punda_k さん プロフィール

  •  
punda_kさん: アフリカゾウ・チーター 写真&CG日記
ハンドル名punda_k さん
ブログタイトルアフリカゾウ・チーター 写真&CG日記
ブログURLhttp://ameblo.jp/punda-k/
サイト紹介文いつも心にアフリカの風と動物あり。 アフリカゾウとチーターの美しい姿を、タップリお楽しみください!
自由文手描きからCGへと時代は変わりました。
「今、伝えたいこと」を形にして行きたい、
そんな試みの一つが、このブログです。

経歴と3DCG作品をホームページで公開しています。
動物がお好きな方、CGに興味がおありの方はぜひ
ご覧になってください!
「3Dアニマルワールド」http://www.3d-animals.net
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供47回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2008/01/03 02:11

punda_k さんのブログ記事

  • 富士サファリ チーターラン スロー動画
  • 富士サファリへ行って来ました!(^_^)v まずはチーターランのハイスピード動画(120fps)から。 チーターラン初めてこのアングルから見ましたが、本当に速くて・・流れ星のようでした。 チーターランに参加した二頭のうちの一頭。 サビンビ系の濃い顔ですが、鼻の下の色が違うので別の個体ですね。 ベルベットの質感が美しい、黒ヒョウ。今回はカイ・カケルに会うのが大きな目的でしたが、残念な [続きを読む]
  • 多摩動物公園 ワンショット集(4)
  • シュパーブの赤ちゃんたちがデビュー。(^∇^) ママ大好き♪ 大人気!(ノ´▽`)ノ  サーバル 家族の肖像 ジル、ユーカリ、 ユルリ ユーカリ、ユルリ   正面顔で思い出しました・・・タスマニアデビル  出しそびれていた写真、1月の撮影です。 ふわっふわ(^∇^)私事ながら・・京王線沿線への引越しが決定したので、多摩へ通いやすくなりそうです。(^_^) [続きを読む]
  • 多摩動物公園 ワンショット集(3)
  • 久しぶりの大放飼場で躍動するイブキ・シュレン ジルの初めての子、ユルリ 立派な角はお父さん譲りかな? アポロ、背中を陽に向けて日向ぼっこ。 ちょっと風が冷たい一日でした。 観察窓越しにアコさんと対話したのは初めて・・・元気そうで嬉しい。(^∇^) お外はまだまだ冷え込む日も多く、ユルリは暖を取れる寝小屋から離れられないのです。 最近、多くの新たなフ [続きを読む]
  • 多摩アフリカゾウ舎・2017(2)トム、大放飼場デビュー
  • 大放飼場に姿を見せたトム、さっそく枝をほおばります。 落ち着いた様子で、次々と餌を集めに行きます。 今までの全周が柵に囲まれた運動場とは違い、開放感のある大放飼場で伸び伸びして見えます。 プールには水が張られていませんが、水の匂いを確かめているようですね。もう少し暖かくなったら、トムの迫力ある水浴びが見られそうです。 身体が十分大きく成長した今は、色んなところに鼻が届きます。(^_ [続きを読む]
  • ライオン園・陽だまりの丘の午後
  • 春のうららかな陽気の中、ライオンたちはこの季節に最適な場所に集まってきます。(ルエナ、イチゴ、ニイナ) 右側からゴロゴロという、うなり声が聞こえてきました。 ケイコとトワです。  ケイコとトワも、丘にやって来ました。 トワは遠慮気味に別行動。 ニイナたちが見張ります。 スキを見て、トワはケイコの元へ。 そしてプレゼンティングを始めます。(^_^;) 規律やモラルを重んじるのが [続きを読む]
  • 1/3スケール ライオンの製作 完成(1)
  • 1/3スケール・ライオンの完成です。 雄ライオンの力強さを目指しました。 頭の上までの高さは約40cmです。 このサイズになると、フィギュアというよりはドールに近い雰囲気になります。タテガミに異素材を用いるのも、意外と違和感がありません。 しかしながら、全体を粘土で製作するソリッド感は失われてしまう・・・ここは迷いますね。 人物フィギュアの場合、スタンダードは1/ [続きを読む]
  • 1/3スケール ライオンの製作 頭部ディテール
  • 今回はアゴを可動にする方法を構想していましたが、アゴを大きく開けたポーズに固定することに決定しました。 上下のアゴに犬歯。裂肉歯を配置していきます。 上あごの裏には、小さな鋸歯列を備えた洗濯板状の構造があります。舌もヤスリのようなザラザラした表面です。 口内の構造を準備しました。 噛み合わせを確認。 実物では上の犬歯は、下唇の脇にある鞘状の部分に収まります。 裂肉歯はその名が示 [続きを読む]
  • ユラノスケ、ジル キリン男子の日常
  • ユラノスケにぴったりついて歩くジル。 ジルは身体を激しく使った遊びがしたくてたまらないのですが、まだ体格差があります。相手の体力に合わせて手加減できるあたりは、キリンのやさしさを感じますね。 首をぐるりんと回す仕草は、母親のユーカリ譲りのもの。 ユラノスケの反撃! ツノを使って相手の脚を持ち上げる、ジルの得意技のお返しです。ジルも「おっ、なかなかやるじゃん」と少し焦っ [続きを読む]
  • animals〜愛しのどうぶつたち〜展に出品します!
  • 銀座ミレージャギャラリーで開催される、「animals〜愛しのどうぶつたち〜」展に出品します。当ブログでおなじみの立体作品を展示します。この機会に、皆様にぜひご覧頂きたいと思います。今回は、新作の大型フィギュアの展示も実施いたします。「animals〜愛しのどうぶつたち〜」展2017年2月22日(水)〜27日(月)午前11:00〜午後7:00(初日は12時から、最終日は午後5時まで)詳細・会場へのアクセスなどは [続きを読む]
  • 冬のオオカミたち(3)ロキ、躍動
  • 今回から横位置の画像について、画像 で一回り大きなオリジナルサイズの画像をご覧いただけます! 拡大画像表示の後、画像の上の、「〜の記事へ」を で現在の記事へ戻ります。(画像内の矢印に沿って、記事内の画像をオリジナルサイズで順次一覧していただくことも可能です。) 2月14日追記: ブラウザ表示の一部改良が反映され、(Google Chromeにて確認)通常の読み込みで横幅1000ピクセルの大 [続きを読む]
  • ナデシコも元気!
  • ナデシコです。 毛玉も目立たず、スッキリしてました!(^∇^) ナデシコは瞳の色が濃いワインレッドなので・・今の時季、斜光線がガラス部屋に差し込むことで、目の表情がよく分かりますね。 ガラスの映りこみも、ちょっと面白い効果に。 何度もダッシュを繰り返していました! 速い速い! サーバルが気になる・・・ガラスに鼻をぶつけないようにね!(^〜^) よく動いて、とても元気そうでした!( [続きを読む]
  • ムツ、ナガトにジャレる
  • ガラス部屋でナガトに接近! ムツの鋭い視線! そしてムツ、ナガトに甘える♪ 顔色一つ変えないナガト(^o^;) 個性的な兄弟です(^∇^) ナガト、本当に貫禄があります。 ムツ ナガト  ライオンたちの騒動に、ちょっとだけ視線を送る。 ムツ、これもマーキングの一種でしょうか。 真剣です。(^_^) 頭を低く下げたハンターらしいポーズに、野性味があふれる。やは [続きを読む]
  • 冬のオオカミたち(2)ネロ&リロのデートタイム
  • 小放飼場へ出てきたのは、リロ&ネロの姉弟。 魅力的な二頭を、この場所で間近に見られるのは最高です♪ 水場で一緒に。 ふたりは相部屋で暮らしていて、とても仲が良いです。 マーキングするネロ。 メロの残したサインがあったのかもしれません。 豪快に土を蹴って、仕上げます。 入れ替わりにリロが来て、チェック。 室内では味わえない、充実したひととき。 リロの様子を見下ろすネロ、穏 [続きを読む]
  • イブキ&シュレン(80D+70−200mm F2.8 L)
  • 新たな機材、80D+70−200mm F2.8 L を抱えてチーター舎へと向かいました! まずはガラス部屋のデュラと対面。 今回はカメラの挙動を確認する目的もありますので、ISOオート(制限無し)での撮影です。「ISOオート:シャッター速度→速め」を選択。そのためか、ISOは高めの設定が多くなりました。 イブキ、大放飼場左サイドにて。 見た目の印象に近い、ナチュラルな前後ボケの中に [続きを読む]
  • キヤノン EOS 80D
  • キャッシュバックキャンペーン駆け込みで、80D購入しました!CFスロット無しなので、SDHCも購入。 7DIIとギリギリまで迷いましたが、650gの軽量・2420万画素の新CMOSが決め手です。 シャッターボタンの手前にAFモード切替ボタンがあります。 とにかく小さくて軽い♪ ダイレクト選択ボタンが無いので戸惑っていますが、慣れれば問題ないでしょうか。バリアングル・タッチパ [続きを読む]
  • EF 70-200mm F2.8 L USM 
  • ワタシにとって二本目のLレンズは、F2.8ズーム。 ISなしモデルの中古美品(14年製)です。 ISなしモデルは、95年の発売からすでに20年以上経つ長寿レンズ。 しかしながら、現在もカタログを彩るれっきとした現行モデル。従って、整備・修理は今後も当分はメーカー対応の継続が見込まれ、万が一不良箇所が出ても修理可能な安心感がありますし、リセールバリューもそれなりに維持されますね。 ISの [続きを読む]
  • 冬のオオカミたち
  • 冬になると活性が下がる動物も多い中、オオカミたちは寒くなるほど活き活きとしてきます。(ロイ、ロト) ロトが大いに存在感を発揮! 一方、ロイがちょっと覇気がないように感じられたのが気がかり。(ロイ、ロト、チロ) [続きを読む]
  • ムツ・ナガト(1)
  • 昨年10月に富士サファリから来園した、ムツ(左)・ナガト(右)。九州自然動物公園生まれ、6歳の兄弟です。 ムツ ナガト 二頭とも貫禄があり、すっかり大放飼場の主として落ち着き払った態度が印象的。 ナデシコ。 毛玉もあまり目立たずスッキリした出で立ち。 イブキ・シュレンは相変わらず元気いっぱい! リリーとは久しぶりに会えました。 左目が痛々しいですがよく動き、リラックスしてい [続きを読む]