に、本焼きも可能なように若干変更。(燃料は薪か重油、ピザも焼くなら薪だけで昇温しないとね)割れたレンガを有効活用いわゆる「行って来い窯」炎が手前から向こうに行って、壁に当たって上昇、煙突のある手前に戻ってきて、上へ抜ける・・・あーだこーだ想像しながらの窯作りは、楽しい。しかし本日、沖縄地方梅雨入りしてしまいました。 [続きを読む]
  • 素焼用小型薪窯作り その1
  • 増設窯小屋が一応完成したので、窯作り開始。読谷北窯出身の友人からもらった設計図を基に、本焼きも可能なように若干変更。(燃料は薪か重油、ピザも焼くなら薪だけで昇温しないとね)割れたレンガを有効活用いわゆる「行って来い窯」炎が手前から向こうに行って、壁に当たって上昇、煙突のある手前に戻ってきて、上へ抜ける・・・あーだこーだ想像しながら作るのは楽しい。この作業も、仕事等の合間にゆっくりやるので、数か月は [続きを読む]
  • ノートパソコンのキーボード交換 DIY
  • これは、いざやってみると超簡単だったが、ここに至るまでが長い道のりであった・・・。同じような不具合で困ってる人がいるかもしれないので経験談として記すことに。レノボのノートパソコン。買ってから2年ほどしか経ってないのに、キーボードの認識しないキーが出てきた。(水や何かをこぼしたことはなく、ゲームとかはやらないので連打することもない)まずは、外付けのキーボードを導入して対処。2か月くらいこの方法で使用 [続きを読む]
  • 窯小屋増設 その2
  • (36時間ぶりにパソコンが一時的に復旧〜日本語入力が一応できるが、文字変換するとすぐ固まる、、、)窯小屋増設の続き・・・世間はゴールデンウイーク。煙突を出すため変則的な組み方トタンも中古のストック分をカットして何とか足りたいつものように材料は極力あるモンで。ステンビスとか杉板とか買い足して、総費用一万数千円也。(トタンビスは解体材から外したものを叩いて修正、使いまわし)手前に跳ね上げ式の扉つけたら [続きを読む]
  • 窯小屋増設準備 その2
  • 前にお願いしたのだが、工期が遅れてそれどころじゃないのだろう。中々、底盤打設が進行しないので、「もし生コン余って捨てるようであれば、くださいね〜」「連絡してくれれば、一輪車で貰いに行きますので〜」と、道路工事の監督に念を押してみた。・・・すると、昼ごはん作ろうかという時に来たよ。生コン キター!!!お客さん来ても対応できないので、即座にクローズの看板、臨時休業。時間が経ってすでに固くなり始めてるは [続きを読む]
  • 窯小屋増設準備
  • 窯小屋を増設して、小さな(行って来い)窯を作る準備。まずは底盤。近くでやってる道路工事で生コンが余った時を見越して運んでもらうという甘い考え。(行って来い)窯は、北窯の友人で大阪で開業した中ノ畑窯の素焼き用窯を参考にする予定。まあ、これもゆっくりやります。 [続きを読む]
  • 軒赤瓦 仕上げ完了
  • 仕事や家事の合間にちょこちょこやっていた、総延長28メートルの軒の赤瓦仕上げ。いつ始めたのかも最早忘れてしまったが(恐らくは一年くらい前)、ようやく終わった。本来は漆喰で丁寧に艶を出しながら仕上げていくものですが、材料が高いのと時間がかかるのでパス。白セメントをアレンジして使うという前代未聞のいい加減さで施工しましたので、くれぐれも真似しないように。(しないか)なんちゃってな、邪道も邪道ですので。漆 [続きを読む]
  • A型看板完成
  • 折り畳み式看板が完成。(オーソドックスなアンティーク調)さて字を書こうと思ったら、ペンキが固まっていた。無理すれば使えなくもなかったが、ここは新品で。45キロ離れた町で、ペンキ(クラシックホワイト)とあおり止め+レトロシールを買ったので、結局製作費は840円也。  本日台風の様な荒天なので、おんもには出せません。しかしこの冬ホント天気悪いなあ、、 [続きを読む]
  • A型看板製作
  • 折り畳み式のA型看板を作る。(例によって、廃材置き場にあるモンで)蝶番や取っ手も解体材から外したものを使用。というわけで新たに購入したものなし、製作費0円〜早く散歩に行こうと向こうからじっと見てる、、歩道脇に仮置してみる。お客さんが、赤で記したような軌道で縁石上を結構な頻度で通って行くわけよ。内輪差の判断が甘いんだなあ・・・。白いペンキで際立たせているけど効果はあまりなく、ペンキ擦って剥がしていく [続きを読む]
  • 増設薪置き場完成
  • わざわざアップするほどの代物ではございませんが〜羽子板ボルトやカスガイ及びセメントの材料代1000円ほど、プラス得意の「あるモン」で。これで解体材がドンと来ても対応可。新品材料を買ってきて丁寧に作るのもよろしいが、使いまわしや中古材料で作る大雑把さが合ってる。AB型なのでここんとこのもう〜うんざり、エエ加減にして欲しい雨続きな天気。年明けから、とある後始末にも四苦八苦・・・ともあれ今日はやっと晴れた [続きを読む]