アリ さん プロフィール

  •  
アリさん: 離婚相続専門行政書士☆BLOG
ハンドル名アリ さん
ブログタイトル離婚相続専門行政書士☆BLOG
ブログURLhttps://ameblo.jp/06211270/
サイト紹介文離婚相続専門行政書士が、離婚や相続、遺言についての情報や、日々の業務について書いています。
自由文三重県いなべ市の行政書士・離婚情報コーディネーターです。相続、離婚に関する書面の作成についてのご相談、書面作成、提出代行等を行います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供278回 / 365日(平均5.3回/週) - 参加 2008/01/06 11:25

アリ さんのブログ記事

  • 不自由な暮らしにウンザリ?
  • そこには、奇妙で不公平な世界があります。あるところでは、1年中働きぱなしで今にもおかしくなってしまいそうな人がいます。上司やクライアントの決められたルールの上で働き、1日のほとんどを拘束されます。ストレスもかかり、仕事はキツイ。それでいて収入はわずかです。今後も収入が増えるかどうかわかりません。(将来会社がどうなるかもわかりません)一方で全く違った生き方をしている人もいます。彼らは自分自身のルールで [続きを読む]
  • どっち?繁盛するセール↓
  • 次の2つのセールの案内。どっちのほうが売れると思いますか??特別割引きセール一部書籍が50%割引で手に入ります。?在庫一掃訳ありセール発注数を間違えて、倉庫が在庫でいっぱいです…在庫を一斉処分するため、50%割引で販売します。・・・・・・当然ですが、2番の「訳ありセール」の方ですよね?では、なぜ2番の方が”売れそう”と思ったんでしょうか?それを説明出来ますか?・・・・・・・・・・・2番の方が売れる理由。それ [続きを読む]
  • ↓これわかる?バカ売れ広告の共通点
  • 1,ゴミ箱型ダイレクト−メール2.「アレ」に似せた封筒で送ったセールのお知らせこれは、バカ売れした2つの広告事例です。さて、この2つの広告にはある共通点が隠れされています。それは何でしょうか?・・・・・・・・・・・・・その答えは、このページの中で公開しています。↓http://directlink.jp/tracking/af/1034364/N7aGkp9q/この共通点を取り入れたある紳士服店の経営者はわずか2年間で53%以上もの売上アップに成功… [続きを読む]
  • 愛用の『広告集』
  • 衝撃的でした。。。この本をはじめて読んだ時、私はそう感じたんです。↓http://directlink.jp/tracking/af/1034364/N7aGkp9q/この本には、本当に試したい面白い広告事例が山のようにのってるんです!先月からこの本に載っているアイデアをバンバン取り入れて、広告を作っています。そして、実際に次々と成果を出てるんです。(例えば、この本に載っているある方法を使って売上を166%増やすことに成功しました)もう既にお持ちな [続きを読む]
  • 「超」ぶっとび広告事例集
  • あなたが広告について今まで学んだやり方は、全部忘れてください…それは、チラシ作りの「プロ」とか、集客「コンサルタント」とか、マーケティングの「エキスパート」とかが教えている王道で正統派で、しんどいやり方です。というのも、、、私はある本を読んで裏技を発見したからです。これはとても楽しく、簡単な上に(ときには30分もかからないこともあります)めちゃくちゃ売れるという「ぶっとんだ」方法です。↓http://direc [続きを読む]
  • 社長はもっと休め!
  • ”休むことは大切か?”そう質問すれば、10人中10人が大切だと言います。しかし、実際に休んでいるかというとほとんどの経営者は、あまり休んでいません。理由を聞くと、”休んだ方が効率がよくなるのはわかるけど、、、休む時間を仕事の時間に当てたほうが効率は悪くても仕事が進む気がする…”と言います。しかし、、、それは本当でしょうか?もし休んだ方がもっと成果が出ると言ったら?休みながら今よりも大きな成果を生み出す [続きを読む]
  • 休む技術
  • もしあなたが、・仕事で圧倒的な成果を出したい。・午前中で一日分の仕事を終えたい。・エネルギーとやる気に満ち溢れた毎日を送りたい。といった「パフォーマンスアップ」に興味があるならこの新刊本「忙しい社長のための休む技術」はあなたにとって非常に役に立つ一冊になるかもしれません。↓http://directlink.jp/tracking/af/1034364/wOL0KlXx/ちょっとイメージして欲しいのですが、、、たくさん寝るほど、売上が増えるとした [続きを読む]
  • ちゃんと休んでる?
  • レム睡眠とノンレム睡眠です。人は眠っている時、この2種類の睡眠を繰り返すことをあなたは知っていますよね?しかし、、、眠っている時だけではなく日中の活動中にも同じような周期があるのをあなたは知っていましたか?そして、その周期があなたの仕事のパフォーマンスにとても大きな影響を与えていることを…「忙しい社長のための休む技術」のよると、、、「忙しい社長のための休む技術」P90・91=============== [続きを読む]
  • あなたの会社、うまくいってますか?
  • あなたと私には共通の悩みがあります…きっとあなたは私と同じように、毎日大きなプレッシャーを抱えながら、たくさんの問題やトラブルに遭遇していることでしょう…。例えば、、、新しい顧客が思う様に集まらない…顧客からのクレーム…スタッフとの問題…などなど。。。問題を上げたらキリがありません。しかし、そんな毎日のように起きるトラブルに対処しながら、会社や事業の売上を伸ばしていかなければいけませんよね。だから [続きを読む]
  • 売上が伸びない時に読む本
  • 今、あなたに死の危険が迫っています。残された猶予はあと1時間。この1時間で助かる方法を考え出さなければなりません。さて、どうしますか?・・・・かの有名な物理学者アインシュタインはこう答えました。「私なら最初の55分は 適切な質問を探すのに費やすだろう。 重要なことは質問するのを止めないことだ」そう。問題を解決するのに必要なのは、ただ、適切な質問をするだけです。あなたは日々たくさんの問題やトラブルに遭遇 [続きを読む]
  • 起業したい人 ※注目※
  • 守るべき生活がある収入がなくなるとまずい失敗して恥ずかしい思いをしたくないなど、サラリーマンの起業は「リスク」を感じるもの。一度きりの人生なんだから、思い切ってやってしまえばいいんじゃないか!とは、理屈では思うものの、、、実際、それに踏み切ろうとしたら「臆病」になってしまう…もしあなたがこのような状況なら、このページを見てください。。。http://directlink.jp/tracking/af/1034364/Jus9N66V/臆病者のため [続きを読む]
  • お金持ちの共通点
  • ビジネスで成功してお金持ちになる人には共通点があります。一体何だと思いますか?それは、、、彼らお金持ちはお金儲けの方法をしっかりと体型立てて理解している ということです。体型立てて理解しているからどんなビジネスをやっても儲けることが可能というわけです。大企業のエリートなんかはこういったお金儲けの”ロジック”を子供の頃から学ばされてるわけですね。ただ、普通の人はこんな”ロジック”を学ぶ機会はありませ [続きを読む]
  • 起業に失敗する人の共通点
  • なぜ、ほとんどの起業家は稼げないのでしょうか?実際、1年以内に60%が倒産5年以内に80%が倒産10年以内に95%が倒産というデータ からもそれは明らかです。ただ、一部の起業家が実際に稼げているのも事実です。ではこの違いは一体何なのでしょうか?「大富豪の起業術」という本によるとそれは起業家の才能でもなく商品の良し悪しでもなくましてや運なんかでもありません。それは単にほとんどの起業家が起業直後にするべき一番大 [続きを読む]
  • イオンを脅かす企業
  • 小売業界の最大手。売上規模8兆円の大企業。そんなイオンですが、その裏で着実に成長している小売企業があります。将来的にイオンを脅かす存在になるでしょう...その企業は、アマゾン、ネットフリックス、アドビといった企業のビジネスモデルを取り入れ、毎年安定した成長を遂げています。あなたはご存知ですか?、、、セブンでも、ビッグカメラでも、ファーストリテイリングでもありません。、、、コストコという企業です。そして [続きを読む]
  • 会員制ビジネス「設計」の極意
  • 会員制ビジネスをスタートするとき、まずは何から考えればいいのでしょうか?どんなサービスを作ればいい?どんな顧客を対象にすればいい??成功している会員制ビジネスは、そのサービスをどのように「設計」すればいいのでしょうか?新刊本「シリコンバレー発 会員制ビジネス起業術」にはこうあります。=============================p67ファネルの最下層から開始する全ての努力はファネル(漏斗 [続きを読む]
  • 毎月継続課金の事業を始めたい人へ
  • 毎月自動的に流れ込んでくる継続した安定収入。これがあればビジネスはおもいっきり変わります…想像してみてください。あなたが持っている会員制ビジネスから、毎月毎月、安定した収入が入ってきます…たとえば2月1日の時点で。3月1日の時点で。その月にたとえ新規の顧客を一人も獲得できなくても、一切の営業活動をしていなくて、新しく1つも商品が売れなくても、一定の収入がその月に入ってくることがすでに「約束」されて [続きを読む]
  • フと、思う事。
  • 金を払う側から受け取る側になりたい。事業家なら、そんなことを思うときがちょくちょくありますよね。たとえば行列のできているレストランを見て、「食べてみたい」と思うのではなく、「オーナーはウハウハだろうな」と思う。そして、「どうやって集客をしているのだろう?」と想像をふくらませる。・・・というような感じです。最近、私もふと、携帯電話料金の明細書を見て、そんなことを思いました。何気なく、毎月支払ってい [続きを読む]
  • 1億稼ぐのに何リスト必要?
  • 一生困らない収入を得るためには、どれくらいのリスト数があればいいのでしょうか?例えば、、、とある世界的マーケティングの権威は、自分自身の専門知識を売り物にする場合、2000〜3000リストあれば、年間1億円を稼げると言っています。また別のマーケティングの専門家は、粗利が5割程度ビジネスの場合、「有効リスト」が4000あれば、年間1億2000万円を稼げると言っています。もっと極端な例で言うと、、、(とあるジムのトレ [続きを読む]
  • いい戦略/普通の戦略
  • 大富豪で世界一の投資家ウォーレン・バフェットが絶対に投資しない業界があります。それが「航空会社」です。彼は1989年に行ったとある航空会社への投資を「間違いだった」と言って以降、航空会社への投資を一切していません。ビジネスモデルが「極端」で利益が出るはずがない、というのです。事実、業界の利益率はめちゃくちゃ悪く、業界別の平均営業利益率ランキングを見ても、航空業界はワーストグループの常連。2000年以降の航 [続きを読む]
  • こんなの、見たことありますか!?
  • この本を見たとき、自分の目を疑いました。なぜならこの本、、、・Amazon.comでレビュー平均4.9点・236件のレビューのうち、89%の208件が満点の5つ星・2点以下のレビューなし(98%が4つ星以上)・2015国際ブックアワード 一般ビジネス書部門 優勝・2015全米インディーズエクセレンス賞 一般ビジネス書部門 優勝・2015読者が選ぶ国際ブックアワード ノンフィクションビジネス部門 金メダル受賞・2015パリ・ブックフェスティバ [続きを読む]
  • 怠け者営業マンの告白
  • 「どうすれば、次々にお客を紹介してもらえるか」この質問の答えは、あなたの生活を大きく変えてくれます。この答えさえ知っていれば、あなたはもう・断られると分かっていながら 飛び込み営業に行く必要はありません。・信頼関係を築くために、 何度も見込み客に会いに行く必要はありません。 ・厳しいノルマを達成するために 親や知り合いに営業する必要はありません。一度、紹介の連鎖に入ればもうあなたは、飛び込み営業を [続きを読む]
  • 見込み客を一気に獲得するちょっとズルい方法
  • あなたならどうしますか?ちょっとだけ、考えて欲しいのですが、、、あなたは「夜の店」のオーナーを対象としたビジネスをしています。つまり、ちょっと高いお金を出して、お酒を飲んでおしゃべりするような、そういう店に、商品を売り込みたいと思っています。そのようなお店の「幹部」。あるいは「オーナー」「社長」。そのような意思決定ができる人と知り合って関係を築き、商品を買ってもらいたいのです。さてあなたならどうし [続きを読む]
  • 「もし絶対に失敗しない保証があるなら、仕事でやってみたいことは何ですか?」もし、こう聞かれたらどう答えますか?何をやっても絶対に失敗しないんだったら、たった1度の人生で、経営者としての人生で、、、どんなことをやってみたいですか…?イメージしてみてください…ずっと叶えたいと思っていることは何だろう?チャレンジしてみたいと思っていることは何だろう?やり遂げたら、自分の子供が自分を誇りに思ってくれるよう [続きを読む]
  • 出会って10分で「好かれる」方法
  • 思い浮かべてください…あなたは今、経営者が集まる交流会にいます。人数は100人ほど。セミナーが終わった後の懇親会。立食形式のパーティーです。主催者の乾杯の挨拶が終わり、みな、近くにいる人達と名刺交換を始めます。そう。「人脈作り」のためです。みな、自分のビジネスにつなげようと、、、つまり「その人を通じてお金を稼ごう」と、自分を印象づけるのに必死です。あなたのところにも、保険の営業マンらしき人物が名刺交 [続きを読む]
  • 社長を雑務から解放する「1人バイト総務部」?
  • 社長を雑務から解放してアルバイトに引継ぐ前代未聞の『1人バイト総務部立ち上げサービス』。そんな変わったサービスが秋から始まるようです。※ヒーズ株式会社が提供簡単に言えば、「雑務は全て時給1000円のアルバイトにやってもらい、社長が社長業に集中できる体制を3ヵ月で整えますよ!」というものです。確かにこういうサービスは今の時代に必要なのかもしれません。中小企業の場合、仕事を社員に引継ぎたくても「引き継ぐ時間 [続きを読む]