KUMA. さん プロフィール

  •  
KUMA.さん: FIELD-NOTE 〜アウトドアと旅〜
ハンドル名KUMA. さん
ブログタイトルFIELD-NOTE 〜アウトドアと旅〜
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/syumatsunotabibito
サイト紹介文アウトドアや旅行、温泉や観光スポットの案内などを、風景写真とレポートを通じて紹介します。
自由文まっぷるで有名な「昭文社」の公式ブログも書いています。
http://weblog.mapple.net/tokuhain_010/

また、自身のホームページでも自然や旅行記を紹介中です。
http://www.geocities.jp/syumatsunotabibito/
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供39回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2008/01/15 00:41

KUMA. さんのブログ記事

  • 超豪華淡路島牛丼が1000円台 【きとら】
  • 食の宝庫として、美味しいものがいっぱいの淡路島。かつては朝廷御用達の食材を献上していた「御食国」である淡路島で、現在ご当地グルメとして売り出し中なのが「淡路島牛丼」です。平たく言うと、淡路牛、淡路島玉ねぎ、淡路島のお米を使った牛丼で、島内の多くのお店で食べることができます。そのお店ごとの特徴がとても顕著に出ているご当地グルメで、食べ比べがとても楽しい一品なのです。そんなお店ごとに創意工夫された淡路 [続きを読む]
  • 早朝登山で誰もいない雲海の竹田城へ!
  • 「天空の城」「日本のマチュピチュ」など、幻想的な名前を冠される竹田城。今や有名になりすぎ、秘境というイメージはすっかりなくなってしまいましたが、誰もいない雲上の城跡に立てれば、まさにその名の通りの幻想的な風景を楽しめます。観光客が多くなかなか静かな風景を楽しむことが難しくなった竹田城ですが、日曜日でも幻想的な風景を少しの間だけ独り占めできる可能性のある方法が、早朝登山なのです。竹田城へのアクセスは [続きを読む]
  • 須磨浦公園 夜桜ライトアップ
  • 神戸市の桜の名所「須磨浦公園」源平合戦、一の谷の戦いの舞台であり、16歳という若さでこの地で散った美しい平敦盛にちなみ、須磨浦公園の桜は「敦盛桜」と名付けられています。海沿い、線路沿い、山麓という様々な要素が凝縮された公園一面に咲く桜は見事ですが、特に夜桜のライトアップが素晴らしく多くの人が訪れます。今年はプロジェクションマッピングまで登場し、無料で見られる夜桜としては、群を抜いた気合の入りようです [続きを読む]
  • 五色塚古墳
  • 神戸といえば、西洋文化や港町を思い浮かべる方が多いと思います。そんな神戸市内に古墳があるのはご存知でしょうか?古墳は奈良県や大阪府南部にある天皇陵が有名ですが、地方豪族が造ったものが大半を占めます。実は兵庫県が日本一の所在件数を誇っており、神戸市内にも10を超える古墳が残っています。その中でも最もメジャーな姿「前方後円墳」であり、神戸の古墳の代表格が、垂水区にある「五色塚古墳」です。神戸市の西端、淡 [続きを読む]
  • 花のいわや亭
  • 世界遺産に登録され、日本最古の神社とされる「花の窟神社」(はなのいわやじんじゃ)黒潮が洗う美しい熊野灘に面し、伊勢神宮と熊野大社をむすぶ熊野古道の途中に位置します。参拝のあと、どうしても美味しいものをいただきたくなります。参道の前に「お綱茶屋」をはじめとする飲食店はありますが、ガッツリと熊野市付近の名物をいただくのにもってこいのお店がすぐ近くにある、その名も「花のいわや亭」です。 「花のいわや [続きを読む]
  • 花のいわや亭
  • 世界遺産に登録され、日本最古の神社とされる「花の窟神社」(はなのいわやじんじゃ)黒潮が洗う美しい熊野灘に面し、伊勢神宮と熊野大社をむすぶ熊野古道の途中に位置します。参拝のあと、どうしても美味しいものをいただきたくなります。参道の前に「お綱茶屋」をはじめとする飲食店はありますが、ガッツリと熊野市付近の名物をいただくのにもってこいのお店がすぐ近くにある、その名も「花のいわや亭」です。 「花のいわや [続きを読む]
  • みけ家 【淡路ハイウェイオアシス】
  • 大阪湾と瀬戸内海を区切る淡路島。広大な島は玉ねぎをはじめ、タコや淡路牛などの美味しいものの宝庫です。神戸から四国へ向かう高速道路も島内を走っており、淡路島で降りなくても美味しいものを堪能するチャンスがあります。それが淡路ハイウェイオアシスです。明石海峡大橋を渡ってすぐの淡路サービスエリアの登り線・下り線どちらからもアクセスでき、サービスエリアよりもお店が充実しています。ハイウェイオアシスの館内は、 [続きを読む]
  • みけ家 【淡路ハイウェイオアシス】
  • 大阪湾と瀬戸内海を区切る淡路島。広大な島は玉ねぎをはじめ、タコや淡路牛などの美味しいものの宝庫です。神戸から四国へ向かう高速道路も島内を走っており、淡路島で降りなくても美味しいものを堪能するチャンスがあります。それが淡路ハイウェイオアシスです。明石海峡大橋を渡ってすぐの淡路サービスエリアの登り線・下り線どちらからもアクセスでき、サービスエリアよりもお店が充実しています。ハイウェイオアシスの館内は、 [続きを読む]
  • 蒜山手打ちうどん やす坊 【ひるぜん焼きそば】
  • 岡山県と鳥取県の県境に広がる蒜山高原。標高1202mの蒜山の裾野には牧場や畑のほか、スキー場やレジャー施設もあり、隣接する鳥取県の大山とあわせて高原リゾートが楽しめる場所になっています。蒜山の豊かな自然はジャージー牛の乳製品をはじめ高原野菜など美味しいものの宝庫。近年ではB1グランプリに輝いた「ひるぜん焼きそば」も有名です。しかし、そんな蒜山の大自然に魅せられて移転してきた、本場の讃岐うどん店がある事を [続きを読む]
  • 蒜山手打ちうどん やす坊 【ひるぜん焼きそば】
  • 岡山県と鳥取県の県境に広がる蒜山高原。標高1202mの蒜山の裾野には牧場や畑のほか、スキー場やレジャー施設もあり、隣接する鳥取県の大山とあわせて高原リゾートが楽しめる場所になっています。蒜山の豊かな自然はジャージー牛の乳製品をはじめ高原野菜など美味しいものの宝庫。近年ではB1グランプリに輝いた「ひるぜん焼きそば」も有名です。しかし、そんな蒜山の大自然に魅せられて移転してきた、本場の讃岐うどん店がある事を [続きを読む]
  • 三平山スノーシュー
  • 現在人気上昇中のウインタースポーツ「スノーシュー」。特別な技術が無くても、だれでもスノーシューを装着する事で雪の世界の中を気軽に散策できます。スキーやスノボと違い、普段の登山靴でOK。夏場は入れない森の中も、雪に覆われた時期は自由自在にスノーシューがあれば歩き回り、走り下れるのです。そんなスノーシューを使って、気軽に登れて絶景が楽しめると人気の山が、岡山県と鳥取県の県境にある三平山(みひらやま・標高1 [続きを読む]
  • 三平山スノーシュー【岡山県蒜山】
  • 現在人気上昇中のウインタースポーツ「スノーシュー」。特別な技術が無くても、だれでもスノーシューを装着する事で雪の世界の中を気軽に散策できます。スキーやスノボと違い、普段の登山靴でOK。夏場は入れない森の中も、雪に覆われた時期は自由自在にスノーシューがあれば歩き回り、走り下れるのです。そんなスノーシューを使って、気軽に登れて絶景が楽しめると人気の山が、岡山県と鳥取県の県境にある三平山(みひらやま・標高1 [続きを読む]
  • 灘黒岩水仙郷
  • 花と島と呼ばれる淡路島。温暖な気候の島には多くの花の名所があり、訪れる人々の目を楽しませてくれます。冬の花畑といえば水仙ですが、淡路島は越前海岸(福井県)、鋸南町(千葉県)と並ぶ日本三大水仙群生地のひとつ。淡路島の南部には「立川水仙郷」と「灘黒岩水仙郷」のふたつのスイセン畑があります。どちらも見事な水仙を楽しめますが。海の眺めが多く、様々な意味でアクセスしやすい灘黒岩水仙郷を今回紹介します。灘黒岩 [続きを読む]
  • 灘黒岩水仙郷
  • 花と島と呼ばれる淡路島。温暖な気候の島には多くの花の名所があり、訪れる人々の目を楽しませてくれます。冬の花畑といえば水仙ですが、淡路島は越前海岸(福井県)、鋸南町(千葉県)と並ぶ日本三大水仙群生地のひとつ。淡路島の南部には「立川水仙郷」と「灘黒岩水仙郷」のふたつのスイセン畑があります。どちらも見事な水仙を楽しめますが。海の眺めが多く、様々な意味でアクセスしやすい灘黒岩水仙郷を今回紹介します。灘黒岩 [続きを読む]
  • 尾道国際ホテル 【家族旅行やサイクリストにもオススメ】
  • 広島県尾道市。いくつもの島が陸に迫り、それに押し付けられたかのように海から一気に山が立ち上がる。坂の町として、数々の文学作品や映画の舞台となった風光明媚な港町。尾道から四国へ浸かって数々の島渡るしまなみ海道の入口でもあるを尾道は、観光客だけでなくサイクリストも多く訪れる地です。そんな尾道でリーズナブルに快適な宿泊が楽しめると人気を博しているのが「尾道国際ホテル」です。尾道国際ホテルは尾道市で最大の [続きを読む]
  • 尾道国際ホテル 【家族旅行やサイクリストにもオススメ】
  • 広島県尾道市。いくつもの島が陸に迫り、それに押し付けられたかのように海から一気に山が立ち上がる。坂の町として、数々の文学作品や映画の舞台となった風光明媚な港町。尾道から四国へ浸かって数々の島渡るしまなみ海道の入口でもあるを尾道は、観光客だけでなくサイクリストも多く訪れる地です。そんな尾道でリーズナブルに快適な宿泊が楽しめると人気を博しているのが「尾道国際ホテル」です。尾道国際ホテルは尾道市で最大の [続きを読む]
  • 神戸ゲイロード 垂水店
  • 淡路島を間近に望む神戸市垂水区。淡路島への長大な明石海峡大橋が架かる舞子から垂水にかけての海岸線はビーチや公園、マリーナが続いており、海沿いのリゾート地となっています。そんなリゾート地のマリーナに隣接したショッピング施設が「マリンピア神戸」。国内13か所ある三井アウトレットパークのひとつで、対岸の淡路島はもちろん、四国からも多くの人が買い物に訪れます。実はマリンピアは比較的他のアウトレットモールに比 [続きを読む]
  • 神戸ゲイロード 垂水店
  • 淡路島を間近に望む神戸市垂水区。淡路島への長大な明石海峡大橋が架かる舞子から垂水にかけての海岸線はビーチや公園、マリーナが続いており、海沿いのリゾート地となっています。そんなリゾート地のマリーナに隣接したショッピング施設が「マリンピア神戸」。国内13か所ある三井アウトレットパークのひとつで、対岸の淡路島はもちろん、四国からも多くの人が買い物に訪れます。実はマリンピアは比較的他のアウトレットモールに比 [続きを読む]
  • カフェ&ベーカリー クラムボン
  • 大阪と奈良を結ぶ「阪奈道路」。生駒山を越える自動車専用道路でかつては大阪と奈良の大動脈でした。現在は生駒山をトンネルでくぐる第二阪奈道路が大動脈となっていますが、有料の第二阪奈道路の迂回路や大阪を一望できる絶景のドライブルートとして今も多くの車が走ります。そんな阪奈道路の奈良側からの峠越えの前に、ゆっくりとくつろげるカフェが「カフェアンドベーカリー クラムボン」です。阪奈道路を走っていると、ついつ [続きを読む]
  • カフェ&ベーカリー クラムボン
  • 大阪と奈良を結ぶ「阪奈道路」。生駒山を越える自動車専用道路でかつては大阪と奈良の大動脈でした。現在は生駒山をトンネルでくぐる第二阪奈道路が大動脈となっていますが、有料の第二阪奈道路の迂回路や大阪を一望できる絶景のドライブルートとして今も多くの車が走ります。そんな阪奈道路の奈良側からの峠越えの前に、ゆっくりとくつろげるカフェが「カフェアンドベーカリー クラムボン」です。阪奈道路を走っていると、ついつ [続きを読む]
  • 鞆の浦「御船宿いろは」 〜坂本龍馬と宮崎駿〜
  • 風光明媚な港町である広島県鞆の浦。古くから潮待ちの港として栄えており、今も歴史ある古い町並みが残っています。スタジオジブリの「崖の上のポニョ」は宮崎駿監督が滞在し、この地をモチーフにした事でも知られています。そんな歴史ある町は歴史的人物の出来事の舞台にもなっています。幕末に活躍した坂本龍馬。龍馬が中心となって組織された海援隊が運航する「いろは丸」が紀州藩の軍艦が衝突し、鞆の浦沖で沈没。龍馬は多大な [続きを読む]
  • 鞆の浦「御船宿いろは」 〜坂本龍馬と宮崎駿〜
  • 風光明媚な港町である広島県鞆の浦。古くから潮待ちの港として栄えており、今も歴史ある古い町並みが残っています。スタジオジブリの「崖の上のポニョ」は宮崎駿監督が滞在し、この地をモチーフにした事でも知られています。そんな歴史ある町は歴史的人物の出来事の舞台にもなっています。幕末に活躍した坂本龍馬。龍馬が中心となって組織された海援隊が運航する「いろは丸」が紀州藩の軍艦が衝突し、鞆の浦沖で沈没。龍馬は多大な [続きを読む]
  • お正月すぎがねらい目 奇跡の星の植物館のクリスマス
  • 安藤忠雄氏が設計したことでも有名な淡路島の「奇跡の星の植物館」。年に数回、季節ごとにテーマにあわせた展示内容に変わるため、何度訪れても飽きない美しい植物館です。特に、クリスマスの時期には巨大なクリスマスツリーが飾られ、美しくライトアップされます。様々なクリスマスイベントも行われることもあり、クリスマス前後にはとても賑わいます。しかし例年、クリスマス展示は年が変わった1月の中頃まで行われており、お正 [続きを読む]
  • お正月すぎがねらい目 奇跡の星の植物館のクリスマス
  • 安藤忠雄氏が設計したことでも有名な淡路島の「奇跡の星の植物館」。年に数回、季節ごとにテーマにあわせた展示内容に変わるため、何度訪れても飽きない美しい植物館です。特に、クリスマスの時期には巨大なクリスマスツリーが飾られ、美しくライトアップされます。様々なクリスマスイベントも行われることもあり、クリスマス前後にはとても賑わいます。しかし例年、クリスマス展示は年が変わった1月の中頃まで行われており、お正 [続きを読む]
  • 神戸初日の出 旗振山
  • 海から一気に山が立ち上がる神戸・六甲山系。都会からもほど近くアクセスも容易なため、海から登る初日の出を拝めるスポットが多く、元旦の朝早くから登山客や観光客で賑わいます。今回紹介する初日の出スポットは、六甲山系の最も西に位置するピーク「旗振山」(252m)です。駅から近く、始発電車に乗れば、夜間登山やロープウェイで比較的簡単に日の出前にアクセスできる事で多くの人が訪れます。旗振山への登山口は山陽電鉄「須磨 [続きを読む]