ジェリーホーム さん プロフィール

  •  
ジェリーホームさん: 社長ブログ 毎日が輸入住宅
ハンドル名ジェリーホーム さん
ブログタイトル社長ブログ 毎日が輸入住宅
ブログURLhttp://j-creative.jp/blog/
サイト紹介文外観デザインや内装インテリア、お薦め建材や施工手順まで、プロの視線で、詳しく解り易くお伝えします。
自由文山形県鶴岡市在住。地元の出来事と共に、輸入住宅の知られていない良さの数々もご紹介しています。目からウロコの住宅選びはお任せ下さい!
http://www.j-creative.jp/
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供168回 / 365日(平均3.2回/週) - 参加 2008/01/18 09:23

ジェリーホーム さんのブログ記事

  • 外壁に取り付けた窓周りのモールディング
  • 外観をお洒落に飾り付けるアイテムの一つとして、窓周りのモールディングがある。これは、欧米住宅の流れを汲むデザインとして輸入住宅では良く使用する建材と言っていい。窯業系の部材を板金屋さんがビス止めして、最終的には塗装して仕上げて行く。窓上真ん中のキーストーンがポイント。掃き出し窓や玄関ドア周りにも取り付けて、全体のバランスが整って行く。出来上がりの完成イメージはこんな感じでしょうか。にほんブログ村  [続きを読む]
  • リフレッシュできた盆休み
  • 久々に連休を取った盆休み。忙しいとは言え、盆位は体を休めたいと、三日間の休みを取った。かなりリフレッシュ出来たかなと思う。①美味い物を食ったり、(ごんべいの五目焼きそばと中華飯の半々セット)②家族皆で映画を観たり、(最新のキングコング)レンタルのブルーレイだが、十分に楽しめた。③ためになる本も読んだり、(仕掛学・・・松村真宏 著)*仕事上のヒントをいただいた。④あとは、たっぷりと睡眠も取った。・・・ [続きを読む]
  • ジャーマンオークの床材
  • こちらは一転、羽黒町のゼロキューブ。早くも2階床材の張り付けが始まった。今回は施主様の希望もあり、高級無垢床材「ジャーマンオーク」を採用した。材料が乱尺のため、張り付けるに当たっては、バランス感覚がとても難しいと言う。(大工さん弁)にほんブログ村 応援 お願いします(^^ [続きを読む]
  • 手の込んだ「輸入住宅の内装」
  • 内装仕上げが真っ只中の光ヶ丘のS様邸。今日はその様子を少しだけご紹介したいと思う。↑洋室のアクセントクロスはココア色にして、巾木と廻り縁の白さがアクセントになっている。廊下から続く床巾木は階段部も形状なりに張っている。そこに吹抜け部のケーシングを止めて、違和感なく収まっている。巾木やケーシング等のモールディングは無垢材であり、現場で塗って仕上げている。これ、「アメリカ流です!」にほんブログ村 応援 [続きを読む]
  • 本物を求めればこその苦労がある!
  • ラスの張り付けが終わると、モルタルの下塗りが始まる。当社では特殊なラスを使用しているため、モルタルが将来剥がれ落ちることはまず無いと言っていい。職人さんがコテで丁寧に仕上げて行くので、人手と時間はかなり掛かる。しかも、天気に大きく左右される。本物感を求めればこその苦労がそこにはあるのです。にほんブログ村 応援 お願いします(^^ [続きを読む]
  • 塗り壁の下地ラス・・・お見事!!
  • 今日はすごく暑かった。汗だくになりながら現場を見て回った。小真木原の「フレンチスタイルの家」は、外壁塗り壁の下地となるラス貼りを既に終えていた。早くて綺麗だから文句の付けようがない。下から見上げると、鎧を着たロボットみたいに見えて愛着が湧いてくる。にほんブログ村 応援 お願いします(^^ [続きを読む]
  • 輸入住宅とケーシング
  • 光ヶ丘のプロヴァンスの家は、内部造作工事の最終追い込みとなっている。窓やドア周りには白く塗られたケーシングが取り付けられ、輸入住宅らしさが際立ってきた。玄関収納は30?の分厚い集成材で作った靴棚が取り付けられている。にほんブログ村 応援 お願いします(^^ [続きを読む]
  • 松原南で「ステップフロア」がスタート!
  • 先日に続き、今日は酒田市松原南で地鎮祭を執り行った。当社では初登場となる「ゼロキューブ・ステップフロア」で、場所的にも、デザイン性においても、結構注目されるのではないかと、今から胸がときめいている。何せ、酒田市で一番人気の住宅地なので・・・。ご夫婦との出会いは、当社が開催した「ゼロキューブマリブ」の商品発表会だった。その後は、ゼロキューブ見学会に来ても頂いたが、松原小学区に限定した土地探しで時間が [続きを読む]
  • 人気が衰えを知らない!「+BOX]
  • 天候にも恵まれ地鎮祭を滞りなく終えた旧八幡町のM様邸。天気予報では雨マークも出ていただけに、ラッキーとも言える暑い一日となった。ゼロキューブの中でも当社で一番人気の「+BOX」が今回の建物になるが、土地に対しての収まりも良く、お手頃価格な点が人気の理由だ。年内中に着工する「+BOX」が他にも2棟決まっており、人気が衰える理由は見つからない。+BOXモデルハウスの見学はこちらからご予約下さい。↓https://lifela [続きを読む]
  • 7寸勾配のフレンチ屋根・・・その後
  • 鶴岡市小真木原町で建築中のフレンチスタイルの家。急勾配の屋根工事は大変である旨のお話しは以前にしたが、現場で改めて目の当たりにしてみると、真夏の炎天下での作業は、技術的にも、体力的にも難を極めたのではないかと、板金屋さんの苦労がまざまざと分かった。今回はブラックのアスファルトシングル材を選択し、白い外壁とのバランスも考慮に入れた。にほんブログ村 応援 お願いします(^^ [続きを読む]
  • 鶴岡まちキネでCM放映中!
  • 今月始めから鶴岡まちキネで、ゼロキューブのシネアド(動画広告)を全映画にCMとして流している。ユーチューブはこちら↓https://www.youtube.com/embed/bWKz-CKw2N8お金の掛かることではあるが、西新斎町モデルハウスOPENと並行して相乗効果を狙った戦略の一つである。効果が見えるかどうかはまだ分からないが、お陰様で今現在受注している「ゼロキューブ」だけでも複数棟あり、勢いはまだまだ止まらない。にほんブログ村 応援 [続きを読む]
  • 外観がお目見えした「光ヶ丘のプロヴァンスの家」
  • 足場が外れる時の一瞬のときめき感と言うものがある。光ヶ丘のプロヴァンスの家は、正にそんな一日だった。外壁の塗り壁は白さが何年も持続するようにと、見た目にはほとんど分からないが、汚れ防止用のシーラーを最後に塗って仕上げた。外観の特徴は、切り妻屋根と綺麗に配置された窓、(もちろんトリプルガラスです。)そして、ブルーグレーに塗装仕上げした飾り雨戸。これが可愛らしくアクセントになっていて、ほのぼのとしたあ [続きを読む]
  • 上棟、急勾配の屋根、窓の取付
  • 小真木原町の「フレンチスタイルの家」は上棟を終え、現在は屋根工事へと入っている。屋根の上は急勾配で、しかも連日のうだるような暑さで作業効率は一段と落ちる。屋根工事屋さん、本当にご苦労様です。上の写真は下地のルーフィングだが、この上にこれからシングル材を張って行く。トリプルガラスの窓も全箇所取付が終わり、規則正しく貼られた胴縁の上には、塗り壁下地のラスが今後張られて行く。にほんブログ村 応援 [続きを読む]
  • 居心地の良さは折り紙付き
  • モデルハウスOPEN初日の昨日と二日目の今日、無事にお客様のご案内は終了した。今日は、強風と雨の最悪の天気にもかかわらず予定通りのお客様にお越し頂き、遮音性の高い建物内で居心地の良さを実感して頂くと同時に、今までとは違うヴィンテージ感たっぷりの趣を十二分に楽しんで頂けたのではないかと思う。にほんブログ村 応援 お願いします(^^ [続きを読む]
  • いよいよ、MODEL HOUSEがOPEN!
  • 連日のうだる様な暑さに汗だくになりながらも、「モデルハウス」OPEN前の準備に取り組んだ。ここ3ヶ月で3つ目の見学会になるため、毎回の準備となると、少人数の当社にとっては結構きついスケジュールになってくる。さて、今回はモデルハウスと言うこともあって、外構工事まで念入りに計画を進めた経緯がある。玄関前の化粧ブロックはペイントで白く仕上げ、その白さが引き立つようにと、敢えてブラックのアルミフェンスを繋げた [続きを読む]
  • 上棟まで辿り着いたフレンチスタイル
  • 屋根勾配が急になれば、見た目は当然シャープな印象になる。更に、小屋根やドーマーを付けることによってデザイン性も高まる。今日は屋根工事に入る前に屋根足場を取り付けてもらった。足場シートで囲ってしまえば外観は見えなるので、今日は足場が外れるまでの、最後のシャッターチャンス。今後も塗り壁や内部造作工事等、随時ご紹介して行きたいと思うのでご期待頂きたい。にほんブログ村 応援 お願いします(^^ [続きを読む]
  • 猛暑の中でも逞しい!
  • OPEN間近となった「+BOX」のMODEL HOUSE。植栽を植えて、全体の見栄えも整った。↓テラス前にはアオダモを、↓玄関脇にはシャラを植えて、敷地に対して、バランス良く配置した。昨日の猛暑の中でも青々と繁っていて、見事なまでの逞しさを感じたのだった。見学予約はコチラ↓https://lifelabel.jp/event/140にほんブログ村 応援 お願いします(^^ [続きを読む]
  • 7寸勾配のフレンチ屋根
  • 屋根の勾配(傾斜)にも色々あり、日本家屋に多い緩い傾斜のものから、洋風建築に多い急勾配のものまで、その建物に見合ったデザインがとても重要だと思う。小真木原町の「フレンチスタイル」の7寸勾配は、そういう意味では、しっくりとマッチングした感じがする。三角屋根とコーニッシュリターン、そして、シンメトリーに配置された窓。工事が始まったばかりなのに、パリの街中でよく見かけるアパートメントのような出で立ちに、 [続きを読む]
  • 建て方二日目
  • これほどまでに好条件が整った建て方現場も珍しい。敷地が広く全面道路も広いので作業効率がとても良い、天候にも恵まれ大工さんのモチベーションが下がらない、小真木原公園すぐそばで、車のアクセスがとても良い、・・・等々。建て方二日目の現場は、1F壁組みと2F床組みまで。四角い総二階の建物なので、作業も捗る。二階床には15?合板を貼って、面構造の一部が形成されて行く。明日は2F壁組みと小屋組みへと進み、屋根合 [続きを読む]
  • 建て方が始まった「フレンチスタイルの家」
  • 大雨が通り過ぎるのを待って、建て方が始まった小真木原の「フレンチスタイルの家」。まずは土台敷きをご紹介。大工さん二人で黙々と進んで行く。基礎と土台の間に基礎パッキンを敷いているのがお分かり頂けると思う。(基礎パッキン工法)詳しくはコチラ⇒https://www.joto.com/product/lp/kp/そしてもう一つご注目戴きたいのが、90角の土台材にホッチキス状の穴が無数に空いているのは、シロアリ用の薬を工場で注入した跡で、 [続きを読む]
  • 側溝・・・Before&After
  • 古家が建っていた土地を購入したということもあり、道路側溝が不完全だったモデルハウス建築現場。↑草が生えている部分がだらしなく見えるが、側溝を高くして蓋をかけたら見違えて立派になった。まだ完全には終わっていないが、15日のOPEN時にはフェンスも付いて、完璧な状態をご覧いただける。見学予約はコチラ⇒https://lifelabel.jp/event/140にほんブログ村 応援 お願いします(^^ [続きを読む]
  • モダンスタイルとヴィンテージの融合
  • 15日のOPENを控えた「+BOX」のモデルハウス、内装インテリアの面においてこだわったスタイルがある。それは、「ヴィンテージ」な趣が漂う空間にしたかった事だ。私の個人的な趣味もあるが、ゼロキューブのモダンスタイルと昔懐かしい雰囲気とを融合させたらきっと面白い空間になるのではないかと思えたからだ。その全てをお見せしたら皆さんに見学してもらえる楽しみもきっとなくなるので、少しだけご紹介して行きたいと思う。 [続きを読む]
  • SNSで広がるゼロキューブの輪
  • 昨日今日と開催した羽黒町での「マリブ見学会」にお越し頂いた皆様、ご来場誠にありがとうございました。1時間足らずの枠の中で有意義なお話をさせていただいたと思っております。皆さんに「マリブ」を知ったきっかけを聞いてみると、フェイスブックや知り合いからの紹介等も数多く見られ、SNSの重要性を改めて確認できた。そして、お客様との話の中でもう一つ強く感じた事があった。「ゼロキューブ+FUN」を人づてに聞いたことが [続きを読む]
  • ゼロキューブと玄関ファサード
  • 外構工事が着々と進む西新斎町のモデルハウスは、玄関前の化粧ブロックの塗装仕上げに入っている。取り寄せに苦労した幾何学模様のコンクリートブロックは、ゼロキューブには正にピッタシの建材と言える。コンクリート色のままでは折角良いデザインも引き立たないので、白く塗って品位を高めた。建物の紺色に白いアクセントになって、玄関ファサードがお客様には好印象に映る。OPENまで約半月となったMODEL HOUSE、期待はますます [続きを読む]