mityuera さん プロフィール

  •  
mityueraさん: レムリアからの転生旅行者
ハンドル名mityuera さん
ブログタイトルレムリアからの転生旅行者
ブログURLhttp://blogs.yahoo.co.jp/mityuera
サイト紹介文前世記憶や霊感にもとづくお話をエッセイ風に書いています。
自由文元神童、超一流大学卒ながら、霊感と前世記憶もあって出世とは縁のない変人です。
前世記憶や霊感の不思議系の話だけでなく、海外の話題や、猫の話、車や馬の話とか真面目系の話もあり、結構支離滅裂です。
ご質問にもできる限りお答えしますので、よろしく。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供158回 / 365日(平均3.0回/週) - 参加 2007/12/28 12:46

mityuera さんのブログ記事

  • 時を超えて巡り会う魂のお話時を超えて巡り会う魂のお話677
  • 九州から帰って来たのですが、帰りも福岡空港、手荷物預けに100メートル近い長蛇の列ができて40分もかかるというトラブルがありました。今改修中ですから、改修が終わった暁にはこんなことがないようにしてくれることを希望します。さて、続きです。俊一郎一行、昼食後まだ時間があったので、俊一郎は、以前に姫路に車できた際に一度行ったことがあった増井山の公園に3人を連れて行きました。公園の駐車場の手前に山をほぼ真っ直ぐ [続きを読む]
  • 時を超えて巡り会う魂のお話676
  • 九州に来ています。福岡空港、毎度のことながら到着が遅れます。先月よりはましでしたが、滑走路が1本でキャパシティー不足という根本的な問題がありそうです。さて、遅れまくっている物語編に戻ります。年寄り勢が姫路城を見物している頃、市内で食事している時に、神坂夫妻と若者カップルは、一乗寺の参拝を終え、国道372号で姫路に向かっていました。特にあてはなかったので、カーナビ任せに姫路競馬場近くに出て、ショッピング [続きを読む]
  • 早春の庭
  • このところサボり気味ですが、雪が降ったりしつつも、我が家の庭にも春の気配が漂い始めました。毎年雪が降っても根性で咲くクリスマスローズに続き、クロッカスが咲き始めました。しいたげられているのですが、毎年庭のどこかで咲いてくれますから、可愛いやつです。梅もようやく咲き始めましたから、徐々に春の気配です。ブログランキング・にほんブログ村へ(文字を ) [続きを読む]
  • 早春賦
  • 我が家の那須は、ジェットコースター並みの気温変化です。5日には暖かくなって一挙に梅の花が開花したと思えば、にゃんと今日は昼から雪、夕方には少し積もりました。歌ではありませんが、庭のウグイス、たまに姿は見せるのですが、チッチッとしか鳴きませんから、声は立てるも歌は覚えずってところです。そして、歌のとおりで、今日は雪の空だったわけです。明日朝は零下5度とのこと。春よ来い、早く来い、です。画像は、咲き始め [続きを読む]
  • 久々のトラブル
  • 関東は、雨が降って良いお湿りです。さて、最近調子が良かったパソコンなのですが、ここ2日ばかり、パソコンが不調です。我が家、4台ノートパソコンがありまして、時々で使い分けているのですが、最も高性能のものを、持ち歩きタイプの無線Wi−FiとホテルのフリーWi−Fiで使っていたら、最初何故かグーグルクロームが起動しなくなったのです。修復しようとしたら、インストールされているからダメとのこと。一旦削除して再インスト [続きを読む]
  • 猫用暖房機
  • 天気が崩れる予報ですが、今のところ青空の見える関東です。さて、我が家には猫が17匹いるのですが、最も広い約20畳の居間で生活させています。外に出さない関係もあって、夏冬は冷暖房完備の至れり尽くせり生活なのですが、エアコンは夏も冬も使っているとともに、冬はストーブと遠赤外線ヒーターを併用しています。その中でも、サンラメラという商品名の遠赤外線ヒーターは、タオルがかかっても燃えないし、猫がべったりひっつい [続きを読む]
  • 時を超えて巡り会う魂のお話675
  • 昨夜は曇って寒くなった関東でしたが、今日は日差しが戻って暖かくなるとのことです。寒暖の差が大きいので、健康に気を付けてください。さて、続きです。新、令が聞いて来たことで、余計疑問に思いました。先刻のくのいちは、忍術を習っているというからには、武道の心得があることになります。確かに自分も豪勇も、武道の心得があることは、それなりに相手には伝わるはずです。しかし、武道の心得があればこそ、無関係の他人に殺 [続きを読む]
  • 時を超えて巡り会う魂のお話674
  • さぼりまくっていますが、我が家の那須、昨日の朝は雪、今朝は雨、よいお湿りです。さて、続きです。回廊から出ると、見事な曲線の白壁がありましたから、4人は感心しました。「これ、凄いわね。曲線美って感じで。」「なだらかやけど、きれいな曲線やわ。そう、明子さんの脚。」変なたとえに、男二人は吹き出しましたが、明子は顔を赤らめて怒りました。「もう、変なたとえしないでよ。」令、単純に曲線と脚線を勘違いしていたの [続きを読む]
  • 時を超えて巡り会う魂のお話673
  • 九州佐賀は、昨日は概ね晴れたのですが、それでも雪がぱらついています。以前は雪もよく降ったそうですが、近年温暖化の影響なのか余り降らなくなっていたそうです。さて、続きです。令は、千姫も大変だったんだと思い直しました。「ふーん、そうだったんや。あんまり知られてへんけど、大変だったんやろね。」明子は、歴史の勉強で、戦国時代の女性たちは不幸だったと思ったことを思い出しました。「そうね。千姫の祖母になるお市 [続きを読む]
  • 時を超えて巡り会う魂のお話672
  • 西日本は大雪予報ですが、我が家の那須も、一昨日から雪が降り始め、昨日は一日中降っていたため、今朝は積雪5センチぐらいでした。今日から九州に出張なのですが、出がけに雪かきをして出てきました。それでも、気温自体は高めなので、昼晴れれば融けると思います。さて、続きです。秦野家、饗庭家の大人たちの一行が山陽自動車道を姫路で降りると、直ぐにお城が見えてきました。「あっ、ほんまに白いお城や。おもちゃみたいに綺 [続きを読む]
  • 時を超えて巡り会う魂のお話671
  • 寒さが続きます。今年は西日本の方が雪が多く、京都の田舎の家は、一頃雪に埋まっていたそうです。雪深い土地の皆さま、けがをなさらぬよう、お気を付けください。さて、遅れまくりの物語編、続きです。律は、真に抱かれてしばらく泣いたらさっぱりしたので感謝しました。「ありがとう。」真は、これこそ自分の役目だと思っていました。「いや、こうして律を支えることこそが、僕の使命だ。」大げさなので、律は笑ってしまいました [続きを読む]
  • 時を超えて巡り会う魂のお話670
  • 暖かくなったり、寒くなったり、ジェットコースターの困ったお天気ですが、那須は寒いまんまで、朝運転していると時々ABSが働きます。そんな時は、ゆっくり走るのが一番です。さて、遅れまくりの物語編、続きです。母令は、両親の自殺をなかったことにしたかったため、自分の記憶を消し去ったことは理解した律でしたが、それでは、自分がどうすべきか、俊一郎にアドバイスを求めました。「私は、どのように母と接すればよいので [続きを読む]
  • 時を超えて巡り会う魂のお話669
  • 昨日の東京は暖かでしたが、那須は路面が凍っていて、ABSが働きました。不安定なお天気、健康に注意しましょう。さて、サボり気味物語編、続きです。律は、俊一郎に聞き返しました。「心無い言葉って。」「例えば、「頼りにならない」とか、「ふがいない」とか、「男らしくない」とか、「女々しい」とかだったのだろうが、エスカレートすると、「仕事が嫌ならやめてしまえ。」となって、更にエスカレートして、「そんな弱い人間 [続きを読む]
  • ミカンいろいろ
  • 今日は、東京の方は暖かかったようですが、那須は、午後少しだけ暖かくなりましたが、それでもめちゃくちゃ寒い一日でした。鳥たちも寒かったためか、我が家の餌を頼りに大挙して押し寄せてきました。鳥たちに提供する関係もあって、我が家、お買い得のミカン、リンゴを毎年買いあさっています。そして、人間用には、少し変わったミカンを取り寄せて味わっています。画像は、そのミカンで、右上の黄色いのが「媛小春」で、時計回り [続きを読む]
  • 時を超えて巡り会う魂のお話668
  • 南関東は晴天ですが、栃木の那須は、氷点下で雪が舞っています。さぼり気味ですが、続きます。律と真に念を押した後、俊一郎は話し始めました。「高槻に移った当時、令お母さんはまだ中学生になる前だった。転校したことも、ある面両親への不満があったのだと思うが、中学校では、優秀だったが、小学校の時ほどは目立たない女の子になっていたようで、近所では、令お母さんのことは、勉強が良くできた他はほとんど印象になかったと [続きを読む]
  • 時を超えて巡り会う魂のお話667
  • ブログ更新はさぼり気味ですが、寒さは続いています。日月と雪かきの那須でしたが、積雪自体は大したことはなく、京都の家付近の方が大雪だったとのことです。健康に注意しましょう。さて、続きです。神坂家もその後茨木に引っ越していますから、高槻に引っ越してからの事情は知らないんだろうなと思いつつ、律は俊一郎に聞きました。「高槻に行ってからは、知らないんですよね。」すると、俊一郎と朋子が顔を見合わせて、いたずら [続きを読む]
  • 時を超えて巡り会う魂のお話666
  • 寒さが続く日本ですが、このお話もう666回になっていました。ヴァーチャル空間ながら、最初は現実に先行していたのですが、今や1年半遅れになっています。666って、某宗教では悪魔の数字ですが、次は、某業界では幸運の数字である777回を目指しましょう。さて、その666回目です。母に対する美華子と清輝の印象に、律は、俊一郎朋子夫妻は、祖父母のことを、子供の親としてはどんな印象を持っていたのか、尋ねました。「祖父母のこ [続きを読む]
  • 時を超えて巡り会う魂のお話665
  • 3連休も終わりですが、家でごろごろして過ごしましたから、健康的?だったかも。まあ、正月早々から働いていると、正月気分もありませんから、単純な3連休でした。明日からのお仕事も去年の延長ですが、挨拶だけ、アレンジしていきますか。さて、ちょっと怖いお話、続きです。律は、祖父母の自殺を知って、もっと大きな疑問を持ちました。何があったのか知れませんが、一人娘を残して自殺する親がいるとは、どうしても信じられない [続きを読む]
  • 時を超えて巡り会う魂のお話664
  • 正月から仕事をしていた疲れか、3連休は半分寝て養生していました。また寒くなって来て、今晩は雪が降りそうです。体を冷やさないように注意しましょう。さて、続きです。俊一郎に代わって、朋子が律に聞きました。「律さん、おじい様とおばあ様のことはどれぐらい知っているのかしら。」実は、全くと言ってよいほど聞かされていませんでした。「私が生まれる3年位前に、二人とも相次いで亡くなったってことしか知りません。」朋子 [続きを読む]
  • 時を超えて巡り会う魂のお話663
  • 仕事をしながらも、暖かく穏やかな新年を迎えることができました。まずは、感謝の気持ちだと思います。さて、休み勝ちの物語編、新年第1回です。律は、それでも母の記憶欠損の真相が知りたかったので、俊一郎に食い下がってみました。「俊一郎お父様は、全て知っていらっしゃったのでしょう。」俊一郎、苦笑しながらうなずきました。「私の幻視能力で少し覗いたからな。でも、この時京子が話そうとした秘密は、家出の直接的な原因 [続きを読む]
  • 新年あけましておめでとうございます。
  • 元日から仕事をしています。大晦日は紅白を最後まで見て、新年を迎えてから除夜の鐘を聞きながら眠ったのですが、朝5時起きで出てきましたから、昨日は睡眠4時間半程度でした。流石に寝不足で、昨夜はその分早く眠るところまでは行きませんでしたので、今朝は6時半まで眠っていました。今年は、私は還暦なのですが、元に戻る年であり、変化の年でもあると思います。皆様方、何をおいても健康に、そして、のんびりゆったりと過ごせ [続きを読む]
  • 寒い!
  • 今日から年末年始のお休みですが、那須の我が家は寒さに震えています。晴天にもかかわらず、縁側のバケツの氷が一日中解けないのも珍しいのですが、庭のバケツの氷たるや、3時前になって取り出してみたら、まだ1センチぐらいの厚さがありました。こんな日は、鳥たちも楽してエサを確保したくなるらしく、我が家の餌場は盛況でした。農家から仕入れている虫たっぷりの古古米のお陰か、我が家に来るスズメたち、みんなデブです。これ [続きを読む]
  • 時を超えて巡り会う魂のお話662
  • 天気は良いのですが、また寒くなった那須です。今朝はドーナツ状のたらい(もとはと言えば、スペアタイヤの中に入れた使えるもの)に分厚い氷が張っていたので、面白がって取って立てて置いたら、何と午後2時になってもまだ原型をとどめていました。さて、続きです。その頃俊一郎の一行は、一乗寺に着いて、参詣していました。律は、母と京子には何か大きな秘密があるように感じていましたから、俊一郎に尋ねました。「神坂のお父 [続きを読む]
  • 時を超えて巡り会う魂のお話661
  • 氷が張って寒い那須ですが、今朝は少し暖かでした。周囲の森が更になくなってきたためか、我が家は鳥のサンクチュアリになっていて、いろいろな鳥を見ることができます。そのため、訳ありのミカンやリンゴを手配したり、農家から虫だらけの古古米をゆずってもらったりして、エサを手配しています。さて、続きです。話が一段落したところで、車は山陽自動車道に入っていましたが、俊一郎が心配していた渋滞もなく順調なので、このま [続きを読む]
  • 時を超えて巡り会う魂のお話660
  • 雨が降ったと思ったらまた寒くなった関東です。インフルエンザが流行っているようですので、皆さま健康にご注意ください。某コーヒー店店長の息子が言うには、抗菌製品を使って、マスクをして、加湿器を使っているバイトの方が、インフルエンザにかかって休むとのこと。言われてみれば、我が家は加湿器などありませんし、抗菌製品などくそくらえ、マスクもしないぞっていう家庭でしたが、誰もインフルエンザにかかったことはありま [続きを読む]