サムライ菊の助 さん プロフィール

  •  
サムライ菊の助さん: サムライ菊の助「畑日記」
ハンドル名サムライ菊の助 さん
ブログタイトルサムライ菊の助「畑日記」
ブログURLhttps://ameblo.jp/kikunosuke18/
サイト紹介文サムライ百姓菊の助の畑での活躍を御笑覧くださいませ
自由文大分県豊後大野市の山間部で、農業を楽しんで生活しております。無農薬のお米や野菜作りは楽しくもあり、厳しくもあります。
ちょんまげを結って和服を着ているので、町に出ると、背中から、「あ!お侍さんだ!」と、子供の声が聞こえます。
時々、紙芝居を携えて、公演にでかけたりしております。
愛刀は沖田聡士愛用の「菊一文字」
菊の助の名は「白波五人男」の一人、「弁天小僧菊の助」から戴きました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供202回 / 365日(平均3.9回/週) - 参加 2008/01/09 23:32

サムライ菊の助 さんのブログ記事

  • アジアのニンニク皮むき少年
  • 祖母(マコ親方)と孫(ミヤト)がニンニクの皮をむいている。 干していたニンニクが虫に喰い荒らされていたので、 皮をむいて保存することにしたのだ。 麦わら帽子とアロハシャツがアジアの少年の雰囲気を醸し出している。 茎を鋏で切って、 丁寧にむくアジアのニンニク皮むき少年。 鼻の下のツブツブの汗がアジアの少年らしい。 きれいにむき上がったニンニク。 これを網の袋に入れて吊り下げる。 https://yo [続きを読む]
  • ミヤトさんが小豆の草取りをするわけ
  • 夏休みなので、ミヤトさんが遊びにきている。 農作業があるので、ゆっくり遊んでやるわけにいかないが、 ミヤトさんは鎌を渡されると、ガンガンそこら辺の草を刈って遊んでいる。 https://youtu.be/_1YlHP7Y-RA 小豆畑の草取りも、マコ親方と一緒にやる。 こうやって作業をしながら、学校のことを話してくれる。 https://youtu.be/maruSA1l22A 草を取ったあとは、保湿のために籾殻を株元に敷く。 こうやって丁寧 [続きを読む]
  • 黒大豆摘心断根栽培
  • 摘心断根して育てた黒大豆の苗を定植した。 芽を摘んで、根を切って、挿し木をして育てるのは、大変手間がかかった。 黒大豆摘心断根栽培↓ https://youtu.be/VDGT_I8E9gI 植え付けた日には水をやらなかったが、 翌々日、しおれてきたので、水をたっぷりやった。 植え付ける時に、周囲を高くしておくと、水が流れず、苗の根元深くまで浸透する。 2か月待てば、最高にうまい黒大豆の枝豆が食べられる。 応援の [続きを読む]
  • ハートのイヤリングより可愛いぞ
  • 毎朝、小豆畑に散歩に行く。 かかとで踏んづけてつけた植穴にチラホラ・・・。 発芽だ! 4粒蒔いた種がすべて発芽している。 カラスに似せた鳩よけの効果もあったようだ。 小豆は大豆と違って、子葉を土の中に置いてくる。 鳩は本葉を引っこ抜いて子葉を狙う。 今から発芽する小豆。 まだ尖っている本葉。 しばらくすると、綺麗なハート型になる。 今年の夏の土用は7月19日に始まり、8月6日に明ける。 「小豆は [続きを読む]
  • マコ親方の千切り餅まであと約5か月
  • 田植えから40日目の餅米。 燃え上がる炎のようだ。 もともとは、 1本の苗だった。 それが、こんなにも分ケツして、 カヤのようにたくましく育った。 病気にも虫にも台風にも負けるわけがない。 農薬なんかもちろん必要ない。 この餅米で搗いた餅のエネルギーは、 食べた人を元気にしないわけがない。 ということで、 「マコ親方の千切り餅まで、あと約5か月。」 となった。 応援の をお願いいたします。 [続きを読む]
  • 「カジノより小豆栽培を!」
  • 耕した畑に畝を作り、かかとで踏んづけて植穴を作る。 そこに、3〜4粒の小豆を落とすく。 「小豆は、土用の風に三日当てろ」 という言い伝えがある。 今がちょうど土用の時季なので、ギリギリ適期だ。 我が家では、新月と満月の日に赤飯を炊いて、体を養っている。 だから、お米の次に大切な作物が小豆だ。 横浜の友人とも、小豆が御縁で知り合った。 友人は、体を養うために、小豆の煮汁を飲んでいたのを思い出す。 水ものを [続きを読む]
  • チーズでワインより至福の時
  • 夕方、汗と泥にまみれた作業着を洗う。 その日の作業を振り返り、 明日の作業を想いながらゴシゴシ洗う。 チーズでワインが至福の時だという人もいるだろうが、 私には、この時が、一日で一番の至福の時だ。 百姓ぐらしは幸せを感じるのに、お金が要らない。 応援の をお願いいたします。→ にほんブログ村 にほんブログ村 にほんブログ村 [続きを読む]
  • 汗をかくのには能力がいる!
  • 梅雨が明けて、雨が降らなくなった。 それでも草は夜露朝露を吸って、日ごとに大きくなる。 今の農作業は大半が草刈りだ。 今日も、小豆を植える畑の準備で、草刈り機を一日中振り回した。 35℃近くの気温では、じっとしていてもダラダラ汗をかくのに、 草刈りをすると、滝のように汗をかく。 土砂降りの雨に打たれたようになる。 体中の汗腺が開き、 汗と一緒に、セシウムも、農薬も、重金属も、化学物質も出ていく。 「こんな [続きを読む]
  • 本日のラーメン丼
  • ネギ&おろし生姜on冷や奴 長崎産イリコの佃煮(自家製) キュウリの浅漬けwith八味唐辛子 ハヤトウリの味噌漬け(2年熟成) 食後は、この丼にお茶を入れて飲む。 応援の をお願いいたします。→ にほんブログ村 にほんブログ村 にほんブログ村 [続きを読む]
  • 私を食事に呼んでください。
  • 一見、醤油ラーメンのスープの残りのように見えるが、 グリーンコープのインスタントコーヒーだ。 ほとんどすべての飲食をラーメン丼で済ませることで、洗い物がたまらなくなった。 なにせ、このラーメン丼一つで済ませようとしているので、 他の容器の出番がないからだ。 友人の家の食事に呼ばれたら、 このマイラーメン丼を持っていくつもりだ。 果たして、喜ばれるか、 はたまた嫌がられるか。 はたまた、ラーメン丼普 [続きを読む]
  • 今日のラーメン丼
  • ラーメン丼で、そば粉100%のそばを食べてもいいじゃないか。 生の刻みネギは正真正銘ローフード。 ネギこそは、最高のハーブ。 他のどんなハーブが無くても、 ネギが無いと悲しい。 応援の をお願いいたします。→ にほんブログ村 にほんブログ村 にほんブログ村 [続きを読む]
  • ビン干し&赤梅酢で夏は熱中症知らずで元気に
  • 2015年仕込みの梅干し。 時々、ビンのまま日光に当てる。 今の世の中、江戸時代と違って、空気中には、農薬、放射能、排気ガス、PM2.5、ケムトレイルなど、 汚染物質が漂っている。 だから、うちでは、十数年前から、梅干しはビンに入れて、そのまま干す「ビン干し」をしている。 きっかけは、梅をザルで干していたところ、近所の田んぼで農薬を散布し始めたからだ。 農村部とはいえ、大気は汚染されているのだ。 ザル [続きを読む]
  • ラーメン丼が地球を救う。
  • 愛用のラーメン丼。 スープを入れる位置を示す線が入っているのでとても使いやすい。 この丼で、御飯も食べて、お茶も飲む。パンもこの丼で食べる。 ご飯を盛って、おかずをその上に載せて食べるので、他の器が要らない。 冷や奴でさえ、ご飯の上に載せる。 パンを載せたぐらいでは汚れないので、洗わない。 ご飯を食べた後、お茶を入れて飲むので、洗わなくて済む。 カレーを食べた後は、カレー味のお茶を楽しめる。 洗う時も、 [続きを読む]
  • 前川喜平さんの声を聞きながら鷹の爪の定植をするミヤトさん。
  • ミヤトさんと鷹の爪の定植をした。 定植が少し遅れたので、老化した根っこを取り除いている。 優しく植えてやる。 心配そうに見守る親方。 https://youtu.be/zWsVTPV0flM 作業が終わり、軽トラックの荷台を掃除。 最後の一掃きのあと、 指で隙間の土を取るミヤトさん。 スコップの泥も綺麗にこそぎ落とす。 「道具は使ったら、その場で綺麗にし、元あったところに片付ける。」 勉強ができなくても、これさえ身 [続きを読む]
  • ラッキョウを漬け終わり、畑で汗を流すミヤトさん
  • 12kgの泥付きのラッキョウが、 裁いたら、7.5kgになった。 酢750ccと水1500ccを混ぜて投入し、 鷹の爪を散らし、 塩750gのせて、重しをする。 重しをするとふたができないので、豊後大野市のプラゴミ収集の袋をかぶせる。 ラッキョウ仕事が終わって、 ミヤトさんと、畑に行った。 赤紫蘇の周りの雑草を刈る。 稲に似ている雑草は、稲刈り上手のミヤトさんにはお手のもんだ。 不安げに見守るマコ親 [続きを読む]
  • ラッキョウの根を切るミヤトさん
  • 今日はいよいよラッキョウを裁く日。 ありったけの小刀を用意した。 ご近所からも借りてきた。 マコ親方の娘さんが、加勢に来てくれた。 この中に、ミヤトさんが隠れている。 頭に手ぬぐいを巻いてもらい、 時々顔を出す。 でも、かくれんぼしているのではない。 ちゃんとお手伝いをしているのだ。 https://youtu.be/kFfk8GSBOJI ミヤトさんが根を切って親方が仕上げる。 やっとここまで綺麗にさばいた。 ミヤ [続きを読む]
  • ラッキョウを収穫する間、雨は奇跡的にやんでくれた。
  • 大雨警報発令中の雨の合い間にラッキョウを収穫した。 収穫したラッキョウをハサミで切る。 40リットルの桶一杯のラッキョウと、一輪車一杯の茎に分かれた。 https://youtu.be/4MRVqmXTN10 収穫したラッキョウを、片口ショウケの中で洗う。 時々、根っこの無いのがある。 こういうのは、たいがい腐っているので除く。 大丈夫なのは、根っこが絡まりあうので、洗いながら選別できる。 洗っては、 コンテナに移す。 [続きを読む]
  • 収量が上がる稲の草取り方法に気がついた。
  • 泥の中に手首まで突っ込むと、 「ブクブク」と泡が立つ。 有機物が発酵して気体が発生しているのだ。 この気体は多くの場合酸素ではないので、根っこにあまりいい影響を及ぼさない。 だから、せっせと泥の中に手を突っ込んで、気体を抜いてやる。 手刀を泥に突き刺すように入れる。 ついでに、泥をつかみ、稲の株元に寄せてやる。 寄せる前に、株元の草はあらかじめ取っておく。 この、「稲の株元泥寄せ」は、今年初めて試みる方 [続きを読む]
  • 大雨警報発令中の田んぼでストレッチ
  • 雨が降っても出来る農作業と言えば、田んぼの草取り。 やるべきことがあるということは、有難いことだ。 時々、脇腹と腰を伸ばして気分転換。 左右、偏らないように。 太腿も良く伸ばす。 肩と肩甲骨周りも伸ばす。 米作りの中で最も重労働と言われている「田の草取り」 体を痛めないように、工夫して作業しております。 https://youtu.be/6lvH-oS3PIA 応援の をお願いいたします。→ にほんブログ村 [続きを読む]
  • 田んぼ手取り除草、「黒の船歌」
  • 大雨がおさまった。 川や水路があふれて、田んぼが冠水しているところもあるが、 うちは、間一髪大丈夫だった。 畑がぬかるんで作業ができないので、 今日から、田んぼの手取り除草をすることにした。 1本植えの苗はだいぶ大きくなった。 みんな生き生きしている。 稲をまたいで、左右3列ずつ草を取っていく。 草が見えないので、株の周りを手探りでかき回す感じだ。 白い根っこの「コナギ」が浮いてくる。 これは少し成長 [続きを読む]
  • 嵐の前の土寄せ親方
  • 雨の中、里芋の土寄せをしているマコ親方。 土が粘っているので、鍬は使えない。 こういう時は、剣スコップが良い。 作業の前に、グラインダーでさびを落とし、油をひき、土がまとわりつかないようにしてある。 このひと手間で、作業の効率がグンと上がる。 雨で背中がびっしょりだ。 炎天の時は、汗でびっしょりになる。 同じびっしょりでも、雨の方が断然楽だ。 炎天下なら、同じ時間で、この半分も終わっていないだろう。 [続きを読む]
  • 大豆緑化
  • 箱に黒大豆を蒔き、 燻炭を入れた箱を かぶせて、水を散布する。 芽が出たら、日に当てて緑化させる。 最高に美味しい黒大豆の枝豆を乞うご期待。 応援の をお願いいたします。→ にほんブログ村 にほんブログ村 にほんブログ村 [続きを読む]