rascal-furniture さん プロフィール

  •  
rascal-furnitureさん: 自分の海
ハンドル名rascal-furniture さん
ブログタイトル自分の海
ブログURLhttp://ameblo.jp/rascal-furniture/
サイト紹介文つくばの注文家具屋ラスカル・ファニチャー・ファクトリー高橋伸治のブログです。シンプルな家具を製作中。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供16回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2008/01/16 12:06

rascal-furniture さんのブログ記事

  • 模様替え
  • 以前に扉の製作と、壁に板張りをさせていただいたお宅で、ちょっとした間仕切り変更と、あわせて壁に張った板をイメージチェンジで、張り替えいたしました。 前は、白くペイントした杉材を張っていました。 左はリビング扉でタモ材のオイル仕上げ、右はトイレ扉でタモ材を白くペイントしました。 今回はこんな風に、 古材に張り替えました。古材はパイン材で、アメリカの牧場などで使われて [続きを読む]
  • 両面使い
  • 2つのベッドの間に置いて、仕切りと収納を兼ねた家具を製作しました。 タモの突板と白のポリ合板を使っています。 完全に仕切るのではなく、適度に間仕切れる高さを、お客様と打合せを重ねて、決めていきました。 裏も同じ仕様にして、平等に両面が使えるように。棚の部分は、左右半分に分けて、家具の奥行き分使えます。 引出しも両方に出し入れできます。 ストッパー付きのキャスタ [続きを読む]
  • 取っ手付きの小箱
  • 今回は、普段の家具とは趣の違うご依頼。 どこかレトロチックな、小さな収納箱を作りました。 つくり自体は、それほど難しくはないのですが、小さいので、蓋がぴったりと合わないと、そこが目立ってしまうので、調整するのに一苦労。 今では珍しい(?)竹釘を使って、箱を組み立てています。 [続きを読む]
  • 常陽新聞に
  • 常陽新聞に載りました。悪いことをしたわけではありません。 過ぎてしまいましたが、2/4付けの紙面で、つくばや土浦などで、オンリーワンの活動をしている人たちを紹介する、「ひと」という連載のコーナーです。 今までに登場していた方たちを見て、十人十色いろんな人がつくば周辺で活躍してるんだな〜とあらためて刺激を受けました。 常陽新聞のスマートフォン版では、バックナンバーで見れます。(全文を読む [続きを読む]
  • 今年もよろしくお願いします。
  • 昨年はありがとうございました。今年も色々な家具を作りたいです。どうぞよろしくお願いいたします! まずは昨年お納めした家具から。 こちらのコーヒーテーブルをリメイクしました。 まわりに写っているイスも、以前に脚をリメイクさせていただきました。 今回のテーブルも脚の作り替えになりますが、同じように無垢材で作ると、揃いすぎて少し重いイメージになりそうでしたので、材を変えてアイアンで [続きを読む]
  • ニシンの骨
  • 今回は座卓です。 お客様と天板のデザインについて、いろいろとやり取りをしてきました。 初めは、ひょうたん型や前方後円墳のような形も候補に挙がっていましたが、大勢の来客があったときにお持ちの座卓と並べて使うなど、汎用性や使いやすさを考えて、長方形の天板になりました。 ただ普通の無垢材ではなく、もう少し表情を持たせましょうということで、ヘリンボーン柄になりました。 ちなみにニシンはherr [続きを読む]
  • 時を超えて
  • 今回はロータイプのナラ材TVボードです。 シンプルに板組みです。 このTVボードは、こんな風に置かれます。 両サイドの、引出しとガラス扉の収納は、実は以前お作りしたもので、確認したら7年前でした。 完成当時の写真 まさか、時を超えてリビング収納のセットになるとは! 一段とうれしい納品でした。 [続きを読む]
  • 古材とウォルナット
  • お客様が描かれて、お持ちになったデザイン画からできました。 古材とウォルナットの新材を組み合わせてみました。古材だけでも、新材だけでも存在感のあるデスクに仕上がったと思いますが、こうして組み合わせると、面白い表情になりますね。今後クセになりそうです。 納品後 実は、納品したお宅には、私の感性のツボにはまるアイテムがそこかしこに。でも雑然としてるわけではなく [続きを読む]
  • 革のスツール
  • おはようございます。 台風10号がどう来るか心配ですね。 さて、今回はスツール。 座面に天然革を使用しています。 革は少し厚みがありますが、なめらかになるよう加工が施されているので、ごわついていません。 脚の形は極力シンプルに、 革は、アクセントも兼ねて、鋲で留めています。 実は、少し黒板消しをイメージしていたり。 [続きを読む]
  • ナラと古材
  • 本体にナラ材、ガラス扉の枠にグレーがかった古材を組み合わせてみました。 少し軽い印象にしたかったので、古材の使用は扉枠のみ。 古材は、アメリカの牧場などの柵として使われていたパイン材です。何年も太陽と風雨にさらされて、灼けてグレー色になっています。 この枠に梨地のガラスを。 キャビネット本体のナラ材には、 少しエイジング加工して、木目を浮き出たせました。 [続きを読む]
  • 椅子の脚の修理
  • 椅子の修理のお問合せでした。引き取りをとして、ビックリ!後ろの脚が2本、完全に折れて粉砕していました。ここまで激しく折れているのは、久しくお目にかかっていません。壊れた時、お客様大丈夫だったかな。折れてしまった脚の部材も無いので、後ろ脚2本は作り替えになります。デザインが近くなるように、脚を削って…塗装。こうなりました。椅子の脚は、角度があるので、その角度を割り出して、加工し、組み立てないといけな [続きを読む]
  • 古材風ペイントのCD棚、その後
  • 工場を移転して1ケ月。木工機械(重い…)の配置も終わって、作業はほぼ通常通りに。ただ、まだ箱詰め状態のもあるので、探してもなかなか見つからなかったり。。棚も作らなないといけないので、片付くまで時間はまだまだかかりそうです。さて、そんな訳で、その後が引き伸ばしになっていました、古材風ペイントCD棚。棚に物が納まった様子の写真を送っていただきました。壮観〜!懐かしのCDレンタル屋さんみたい。かっこいい!あ [続きを読む]
  • 工場移転のお知らせ
  • RASCAL FURNITURE FACTORYは、10年目に突入しました。早いものですが、皆様に支えていただきながら、10年の節目を迎えることができました。心より御礼申し上げます。そして、これを機に工場を移転します。つくばに移転してきた当初は、広く感じた工場も、木材や機械が増えて、少し手狭になってきていました。新しい工場では、7/1より操業いたします。これからも、シンプルで使う人に寄り添う良い家具が作れるよう邁進して参 [続きを読む]
  • 古材風ペイントのCD棚
  • 毎度のことですが、気が付くと前回の投稿から2ケ月が過ぎ…今回はCD棚。以前勤めていた会社の先輩からのご依頼。すごくうれしい!沢山のCDを納めるので、沢山の棚を製作。まずは、取付け作業風景。普段は、このような作業中の写真はまずないので、貴重です。ありがとうございます〜丸一日かかってできあがったのが、こちらスイッチ、コンセントぎりぎり…TVを付けたところは、背板に下地を入れて、配線も背板裏で通せるようにしま [続きを読む]
  • 水屋の修理完了
  • 前回に引き続いて、水屋の修理ビフォーアフターです。before 収納内部、引出しはクリーニングします。割れている大小4枚の引戸の鏡板は、新しく作り直し。after    引戸の鏡板は、クリーニングした下段の引出しに雰囲気が合うように、少し色をつけてあります。もう1つの水屋はbefore    こちらの方は、少し痛みが激しく、全体的にゆがみを直す必要がありました。他鏡板、ガラスな [続きを読む]
  • 水屋の修理
  • 先日3/11は、あの忘れることができない東日本大震災が起きた日でした。そして、昨年9月には近くを流れる鬼怒川が決壊して、大きな水害を目の当たりにしました。あらためていろいろな思いを感じずにはいられません。実は、今回の古い水屋(2竿)の修理は、この鬼怒川決壊でご自宅が浸水に遭われた方からのご依頼でした。 どんな濁流が流れ込んだのでしょうか。緑がかった白い汚れなのか、塗装が化学反応を起こしたのか、 [続きを読む]
  • ホワイトアッシュのAVボード
  • 鉾田市に自宅を新築されたお客様からのご依頼です。リビングの壁の端から端までのAV機器収納。ホワイトアッシュで作りました。打合せの当初から、扉は横格子をご希望されていました。格子を揃えることができて、ひと安心。中には、ウーハーが入ります。天板の高さを抑えたので、こんな感じでギリギリの設定です。テレビを掛けてさらに、ライトオン!おぉぉ〜いい感じ。お客様が、横格子をご希望されていた理由は、こちらキッチン前 [続きを読む]
  • ミシン台のリメイク
  • 古いミシン台のリメイクです。やはり人気があるんですね。古いミシン台。今回はこちらミシンのメーカーは詳しくないのですが、「FUKUSUKE」とあります。こちらをディスプレイの台として作り替えます。そして出来上がったのが…ウォールナット材で作りました。天板は外すことができて、このように台の桟をスライドさせて、パタンと天板を広げることができます!隠し丁番。足踏み板と車輪は残っています。ミシン本体もオブジェになる [続きを読む]
  • 冬休みのお知らせ
  • 2015年も、あともう少しですね。今年もいろいろな家具を作らせていただいて、創作の範囲が広がったような、そんな1年だったと思います。皆様ありがとうございました。なお、12月31日から1月5日までお休みさせて頂きます。1月6日より営業いたします。ぜひ健やかな年末年始をお送りください。 [続きを読む]
  • クリの本棚
  • 今回の家具は、お客様ご自身でイメージ画を描かれて、お持ちになりました。そして、材は国産材のご希望です。材をいくつか提案をして、今回は、木目が優しくて素朴な「クリ」に決定。お部屋の壁一面を使って、こんな感じに出来上がりました。幾何学的ですね。完成した姿を見て、お客様と「こんな感じの絵、見たことありますね」という話になりました。後日調べてみましたが、これですね。ピエト・モンドリアンというオランダの画家 [続きを読む]
  • 室内ドアを使って…
  • 気がつくと、前回のアップから1ヶ月経って、もう12月。寒くなりましたね〜今回は、お客様宅の建て替えに合わせて、旧宅で長い年月使用されていた室内ドアをリメイク。こんな感じの扉でした。こちらを、お客様のご要望でダイニングテーブルに。完成品はこちら。↓↓↓長さ1800ミリ、厚さ30ミリのドアを長さ2400ミリ、厚み50ミリのテーブル天板に!補強も兼ねて、板を重ねて圧着して、長さも足しました。この上に、3 [続きを読む]
  • ステンレストップ
  • キッチンのバックカウンター収納。ステンレストップ。どこか学校の理科室にあるような佇まい(?)ステンレスと白くかすれさせたナラ材との組み合わせ。引き戸の引き手レールには、細いアルミのチャンネルを使用。ステンレストップはお客様のご要望でもあったのですが、理由は…ステンレス製の足踏みペール。合ってますね〜入れられた食器も素敵だな。 [続きを読む]