じゃずず さん プロフィール

  •  
じゃずずさん: 立ち呑みbar じゃずず
ハンドル名じゃずず さん
ブログタイトル立ち呑みbar じゃずず
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/jazuzu/
サイト紹介文酒と音楽を語るbarです。 酒は日本酒,音楽はジャズを愛するマスターのじゃずずがお相手します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供43回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2008/01/05 13:05

じゃずず さんのブログ記事

  • ゆきつばきの季節酒
  • 今日の盤はこれ。DUKE PEARSONANGEL EYES一見、女性Vocalと思うようなジャケットだが、ピアノトリオ盤です。録音の状態なのかタイトル曲の音の響きが過剰のような…。そして今日の酒はゆきつばき。ツマミに柿ピー。入れ物は実はぐい飲みです。何かの焼き物体験で私が作った物。今日の朝は薄曇りながら雨は降らず。定番の咲花温泉に行ってきました。サーリークロスチェック改Ⅱで。 [続きを読む]
  • 月不見の池 活性生原酒「一引き」
  • 今日はこの酒。日本酒だが度数が20度ある。月不見の池。活性生原酒「一引き」ボトル肩には、このような注意書き。呑み始めたばかりだから度数の高さはあまり感じない。が、しかし、米のフルーツ臭と若干の揮発臭でつまりは呑みやすい香りでスイスイと呑んでしまう。完全に「黄色信号」の酒だ。家で呑んでいるのでどうなっても大丈夫だがずぶずぶと呑みにイク酒である。こんな時に聴くのがVocalBEVERLY KENNEYBORN TO BE BLUE [続きを読む]
  • にいがた酒の陣2017
  • 3/11(土)に行ってきました8:50頃からならんで10:00会場10:10頃に会場入り。パーフェクトガイド。あまり見ずにとにかく試飲。酒が途切れることない夢の世界。気になった酒や蔵などをざーっと。。。(酒名は正式名称では無いときもあります。ご了承ください)ブラック蒲原 下越酒造 ボトルがかっこいいいカワセミの旅 越の華酒造 ショコラに合う酒          この酒のファンは多いようだ。試飲ブースで [続きを読む]
  • 「大人の〜」ってタイトルの付いている本
  • コメダ珈琲に行く前にそこで読もうと思って買った本。このような本を買った。ある本に、このような本のタイトルに付いてるタイトルに憧れて買うような人はそれになれない人だ。というようなくだりがあった。なれていないから望んで買う。そうなりたいと願っているから買う。そーいえばいままで多くの自己啓発本を買ったような気もする。「自分は間違いが無い」という人のアヤウサを感じるためだ。感じたからだ。一つの価値観だけで [続きを読む]
  • イイ音のジャズとは?
  • いい音のジャズ盤を取り上げている本。久々にJAZZの本を買った。「いい音のジャズ」と言って重い浮かぶのは、やっぱりアート・ペッパーの「ミーツ・リズム・セクション」だろう。コンテンポラリ録音。昔からオーディオチェックと言えばこの盤。ということになっているらしい。私はそれほどのオーディオ装置を持っていないし違いが分かる耳も持っていないのでよく分かりませんが、トニカクそーいうことになっています。探したが [続きを読む]
  • 鴨肉と雪椿
  • 鴨肉の赤ワイン煮。アロゼっぽいことして作る料理。調理中はこんな風景。久しぶりに作りました。今日は珍しく画像が多いので次に行きます。この料理に合わせるのはゆきつばき 純米吟醸。紫ラベル。鑑評会の優秀賞受賞酒らしい。酵母は加茂山公園の雪椿からとった酒。酒好きならこの話題だけで一合は空けられる。紀伊國屋で買った本。この中では「五種盛りより三種盛りを頼め」ながさき一生 秀和システムが以前から気になっていた [続きを読む]
  • よく分からない人のオトヲ聴いている
  • squarepusher ultravisitorあまり詳しくは知らない人(グループ?)すごーく前に、チャットをしていたときに、話した?人が聴いていると言っていたので買ったCD。そんときはこんなオトもあるんだーなんて感じでたぶんtr1でしまい込んでいたCD。でもって、今日なんとなく聴いてみた。まだtr2だけど、なかなかいいではないですか。スピーカーで聴いてよしヘッドフォンで聴いてよし今さらながらオススメです。全部聴いてな [続きを読む]
  • サキコロ 
  • 今日のオトはいわゆるサキコロ。ロリンズと言えばコレ!みたいなことが昔から言われているがわしは断然「ワークタイム」押しです。ついでに言うけど、ワルツ・フォー・デビー/ビルエバンスもあまり入門編としてはどうなのかと思っていた。今日の酒は久保田 生原酒毎年この時季の定番酒。いつも酒はロックグラスで呑んでいるが、きょうはちょっと大きめのショットグラスのようなもので。今日のサイクリングは咲花温泉。今日もムー [続きを読む]
  • サーリー:ムーンランダーのことなど。
  • 久しぶりにムーンランダー。路面に雪はないがこの太タイヤは安心感がある。前もアップしたがムーンランダーの特徴やオリジナルとの改善点など紹介します。前フォーク。オフセットされていない。後ろシートステイ。チェーンラインを出すためにオフセットされている。この写真だと少し分かりにくいですが。リアディレイラーのワイヤをジャグワイヤのオレンジに。シートポスト(リッチー)とサドル(タイオガ)。ペダル(45ノース) [続きを読む]
  • 買った本は酒マンガと百田とホリエモン。酒は〆張鶴。
  • いっぽん!!  日本酒マンガ雑談力 百田尚樹本音で生きる ホリエモン「いっぽん!!」はとうとう3巻目。百田尚樹は、前に「鋼のメンタル」に続いての購入。なぜだが知らんが、私じゃずず、「鋼のメンタル」をダブリ買いしていました。。。よほどメンタルに自信がないんだなと思いました。けど、私が2冊買ったおかげでベストセラーになったと思うことにする。ホリエモンは立ち読みで30%ぐらい読んでいたが購入。iPadで [続きを読む]
  • ゆきつばき 純米吟醸原酒
  • ゆきつばきにしては珍しい青ラベル。雪椿の酵母を採取して仕込んだ酒。新潟加茂といえば加茂山公園。そこにある雪椿からとのこと。なかなかアグレッシブな酒である。味では無く、発想が、ですが。花から酵母が採れるなんて聞いたことはあるような気がするが。この土日のことを。以前から気になっていた田中角栄本を2冊買う。それと、RVGが気になってブルーノート盤を集中的に聴く。そんな感じでBNを聴いていたら、ふと、メグに [続きを読む]
  • 新しい越乃寒梅
  • 古町のイトーヨーカドーに行くと、見慣れない越乃寒梅が。越乃寒梅 大江山産2016酒米は五百万石。裏ラベルによると「全量酒造好適米仕込み」らしい。あまり分からないので詳しくはネットで。。。。寒梅はここ最近新しい動きをしているようだ。酒販店を限定しない「灑」。今回の「大江山産2016」。次の一手は何か。 [続きを読む]
  • グランフォンド糸魚川2016
  • グランフォンド糸魚川名物のカレー。糸魚川は過去2回出ているが、まだ食べたことはなかった。1回目はもう無かった。(私の到着が遅すぎて)2回目はなぜかスルーしてしまった。(リサーチ不足)今回は食べることができた。懐かしいカレーの味でした。ラッキョウは技ありのうまさ。カレーは食べることができたけど、無念の足きり。pm1:00までにT字路を通過できなかった。時刻1:12。ほとんど最初の方でスタートしたはず [続きを読む]
  • 霧の瓢湖
  • 9/24(土)の瓢湖。この日は霧がかかってなかなかの雰囲気。駐車場にはポケGOらしき人がちらほら。個人的にはポケGOが行き詰まったらアンパンマンのキャラを投入すればいいのではと考えています。アンパンマンのキャラ総数は何千と言われていますから。最近は休み(祝日など)が多かったため本屋に行くことが多かった。気になる本を買う。このような本。活字に脳が喜んでいる。リハビリ的に文章を読まないとやっぱり脳は退化する。 [続きを読む]
  • サーリークロスチェック改Ⅱにブルックス
  • サーリー クロスチェック改Ⅱにブルックスのサドルバッグを装着。サドルに合わせてブラウン、ではなく、あえて、ダークグリーン。ブラウンが品切れだったこともありますが、この色もなかなかではないかと完全なる自己満足。一つ難点としては、チューブ・タイヤレバー・ポンプが入りきらないと言うことです。サドルバッグとしての意味があるのか?という問いかけに明確に答えることできません。上手にチューブをたたみ収納し、ポン [続きを読む]
  • ツールド妻有。
  • ツールド妻有から1週間が経ち、かなり記憶が薄れてきているのでダーッとアップ。今年が初参加のツールド妻有。楽しみにしていました。当日は見事な快晴。山あいであるため、朝は若干涼しいが、日差しはナツの日差し。コースは予想通り、上ったり上ったり下ったりのコース。下りの路面が若干気を遣う。グレーチング・落ち葉・砂利・濡れ、道幅など。まあ、完全自己責任のコトであるので、自分の運転テクニックを考慮してそろそろと [続きを読む]
  • 八丁味噌炒め
  • 家族旅行で名古屋に。そこで買った八丁味噌で豚肉料理。豚肉とニンニクの芽ともやしの八丁味噌炒めとでもいう料理。味噌はこれを使った。今日の盤はレッド・ツェッペリン。4枚目。高校生ぐらいに買った盤。何千回とは聴いていないが、何百回とは聴いている盤。いい盤は1曲目と2曲目がいい。ブラックドック〜ロックンロールの流れでtr3を経て天国への階段。 [続きを読む]
  • サーリー:クロスチェック改のサドル&ハンドル交換
  • クロスチェック改Ⅱ。全景これまで付いていたブルホーンバーとタイオガサドルを交換。ハンドル&ステムはシム・ワークス。バーテープはブルックス。ブレーキレバーはテクトロ。ハの字型がいい佇まいを見せています。サドルはブルックス。バーテープと合わせて色はブラウン。車体に茶色が入るとなんとなくランドナーっぽくなりますね。でもって、乗ってみた。以前と比べて、若干窮屈な乗り心地。ハンドルバーが近いのかサドル位置が [続きを読む]
  • 雑記。ナツの特性。
  • 長いこと、fバイシクルに改造に出していたサーリークロスチェック改だが、今日受け取りに。ハンドル周りを替えたのだが、詳細は後日。バーテープをブルックスにしたのでサドルもブルックスに。ブルックスのサドルは革のため、使い始めなどにいろいろとあるらしい。まずはクリームを塗るそうだ。革に敬意を、なんて気はなく、とにかくアタリマエのことらしい。革製品はメンテが大事なんていうけれど、人はどうなんだ、と同居人のこ [続きを読む]
  • jazz新譜と真野鶴
  • 久しぶりにCdを買う。山中千尋 「GUILTY PLEASURE」BRECKER BROTHERS BAND  「BRECKER BROTHERS BAND REUNION」   夏はパーンっとしたオトが聴きたくなる。いつまでも故人のオトだけ聴いていても前には進めないという気持ちで新譜を買う。(故人と言っても大きな他意はないので。温故知新が好きな言葉です)呑む酒は、真野鶴 純米1901号。1901 [続きを読む]
  • コンビニ人間と今日の酒
  • コンビニ人間。電子ブックでサンプル読みして面白そうだったので購入。全部読んでませんが面白くなりそうな感じです。なぜか今は中学生の娘が読んでいます。今日の酒は「氵(さんずい)」 柏露酒造なかなかに思い切った酒名だと思うが最近の酒はいろいろある。純米吟醸の生囲い、という酒。ネーミングとラベルのデザインがいい。次は蒲原の純米吟醸。最近発売した酒。手元にあまり詳しい資料はないが、旨い酒。最後にオト。暑かっ [続きを読む]
  • 北雪 遠心分離酒とjazz盤
  • 気になっていた北雪の遠心分離酒。辛口でキレのよい酒です。キチンと北雪の酒、という感じです。この酒に合わせるオトはピーター・ブレッツマン。王道のフリージャズ。たまに大音量で聴きたくなる盤。けど不思議なことにいくらヴォリュームをあげてもうるさく聴こえない盤。少し前に呑みあげた酒を。雪鶴。柔らかな味の酒。最後にビル・エバンス。モントルーライブの後のスタジオ盤。68年。MPSスタジオ録音が間違いないオトを [続きを読む]
  • 霧降  純米吟醸 〜「カジュアルでジューシー」〜
  • 栃木の酒。初めて見るラベルだが、王冠には「千禽(せんきん)」と。最近、耳にした酒名だと思ったらこの漫画に出ていました。かぶとむし、という酒。この霧降(キリフリ)、裏はこんな感じ。「カジュアルでジューシーな味わいをお楽しみください。」とある。他のカタカナ言葉はリンゴ酸キーコンセプトフレッシュキレなど。確かにパッと呑みは、このコトバの通りでリンゴジュースの甘みを抜いてちょっと上質な水を混ぜたようなそし [続きを読む]