のしてんてん さん プロフィール

  •  
のしてんてんさん: ハッピーアート
ハンドル名のしてんてん さん
ブログタイトルハッピーアート
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/nositen10/
サイト紹介文簡単お絵かきソフトで遊びながら、しあわせにいて考えています。あなたもやってみませんか?
自由文「のしてんてん」というタイトルで鉛筆絵画を描き続けています。
ずっと白黒の世界なので、パソコンでは色を使った抽象絵画を楽しんでいます。
楽しむことで癒しの空間が生まれればという思いで、
アートセラピーというサイト名をつけました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供300回 / 365日(平均5.8回/週) - 参加 2007/12/28 01:00

のしてんてん さんのブログ記事

  • 奈良に行ってきました
  • 久しぶりの奈良春日大社の万灯篭を目的に、夜と早朝の奈良を楽しんできました。まず驚いたのは鹿オズ鹿のつのが立派で、至る所に立派なつのが。角きりしていない鹿がたくさん闊歩しているのを見た記憶がなくてちょっとびっくりでした。それにしてもか... [続きを読む]
  • 龍の天蓋と飾り結びに想う(5)私の体験
  • この記事を読んでいただくにあたっては、先に申し上げておかなければなりません。それはこの飾り結びモデルと自分(読んでくださっているあなた)の関係です。私はこのモデルのおかげで、今とても貴重な体験をしております。それは皆さまにお知らせして共有した... [続きを読む]
  • 今はもう秋(一つの驚き)
  • 2017年8月10日撮影(朝)熱中症が叫ばれる暑い日々ですが、秋はさりげなく街路樹にも褐色の絵の具を載せていく先の台風を乗り越えた銀杏たち稲穂ももう顔を出している。ところが、驚かされた風景に出くわせたのです ↓あッと... [続きを読む]
  • 筆触法(第十週)実践
  • 筆触法(ものと遊ぶ)の最後に実践例をお示しして、最終回といたします。過去の記事は次の(一)〜(九)です。(一)(二)(三)(四)(五)(六)(七)(八)(九)実践例はいくつか用意していますが、その中で初歩として分かりやすい玉ねぎを紹介します... [続きを読む]
  • 龍の天蓋と飾り結びに思う (3)
  • 龍の天蓋と飾り結びに想う 龍の天蓋と飾り結びに想う(2)の続編です飾り結びが人間と宇宙の関係を表現する素晴らしいモデルだということは前回までの記事に書きました。その中で、もっとも注目出来る構図は、上の図の②組織⇒ ③ヒト⇒ ④気付きの 三... [続きを読む]
  • 筆触法(第九週)形をつかむ
  • ものをデッサンするということは、その存在を体験するということでした。言葉でいうと大層な、七難しいことのように思えますが、ようはそのものを単に写真のように写し取るということではなく、心の中で触り、全身で触れ合って体験するというものです。... [続きを読む]
  • 水のうた
  • みなもに腰を落として眺める清水が岩肌を這いしがみついたえだつやごけの長い茎に涼しい団子が並んでいる穂先から団子が膨らんでみなもに還っていくポトリ心で聴いた音と共に可愛い一つの泡が生まれるその丸い面に世界が映っているそ... [続きを読む]
  • 龍の天蓋と飾り結びに想う(2)
  • 龍の天蓋と飾り結びに想う の続編です偶然見つけた飾り結びについて、様々な気付きがありました。それを総合すると、結果ヒトは宇宙から生まれている。そのイメージをつかむことのできる大円相に行き着きました。前回の結論はそういうことで、黄色い円がそれ... [続きを読む]
  • 筆触法(第八週)遠近の秘密
  • 南禅寺界隈の疎水 (きれいな一点透視図)先週は空気遠近法の考え方を学びました。空気の重なりが遠近の見え方を変えているということを理解していただいたと思います。今回は目が作る遠近法をお伝えします。というより、あまりに常識的で見たままの... [続きを読む]
  • 祝 シャンソン百物語
  • シャンソン百物語:第百回コンサート事前の打ち合わせもなにもなく、第百回目のコンサートは私の絵とコラボでという話を受けて、私は勝手に松浦さんのうたをイメージしながら描いた絵を当日持ち込みました。布をかけた3枚の絵をピアノの上に立て、歌とトー... [続きを読む]
  • 龍の天蓋と飾り結びに想う
  • 龍の上の無限 天蓋の上の飾り結びこの飾り結びを見ていると、様々な思いが起こってくる。輪と和がテーマだ。最初の輪は、龍のように曲がりくねっている二本のひもそれは見事な対称性と左右を意識させる調和があるひもをくぐり、ひもを乗り越え、五... [続きを読む]
  • 筆触法(第七週)空気を感じる
  • 哲学の小路  そして白いコップ2枚の写真を眺めていただいて、感じて頂きたいことがあります。そこに、絶対的に共通するあることが隠されています。分かるでしょうか。たとえば、手前のコップの縁と奥の縁の風景は、水路の手前の枯葉や流れのせせらぎが見え... [続きを読む]
  • 第一回「邂逅」展に向けて
  • (のしてんてん龍 習作F10号)「邂逅」展の初回打ち合わせで、壁面を見た瞬間に描くべき絵が見えたと言ったら、格好つけているようで抵抗があるのですが、今回はそう書かないと治まりません。と言いますのも、建仁寺の龍に会いたいと思った6月からその流れを... [続きを読む]
  • 筆触法(第六週)鉛筆
  • 鉛筆と紙と力の関係=心(筆圧)筆圧を意識するとデッサンは質的に変わります。その意識が心のデッサンとあなたを結びつけるのです筆触法(5/31) 筆触法(第二週)(6/9) 筆触法(第三週)(6/16)筆触法(第四週)(6/23) 筆触法(第五週... [続きを読む]
  • 中動態ということ
  • 先日、筆触法(第5週)の記事にとても貴重なコメントを頂きました。Unknownさんからのものです。筆触法の考え方は要点だけまとめて書きますと、デッサンの対象を目で見るということ(外側)だけで描くのではなく、その対象の形を体感し心で感じ取るもの(... [続きを読む]
  • 筆触法(第五週)陰と影
  • 筆触法(5/31) 筆触法(第二週)(6/9) 筆触法(第三週)(6/16)筆触法(第四週)(6/23)の続きです。初めての方は、最初からお試しくださることをお勧めします。-------------------------------------------------------------筆触法は、コッ... [続きを読む]
  • 成長する心
  • 成長する心の図(のしてんてん)心は喜びと悲しみを繰り返す心は歓喜と絶望を繰り返す心は極楽と地獄を繰り返す心は至福と苦悩を繰り返すだが心はけっして同じところにいるのではない心は宇宙を巡礼する。進み続けているのだ。永遠に無明... [続きを読む]
  • 筆触法(第四週)
  •  筆触法(5/31) 筆触法(第二週)(6/9) 筆触法(第三週)(6/16)の続きです。初めての方は、最初からお試しください。筆触法を理解していただくために、ものと自分の関係を、身体の感覚を通して体験していただきました。目の前にあるもの... [続きを読む]
  • 今この瞬間 心の風景 9
  • 生きている。この生は、エネルギーのかたまりだ。静かに座って瞑想して見えるものがある。呼吸波のように繰り返す気の流れ皮膚感覚温度をまとい、空気に包まれた私口腔から内臓に至る内皮の存在感鼓動全身をめぐる脈流... [続きを読む]