F さん プロフィール

  •  
Fさん: テトラポットの狼
ハンドル名F さん
ブログタイトルテトラポットの狼
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/tetra_wolf0110
サイト紹介文テトラポットの上が大好き。 釣りをするもの、昼寝も、煙草をふかすのも。
自由文主に堤防からの釣りをします。
投げ釣りのときもあれば、ウキのときもあり。
一番好きなのは、メバルの夜釣り♪電気ウキがスーッと沈んでいくのがいいんですよね!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供53回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2008/01/13 23:20

F さんのブログ記事

  • 2017.08.05 和田漁港(福井県高浜市) 大潮 17:30〜18:30
  • 釣果:キス×2 チャリコ×13釣り時間帯:17:30〜18:30釣れた時間帯:1投1釣天候:晴れ波:波穏やか 風は無風潮回り:小潮(干潮 06:01 19:30 満潮 02:08 11:50)朝、山登りに行って、戻って来て子供に夜花火を見に行くことを伝えると、海で釣りをする、と言う。夏も盛りになって来たと言うことで、家を10時半に出発して、日本海側の和田ビーチへ。ブルーフラッグという企画を取得してい [続きを読む]
  • UVレジンによるルアー製作の模索25(試作9:スイミングテスト)
  • UVレジンによるルアー製作の模索25(試作9:スイミングテスト)試作9のスイミングテスト。海には行けないので、とりあえず、お風呂で。https://www.youtube.com/watch?v=Q5q-TFrOXdk&sns=emお風呂に投下して、ゆっくり引いてみると。。。。これまでにないくらいキビキビと泳ぐ。早引きしてみても。。。。安定してキビキビと泳ぐ。もしかして、これがこのルアーに望んでいたモノ?と思ってしまうくらい、良い動きをする。そして、これ [続きを読む]
  • UVレジンによるルアー製作の模索24(重量バランスについて:寄り道)
  • 随分前にエポパテでバイブレーションの量産を試みたことがあった。その時は初めはバルサでバイブレーションを作っていたのだけど、ロストする危険性を考えて、量産できないか試行錯誤した。エポパテでバイブレーションを作る時、高密度タイプと軽量タイプのエポパテに同じ重さのオモリを入れてみたところ、軽量タイプの方が動きが良かった。多分、高密度タイプの場合は、重量のバランスが分散してしまうのではないだろうか?UVレジ [続きを読む]
  • UVレジンによるルアー製作の模索23(試作8:再現性)
  • 型を作り、ルアーをつくることの意味は再現性にあると思う。さて、新しい型、新しい作業手順でルアーを製作した場合、再現性はあるのだろうか?その確認の為に試作8を作ってみた。試作7と全く同じでは面白くないので、ホログラムシートを骨組みに貼り付けてみる。あとは、試作7の製作工程でUVレジンを流し込み、硬化させた。仕上りは上々。今回の型と製作手順で問題はなさそう。試作7とも原型とも同じカタチになっている。試作7の [続きを読む]
  • UVレジンによるルアー製作の模索22(試作7:3個目の型でのルアー製作)
  • さて、新しい型を作ったので、試しにルアーを作ってみる。まず、下の型にUVレジンを流し込み、骨組みをセットして、上の型を取り付け硬化させる。確認の為に上の型の注ぎ口から、爪楊枝で流し込んだUVレジンを突いてみると硬化しているようなので、上側の型を外してみる。ここまでは順調。また、型を組んで、上側の型の注ぎ口からUVレジンを注入。。。あれ?背ビレの1番高いところに付けた空気穴からすぐにレジンが溢れてきた。。 [続きを読む]
  • UVレジンによるルアー製作の模索21(型の変更:3個目の型)
  • 出来てくるルアーの形状を平準化する為に3個目の型を作った。1個目の型は、左右に分かれる薄型のモノ。2個目の型は、上下に分かれる厚型のモノ。 今回作る3個目の型は、上下に分かれる薄型のモノとなる。薄型にするのは、紫外線の到達をできるだけ効率良くするためで、型に覆われたままでもUVレジンが硬化するくらいの厚みで、最低限型が歪まない厚みとした。また、型を上下で組んだ状態で、UVレジンの硬化する予定なので、骨組み [続きを読む]
  • UVレジンによるルアー製作の模索19(オモリの型の製作・実践)
  • オモリの形状を均一化する為に、オモリ用の型を作ってみた。この型で作ったオモリは試作5・6のオモリから採用している。素材は家にSUSの板金の厚さ0.5mmのモノがあったので、これを使用することにした。成型するときに金槌で叩くつもりなので、アルミ板では強度が足りないだろう。これを幅4mm×長さ40mmに切り出して、オモリのカタチに折り曲げる。これで型は出来上がり。ここに丸めた板オモリをセットして、側面・上面から金槌で [続きを読む]
  • UVレジンによるルアー製作の模索18(新しい型での製法確認)
  • 兵庫突堤でげんなりとした釣りをしたときに新しい型で作った試作5を海で泳がせてみた。干満差が25cmの小潮の上げ潮で、潮の流れがほとんどない中でのスイミングテストだったけど、とりあえず、良い感じに泳いでくれた。ただ、試作4と同じようにフォールするときに螺旋を描いて落ちて行く。。まぁ、テンションをかけていると弧を描くように落ちていくから、しょうがないのかなぁ。。。さて、新しい型は縦型の型を初めて採用している [続きを読む]
  • 2017.06.03 兵庫突堤 小潮 12:00〜17:00
  • 釣果:豆アジ×20 小サバ×32釣り時間帯:12:00〜17:00釣れた時間帯:だらだらと釣れたり、釣れなかったり天候:快晴波:波はさざ波 風は南風やや強い潮回り:小潮(干潮 10:40 21:27 満潮 03:36 16:10)小物が釣れている情報が入ってきているのと、子供が釣りをしたいと言うので、久しぶりに兵庫突堤へ。朝イチで少しトラブルもあって、兵庫突堤に着くと丁度お昼時だった。当日は、 [続きを読む]
  • UVレジンによるルアー製作の模索16(試作4:新しい型でのルアー製作)
  • 新しい型が完成した。 それを使ってのUVレジンのルアーを作ってみる。型は上下に分けているので、下側の型でUVレジンを硬化させた後に上側の型に出来上がったルアー下側をのせて硬化する方法で行ってみる。この方法での不安点は、上側の型にルアーの下側をのせて硬化させる際に中心部に気泡が溜まらないか?ということ。それ以外は何となくイメージできているんだけど。。。それでは、実践。まず、下側の型にUVレジンを投入して、 [続きを読む]
  • UVレジンによるルアー製作の模索15(原型 型取り)
  • ようやく、以前投稿していた「UVレジンによるルアー製作の模索6(型の形状)」の実践に入る。本当はシリコンで型を取りたいのだけど、予算や手間を考えるとおゆまるでの型取りになってしまう。型枠はシリコン型を作るときに使うブロックを組んでみた。片面おゆまる4本分くらいかなぁと思っていたら、ぴったりだった。とりあえず、片面完成。熱を取るために、冷凍庫に10分くらい。完全に固まったことを確認する。型取り用のブロックを [続きを読む]
  • UVレジンによるルアー製作の模索14(アイの製作)
  • さてさて、原型の製作も完了して、その原型にはアイの穴を付けた。アイの穴があるということは、そこには「目」を入れることになる。以前ルアーを作っていたときのアイの予備はたくさんあったのだけど、UVレジンも紫外線灯もホログラムシートも手元にあるので、アイも自作することにした。道具箱からφ3mmとφ4mmの穴あけポンチを発掘して、ホログラムシートと黒のカッティングシートを押入れの奥から見つけ出した。あと、必要なモ [続きを読む]
  • UVレジンによるルアー製作の模索13(原型の製作:本番)
  • 原型のくぼみを埋めたパテが固まったので、再度、ヤスリがけをして、表面を整える。これで完成と思ったら、くぼみを2箇所発見。また、パテでくぼみを埋めて、固まるのを待って、表面を整える。ようやく、原型の完成。アイの穴しかないシンプルな原型だけど、この段で一度原型を作っておけば、とりあえず、これを元にエラやウロコを掘ることだってできる。そんなことをするのは、泳ぐルアーが出来てからの最後の調整みたいなモノ。 [続きを読む]
  • UVレジンによるルアー製作の模索12(原型の製作:本番)
  • 少し寄り道をしてしまったけど、そろそろ本筋に。寄り道の前に原型作りの練習などしていたのだけど、結局、顔彫りは今回しないことにしました。とりあえず、アイの納まる穴だけに。キチンとしたマスターができていれば、これからそれを複製していくらでも変更ができるので、現段階としてはここまでにした。ディテールにこだわるよりも、キチンと動くルアーが良いので。♯400の紙ヤスリで表面を整えると、ちょっとしたくぼみや継目 [続きを読む]
  • 2017.05.28 相差漁港・的矢漁港 中潮 04:10〜05:30
  • 釣果:ボウズ釣り時間帯:04:10〜05:30釣れた時間帯:ーー天候:晴れ波:波はほとんどなし 風もなし潮回り:中潮(干潮 00:54 13:13 満潮 06:25 20:02)伊勢志摩に泊りがけで出かけていた。宴会が終わったのは日付が変わってから40分後。すぐに床に就いて熟睡。目を覚ますと3時36分。予定通りに目が覚めた。すぐに着替えて車に乗り込み、宿からパールロードを北上しする。以前来たと [続きを読む]
  • UVレジンによるルアー製作の模索9(寄り道:UVレジン ソフトタイプ)
  • ちょっと寄り道。このUVレジンによるルアー製作を計画するにあたって、ふたつの種類のUVレジンを購入していた。今までこのブログにアップしているのは、ハードタイプ。もうひとつは、ソフトタイプのUVレジン。気分転換と内部の再検討も兼ねて、ソフトタイプのUVレジンで試作を作ってみた。まず、骨組みの改善。これまでは、アイの部分の強度を持たすために針金をアイの根元からひねって強度を持たせていたのだけど、それだとアイが [続きを読む]
  • UVレジンによるルアー製作の模索8(原型の製作:練習)
  • 原型を作り直すにあたって、エポパテ製の原型を2個作った。どんなモノを作ろうかと色々頭の中で想像してみたのだけど、何だか上手くイメージできなかったので、そのうち出来の悪い方を使って、試しに顔彫りをしてみた。このルアーは形がアジっぽいフォルムをしているし、サイズは35mmサイズなので、豆アジが丁度良い感じかなぁ、と。見本は、以前、兵庫突堤でのアジの釣果写真。とりあえずは、エラの造作を考えて、彫り込みは上の [続きを読む]
  • 伊勢志摩に行くということ
  • この週末に伊勢志摩に行く。仕事の関係のゴルフコンペがあって、土曜日にゴルフをして、夜に宴会をして、翌朝に帰る、という泊りがけのイベント。ゴルフとお酒の好きな方にとっては、たまらないイベントとなるのだろうけど、個人的にはどちらも好きなものではないので、どこまでも業務上のイベントとなってしまう。しかし、個人的には密かに楽しみにしていることがある。それは、立地条件。宿の場所は、海の傍。昨年も同じイベント [続きを読む]
  • UVレジンによるルアー製作の模索7(原型の変更)
  • 型の変更をするにあたって、ルアーの原型にも多少手を加えようと思う。家には昔エポパテでルアーを作ったときに買ってあったウェーブのエポパテの普通のモノと軽量タイプがあるので、それを現状の型に入れて、とりあえず、形を作る。エポパテは軽量タイプを使用して、骨組みのワイヤーもオモリも試作と同じモノを入れた。出来上がってみるとUVレジンで作った試作と比べると軽量エポパテ製の原型は少し軽かった。軽量エポパテの方が [続きを読む]
  • UVレジンによるルアー製作の模索6(型の形状)
  • 現状の試作は、型を左右に分けて作っている。この型の良い点は、パーティングラインが側面の広い面に来ないので仕上がりが綺麗、ということ。難点と言えば、骨組みにオモリを組み付けてレジンを投入しているので、型の精度によっては、オモリが左右にのどちらかに偏る可能性があること。それでは、型を上下に分けた場合はどうなるだろう?パーティングラインは側面に来るので、仕上がりがとしては綺麗にできないかもしれない。まぁ [続きを読む]