いとまたろう さん プロフィール

  •  
いとまたろうさん: 古民家の日々 〜築140年の古民家に暮らす日々〜
ハンドル名いとまたろう さん
ブログタイトル古民家の日々 〜築140年の古民家に暮らす日々〜
ブログURLhttp://itoma.blog.so-net.ne.jp/
サイト紹介文築明治元年。楽しい古民家暮らしを綴るブログでしたが、東京電力福島第一原発事故ですべてを失いました・・
自由文楽しかったあの日々が再び戻る日を夢見つつ、降り積もった放射能物質に頭を抱える日々を綴ります・・
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供24回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2008/01/05 19:42

いとまたろう さんのブログ記事

  • 鮫と鯖の怖顏対決
  • この時期、毎年恒例となっている春の大掃除。ホームセンターで売っている半透明な蓋付きプラスチックケースと農家が収穫などに使う黄色いコンテナが山済みの仕事部屋で、荷物をアッチヘやったりコッチに重ねたりしながら1年ぶりに中身を確認し、捨てる決心がついた物に別れを告げたり、再びそっとケースに仕舞ったり・・、探していた物が見つかったり。ホコリにまみれながら、そんな作業が数日間続きます。新しいパジャマ用のTシャ [続きを読む]
  • ネるコは太る春・・
  • 春分の日が過ぎ、日々のお庭の花リレーが楽しかった古民家暮らしの春とは異なり、ただただ春眠暁を覚えず・・といった感の今日この頃。猫達は一年中暁を覚えず・・、今朝も主人が抜け出したあとの温もりの残った布団の上で仲良くぐっすり眠っておりました。朝ごはんを食べていると良い匂いに反応して目を覚まし、カリカリと自分のご飯を食べた後おもむろに寄ってきて、あぐらの中に入って必ず1回転したあと、ドカッと座りまた眠り [続きを読む]
  • 猫の本とネコマンガ
  • 先月に続き、また図書館で借りてきたネコの本。表紙を見た瞬間思わず微笑んでしまいました。店主は、猫 台湾の看板ニャンコたち作者: 猫夫人出版社/メーカー: WAVE出版発売日: 2016/03/05メディア: 単行本(ソフトカバー)台湾の看板猫を集めた「店主は、猫」古いタンスの開いた引き出しで昼寝するニャンコが最高でした(^^)家でネコを眺められるので、ネコの本は買わないようにしているのですが、このマンガだけは書店でチラ見 [続きを読む]
  • あの6年、あれから6年・・
  • 先週末、用事で久しぶりに福島へ行ってきました。車を運転しながら周囲の景色を眺めると、懐かしい風景の中に遠目でも目に付く鮮やかな緑色のビニールシートがあちらこちらに・・。そして、川岸の堤防脇にずらりと並べられた大きな黒い塊(袋)・・。東京電力福島第一原発事故で放出された放射性物質の除染作業で集められた汚染土壌などを現場保管、あるいは仮置きしている場所ですが、一体いつまでこの状態が続くのか・・目にする [続きを読む]
  • 熟成カリン酒で地味に居座る風邪菌を追い出そう
  • 今年は珍しく年明けから喉にくる風邪にやられ、それからずっと地味に風邪気味の状態が続き、それに加えて急に顎関節症になったりと・・何だかスッキリしない体調の日々。そんな時は、とっておきの果実酒の登場であります。6年物のカリン酒。2010年の冬、つまりは古民家暮らし最後の冬に仕込んだ最後の果実酒ですね・・。すっかり、濃ゆい色に漬かっており見るからに効きそうですね(^^;氷水で少し薄めて味見してみると意外に飲 [続きを読む]
  • 雑貨屋さんでネコ探し
  • 雑貨屋さんが大好きで、行くと何か良さげなモノは無いかとお店の隅から隅までアレコレじっくり眺め、結局何も買わなかったり・・。ネコを飼うようになってからは「ネコ・グッズ」という新たな嗜好品が加わり、買い物が楽しくなりました。写真は、見つけた瞬間に購入が決定したネコの鋳物。腰を”トントン”撫でられている時のタラオ君のポースそのものです。そして、ピーンと立った長い尻尾!特に品物に対しての説明など何もなかっ [続きを読む]
  • 浮世絵ワンダーランド
  • 先日、図書館で「イタリアの猫」と一緒に借りた「かわいい浮世絵」。猫の絵も色々あって楽しめましたが、最初にパラパラめくって目に止まったのは何やら怪しげな生き物・・。「かわいい」がテーマのはずであるが、コレは一体・・。正体は、なんと干支の十二支が一体となった想像上の?生き物でありました(ーー;,,浮世絵の世界も奥が深いですね・・。かわいい浮世絵 (Kawaii)作者: 日野原健司出版社/メーカー: 東京美術発売日: [続きを読む]
  • ジジはイタリアの猫?
  • 最近は図書館へ本を借りに行くと真っ先に「ペット関連書籍」の棚へ向かい、「猫」の新しい本が入っていないかをチェックします。貸し出し率が高いのか猫の本はいつも数が少ないのですが、毎回読んでない本に出会えます。今回は借りたのは、猫の写真ではお馴染み岩合氏の写真集「イタリアの猫」。イタリアの景色にネコが最高に馴染むということに感動しました。そして一番気に入った一枚はスパゲティに食らいつくネコ!(お名前はア [続きを読む]
  • 干支の書
  • 古民家暮らしを始めた頃から新年の恒例となっているのは、新年っぽい浮世絵とその年の「干支の書」を飾る事。葛飾北斎の赤富士はもちろん本物ではありませんが、いち富士に鷹ということで何となく新年に飾りたくなります。そして色紙は仙台市在住の書家”大塚耕志郎”さんの「鳥」の書。上を向き、飛び立ち、でも肩の力を抜いて気楽に羽ばたきつつ、何処を目指そうか・・。今年もまた、猫たちと一緒に仮の住まい暮らしは続きますが [続きを読む]
  • 来年は、いよいよ盆栽デビュー! か?・・
  • 先日、図書館で面白いタイトルの本を見つけました。「コケを見に行こう!」そういえば、かつてロックガーデンと名付けた玄関前の小さなお庭にあった巨石にも立派なコケが生えていて、その限りなく地味な成長を日々見守っていたっけな・・。2010年7月の記事に懐かしいコケとスミレを見つけました。『巨石六合目、すみれベースキャンプ・・』あの巨石は今どこにいるんだろう・・。盆栽であのロックガーデンを再現してみようかな・・ [続きを読む]
  • 発想の転換だニャン! 猫が自分で開けてしまうドアノブ対策!!
  • 2匹の猫たちが我が家へやって来て、早いもので2年が経ちました。 来た頃はほんとに小さな子猫だったんだなぁ、という事を当時の写真で確認し今の猫たちに目をやると、ほんとスクスク育ったなぁ・・というか太ったなぁ(笑、と感じる今日この頃。最近は、だいぶ手が掛からなくなったとは言え、毎日カーペットやら布団やらをゴチャゴチャにしたり、掃除の直後に決まってトイレの砂を散らかしまくったり、あっちこっちの壁で爪を研い [続きを読む]
  • 酒は飲んでも・・・
  • お酒が大好きで毎日晩酌を欠かしません。独身の頃などは毎週の様に夜の繁華街へ繰り出していましたが、古民家暮らしを始めてから外でお酒を飲む機会がめっきり減りました。家のおつまみが旨い、人混みが嫌い、出掛けるのが面倒くさい、貧乏暇なしなど・・理由はある様な無いような。(古民家暮らしはお休み中ですが、その点は今も変わりなくお家でお酒をゆっくり楽しむ日々です。)それでも、体調が良く天気が良く懐も暖かいという [続きを読む]
  • ?年ぶりの、お山登り
  • 秋も深まり、そろそろ冬の気配も感じる今日この頃。この季節は草むしりや畑仕事も終わり、収穫の恵みに感謝しつつ蔵の掃除や冬を迎える準備をノンビリと始める楽しい季節だったなぁ・・。自分のお庭を眺めることの無い今の暮らしでも秋は比較的季節を感じることができる好きな季節であります。街路樹でも十分に楽しめる紅葉ですが、先日かなり久しぶりにお山を歩いて自然の空気と紅葉を楽しんできました。最近すっかり山登りにハマ [続きを読む]
  • 最初で最期の?、ねこシャンプー
  • 少し前のことになりますが、ネコ達をお風呂に入れました。と言っても湯船にとっぷり入れたわけでなく、シャワーでネコ用のシャンプーで洗ってあげたのですが、二匹揃って予想をはるかに上回る抵抗を見せ(ーー;ネコも嫁様も自分もびしょ濡れで家の中を駆け回るという大変な1日となりました・・。以前、ネコと有名人?的な本の中で子猫を抱いてお風呂に入る爆笑問題の太田氏の写真を見て以来、夢のネコ風呂でしたが子猫の頃から慣 [続きを読む]
  • カボチャのちゃちゅちょ
  • お盆で帰省していたご先祖様もそろそろ帰宅の途へ着いた頃でしょうかね・・。古民家暮らしを続けていたのなら、今頃はきっと恒例の夏バテでグッタリしながら縁側の椅子に腰掛け、窓に這わせた朝顔やゴーヤといった緑のカーテン越しに庭で勢力を広げる雑草達を恨めしく眺めていたことでしょう。仕事部屋の縁側前に作ったプチ菜園では、トマト・オクラなどの夏野菜をいろいろ栽培しましたが、緑のカーテンならぬ緑の絨毯と化したカボ [続きを読む]
  • 古民家でまた暮らす日々が来ますように・・
  • 蒸し蒸しと暑かったり、雨で涼しかったり、梅雨真っ只中の今日この頃。夏を前に猫たちの毛の生え替わりの時期なのか、ブラシでちょこっと撫でただけで沢山の毛がブラシに絡みつきます。夏を前に少し薄着?になって、今日も気持ちよさそうにお昼寝のニャンコたちでありました。昨日は七夕。心の中の短冊に「原子力発電所がすべて無くなりますように」と書いて6回目・・。楽しかった古民家暮らし回想。晩御飯を食べ終わってもまだま [続きを読む]
  • ネコの深夜残業
  • 仕事部屋で深夜残業していると、何やらリビングから騒がしい物音が・・。毎度のことだがネコ達が追いかけっこを始めたらしい(ーー;切りの良いところで休憩がてら様子を見に行くと立てていたテーブルをひっくり返し、真ん中のくぼみにスッポリ収まったままタラオ君が寝てました(苦笑ほんと毎日、何かしら笑わせてくれるネコ達に癒される日々でございます。  [続きを読む]
  • 思い出の品は、重いでぇ・・
  • 古民家から運び出し、仕事部屋に積み重なったままのプラケースとコンテナを一つ一つ確認し片付ける日々が続いております。ようやく決心がつき「とっておくジャンルとモノ」は定まりましたが、「そうでないモノ達」はそれぞれが色々な意味で誠に処分に困るモノばかり・・。古民家暮らしを続けていれば普通に使えたり飾っておけた品々であり、壊れていれば諦めもつきますが古いモノは作りが良く手入れすれば一生使えるモノがほとんど [続きを読む]
  • お昼寝が気持ちの良い季節
  • ネットで購入した雑貨がクロネコヤマトの小さな段ボール箱に入って届いた。開けてみたら、箱の開け口の内側にネコが居た(^^)何かちょっとイイなと思った。そんな今日は、初夏の日差しが眩しいとても良いお天気。ネコと一緒に外を眺めたあと洗濯と掃除を開始。終わった頃には、ネコ達は気持ちよさそうに寝ていました。ネコに誘われて、お昼寝しようかな・・。今は無き古民家の縁側ソファは、最高のお昼寝ポイントだったなぁ・・ [続きを読む]
  • 冷や汗のリサイクル爪研ぎ
  • ニャンコ達がわが家に来る!というその日に、大慌てで揃えた猫グッズのひとつ。ダンボールをいっぱい重ねて薄く切ったような断面の「爪研ぎ」は、ペットショップやホームセンターのねこグッズコーナーに必ず置いてある定番商品。値段の高いの、安いの、様々なメーカーのを買ってみましたが、まぁ基本構造が一緒なので大差はなく、うちの場合1カ所を2匹で使っているせいもあり、結構頻繁に交換が必要になります。使う部分が決まって [続きを読む]
  • 地震と猫の避難場所
  • 熊本の地震は1日の発生回数がだいぶ少なくなりましたね。このまま収束してくれる事を心から願います。先日はわが家でも地震の揺れを感じました。大地震の直後だと本当にドキッとしますが、幸い小さな揺れですぐに収まりました。地震があると毎度の事ですが、猫達が異常なまでに動揺します。 グラっと揺れると、どんなにグッスリ寝ていても飛び起きてダッシュで走り回り、キッチンのサブテーブルの上に避難します。猫的にココがわ [続きを読む]
  • メガネ、めがね、眼鏡・・・
  • 初めてメガネをかけたのは、確か高校に入学した頃。それからずっと、めがね人生を送っておりますが、一度だけ出始めの使い捨てコンタクトレンズを試したことがありました。しかし、当時の生活と性分に合わずすぐに眼鏡に戻りました。”視力がグングン良くなる”的な本を読んで試してみたり、遠くの山を見たり・・・でも視力が上がることは一度も無く、完全下げ止まりと思われる現在の視力に落ち着いて数十年。度数は同じでも使って [続きを読む]
  • ジェダイ色のファイヤーキング
  • 蕎麦猪口や印判のお皿などの古い和食器がとても好きで古道具屋さんなどで見かけるとつい買ってしまい、家に帰って置き場所が無くて困ったりするのですが・・、最近わが家の食器棚に仲間入りしたのは久しぶりの洋食器で「ファイヤーキング」のマグカップ。なんと新品で、しかも”Made in Japan”!5年前?から作られていたようですが、全く知りませんでした。以前からファイヤーキングは好きで、雑貨屋さんの片隅に置いてあるスヌー [続きを読む]
  • ニャンコのかくれんぼ
  • 春ですね〜。花粉症は今年もあいかわらずですが、新たに室内に導入した空気清浄機のおかげで、かなり楽になりました。移動が簡単な小型タイプなので、夜は寝室に移動して朝まで置いておくようにしたところ、効果覿面で目と鼻の症状が半減しました。「パナソニック 空気清浄機 ~12畳 F-PDL30-C」実際、部屋の空気がキレイに澄んだような気がする、と言ったら大げさかもしれませんがわが家的には購入して大正解でした。部屋の隅に置 [続きを読む]
  • 止まった時計は、ほっとけい・・
  • 引き出しの中を掃除していたら、20年前に買った腕時計が出てきました。東京に行った時に上野のアメ横で買った「タイメックス・サファリ」。当然のごとく、電池切れで止まっております。裏面を見るとカバーが小さなネジで固定されているので、精密ドライバーで外してみるとボタン電気がいきなり現れました。近所のホームセンターで新しい電池を買い、早速装着してカバーを戻して時間を合わせてみると2秒進んで固まって・・1秒進んで [続きを読む]