MAPPY さん プロフィール

  •  
MAPPYさん: Be HAPPY! with MAPPY45
ハンドル名MAPPY さん
ブログタイトルBe HAPPY! with MAPPY45
ブログURLhttp://ameblo.jp/mappy1963/
サイト紹介文楽しくエアロビクス
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供616回 / 365日(平均11.8回/週) - 参加 2007/12/27 12:28

MAPPY さんのブログ記事

  • すみだ水族館と吉田博
  • 東京スカイツリー。 気になるお店。今日は休みなのか、朝早かったからオープン前だったのか? 夏休み期間、雅叙園のファミリークラブカードで無料で入館できることを知って、行ってきました。 金魚金魚金魚 精巧な飴細工です。 スカイツリー×アート。 一気に新宿へ。 都庁に、本物のオリンピックフラッグが展示されている。 目的は、都庁ではなく、こちら。 想像以上に混雑していま [続きを読む]
  • 超高速 参勤交代
  • 数年前に話題になったのは知っていた。BSで放映されていたのを録画して観た。 これは、面白い。結末は、裏の裏は表って感じ。 ところで、12年前。2005年4月17日から2006年4月2日に放映されたアニメ。毎日曜日朝7:30〜見てましたね。 宇宙戦艦ヤマトにしても、ガンダムにしても、イデオンにしても、船が出てくる。この『エウレカセブン』もそう。 船は、家族の象徴です。セリフでも家族とハッキリさえたのが『鉄血のオ [続きを読む]
  • 【198】世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか?
  • 世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか?〜経営における「アート」と「サイエンス」〜 (光文... Amazon これまでのような「分析」「論理」「理性」に軸足をおいた経営、いわば「サイエンス重視の意思決定」では、今日のように複雑で不安定な世界においてビジネスの舵取りをすることはできない――「直感」と「感性」の時代――組織開発・リーダー育成を専門とするコーン・フェリー・ヘイグループのパートナーによる、複雑 [続きを読む]
  • 処世術?
  • リツコ;人の言う事におとなしく従う、それがあの子の処世術じゃないの? 今の若いメンバーと接していると、この言葉を思い出してしまう。 これって、今の義務教育の弊害だと思う。高校までの授業は、答えを知っている先生のテストを受けて点数を競う。 高い点数を取った生徒が、将来ビジネスで活躍するとは思わない。なぜなら、ビジネスは絶対的な正解のない世界だから。 そんな中、どうすればいいですかと尋ねてくるメンバ [続きを読む]
  • ボストン美術館 と 和のあかり
  • 本日初日。さっそく観てきました。イチバン乗りを目指し、開場1時間前に着いたもののハチバン。残念。 朝日新聞からは、企画号外も出ています。 一番のお目当ては、英一蝶の『涅槃図』 本図は、1886年(明治19年)以前にフェノロサが購入してからはボストン美術館で収蔵されてきた。作品の大きさと経年による劣化ゆえ、同館でも25年以上にわたり公開が実現できなかった。本展での公開に際して、画面の折れや亀裂、汚れ、 [続きを読む]
  • 自分の体に合った食材
  • 最寄り駅の花壇 市からの委託なのか?ボランティアのなのか?分かりませんが毎週綺麗に入れ替えています。 雑貨屋さんは、本日は休みです。 ところで、大好きな なめこと納豆ですが、様々試した結果、次のものが、自分の身体に合っている。 自分の身体に合っているというより、自分の腸内フローラと相性が良いのだろう。 [続きを読む]
  • 深海の日
  • TOKYO STATION GALLARY 不染鉄展へ。 奇想絵画ばっかり見ていたからか。素朴な風景がに心を打たれた。 現代アートよりも、こちらの方が私に合っている。 ここの階段もお気に入りのひとつです。 新橋駅。 、 10;30なのに、既に32℃ 愛宕トンネルの横のエレベーターに乗り、   なんでこの場所にあるかというと、この場所は、NHKの発祥の地といえる場所だから。日本のラジオ放送は、1925年3月1日、芝 [続きを読む]
  • 見逃せない美術館スケジュール
  • この2冊を使って、2017年観たい企画展を抜き出したら、 軽く20を超えてしまった。 抜き出しながら思ったことがある。・TOKYOは世界一の美術館集積地域ではないだろうか。・それぞれの美術館で、3カ月位ごとに展示している企画が変わる。 NHK「COOL JAPAN」  美術館外国人からクールと思われているモノに日本の美術館がある。小さくとも個性的な美術館が多いというのだ。http://www6.nhk.or.jp/cooljapan/pa [続きを読む]
  • 奇想なワンダーランドの藝大
  • 最近、美術企画展を紹介する雑誌が増えたような気がする。雑誌会社の主な収入は、美術館からの広告費である。 新聞にも相当載っていることも併せて考えれば、シニア世代が美術館に押し寄せているということだろう。 開館前でシャッターが閉まっており、ベンチで先ほどの雑誌を眺めていたら、地図を持っている男の人から声をかけられた。「美術館にはよくいかれるんですか?」「はい」「一つお伺いしたいのですが、松濤美術 [続きを読む]
  • エンドレスエイト
  • NHKBSプレミアムで現在放映されているアニメ『涼宮ハルヒの憂鬱』を、毎週愉しみにみているが、この「エンドレスエイト」の話はいつまで続くんだと、WIKIPEDIAでしラべたら、 昨日は、第16話。 うそー、まだあと4回、エンドレス夏休みがあるのか この「エンドレスエイト」のタイトルの意味は、全8回エンドレスに続くということか だれがこんなことを考えつくんだよ。しかし、それはそれでスゴイ。 [続きを読む]
  • らんだむ写真館
  • やすらぎの郷で流れた曲。中島みゆきさんの『時代』 テレビあっとランダム(1984年10月27日から1990年3月31日)のランダム写真館のBGMでしたね。 そして、この曲は、1975年10月のヤマハ音楽振興会主催の『第10回ポピュラーソングコンテストつま恋本選会』、同年1975年11月16日の『第6回世界歌謡祭』にてグランプリを受賞した。・・・WIKIPEDIAより 私にとって、元気に勇気付けられる曲です。 明日があるさ 坂本九さん [続きを読む]
  • 【197】こころに響く話し方
  • こころに響く話し方 Amazon 冒頭の「文庫版刊行によせて」を読み、期待を膨らませたものの、「はじめに」を読んだら、読んだことがるような気がして、目次を見て確信した。 先日読んだ『伝達力』をタイトルを変えて文庫にしたもの。 やられた。図書館で借りたものなので良いか。 文庫版新章(書下ろし)があったのが、唯一の救いでした。ただ、書かれている本質は本文と同じ。 コミュニケーションが大切と言われるけど、コミ [続きを読む]
  • 【196】論理思考トレーニング
  • 論理思考トレーニング (PHP文庫) Amazon 論理的思考トレーニングと言うより、教養トレーニングだった。 たとえば、グローバル化に伴い英語教育は必要かという問いにどのように論理的に答えるか。 答えは一つですありません。 たとえば、弁護士や税理士。日本の法律は、原則日本国内でしか通用しない。日本語で書かれている。英語が絶対的に必要ではない。 英語を母国語のように使えるために、小さい時から英語圏内で育てれば [続きを読む]
  • 【195】メリットの法則
  • メリットの法則――行動分析学・実践編 (集英社新書) Amazon 昨日読んだ「行動分析学入門」の続編。と言っても、著者が違います。 行動分析学を理解するポイントは、いくつかあるが、原因の結果が真逆ということを理解することが一番大変だろう。真逆とは、結果が原因であるということ。 たとえば、ある行動をすれば褒められる。褒められる原因は、その行動であると思われがちであるが、褒められるからその行動をするということ [続きを読む]
  • 【194】行動分析学入門
  • 行動分析学入門―ヒトの行動の思いがけない理由 (集英社新書) Amazon たまたま図書館で借りた「トレーニングという仕事: 水族館トレーナーの知恵と技」から、行動分析学という心理学を知った。http://ameblo.jp/mappy1963/entry-12290580508.html 知ったからには深めたいと、図書館の蔵書を検索して借りた。 人間を含めて動物の行動をコントロールしているのは、そういう事なのか 行動経済学もためになったけど、行動分析学も [続きを読む]
  • 忖度とAI
  • 一昨日の朝日新聞の15面。一昨日と言えば、スリーセブンの日だった。2017年7月7日。 この15面は、面白い組み合わせだと思い、切り取って残してある。上は「忖度」、下は「AI」 根っこでは同じではないかと、直観が働いた。 忖度とは簡単に言えば、飲み会で飲み物をついで欲しいなと思ったときについでくれるという日本人の気配りであろう。 一方で、AIは人間とは何か?を問う存在になりつつある。 AIは科学技術研究 [続きを読む]
  • 君は、空飛ぶペンギンを見たか?
  • 空飛ぶペンギンを見ました 7月9日(日)10時10分現在、水族館ご入場までの待ち時間は約40〜50分です。 本日は、年間パスポートの利用期間最終日。幸運なことに、リニュアルオープンする内覧会最終日でもあった。 朝8時にも関わらず大勢の人が来ていました。 ペリカンも下から眺めます。 上野に移動して、 タイ展。タイの歴史を仏像からたどっていきます。 撮影OKは、ここだけ。ラーマ2世王作の大扉 細かく眺 [続きを読む]
  • セカンドライフの快眠法
  • http://www4.nhk.or.jp/jinsei-recipe/x/2017-07-07/31/9455/1481266/あしたも晴れ!人生レシピ「セカンドライフの快眠法」 歳をとるほどに、睡眠時間が短くなるのは、医学界では常識であるらしい。それに対して、1日8時間睡眠が大切という世間の偏見に合わせてしまうと、睡眠障害に陥ってしまう。 それは、専門家に言わせると、睡眠障害ではなく、寝すぎ 一方で、過度なストレスから睡眠障害になる人もいる。これの処方箋は [続きを読む]
  • 【193】トレーニングという仕事
  • トレーニングという仕事: 水族館トレーナーの知恵と技 Amazon 人間に対するトレーニングではなく、言葉が通じない動物に対するトレーニングです。そして、主に、イルカのトレーニングに対するもの。 イルカに対するトレーニングの目標は、ショー展示。どのようなステップを踏むのかが、詳しく書かれている。 トレーニングは大きく分けて二つ。やってもらいたい目標行動を増やし、やってもらいたくない問題行動を減らすこと。考 [続きを読む]
  • 【192】自信のつくり方
  • 一生折れない自信のつくり方 文庫版 Amazon 仕事が忙しくても、毎日一冊。「日々是決戦」 by代々木ゼミナール、「自ら機会を創りだし、機会によって自らを変えよ」 by リクルートの言葉を信じて。 生きているのは、今、この瞬間だけです。決して過去の犠牲になってはいけません。自分がコントロールできるできないことを区分してコントロールできることだけに焦点を当てること。過去の観点を生き方で変えていかない限り、 [続きを読む]
  • 【191】男の老後力
  • 男の老後力 Amazon 定年も老後も死語になるだろう。老後は、100年ライフに代わる。 歳をとれば、体にガタは来る。これは機械などでも同じで、耐用年数がある。 体はメンテナンスが必要だけど、脳にはメンテナンスという概念はない。 じゃあ、どうすれば良いのか 体は鍛えるのではなく、故障しないように整えることがまずは大切。その上で体力・筋力を維持する。脳には、新しい刺激を与えるのが一番。 新しい経験とする、 [続きを読む]
  • 【190】伝達力
  • 伝達力 話すプロの「伝わる技術」 Amazon 「人生の成功や幸福は、コミュニケーション力にかかっている。」 至言だと思う。 コミュニケーション力とは、自分のこと(気持ち・考え・思考)を相手に伝える力。そして、コミュニケーション力があれば、相手のこと(気持ち・考え・思考)を受け止められることができる。これは共感力で、コミュニケーション力がなければ、共感力は生まれない。 「こころで話せば、こころに届く。 [続きを読む]
  • 【189】おとなになる本
  • おとなになる本 Amazon 図書館の新刊本コーナーで見つけた本。2013年に発行だから、新入荷本が正確です。 15分で読めます。 偶然か書かれている内容は、昨日の朝ブログに書いた内容と同じだった。「理想の自分と、現在の等身大の自分のギャップを埋められない人が増えた。」と書きましたが、大人になるとは、このギャップを埋めることができる人です。http://ameblo.jp/mappy1963/entry-12288844013.html 書かれてい [続きを読む]