ymgch さん プロフィール

  •  
ymgchさん:  Photolog
ハンドル名ymgch さん
ブログタイトル Photolog
ブログURLhttp://ymgch.exblog.jp/
サイト紹介文EOS 6D+LレンズやiPhoneなどで撮った写真で日常を記します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供131回 / 365日(平均2.5回/週) - 参加 2008/01/13 08:51

ymgch さんのブログ記事

  • 清里ドライブ
  • いちご狩りなんて30分で終わっちゃうんだから、そのあと何するかってことで山梨へ来たようなもん。ちょうどお昼だし以前訪ねたおいしい学校へ行ってみよう。まぁいちごでお腹は満たされてるんだけどね。写真は撮ってないんだけど津金の三代校舎は、まさに春の学び舎で初夏の陽気に桜が満開で、校庭ではおじちゃんおばちゃんが宴会で愉しそうに歌ったり踊ったりしてましたよ。おいしい学校では給食ランチも良... [続きを読む]
  • 山梨でいちご狩り
  • 昨年来から「行こう」と言っていたいちご狩りにようやく行ってきました。時期的にはもう終わりかけのいちごですが、まだまだ成ってましたよ。今回お邪魔したのは山梨県中央市にあるグルメいちご館 前田という農園。沿道からは目立たないビニールハウスだけのシンプルな農園で、別な入口には幟が立っていた。この日は5月下旬の陽気で、ビニールハウス内の気温は30度!を超え、大汗を掻きながらのいちごを貪... [続きを読む]
  • 幸手・桜まつり?
  • ライトップの時間までまだまだあるので、時間を潰しがてら調整池方面へ足を延ばした。メインの桜堤以外にも、池の周囲を囲うように広範囲に桜が咲き誇っていた。外国人が川の上にドローンを飛ばして撮影している。強風の中でも安定して浮遊していた。ドローンパイロットが丁寧な日本語でおじさんおばさん連中の質問に答えていた。ちゃんとカラーのベストを着て、人の上は飛ばさないと語っていた。ドローン操... [続きを読む]
  • 幸手・権現堂公園
  • 関東の平野では桜の季節が終わりつつある休日。今年もどこか撮影に行かないとなぁと思っていた。2つの桜の名所の内どちらに行こうか迷っていた。それは「山梨のわに塚」と「埼玉の幸手」だ。どちらも夜桜ライトアップがあり迷っていたが、山梨は山登りで行くことも多いので、今回は埼玉を選択。夜桜をメインの撮影として、昼前に家を出てゆっくり一般道で向かった。ナビで距離優先にして向かったが、さすがに時間... [続きを読む]
  • 最高のスノーシューフィールド「美ヶ原」(4)
  • 気温も高まってきたので、フリースは脱いだままベースレイヤーとハードシェルのみを着て帰る。自分のトレースに辿ってゆくと、向こうからスノーシューを履いた2人がやって来た。すれ違いざまに「暑いですね〜(汗)」と見るからに王ヶ頭ホテルの宿泊客で、分厚いダウンコートを着込んでいる。「こんにちは〜」と返すものの、心の中では「そんな着込んでたら、そりゃ暑かろうぜ」と思った。その後、スノーシューをホテ... [続きを読む]
  • 最高のスノーシューフィールド「美ヶ原」(3)
  • 王ヶ頭から王ヶ鼻へはホテル脇から関係者用の車道が途中まであり、そこを歩いていけば少し楽できた。しかし夏道を歩いてみようと王ヶ頭から少しの間、斜面をトラバースしてみた。モッフモフとしか形容し難い新雪をラッセルしながら突き進む。スノーシューでも時に膝くらいまで沈んでしまう。すぐに車道に出て、圧雪路をガリガリとスノーシューのまま歩いてゆくと、車道とは逸れて王ヶ鼻への道に出た。やはりと言う... [続きを読む]
  • 最高のスノーシューフィールド「美ヶ原」(2)
  • 美ヶ原高原トップには通年営業している王ヶ頭ホテルがある。あのアンテナ群のところにある建物がそうだ。そこから雪上車が宿泊客などを乗せて、美しの塔まで往復しているのでキャタピラートレースができている。そのトレースに沿って歩いてゆくと楽チンだ。美しの塔の先の塩くれ場に来た。王ヶ頭方面と高原の淵をゆくアルプス展望コースへの分岐点だがトレースのある柵沿いの道を王ヶ頭方面に進んだ。夏は高原... [続きを読む]
  • 最高のスノーシューフィールド「美ヶ原」(1)
  • スノーシューをはじめて絶対歩きたい場所、それが美ヶ原だった。ネックなのは、クルマで一気に高原まで登る道の凍結具合だ。ビーナスラインは冬期閉鎖されているので、国道142号の中山道にある和田地区から、県道178号を登って山本小屋ふる里館前の無料駐車場に至るのだが、終盤が九十九りの急登なので4WD&スタッドレスは必須で凍結具合によっては金属チェーンが無いと不安との情報をよく見るので、チェーン... [続きを読む]
  • 大垣出張
  • 先日の大垣出張でのひとコマ。この業務の出張では、夕食代がひとり1,000円支給されるので、基本的に毎晩スタッフ達と居酒屋通いになる訳です。出た分を割り勘して、一括で領収書をもらった方が楽なのでね。でも出張最終夜は「ひとりで町へ繰り出します」と単独行動した。大垣の駅前は北口にショッピングモールがあって、南口は居酒屋が少々と夜のシャッター通り。歩くといっても大して何も無い町なので... [続きを読む]
  • スーパーホテル大垣
  • 先日、出張で岐阜県は大垣へ行ってきました。現場へ向かう前に荷物を預けて行こうと、先にホテルへ立ち寄った。駅前にアパホテルがあったので、そこかな?と思ったら通過。どこのホテルなのかなと駅から徒歩5分スーパーホテルに到着した。以前ひとり旅で沖縄へ行った時に、名護のスーパーホテルに泊まったことがあって、リッチではないが部屋もそこそこで、朝食も無料なのになかなかの食事が付いていて印象は悪くな... [続きを読む]
  • 厳冬期の百名山へ「四阿山スノートレッキング」(5)
  • 四阿山の山頂があまりにも眺望が良く、あまりにも良い陽気だったので、ついついたっぷり1時間も長居してしまった。帰るのが名残惜しいとはこのこと。根子岳との分岐点まですぐに戻ってきたので、一気に下って早く帰ろうと思っていた。登りと少し違うトレースを辿り下ること10分、「ダボス牧場」と書いてある案内板があった。はて?ダボス牧場なんてとこからは来てないぞ??そのまましばらく下ってゆくと、一向... [続きを読む]
  • 厳冬期の百名山へ「四阿山スノートレッキング」(4)
  • 山頂からの景色を望遠レンズで覗いてみようのコーナー!まずはすぐ近くで存在感ありありの浅間山。火口から噴煙をプクプクと吹いています。山頂付近から流れる白い雪の筋もハッキリわかりますね。時計回りに見ていくと、遥か遠くに富士山が頭を出しています。こんな遠くから見る富士山は初めてかも。そして八ヶ岳もほぼ全部見えていて、重なるように南アルプスも薄っすら覗いてます。美ヶ原も何とか雲の上に... [続きを読む]
  • 厳冬期の百名山へ「四阿山スノートレッキング」(3)
  • 登山口を出発して3時間の午前10時、百名山である四阿山(あずまやさん、2,354m)に登頂を果たした。厳冬期にもかかわらず、これほど容易に百名山に登れてしまったことに感動です。今回のように天候に恵まれていれば、初心者を連れて登ることだって可能だろう。雪山の魅力を味わったり、味あわせたりするのに最適な山だと思った。晴れ男を自負する私であるが、最近では「山頂ガス男」のレッテルを自ら貼っ... [続きを読む]
  • 厳冬期の百名山へ「四阿山スノートレッキング」(2)
  • 牧場から樹林帯へと景色が変わっていった。樹林帯と言っても、高い樹々が密になっている感じではなく、林間に近い感じで低く細めの木が目立ち明るい。トレースを見ればわかる通り、先人達はさぞかし愉しく雪歩きをしたのだろう。独自の道を突き進む者、他人に習って辿る者、スノーシュアーは新雪を踏んで愉しんだのだろう。雪山ではあるが、人それぞれの道があるもんだ。ふいに振り返ると息を飲む景色。アル... [続きを読む]
  • 厳冬期の百名山へ「四阿山スノートレッキング」(1)
  • 先月はやけに連休が多く、余裕を持って日帰りで行くことができました。いつもの夜通し走って向かう弾丸登山ですが、渋滞知らずの道を走るのは、実に気分爽快なドライブな訳です。先日の蔵王遠征で重宝した「快活CLUB」も長野県上田市にあるので、利用しようとも考えたが結局あの辺に着いたのが4時頃で、コンビニで駐車場で仮眠して登山口に向かいました。四阿山の登山口で最も一般的なのがあずまや高原ホテ... [続きを読む]
  • カラスミぱすた
  • カラスミって食べたことない。ボラの卵巣だってのは知ってる。高価な珍味だってのは知ってる。お酒のアテなんだろう。お酒を飲まないから、これまで縁がなかったのか?1月に台湾を旅行した際に、台湾ではカラスミが名物だと知った。日本では相当高価な代物だが、台湾では格安で手に入るので買ってみたのです。買ってきたこのカラスミのサイズを検索したら、格安通販でも5,000円前後したりするのでビックリで... [続きを読む]
  • かぼちゃほうとう
  • 先日後輩と行った山梨ドライブで、帰りの談合坂SAで買ってきた土産物。かぼちゃが練りこんである黄色いほうとう。「半なま」って表記があるんだけど、見た目は生っぽいんだけど、半分生で、半分生じゃないんだろう。。早速自宅で調理してみましたよ。「小作」のほうとうみたいに、具を大きくたっぷり入れてね。結果として美味しいのは美味しいんだけど、付属してた味噌はまぁまぁでした。小作... [続きを読む]
  • 奥日光「庵滝」スノーハイク(4)
  • 30分ほど滝にいると、曇りがちになっていた空は再び青空優勢になっていた。まるで私の帰り道を照らしてくれているみたいだ。帰りは同じ道のピストンなので、逆にゆるやか〜に下ってゆく。サングラス越しでも雪面に反射した太陽光に目を細めながら、意気揚々と道を引き返した。平日でも意外に庵滝へ向かうトレッカーが多く、何組かとすれ違った。ほとんどの人達はスノーシューを装着していた。その後、弓... [続きを読む]
  • 奥日光「庵滝」スノーハイク(3)
  • 庵滝は想像していたより小規模だったけど、有名な雲竜渓谷も見た事ないし、これはこれで圧巻でした。到着したのは10時。滝の直前でパーティを追い抜いたのでこの日の一番乗りだったようです。太陽は一旦雲に隠れてしまいましたが、どうせ谷あいだしそこまで寒くも感じなかった。それより幾重にも連なる氷柱群と、仄かに青だけを反射した氷瀑の自然美が素晴らしかった。まさにガリガリ君ソーダ味が滝になったよう... [続きを読む]
  • 奥日光「庵滝」スノーハイク(2)
  • 小田代ヶ原に沿って林道が通っている。冬季閉鎖だが、たまに関係車両が走っている。その林道を歩きながら、広大な雪原と化した小田代ヶ原を横目に進む。前日の蔵王の悪天候とは対照的な天候なので、余計に青空が青く、雪が白く感じる。林道を5分ほど歩くと小田代ヶ原展望台にやってきた。あとで知ったんだけど、写真の端に辛うじて写ってるんだけど、湿原の中で一本だけ白樺が立っている。これを貴婦人と呼ば... [続きを読む]
  • 奥日光「庵滝」スノーハイク(1)
  • 会津でさくら焼肉食べてどうしたか・・・温泉入って、寝た訳です。温泉は福島なのに大江戸温泉あいづで、宿泊者以外にも手頃な550円で入れる、ちょっと塩分の効いた温泉です。ではどこで寝たか。これが初めてのネットカフェだったんですが、近所にもあって最近テレビで見て気になっていた快活CLUBの会津インター店。これ良いですわ。自分みたいなケチケチ弾丸ドライブ好きにはもってこいの施設。会員登録しな... [続きを読む]
  • 焼肉「丸忠」でさくら満開
  • やって参りました!「行きたいお店」リストの中でも特に来てみたかったお店。会津若松は鶴ヶ城の南西に位置する住宅街の中にぽつりとある店だ。丸忠という焼肉店で、馬肉の産地「会津」だけに馬肉(桜肉)メニューも充実している。当然牛肉や豚肉、鶏肉などもあるが、今回のテーマは馬肉のみを注文することだった。食べログ情報の18時開店に合わせて来たのだが、すでに2組の常連客と思しき家族がいた。メ... [続きを読む]
  • 蔵王 → 会津
  • 蔵王から下山してきたのがちょうどお昼。本来なら蔵王名物のジンギスカンを食べたかったんだ。シローという有名店があるのだが、この日は定休日だとわかっていたので、他のジンギスカン屋にも寄らずに次の目的地へ向かうため南下をはじめた。道中に何かいい店があれば入ろうかというスタンスでいたが、上山温泉、南陽を抜け米沢までやってきた。米沢だからって米沢牛関連を食べるのもお高いだろうし、この日の夜は... [続きを読む]
  • 蔵王遠征記(後編)
  • 外は絶望のホワイトアウト。白過ぎて樹氷もよくわからない。ゴンドラでのスキーヤーの会話で、これでも昨日よりマシだと言うのだ。地蔵岳を経由して御釜へ行くにも、どこから登ればいいかわからない。そもそもロープ柵が張り巡らされそれを越えなければ行けない。ロープから先は登山届を提出しての自己責任の世界。私はこの状況では行くも起きない。ひとりがロープを越え、白い世界にかすかに見えるところの斜面... [続きを読む]
  • 蔵王遠征記(前編)
  • 「ちょーだい!」とも言ってないけど連休がもらえるという。何とも珍しいことです。(年間を通じて連休なんてほとんど無いのでね)天気はどうだ??どこも晴れじゃないか!連休だし遠出しなきゃ勿体ないぞ!遠征だ!普通の天気予報もヤマテンもてんきとくらすもそれを後押ししてくれていた。遠征先は山形県と宮城県の県境にある蔵王に決めた。そう、スノーモンスターと呼ばれる樹氷で有名なところだ。前日の仕事... [続きを読む]