かのこ さん プロフィール

  •  
かのこさん: かのこ着物ライフ
ハンドル名かのこ さん
ブログタイトルかのこ着物ライフ
ブログURLhttp://blogs.yahoo.co.jp/ipuchan2006
サイト紹介文外国での着物ショーの模様や、着付けのアイデアを紹介しています。着物ライフにお役立て下さい。
自由文外国での着物ショーや留学生の着物体験などボランティアで活動しています。
外国の方に着物を通じて日本文化を紹介できることを幸せに思います。これからも街角の片隅から着物の情報を発信し続けたいと思います。お時間があったら遊びに来てください。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供11回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2007/12/22 23:36

かのこ さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 他装を頑張りましょう
  • Kanokoでは毎月、留学生のために振袖の着付けをしています。これは生徒さんの練習になればという思いと新しい帯結びなどの研究としても役にたちます。ただ授業時間前に着つけるのでたくさんの人数はできません。その後の着物の手入れや下着の洗濯、小物の整理などに時間を取られるのも否めません。それに授業時間に食い込むと教える側としてはあせってしまいます。始めたころに出していた注意点も回を重ねるうちにおろそかになった [続きを読む]
  • たまには付け帯で
  • 寒い日や暖かい日が目まぐるしくやってきますね。この日は肌寒く縮緬の着物を着ています。縮緬は少し重いですが落ち感があり綺麗に着られます。半襟は白ではなく少しグレーがかったものでこだわってみました。帯は付け帯で羽織をリメイクしたものを呉服屋さんに薦められて買い求めました。胴の部分とお太鼓部分に分かれていますがお太鼓は自分で作るようになっていて大きさが加減できます。旅行などにも重宝しそうです。帯締めは玉 [続きを読む]
  • 留学生の振袖体験
  • Kanokoの教室は月に2回ですが、そのうち1回は留学生のために振袖の体験を行っています。男性の留学生のために袴の用意もしています。Kanokoの生徒さんの体験のために行っていますが現在は多くの生徒さんがまだ振袖を着せることはできません。振袖を着せるまでにはたくさんの練習が必要で私も定期的に勉強会に出ています。振袖は下着の補正から丁寧に整えていきます。長襦袢の紐のかけ方や着物のおはしょりの整え方など勉強すること [続きを読む]
  • 一月も半ばを過ぎました
  • お正月の挨拶もできぬまま一月も半ばを過ぎました。今年もよろしくお願いいたします。昨年はプライベートで色々とあり、あまりブログもUPできませんでした。今年はもう少しこちらのブログを訪れていただけるよう頑張ります。 先週の土曜日はKanokoの今年初めての稽古日でした。お稽古は一時間程度で、皆さんが着物を着て簡単なお茶会を催しました。恥をかかない程度に作法を身につけておくとお茶会に出席した時も安心できますね。 [続きを読む]
  • くにたち文化祭の着物ショーが終わりました
  • 11月23日の文化祭参加の着物ショーが終わりました。毎年のことですがいつも構成に悩みます。今年は最初に被災地の5年間ということでムービーを作りました。思えば2012年の成人式から始まったボランティアです。今年は諸事情で伺えなかったのですが先日の地震の際に登米市南方仮設住宅の自治会長さんともお話ししました。引っ越しが進んでいて年明けには50世帯ほどになられるとのこと、嬉しくまた懐かしく思い出されます。 今年の生 [続きを読む]
  • 文化祭へ向けて大詰めです
  • 今月はくにたち文化祭へ参加のためKanokoのメンバーは練習に明け暮れています。今年は他装でお互いの相手に帯結びをします。それぞれが違う帯結びですので考えるほうも大変でした。帯の材質やモデルになる方の個性も考えなければなりません。各々の形が決まってほっとしています。後は各自が練習あるのみです。 文化祭は11月23日(祝日)です。私はそれまでに選曲や映像を作ります。様々な思いはありますが形にするのは難しいもの [続きを読む]
  • いよいよ袷の着物ですね
  • 今日は夏のように暑い日でしたが、10月の声を聞くと袷の着物の時期に入ります。この一か月は浴衣、薄物、単衣と目まぐるしく着る着物が変わりました。着物の手入れもお天気具合が安定せずに何もできていません。でも先日は絽と単衣の長襦袢をダイロンで染めてみました。ちょっと汗のシミが気になって着ていなかった襦袢も生き返ったようで嬉しくなります。このところ暑さが身体にこたえて着物も億劫でしたが袷の季節になるとようや [続きを読む]
  • 浴衣で着物風に
  • 浴衣を着るのもこれが最後でしょうか。お稽古日でしたので長襦袢を着て紗の京袋帯を絞めました。黒一色の綿麻の浴衣は一枚で着ると涼しいのですが着物風に着つけるとやはり暑く感じました。黒いレース足袋を履きできるだけ涼しく見えるようにと着つけました。絽の帯揚げは白黒の色分けです。右側と左側とは違う色を出し、脇で結ばず重ねて帯に差し込んでいます。根付は鳴子で買い求めたこけしです。二年前に生徒さんと訪れた鳴子の [続きを読む]
  • 親子で振袖も素敵です
  • 先日は中国の方の振袖着付けをしました。お母様は以前、別の振袖を体験していらっしゃいます。今回はお嬢様と二人での体験となりました。紫の振袖は外国の方に人気があるようです。私としては他の振袖も薦めたいのですが日本人の好みとは違う外国の方の好みがあるようです。ピンクの襦袢も素敵だと写真を撮っていらっしゃいました。私たちにはどうしても下着というイメージがありますが。 体験やショーのために今年は三枚の振袖が [続きを読む]
  • 真夏の卒業式
  • 留学生から卒業式に袴を着たいとの相談を受けました。一橋大学留学生の卒業式は7月29日です。夏は春の着物を着るには暑く、一日中着ているのは大変だと説明しましたが記念の卒業式なのでと強い希望です。それではとお受けしましたが夏の着物をどうするかで悩みました。四名の生徒さんに私の持っている着物と袴を用意し、長襦袢も絽に半襟を付けたりと準備までが大変でした。 当日はインドネシアと中国の二人の方が神田で10時からの [続きを読む]
  • ミャンマー大使館にて
  • ずいぶんこのブログもお休みしていました。家人が入院したり、熊本の震災と心休まる日がありませんでした。熊本は私の故郷でもあり、あの時期は本当に心配でしたが家人の入院と重なり未だに帰郷することができていません。その間も仕事やボランティアは続けてきました。気持ちを紛らせるためにも着物の仕事は続けて良かったと思っています。 着付けの教室では一か月に一回、ミャンマーの方のお世話で留学生に振袖を着つけています [続きを読む]
  • 三月の薫り
  • 今日も寒かったですね。気温の上下が激しく、外出するときは上に羽織るものを考えてしまいます。先日は生徒さんがウールのコートを買ったとのことで教室の帰りに羽織っていましたが胸元が寂しくストールを薦めました。まだ道行や羽織では見た目も少し寒々しく感じます。そんな時は大振りのストールなどを巻いてはどうですか。フワッと巻くと現代風に装えます。でも梅も開き、もう少しで暖かくなります。着物も春らしい色や柄を取り [続きを読む]
  • 春はもうすぐ
  • 先週は毎年恒例の一橋大学千代田キャンパスでアジア公共政策プログラムの留学生たちに振袖の着付けをしてきました。ご家族で来日している方もいて女の子、男の子の着付け希望もあります。着物の着付けは振袖の他に男性、女性の袴や子どもの着付けもあります。特に子どもの着付けは苦しくないように、飽きないようにと手早くやらなければなりません。生徒さんに質問されますが肩上げや腰上げのやり方などもお教えします。着物の着付 [続きを読む]
  • ミャンマーの留学生も袴を
  • 毎月ボランティアで留学生などに振袖の着付けをしていますが一月は生徒さんの希望で男袴と女袴を着付けました。三月の卒業式に袴をお召しになる方は多いですね。外国の女性の方も袴に興味があるのかと少し驚きました。でも着物の魅力が振袖だけではないことが嬉しく思えます。男性、女性ともに東大生ですが三月には帰国されるそうで一足早く袴姿を経験されました。 袴の着付けは着物を膝下くらいの短めに着付けます。衿の後ろはあ [続きを読む]
  • 今年もお世話になりました
  • 先週土曜日のお稽古で今年の仕事は終わりました。今年は着付け教室をもう一つ開き個人的に着付けを頼まれたりと10月からはめまぐるしい忙しさでした。特に11月は休みがあまり無く、文化祭などもあり体調を崩してしまいました。周りの方々にはご心配、ご迷惑をかけて心苦しく思っています。体調管理を一番に考えないと好きな着物関係の仕事を続けられないと痛感しました。着付け師としての仕事は緊張しますが着付け教室のほうは楽し [続きを読む]
  • 着物ショーを終えて
  • 今年もくにたち市民文化祭に参加し先日着物ショーを終えました。私は会社を退職し今年は着物関係に力を入れたのですが十一月は思いのほか仕事が多くほとんど休みが無いままに着物ショーを迎えました。体調が思わしくなかったのですが生徒さんやスタッフに支えられ終えることができました。ブログもなかなか更新できなかったのですが今週になりようやく普段通りの生活を送れるようになりました。 今年は今までと違い、生徒さんたち [続きを読む]
  • ボランティアが終わりました
  • 9月後半にボランティアで宮城県登米市へ行ってきました。今年で4回目の仮設住宅訪問ですが、現在は100世帯ほどがお住まいとのことでした。だんだん減っていかれるのは良いことでしょうが訪れた日はどなたも見かけることなく集会場へ到着しました。それでも着付けを始めると昨年お会いした方などがお見えになり少しずつ活気付いて来ました。茶道の先生も同行していただいたので抹茶を立てていただくなど少し普段とは違う気分を [続きを読む]
  • 蜻蛉が飛んでいます
  • 東京も少し涼しくなりました。秋が長いと着物の楽しみも続きますが今年の秋はどうでしょう。単衣の時期は短いのでちょっとした時にも着物で出かけて手持ちの単衣の着物に風を通してあげたいですね。教室の生徒さんたちは暑い夏の間も練習に励んでいましたのでずいぶん上手になりました。ただ教室で上手にできても出かけていくのには勇気がいるようです。セルビアに一緒に出かけた生徒さんはあちらで一日中、着物を着ていることが多 [続きを読む]
  • 立秋も過ぎて
  • 暑さも立秋を過ぎると心なしか涼しさを感じます。日々がゆっくりと過ぎるような生活をしていますが暑さも和らぐと秋に向けて気持ちが動きます。九月にはボランティアで宮城県の登米市へ伺います。今回で四度目ですが毎回賛同していただける友人や生徒さんとともに行くこのボランティアが毎年楽しみです。 登米市南方仮設住宅の自治会長さんと話すと一気に昨年のことが思い出されます。もう住民は100世帯ほどになられたとのことや今 [続きを読む]
  • 猛暑の中で
  • 暑い日が続きます。家事をしていても汗が流れ、散歩をしては汗が流れ体力を消耗します。このところよんどころなく家中の片づけをしていますが不要なものが多いことに今更ながら気づきました。断捨離をする良い機会です。片付けることで思いを断ち切ることもできます。この暑いさなかですので無理せず少しづつ進めていこうと思っています。 Kanokoの教室では皆さんが元気でとても熱心です。八月からは秋の文化祭に向けて自装の練習 [続きを読む]
  • Kanokoの“おもてなし”
  • 今年四月からミャンマーの留学生に振袖体験をしてもらっています。教室がある時だけですから大勢の方を受け入れることができず毎月二名の方に限らせていただいています。 外国の方にとって振袖体験というのはとても楽しみのようで写真をたくさん撮って母国へ送られると聞きました。ご家族で楽しんでいただければ着物についても理解が深まるでしょう。外国での着物ショーに終わらず、このような形での着物への理解が深まるのは周り [続きを読む]
  • 過去の記事 …