マザーハウス さん プロフィール

  •  
マザーハウスさん: 探偵ブログ 『こちら探偵局』
ハンドル名マザーハウス さん
ブログタイトル探偵ブログ 『こちら探偵局』
ブログURLhttp://ameblo.jp/gomame-tanntei/
サイト紹介文徳島で頑張るマザーハウス探偵事務所社長のひとりごと。
自由文徳島のマザーハウス探偵事務所 代表のモリです。

日々、思うことや 探偵心得日記などおもしろおかしく綴っております。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供66回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2007/12/27 16:44

マザーハウス さんのブログ記事

  • 中野信子著「サイコパス」
  • 久しぶりに名著を見つけたので紹介する。 中野信子著「サイコパス」標準的な人間と比べて他人の気持ちを推測したり、他人の痛みを想像したりすることが苦手なサイコパスと呼ばれる人たちについて、多面的に分析した面白い本である。“サイコパスは状況がどれだけ混乱していても、周囲が新しい発想に対応できずに拒否反応を起こしていても、冷静でいることが可能です。皆が自信を喪失している状況の中でも、自信満々にふるま [続きを読む]
  • 最近思うこと
  • 「働くことは空気を吸ったりご班を食べたりするのと同じである」ずっと探偵という特殊な仕事を生業としてきた。他人に自惚れと思われようが、これでもかと思わせる実績を積み上げてきた。探偵。「これが私の生きる道」なのだとクライアントの求める情報を収集し、確実にこなしてきた。私は「お人好し」なので依頼を受けると報酬以上の情報提供をしてきた。三年前に白血病で親友を亡くなった。その二年後には若い頃、一緒にバンド [続きを読む]
  • 【ぼろ儲け】慰安婦ビジネスの実態
  • 「抗日連合会」とは世界抗日戦争史実維護連合会の略称【慰安婦ビジネス】少女像1体に340万円の収入。裏に蠢く中国の『世界抗日戦争史実維護連合会』慰安婦像が韓国でキャラクタービジネスに? 慰安婦像一体を作ると製作者には340万円の収入韓国で日本との合意に反して日本の外交公館前などに慰安婦像が設置され続けている。 このたび、日韓歴史問題を研究する米国人ジャーナリストが、慰安婦像製作ビジネスの裏側を明らかに [続きを読む]
  • 【反日上等】韓国人の病的さを端的に示した本
  • 精神勝利と無条件愛国主義と人身攻撃の幻想。伊藤博文を暗殺したアン・ジュングン。あんな奴が「義士」だって?笑わせるwこいつをいまだに英雄と奉っている韓国。こんな国が発展するわけがない。 こんな本を、考証をきちんとしたと豪語する愚かさ…これがしっかりとした歴史的事実だって?こんな本を作品として世に送り出す民族と千年経っても理解し合えるわけがない。 [続きを読む]
  • 【中国】安倍首相の東南アジア外交に中国政府が発狂
  • 東南アジア歴訪の安倍首相に中国が反応、南シナ海問題で「不健全なやり方」と批判―中国外交部 2017年1月17日(火) 10時10分2017年1月16日、東南アジアとオーストラリアを歴訪し南シナ海問題で各国と意見交換した安倍晋三首相を中国外交部が批判した。中国外交部公式サイトが伝えた。中国外交部の16日の定例記者会見で、「日本の安倍首相はフィリピンやオーストラリア、インドネシアに訪れ、先々で積極的に南シナ海問題に言及 [続きを読む]
  • 韓国国会議員「正義党」、国会に少女像設置を要求
  • 韓国の少数野党「正義党」は旧日本軍の慰安婦被害者を象徴する少女像を国会にも設置するよう
    求める集会を開いた。国会で集会を行う同党関係者ら18日、ソウル(聯合ニュース) http://app.yo
    nhapnews.co.kr/YNA/Basic/ArticleJapan/new_ArticlePhoto/YIBW_new_showArticlePhotoView.aspx?contents_id=PYH20170118286500882 国を
    挙げて売春を奨励するってことか?韓国は慰安婦を大統領にすればいい。 [続きを読む]
  • 【悲報】韓国、サムスン電子の副会長 逮捕
  • 韓国最大の財閥、サムスントップの逮捕状を請求 韓国特検 韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領の友人で女性実業家、崔順実(チェ・スンシル)被告の国政介入事件を捜査する「特別検察官」(特検)は16日、崔被告側への出資をめぐる贈賄などの疑いで、サムスングループの経営トップである李在鎔(イ・ジェヨン)サムスン電子副会長(48)の逮捕状を請求した。大統領をめぐる疑惑が韓国最大の財閥トップの逮捕状請求という [続きを読む]
  • 韓国の歴代大統領の哀れな末路
  • 韓国の歴代大統領の哀れな末路韓国の歴史は、政争と権力闘争の繰り返しである。第二次世界大戦後、選挙で選ばれた大統領の殆どが悲惨な末路を迎えている。 ・李承晩 イ・スンマン ⇒失脚し、亡命する・尹潽善 ユン・ボソン ⇒軍事クーデターで辞任・朴正煕 パク・チョンヒ ⇒暗殺・崔圭夏 チェ・ギョハ ⇒軍事クーデターで辞任・全 斗煥 チョン・ドゥファン ⇒死刑判決→無期懲役に減刑→特赦・盧泰愚 ノ・テウ  [続きを読む]
  • 【釜山慰安婦像】米国に助けを求めた韓国、完全に見放される
  • 米国務省のカービー報道官は9日(米東部時間)の記者会見で、韓国南部・釜山の日本総領事館前に旧日本軍の慰安婦被害者を象徴する少女像が設置されたことへの対抗措置として日本政府が駐韓大使と釜山総領事を一時帰国させた問題について問われ、「外交官の行き来は、珍しくない慣行だ」と答えた。それ以上の言及は控え、「(韓国と日本の)両国が話し合うようにする」とだけ述べた。 駐韓日本大使の一時帰国による波紋が広 [続きを読む]
  • 【日韓断交】福沢諭吉「脱亜論」を思い出せ
  • 【日韓】「盗人たけだけしい」「日本政府は両国間の葛藤あおった」 日本の対抗措置に韓国各紙 自国の合意違反は黙殺釜山の日本総領事館前の慰安婦像設置に日本政府が駐韓大使を一時帰国させるなどの対抗措置を決めたことについて、7日付の韓国各紙は「強硬な報復」「日本の逆襲」などと批判や困惑を交えて大きく報じた。  ハンギョレ紙は社説で「不適切を超え、盗っ人たけだけしいに近い。理解しがたい」と断じた。「日 [続きを読む]
  • 「『パヨク』は時代遅れ」
  • 私は今年、『さよならパヨク』『くたばれパヨク』(ともに青林堂)という著書を出版する機会に恵まれました。「パヨク」とは、劣化した左翼であり、右でも左でもない「反日」に取りつかれたような壊れた翼「破翼」、または「端翼」(異端)のことも意味します。 江戸時代末期でいうと「尊皇攘夷派」が右で、「開国派」が左といったところでしょうか。手段の違いはあっても、どちらも本来は日本の将来を憂えた愛国者た [続きを読む]
  • 徳島の悪徳マルチ商法事情 【洗剤編】
  • 【例 其の弐】友人に誘われてニュービジネスの説明会へ行きました。周りに流されて3万円の入会金を支払い入会してしまいました。後日、会員の為の講習会で「イオンを導入した洗剤」の説明を受けました。そして更に、「これを委託販売という形で他の人に販売してください、更に購入してくれた人も入会するよう勧めてください。入会してくれればマージンを受け取れます。更にその新会員が又別の人を会員にできれば更にマージンが受 [続きを読む]
  • 【警告】徳島からマルチ商法を根絶する
  • マルチ商法の被害者にならない為に勧誘する者は、騙す事に関してのプロである。用心していても、被害に合ってしまう可能性はある。ただし、被害者にならないための予防法を頭の隅に置いておくだけで、被害者になる可能性を大きく減らす事は出来る。簡単なことだと思われるかも知れないが、実際にその場になると恐怖やパニックから以下のような事を考えられ無くなってしまうので冷静に対処すること。◆あいまいな返事はせずきっぱ [続きを読む]
  • 徳島のマルチ商法事情
  • マルチ商法、マルチまがい商法とは一番よくあるパターンだが、ネズミ講を思い浮かべて頂けるとわかりやすい。下に子会員を次々と作り、商品を販売することによって上部にいる会員が得をする(利益を得る)といった販売組織のことです。最初に入会金を支払っていたり、物を購入させれられている場合は、マルチに当たるケースが多い。かなり言葉巧みな勧誘をしてくる。最初の入会金を借金をさせてまで支払わせたりもする。『お [続きを読む]
  • 『仇討ち(あだうち)の流儀』
  • 日本人にとって「仇討ち」は日本の歴史を動かす原動力だった。元禄赤穂事件(忠臣蔵)を持ち出すまでもなく、仇討ちを題材にした作品が日本人の琴線触れるものがあったからである。 日本人が大切にしていること…それは、『自分が大事にしているものに対する面子(メンツ)』である。 近代に目を移せば、国家間において「堪え難きを堪え」て勃発した日露戦争も仇討ちだった。 仇討ちは、常に日本の歴史を大きく動かし [続きを読む]
  • 徳島の悪徳マルチ商法事情 【浄水器編】
  • 【例 其の壱】企業の懇親会で知り合った友達にバイト感覚のサークル活動だと言われて誘われたが、入会金1万5千円を払わされた。更にそれは何十万もする浄水器を最初に買うシステムだった。別の人に浄水器を買ってもらうことで自分が歩合を得るといわれ、また、成績が良いとランクがアップし歩合の率も上がると言われたので、知人に浄水器の購入とサークルへの入会を勧めている。しかし、バイト感覚どころか、自分の買った浄水器 [続きを読む]
  • 【慰安婦問題】米大学教授「次の韓国政府が無効にできる」
  • 慰安婦問題、米大学教授「次の韓国政府が無効にできる」韓国ネット「元慰安婦が全員命を落としても日本政府が正式に謝罪することはない」2016年12月17日、韓国・聯合ニュースによると、日韓慰安婦問題合意(15年12月28日締結)から約1年を迎える17日、京畿道光州市の「ナヌムの家(元慰安婦と主張する韓国人女性などが共同生活を送る施設)」で開かれた懇談会に出席した米国コネチカット大学のアレクシス・ダデン(Alexis Dudden [続きを読む]
  • 日本は国連へ支払う分担金を即刻停止すべきである
  • ”国連の新事務総長”が『韓国人を露骨に優遇する』最悪の事態が発生。日本側、国連への不信が蓄積中!康京和氏 次期国連事務総長政策特補に 国連のアントニオ・グテーレス次期事務総長の政策特別補佐官に、韓国人女性、康京和(カン・ギョンファ)氏が任命されました。 政策特別補佐官は、新しく設置されたポストで、来年1月1日に就任するグテーレス次期国連事務総長が15日に任命したものです。 http://world.kb [続きを読む]
  • 「日本は軍事的には韓国の敵国」次期大統領候補
  • 「日本は軍事的には韓国の敵国」次期大統領候補に急浮上の“韓国版トランプ”が発言=韓国ネット「100%共感」「彼が大統領の国で生きてみたい」2016年12月15日(木) 12時50分2016年12月14日、韓国・聯合ニュースは、歯に衣(きぬ)着せぬ発言で「韓国版トランプ」と呼ばれ注目を集めている京畿道城南市の李在明(イ・ジェミョン)市長(51)が「日本は軍事的には韓国の敵性国家(敵対的な行動をとる国)である」と述べたことを伝 [続きを読む]
  • 韓国・セウォル号引き揚げ作業に疑惑
  • 2016年12月11日、韓国・SBSテレビの時事番組「それが知りたい」で、韓国で進められている旅客船セウォル号の船体引き揚げ作業をめぐりある疑惑が提起された。 10日放送された番組のテーマは、14年4月に沈没したセウォル号の貨物室の謎について。番組によると、引き揚げを担当する中国企業は当初「船体を破損することなく、2個程度の穴を開けるのみで引き揚げる」としていたが、実際にはすでに130個余りの穴が船体に開けられ [続きを読む]
  • 【プロの流儀】其の弐
  • 半世紀生きてきてわかったことを少々お教えする。 勝ち続ける秘訣は簡単な事である。相手にやらせ、こちらは手を貸すだけ。 こちらは最後までバカを演じ続ける。 仕掛人とカモの存在を知る。カモは自分が有利と思い込むが、実際には逆である。カモは自分で首を絞める。こちらは手を貸すだけ。優れた仕掛人は自分の“手の内”でカモを動かす。“手の内”が広いほどやりやすい。犬に骨を投げ、弱点を探るのとおなじ [続きを読む]
  • 【プロの流儀】其の壱
  • 半世紀生きてきてわかったことを少々お教えする。 自分について知らないことがある。それは否定しても変わらない。それに気づいて対処しようとしても、もはや手遅れでしかない。だからこそ毎朝目覚めて不愉快なボスにも耐え、必死に努力し、懸命に働く。なぜなら他人に自分を知ってほしいから。自分が魅力的で 寛大で 楽しく 愉快で 頭のいい人間だと 傑出した人物だと思 [続きを読む]