msashi さん プロフィール

  •  
msashiさん: なんでもタッチ!
ハンドル名msashi さん
ブログタイトルなんでもタッチ!
ブログURLhttp://toucher.blog82.fc2.com/
サイト紹介文街の何でもないものに、手で触れる。たったそれだけのことで、日常がほのかに楽しくなります。
自由文「触れる」。最も単純な行為を趣味にしようと思ったのは、これなら私でも続けられそうな気がしたからです。誰にでも実践できるルールで、ほんの少しだけ広がる世界を、皆さんと共有できたらいいなと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供70回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2008/01/07 23:14

msashi さんのブログ記事

  • 手荷物サイズチェッカー
  • 引き続き県営名古屋空港。正式名称はわかりませんが、手荷物のサイズを調べるチェッカーです。角の部分に手荷物を入れてみて、寸法からはみ出たら機内持ち込み不可ってことですかね。今回は逆フレミング(入隅)のかたちになりますが、近くに係員がいて怪しまれそうなので角は無視してちょろっとタッチしただけです。 [続きを読む]
  • なごぴょん
  • 県営名古屋空港のマスコットキャラ。ペンギンのような飛行機のような。公式サイトに、「飛べない鳥を、近代技術によって飛べるようにしたというコンセプト」とあるのでやはりペンギンかつ飛行機のようですね。ここで記念撮影ができるようです。撮影用お立ち台の両側に立っていますので、二人(二羽?・二機?)とダブル握手ができます。Keyword: 握手 [続きを読む]
  • 何かの台
  • 地下鉄駅にある台。かつて何かが載せてあったのでしょう。公衆電話だったのかもしれません。少し曲がってしまった金属棒の部分に触れてみます。Keyword: パストレーシング [続きを読む]
  • あみだくじフェンス
  • 駐車場の入口。左右のポールを結ぶチェーンで立入を禁止しています。しかしここのユニークな点は、単に横方向のチェーンで結んであるだけじゃなくて、横のラインどうしを縦方向で結ぶチェーンが複数あることです。これは90度回転して縦横を逆転してみればあみだくじそのものです。したがって、今回のタッチはあみだくじのルールに従って経路を指で辿ります。Keyword: パストレーシング [続きを読む]
  • 5連送採水口
  • 建物と歩道との狭間にある植え込み。スタンド型の送水口が5本並んでいます。頭をポンポンするタッチというものが親しい人とのコミュニケーションではありますが、ここではポンポンポンポンポンと気持ちよく5連続でできます。写真左側から4番目だけ採水口なので頭に開閉弁が付いていて、ちょっとした変化をもたらしてくれます。Keyword: 消防隊専用 [続きを読む]
  • 結界イルミネーション
  • フラリエのイルミネーション。しかし昼なので点灯していません。一方で配線の様子はよくわかります。天使のオブジェの周りと何周もするように電線とLEDが地面に張り巡らされています。幾重にも重なる結界みたいなものでしょうか。「あぶない!!はいらないでね!!」の注意書きがあり本当に入ることができません。やはり結界なんでしょうね。もちろんオブジェに触れることはできませんので、周りの地面を、ぐるぐるまわるように触れて [続きを読む]
  • 地籍調査の測量鋲
  • 上下左右の四方に、黄色く丸いペイントでマークされています。花が咲いたみたいで可愛らしいですね。今回のタッチはいつも通り測量鋲をボタンに見立てて押してもいいですが、測量鋲+周りの4点で合計5つの点がありますから、何と5本の指をフルに使ったタッチが可能です。五本指タッチは今まででも例が少ないのでとてもうれしいです。Keyword: スイッチオン過去の類似記事: 鈴なりトマト(12/07/17) [続きを読む]
  • 水掛不動尊
  • 栄5丁目にある成田山萬福院。ご本尊の不動明王とは別に、水掛不動尊という石像が。もちろん、水をかけて祈願をするのです。水を掛けると、いかついお不動さんにもすこし親しみがわいてきた感じがします。さて今回はもちろん握手です。しかし前にもありましたが、不浄の手で触れてしまった箇所(つまりお不動さんの手)に水を掛けてキャンセルしたつもりになります。こんな戯れ事に付き合っていただくなんて、お不動さんに申し訳なく [続きを読む]
  • 横断歩道の旗(5)
  • 横断歩道の黄色い旗。たぶん今まで見たことないほどたくさんあります。前にやったドレミタッチをやってみましょう。先っぽに一つずつ触れながら音階を上行していくと、2オクターブ上のレまで達しました。要するに数えたら16本もあったってことです。Keyword: ターミナル [続きを読む]
  • WHILL
  • 電動車いすの乗車体験もありました。WHILLという名前だそうです。体験時は動かすことで頭がいっぱいになるので気づきませんでしたが、写真をよく見ると前輪が変わったかたちになっていますね。実は24個の車輪の組み合わせでできているそうです。言われてみれば、確かに小回りがよく効くというかその場で回転できてしまう印象でした。以上で全国障害者芸術・文化祭の記事は終わりです。展示作品は面白いものが沢山あったのですが、 [続きを読む]
  • さわれるマネ
  • 引き続き、今度はさわれるマネ「笛を吹く少年」です。何と2Dだけでなく3Dで再現しちゃっています。平面画から立体が再現できるのがすごいですね。正面から見たかたちが再現できるだけでも技術の凄さを感じますが、後ろ姿は想像するしかないわけで…当然のように後ろに回って観察してしまいます。なお、「さわれる文化財」にはゴッホとマネだけでなく確か浮世絵も展示されていました。こちらは触覚だけでなく何と嗅覚まで再現(触れ [続きを読む]
  • さわれるゴッホ
  • 続いては、東京藝術大学COI拠点・アートイノベーションセンターによる「さわれる文化財」です。何とゴッホの作品にさわれてしまいます!オーヴェルの教会: 自画像 1889年:もちろん本物にタッチすることは決してできませんが、このようにデジタル撮影や2D・3D印刷技術によって高精度かつ同素材同品質の複製を実現しているそうです。やはりゴッホといえば独特のタッチ(筆触)なので、それをなぞるように触れてみました。Keyword: パス [続きを読む]
  • Nao
  • 本日は、全国障害者芸術・文化祭あいち大会に行ってきました。そこで展示されている、触れられるものを何日分かに分けて紹介します。上の写真は二足歩行型ロボットのNaoです。ロボットのサッカー大会であるRoboCup 2017に出場するようです。前に触れたPepperさんは、触れるという点ではタッチパネルのみのコミュニケーションでしたが、Naoさんは頭を撫でると反応してくれます。過去の類似記事: Pepper(16/07/05) [続きを読む]
  • ペンキの剥がれた柱
  • 貼紙防止のビーズ入り塗装を施された柱。しかし、一部剥がれてしまっています。境目の部分が、その気になればめくれそうなぐらい隙間があるようにも見えます。また、地肌の部分は錆びが出てきています。結果的にツルツルじゃなくなって、貼紙防止効果がひょっとしたら若干あるのかも。 [続きを読む]
  • 看板を貫くドアノブ
  • 立てかけ式のビニール看板です。おそらく今は使われていないドアに覆いかぶさるように立てかけられているのですが、その時邪魔になるのがドアノブ。看板に穴をあけてドアノブを貫通させています。少々強引にも見える立体障壁の回避術。決して開くことのないドアノブに手をかけてみました。 [続きを読む]