亜沙郎 さん プロフィール

  •  
亜沙郎さん: あすなろの木の下で
ハンドル名亜沙郎 さん
ブログタイトルあすなろの木の下で
ブログURLhttp://asunaroweb.blogspot.com
サイト紹介文都筑区センター南駅前の整形外科・リウマチ科のブログです。食べ物や音楽のネタも紹介しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供366回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2007/12/23 22:49

亜沙郎 さんのブログ記事

  • 日本は亜熱帯
  • 温帯地域と小学校で習って以来、日本は本来温帯に属する地域になっているはずですが、この何年かは、熱帯とまではいかないにしても、この夏の暑さは亜熱帯状態。熱帯では普通にあるスコールが、ゲリラ豪雨と呼ばれて各地で被害をもたらすという状況です。昨日は風があっても、じめじめ感は強く、快適とはほど遠い。ところが、この気候による地域の呼び方は「ケッペンによる気候区分」というものによるんですが、実は「亜熱帯」とい [続きを読む]
  • 食べて治る?
  • こんな新聞広告よくあるでしょう?これって、いわゆる健康食品の宣伝。テレビのCMにも似たようなものはたくさんあって、中にはそれなりに有名なタレントさんが出てきます。整形外科で、老化現象で軟骨が無くなってますという説明はよくするんですけど、しばしばこの手の「薬」を飲んだ方がいいかと尋ねられます。まず、間違いは薬じゃありませんから。食品です。美味しいと思うならどうぞ、としか言いようがない。何に効くとかどこ [続きを読む]
  • 街中のワンコ
  • スーパーり入り口に繋ぎ止められた一匹のわんこです。アニメ的には、「可愛い! ムフっ!!」ってな感じになるところ。雑種? 犬種がはっきりしないけど、子犬かしら。大きさ的には、ヨークシャーテリアくらい。それにしては顔つきはシュナウザーっぽい。ご主人が買い物から戻ってくるのを静かに待っている・・・わけではなく、通りかかる人に一々可愛く吠えていました。 [続きを読む]
  • 手打ちそば おおつか @ センター南
  • 機会があれば、手打蕎麦店を探して、あちこち・・・といっても基本は横浜市北部だけ、巡っていますが、今回は久しぶりに手打ちそば おおつかに戻ってきました。久しぶりですが、「ホーム」という感じがします。ちよっと遅めでしたが、ちょうど一番の混雑が過ぎたくらいだったようです。夏は暑さで昼過ぎからのお客さんは少ないということで、開店時間は30分繰り上げて11時だそうです。2時くらいまでには、その日に打った蕎麦は終わ [続きを読む]
  • バーミアン @ Somewhere
  • 一時はいろいろなファミレスがそこら中にあり、供給を満たすだけの需要があったのだと思います。しかし、人々の気持ちは時代とともに変わり、今はレストランにもより専門性を求めています。何でも揃えています的なファミレスより、多少高めでもディープなメニューのある店の方が話題になり、ファミレスはかなり廃れてしまった感が否めません。すかいらーく系は、早くから専門店的な分化をして、比較的時代を先取りしてきたせいか、 [続きを読む]
  • 茄子と挽肉のカレー
  • 最近は、作り方はそんなに変わりないのですが、少しでもカロリー減らした「ヘルシー志向」のカレーライスを作るようにしています。それからすると、やや志後退のカレーになってしまうのですが、今回のタイトルは「茄子のキーマカレー」です。挽肉をメインにするだけに、ここでのカロリー・アップ、そして脂肪増量は避けられない。工夫としては、豚挽肉と鶏むね肉挽肉を半々にしたくらいでしょうか。通常の倍くらいの玉ねぎを、半分 [続きを読む]
  • 水は大事。人も生物、水無しではいきていけません。お茶がボトルに入って売られ始めた頃は、こんなのわざわざ買うかいと思ったものですが、さらにただの水が商品になりました。硬水、軟水、いろいろ取り混ぜて、いまや海洋深層水とか酸素水とか水素水とか・・・いや、もう、水の種類にそんなにいろいろあるんかい、という感じです。味覚に敏感な方は、それぞれを区別して味わえるのでしょうが、自分は・・・ぶっちゃけ、どれを飲ん [続きを読む]
  • フォン・オッターのコンプリートは厳しい
  • さてさて、一体今までにこのブログに「クラシックの歌物は苦手」と何度書いたことか。そもそも、たぶんイタリア歌劇のイメージ・・・(好きな人には申し訳ないけど)やたらと大袈裟な感じが、そういう印象を作った元凶。今でも、その手のものは受け付けられないのは変わりない。ですから、ディーボとかディーバと呼ばれる有名イタリア語歌手については・・・ほとんど手を出していません。三大オペラ・テノール歌手と呼ばれていたパバ [続きを読む]
  • つい日本の政治に愚痴を言いたくなった
  • ブログで政治の話を取り上げるのは「危険行為」とされているんですが、昨今の日本の政界のあまりにお粗末な話題には辟易しています。大臣の不適当発言は言うに及ばず、それらを問題ないと言い切っておきながら、支持率が下がると簡単に「再調査します」とか、「やはり出席します」とか・・・とにかく後から前言を翻して国民目線をアピールする、内閣のあまりに見え透いたその場しのぎが目に余る。トランプがやりたい放題はしょうが [続きを読む]
  • 小暑
  • 暦の上では七夕頃からは小暑、いよいよ本格的に暑くなってくる。今週になって、まさに気温が上昇し、梅雨はどこへ行ったやら状態です。こういう暑い時に旬な食べ物と言えば・・・ふぐ。いやいや、そんなわきゃない。ふぐは秋の彼岸から春の彼岸が旬とされ、冬の代表的な食べ物。真夏にふぐというのは、季節感逆転も甚だしい。この時期の旬のものというと、鱧(はも)とか鮑(あわび)とかなんでしょうか。いずれにしても、どれも高級品 [続きを読む]
  • Yuja Wang / Rachmaninov No.3 & Prokofiev No.2
  • もう一人、若手のピアニストで人気があるのは・・・中国人のユジャ・ワンかな。ブニアティアシヴィリと同い年で、1987年生まれ。こちらも今年で30歳。実際のところブニアティシヴィリよりも、早くから注目されていたといってもいいか。何しろCDメジャー・デヴューは2009年の王道のショパン・アルバムで、しかも名だたるドイツグラモフォンからのリリース。ブニアティアシヴィリは2011年にSony Classicalからリスト・アルバムでデヴ [続きを読む]
  • 椰子
  • 椰子の木があると、いっきに南国気分。夏によく似合う。もちろん、椰子と言ってもいろいろあるようですから、日本の庭先に植わっているのは、リゾート地にあるような大木とはだいぶ違うかもしれません。観葉植物としてだけでなく、ココナッツ、そのミルク、ナタデココ、アサイーなどなど、食用として利用価値が高い植物。そういえば、宮崎と言えばフェニックス。何となくフェニックスは不死鳥だと思っていたのですが、フェニックス [続きを読む]
  • Khatia Buniatishvili / Rachmaninov Concerto No.2 & 3
  • 自分はある程度好きな音楽が定まると、あまり守備範囲をひろげず、とことこ聴き込む性質。例えば、ジャズだったら、マイルス・デイビス一人で十分間に合うのですが、あとはコルトレーンとエバンスで補充すれば、もう新しい人とかはどうでもいい。クラシックでもそうで、演奏家についてはピアノはグールドとアルゲリッチで事足りる・・・だったんですけど、最近、いやこれは、なかなか聴くべき、そして見るべきピアニストが増えまし [続きを読む]
  • 蜥蜴、家守、井守
  • トカゲ、ヤモリ、タモリ、イモリ、ミユキ・・・はい、この中で仲間はどれ?タモリとイモリはタレント、ミユキは? でもトカゲとヤモリとイモリも似ているし・・・生物には、似て非なるものがたくさんあったりします。その逆もある。身近なところで、よく問題になるのが、トカゲとヤモリとイモリの違い。イモリは簡単で、イモリは井守と書いて、水を守る。つまり水の中で生活する両生類。トカゲとヤモリは陸生で爬虫類です。トカゲは [続きを読む]
  • 横濱家 @ 川崎・犬蔵
  • 尻手黒川通りの東名川崎インターから百合ヶ丘方面に少し行ったところにあるのが、ラーメン店の横濱家の東名川崎店。もう20年くらい前の事ですが、当地に引っ越してきて、最初に寄ったラーメン店です。このブログでも横濱家のことは何度も書いているわけですが、いわゆる家系、豚骨醤油ならやはりここ。チェーン店が増えて、横濱北部中心に横濱家はたくさんあるものの、東名川崎店が基本の味という気持ちがどこかにある。作り手は変 [続きを読む]
  • TRUNK (HOTEL) @ 原宿
  • 原宿といえば、若者の情報発信のメッカ。日々、新しいことが始まり、そして消えていく街。ただの開業医のおじさんには関係ないという・・・しごく当たり前のことではありますが、意外に思うかもしれませんが、実は自分は原宿育ち。とは言っても、すでに神奈川県民になった時間の方が長くなりましたけどね。小さい時に、毎年楽しみだったことの一つが近くの隠田神社の秋祭り。神輿や山車が出てそこらを練り歩くわけですが、一番は参 [続きを読む]
  • 元気を出すには・・・
  • 電子カルテ・システムのリニューアルで、パソコン本体が新しくなって、OSはとっくにサポート終了しているXPから、最新のWindows10になりました。昨日は、実務での使用としては初日で、いろいろなトラブルは・・・些細なところでは発生しましたが、業務に支障を来すほどのことは無く一安心。ただし・・・自分は・・・超疲れた。ものすごいストレスを1日中感じて、精神的に疲労困憊でした。どうも、しばらくはこれが続きそうなのです [続きを読む]
  • 電子カルテ リニューアル
  • クリニックでは、開院以来電子カルテを使用しています。昔は、強制ではなく、使いたい人だけだったのですが、その後政府の方針により義務付けられ、そして診療報酬請求もオンラインでの作業になりました。2005年に開業するとき、いろいろと電気カルテを検討したのですが、とにかくお金が無かったので一番初期費用がかからないものを選択した結果がドクターソフトというもの。当時も、今も、業界の中でのシェアは高くはありません。 [続きを読む]
  • Samsung Galaxy Gear S3 Frontier
  • スマート・ウォッチ買うた。なんか、新しいやないか。ちょっと今どき。ナウい。流行り。最先端。どう言っても、表現は「昭和」なんですが・・・ただ、何でSamsungやねん、と突っ込みが入るはず・・・というのも、春からAndroidをやめてiPhoneにしたわけですから、順当に考えればApple Watchでしょう。SamsungといえばGalaxy。当然、Galaxyとの連携を考えるなら、最良の選択何だろうと思います。iosとの連携については、やっと今年 [続きを読む]
  • 「時計」を新調しちやった
  • 今年、日本にやって来た最初の台風がかすっていきました。関東では多めの雨という感じでしたが、暑さと湿気がすごい。さすがに、寝るときもエアコンを使いました。さて、自分の生活のスタイルは・・・って、そんなに人に言うほどかっこいいことはしていない。なにしろ、寝る、起きる、クリニックで診療、帰るの繰り返し。その間に、ご飯をたべてトイレに行くだけ。合間を縫って音楽を聴く。本は読まなくなったので(老眼・・・)、情 [続きを読む]
  • 夏至
  • 夏至は、二十四候ののなかでは芒種の次にあたり、いよいよ夏だという感じ。七十二候だと、乃東枯、菖蒲華、半夏生に分かれて、今は末候の半夏生まできています。夏至は、1年で一番昼間が長いということで知られています。今年は6月21日がその日に当たり、二十四孝の夏至の始まりでした。確かに夜7時にクリニックが終わっても、まだけっこう空が明るい。明るいうちに仕事が終わると、何か得した気分になります。ただ、今年は夏至に [続きを読む]
  • ドライフラワー
  • 花もいろいろ。まぁ、本命は生花なんでしょうけど、切り花は長くもたない。その儚さみたいなところがいいんでしょうが、萎れてくると見た目も悪くなる。鉢花は、その点長く楽しめて、その気になれば毎年花を咲かせることができます。ただし、管理が面倒で、場所も取る。プリザーブドフラワーは、花を主としてグリセリンに漬けて脱水状態にして長期に生き生きした外観を保つもの。ずっと生花のような見た目が続く・・・のが、かえつ [続きを読む]
  • Martha Argerich / Rachmaninoff Concerto No.3
  • セルゲイ・ラフマニノフはロシア出身の作曲家で、今でも生きていたら150歳くらい・・・って、そりゃ無理な話ですけど、つまりそんなに昔の人じゃない。クラシック音楽だと、その大半は18〜19世紀に生まれたものですから、少ない20世紀の作曲家の中では人気はトップクラス。つらつらと思い出すと、クラシック音楽を初めて聴きだした小学生6年の頃・・・最初に買ったLPレコードがモーツァルトのクラリネット五重奏曲で、次が第九かラ [続きを読む]
  • soba-ya癒庵 @ 鷺沼
  • 今回は、近いけどあまり行くことが少ない鷺沼の蕎麦屋さんです。鷺沼の主な駅の出入りは正面口と呼ぶ東側、というか南側のロータリー。反対側は、線路を渡ってかなり小さな北口があります。二つの出入り口は、草加煎餅と柿の種くらい大きさが違う。その柿の種側に出てすぐ左、一見目立たないんですが、比較的現代風の建物の一階にある蕎麦屋です。店内は、それほど広くはなく、20畳くらいのスペースに、厨房とガラスで区切られた蕎 [続きを読む]