ひかる さん プロフィール

  •  
ひかるさん: ズッコケひかるの元気が出るブログ
ハンドル名ひかる さん
ブログタイトルズッコケひかるの元気が出るブログ
ブログURLhttp://blog.so-net.ne.jp/tara19
サイト紹介文沖縄から450キロ、南端超過疎小島、ランプで育った少年がTV界で活躍していく、珍騒動記。
自由文タケシのデビュー番組、その後「ねるとん紅鯨団」など、当時不可能と思われた、オールロケ番組を手がける。
実際にあった、ノンフィックション番組です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供4958回 / 365日(平均95.1回/週) - 参加 2008/01/08 10:18

ひかる さんのブログ記事

  • SS 1093 巨人戦
  • 年間、140試合とすると、70試合は、日本テレビが放送する。残りの70試合が、五つの球団、14試合ずつ分割されるという事だ。横浜は、TBSと資本関係にあり、横浜対巨人戦14試合は、必然的に放送する。フジテレビは、ヤクルトとの資本関係で、ヤクルト巨人戦14試合を、必然的に放送する。それ以外に中日、阪神、広島もそれぞれ14試合ずつ権利がある。新しい可能性を秘めた独自の取引ツール「NetTradeX」 [続きを読む]
  • SS 1092 巨人ファン
  • 野球放送は、巨人戦を中心に編成されている事は言うまでもない。野球ファンの5割は巨人ファンと言われ、アンチ巨人が2割いるとすれば、7割が巨人戦、観戦という事になる。同時間帯に、巨人戦以外のカードを放送しても、なかなか視聴率が取れないのである。巨人戦は、資本関係にある、日本テレビが過半数の放送権を持っている。両建て可能!FXオリジナル取引システム【IFC Markets】 [続きを読む]
  • SS 1091 幸運
  • 会社更生法で、存続はしたようであるが、就職した、ずば抜けて頭の良かった友人達の顔が、頭をよぎったのである。ひかるは、さほど頭がよくなくて良かった。幸運であったと、しみじみ感じたのである。また、頭がよくなくて良かったと思われるような幸運が、これから先、何度もひかるに訪れるのである。お勧め 海外FXランキング [続きを読む]
  • SS 1090 TV界、就職状況
  • ひかるは、難なくテレビ界に就職出来たのである。(TV界が、これ程急発進、急展開する事は、誰も予測出来なかったのである)求人広告で目を引いたのは、赤井電気という、中堅企業であった。待遇が、他の会社に比べ、格段に良かったのである。クラスの秀才達は、その赤井電気に殺到した。15年前後、新聞の見出しに、赤井電気倒産の記事を見た時、胸をなでおろした。高報酬アフィリエイトサービス【アフィリス】 [続きを読む]
  • SS 1089 3通
  • その会社は東通という会社で、後にカラー放送が始まり、バブルの時代になると破竹の勢いで伸びていく。その後、日通、電通に迫り、日本の3通と呼ばれるまで急成長していくのである。昭和40年、ひかるは、その東通の第1期生として華々しく入社したのである。ひかるが夜学卒業時、求人板には、今の名だたる家電メーカー、東芝や日電、松下やソニーなど、設計関係や、それがらみの求人が所狭しと並んでいた。テレビ関係の求人は殆 [続きを読む]
  • SS 1088 民放
  • 民放では、巨人戦、プロレスの放送権を持つ日本テレビは、後から開局したTBSやフジテレビに比べるとダントツである。TBS、フジテレビは、日本テレビと比べると、横綱と序の口の勝負で、とても歯がたたない。そこで、なんとか日本テレビに対抗出来ないものか、と考えたあげく、手を組み、両社で資本を折半し、カメラマンやオーディオマン、映像マン、照明など、番組制作技術スタッフプロダクションを設立したのである。選べる7 [続きを読む]
  • SS 1087 モーニングショー
  • 世相も、戦後の混乱期を脱しバブルの助走時代、人々は工場で汗、油まみれに働き、野球放送とプロレス放送を見ることによってストレスをはらしていた。当然まだ白黒放送で、放送時間も、現在みたいに、一日中放送しているわけではない。夜のゴールデンタイムと昼メロが主で、昭和30年代後半になると、朝のモーニングショーがヒットし、その後、午後3時代の番組も放送されるようになったのである。CDF取引といえば IFC Markets [続きを読む]
  • SS 1086 TV創世期
  • 昭和30年代、NHKに続き、4チャンネルの日本テレビ、6チャンネルのTBS、8チャンネルのフジテレビ、10チャンネルのテレビ朝日、12チャンネルのテレビ東京の順に、民放は開局していった。NHKは、ニュースが主体で、民放は、王、長嶋選手が活躍する野球放送、力道山が活躍するプロレス中継が、横綱的存在の番組であった。スキャルピングから自動売買までなんでもOK! TradersTrust [続きを読む]
  • SS 1085 父親像
  • 昨今は、粗大ゴミと陰口される父親像ですが、世の中平和過ぎ、父親の出る幕が少ないからとて、粗末にされたのではたまりません。何か一大事が起きた時、それなりに、毅然として立ち向い、頼られるのが、主の役目。今一度、それぞれの父親像を考えてみる必要が、あるのではないだろうか。無料EAライブラリ提供中!!【FxPro】 [続きを読む]
  • SS 1084 真夏のオーバーコート
  • また地震や緊急の災害時、持ち出す物は色々有るかと思いますが、オーバーコートが一番役に立つのではないだろうか。コートを羽織る事により、風雨が凌げ、見通しの良い場所でも、下着などの着替えが簡単に出来、家の役目さえするのです。咄嗟の災害時、真夏でもオーバーコートを持ち出す、心の準備が大事かと思います。[ Big Boss ] NDD方式で信頼性のある高速約定! [続きを読む]
  • SS 1083 凛々しい姿
  • 抗し難い、大自然の力とは言え、コツコツと築き上げた我が家が吹き飛ぶ。翌日からの生活を思い巡らし、家を後にする時、父親の気持ちはどのようなものだったのだろうか。南国の真夏、殆んど着る事の無いオーバーコートを着、荒れ狂う嵐に悠然と立ち向い、家族を守る。父の背中はあまりにも大きく、凛々しい姿として瞼に焼き付けられ、ひかるが生きていく中、人生の厳しさに背を向ける事なく、前向きに立ち向い、家族を守る、一家の [続きを読む]
  • SS 1082 闇夜のあぜ道
  • 避難場までは、1キロくらいあり、風速70メートルの逆巻く突風は、前後左右から揺さぶって吹き、決して同一方向から、均一的に吹いて来ません。会話は嵐の中へ千切れ飛び、痛い程叩き付ける雨に、目も開けられず、風圧で、息をする事すら苦しく、顔をあげておられません。大人ですら、進むのが困難な状況である。闇夜の畦道、吹き飛ばされ、足に纏わり付き、やっとの思いで、避難場へ到着。不安な一夜を過ごしました。パートナー [続きを読む]
  • SS 1080 父のオーバーコート姿
  • 父が、オーバーコートを出すよう、指示。風があるとは言え、南国の汗ばむ真夏。なぜ、オーバーコートが必要なのか?雨具代わりに使うのだろうか?答えはすぐ、出ました。母が大事にしまってある、一着しか無いオーバーコートを出すと、無造作の中にも、襟元をきつく絞り、ベルトをしっかり締め、子供達は、両方の裾に掴まれ、との事である。初めて見る、父のオーバーコート姿でした。【アフィリス】注目の海外FXでアフィリエイト [続きを読む]
  • SS 1079 避難
  • 父は、「台風は我が家を直撃する。この分だと屋根が吹き飛び、危険なので避難をする」と、ため息を残し、立ちあがりました。母は、「この嵐の中、どうやって避難所まで、行き着くのか」と、脅え声。(台風は目に向かって、左回りに風が吹き、一点にいて、刻々変わる、風向きと風力で、台風の目がこちらへ向かって来るのか、逸れて行くのか判断出来ます)具体的に北東の風が東になり、時間経過で強まり北東の風に戻ってきた場合、間 [続きを読む]
  • SS 1078 島を直撃
  • ひかるが小学校へ入る前の出来事で、瞬間最大風速70メートルくらいはあったでしょうか。大型の台風が、島を直撃。平たんな島は、風圧をまともに受け、遮る物は何も有りません。電気は無く、真っ暗闇の真夜中、轟音渦巻く風の音、激しく叩き付ける雨の音、そして、家がギシギシとマッチ箱を揺するが如く、激しく揺れ動いているのに目が覚めました。暗闇に目を凝らすと、父と母が、いつもと違う、重苦しい不安げな顔で天井を見つめ [続きを読む]
  • SS 1077 最高の出会
  • 若い時代、多くの素敵な出会いや恋をし、色々な所へ行き、苦労もいとわず、冒険もし、多くのシーンを脳内に焼き付けておく事が、老後をより楽しく、幸せに過ごす、秘訣ではないだろうか。若い時代、人生のアルバムを、脳内いっぱい貯金し、周りの人々へ、幸せ貯金を放射出来る、年寄りになりたいものです。そのおじいちゃんも、人生をまっとうした、との便りを受け、ひかるは幸せエネルギーの放射を、体いっぱい受けられ、最高の出 [続きを読む]
  • SS 1076 幸せ貯金
  • 大勢の子や孫の結婚や出産、名前を覚える事。進学や就職などの便りや写真が、脳内いっぱい詰め込まれていたのです。そして、脳内に詰め込まれた、写真やストーリーを寝ながらでも、瞬時に引き出し、何回でも再現し、毎日が映画を見ているように、楽しく過ごしていたのです。そうです、脳内に焼き付けられた人生のアルバムは、お金もかからず、体力も使いません。いつでも、瞬時に引き出し、何回でも楽しむ事が出来るのでした。優良 [続きを読む]
  • SS 1075 脳内アルバム
  • 何んでそれ程までに、幸せを周りに放射出来るのだろうか?体力的には、庭の散歩がやっとで、寝ている時間が大半のおじいちゃん。不思議な力を感じ、その場を離れるのが勿体無く、ついつい色々な話をし、時を過ごしてしまいました。「今にも天国から、迎えが来るかも知れない」と平気でしゃべっている姿からは、死に対する不安が、微塵も感じられません。どうしてなのだろうか?話を聞くと、おじいちゃんの人生は、子だくさんの為、 [続きを読む]
  • SS 1074 人生のアルバム
  • ひかるが、南の島へ帰郷した際、ある85歳のおじいちゃんと、ゆっくり話をする機会が有りました。おじいちゃんは、10人もの子だくさんで、孫やひ孫を数えると、40人は、いるとの事。子供達は、高校がないので、一度島を離れますが、もう二度と島には帰って来ません。おばあちゃんと二人っ切りは、淋しそうに見えるのですが、私は一番幸せ者だ、と自慢。事実、温和な丸みのある、幸せが滲み出ているのが、感じられます。いま話 [続きを読む]
  • SS 1073 罪のない恥
  • 日本国教育を受けた人がいきなりこの字を見せられ、たなし、と読む人はいるのかな?以後、地名や人名には、注意をするようになりました。恥は、かけばかくほど、度胸がつきます。大いに、恥はかきましょう。罪のない恥を・・・・FX自動売買「メタトレーダー4」FXDD [続きを読む]
  • SS 1072 白け鳥!
  • しかし、そこは、忍々の、人生修行の場。焼飯とチャーハンは、同じだったのでした。カラスの、白け鳥!失敗談には事欠かず、西武新宿線の「田無」に用事が有り、切符売り場で、「デンブ」ください、と言うと、怪訝な顔をされ、ニタッとした後、そんなものは無いと、そっけない返事。からかわれているような気がし、田舎っぺ根性、ふつふつ、むらむら。二言、三言、やりあいましたが、読み方が「たなし」だと言われ、開いた口が、塞 [続きを読む]
  • SS 1071 チャーハン
  • 「この男、笑わせてくれるではないか!」 と今なら言えますが、当人は、何んで笑われたのか、皆目見当がつきません。訳を聞くと怒られ、「お前、それでも日本人か?」 と言われた時には、頭に来て、むかつきました。当時はパスポートを携えての身分で、沖縄人が一番聞きたくない言葉で切れる瞬間。トレーダーに最高の取引環境を【FxPro】 [続きを読む]
  • SS 1070 焼飯
  • みんなが取った後に残った物が、チャーハンだろうとの考え。待っていると、残っているのは、前日と同じ焼飯。「誰か注文を間違えた人はいませんか!?」、と大声で聞きました。誰も間違えていないとの事。「君、何を注文したのだ?」と聞かれたので、「誰か注文を、間違えているはずです。私は間違いなく、チャーハンを注文したのですが、焼飯しか残っていないんです!」みんなが、食べ物を一斉に吹き出してしまいました。最先端の [続きを読む]
  • SS 1069 またまた、大失敗
  • 上京直後、組み立て配線工として働いていた時、またまた、大失敗です。昼食には、出前をとっていました。食べ物の名前は、初めて聞くものばかりです。周りの注文を見聞きしながら覚えていこうと考え、真似をする事に決めこみました。初日は、天丼、ラーメン、チャーハン、焼飯と、みんなが注文するのを聞き、唯一知っているメニューで、焼飯を注文。その日は、無事に何事も、起こりませんでした。翌日、例によって、みんなが注文を [続きを読む]