taira さん プロフィール

  •  
tairaさん: taira日記 - since 2004.09.18
ハンドル名taira さん
ブログタイトルtaira日記 - since 2004.09.18
ブログURLhttp://sun.ap.teacup.com/taira/
サイト紹介文盛岡一高、読書、高校野球、岩手のスポーツ、盛岡風景、時々つぶやき、旧白堊スポーツ!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供497回 / 365日(平均9.5回/週) - 参加 2008/01/19 16:42

taira さんのブログ記事

  • 今日の出来事
  • 今日の帰り、大通の不来方じゃじゃ麺に行って来た。初めて。チャーシューじゃじゃ(チータン付)800円。もくろみ通りすいていた。酢とかラー油とかの加減が悪かったのか(俺はニンニクは入れない)特に印象に残る味ではなかったがチャーシューが美味かった!娘に送ろうかと思って地方発送の値段を聞いていると韓国語のお客さんが2人入って来た。しばらく食べていなかったので、じゃじゃ麺屋さん探訪しようかな(笑)。ところで [続きを読む]
  • 秋田工28−21秋田中央
  • 昼飯後の散歩から帰って地デジをつけるとプロ野球交流戦=ヤクルトー日本ハム。途中寄ったスーパーで買ったCGC製120円台の500缶ビール(かなり美味い!)を片手に観戦するも、あえなく降雨中断。そこで、NHK教育テレビ(今はEテレと言うらしい)をつけると、東北高校ラグビー決勝をやってる。どうやら背景の山の形(岩手山)から上寄木ラグビー場(今は八幡平市ラグビー場と言うらしい)が会場で、ユニフォームを見ると、盛 [続きを読む]
  • これはなぁ〜
  • [画像]東京郊外のダンチに住む京橋家の祖母、母、父、娘(高校生)、息子(中学生)、息子の家庭教師の女、各々の目線で語られる連作小説、直木賞候補作。「秘密を待たないこと」をモットーにしている京橋家、実は仮面家族。上っ面で仲の良い家族を装っているが、みんな人に言えない秘密を持っているのだった。また、この秘密がドロドロしていて、頁をめくる手がなかなか前に進まない。おばあちゃんが1人ラブホテルを堪能する姿が [続きを読む]
  • ジャパンーアイルランド
  • ラグビーテストマッチ。ジャパンのウィング(って今言うんだべが?)福岡の脚力が凄い!けっこう点差は開いたが久しぶりに見るラグビー面白かった。しかし、ラグビーの日本代表は何故か「ジャパン!」と言ってしまう。何でだべ(笑)!?あっ!あれか?日本国籍ぢゃない選手も出られるからカナ・・・言っておきますが、ラグビーのこの制度におらは反対ではありません。「純潔じゃない」とかという世論もあるみたいだけど全然問題な [続きを読む]
  • 頑張れ!佐々木塁君!!!
  • 今日から始まる東北高校陸上、上位入賞選手がインターハイ出場権を獲得することになります。初日の盛岡一高勢は男子1500?に佐々木塁君(1年)が登場。午前中に予選、午後4時過ぎに決勝の予定です。県大会記録ランキングでは塁君は5位。上の4人は全員3年生です。上位6人に入ればインターハイ出場!頑張れ!塁君!!!佐々木塁君、決勝では1年生トップでしたが8位に終わりインターハイ出場なりませんでした。残念です・・・ [続きを読む]
  • 感涙必至!
  • [画像]初浅田次郎!重松清の「流星ワゴン」同様、死者が現世に蘇るお話。主人公は3人、メインはデパート勤務で突然死した椿山和昭課長さん。2人目は人違いで殺されたヤクザの武田勇。最後の一人は小学低学年で交通事故で亡くなった根岸雄太君。3人は時間限定で現世に蘇り、自分のやり残した想いを遂げようと行動する!わーっ!感動した!出て来るみんながみんな良い人だーっ!ラスト50頁泣きすぎた!当然SFだし、ユーモア盛 [続きを読む]
  • 岩手高校そばの武田邸!
  • [画像][画像]今日の午後は全日本大学野球選手権決勝、ジャイアンツ戦、ヤクルト戦をテレビ観戦の予定だったのだが、ネット速報によれば接戦にほと遠い状況なので材木町のマルイチへの買い物ついでに少し遠回りをしてみた。福田パンで買ったと思われるコッペパンをニコニコ歩きながら頬張るカップルとすれ違い、岩手高校、岩手リハビリテーション学院方面に歩を進める。前から思っていたのだが、この界隈にグルっと塀をめぐらして木 [続きを読む]
  • 最後の方でウルっと来たけどさ・・・
  • [画像]「キケン」とは成南電気工科大学『機械制御研究部』の略称=【機研】のことである。その【機研】の卒業生・元山が10年前の出来事=部長・上野直也のはちゃめちゃ振り、副部長・大神宏明の失恋事件、学園祭の模擬ラーメン店での売上137万達成!、ロボット相撲コンテスト決勝での自爆シーンを妻に語りつつ懐かしき青春時代を振り返る。有川作品としては「キケン」というぶっそうな表題のわりにはとんでもない(ワクワクす [続きを読む]
  • シルクロード紀行、あと半分
  • [画像]西暦350年頃、鳩摩羅什(くまらじゅう)という大乗・小乗仏教の数多くの経典を漢語訳した人物の足跡を辿る宮本輝のシルクロード紀行もようやく中盤。鳩摩羅什の生まれ故郷のクチャに到着。ちなみにカバー写真の女の子はクチャの野菜売りの少女。わがままな宮本輝と中国人ガイドのフーミンちゃんの掛け合いが面白い。日本人と中国人の物のとらえ方の違いがわかるので思わず笑ってしまう。シルクロードの地に立っても宮本輝 [続きを読む]
  • 巨人42年ぶりの11連敗
  • ついに巨人が球団史上ワースト記録に並んだ。その42年前、私は大学浪人で仙台にいた。仙台の北、台原の三畳間での下宿生活。テレビを持たない私の唯一の楽しみはプロ野球のラジオ観戦。長嶋監督の就任1年目のその年、わが巨人軍は負け続け球団史上初の最下位。それでも、私は毎晩ラジオのプロ野球ナイターを欠かず聴いていた。いつか浮上するだろう!という期待を込めて、試合内容をメモしながら・・・横山が打たれる!新浦が打 [続きを読む]
  • 本から四葉のクローバー出て来た!
  • [画像]宮本輝の「ひとたびはポプラに臥す3」の70頁目をめくったところ、四葉のクローバーが出て来た!左側の葉っぱ2つが重なっているので三つ葉のようだがよくよく見ると四葉!以前、奥田英朗の「サウスバウンド(下)」を読んでいたら10年前のレシートが出てきたこともあった。これだから中古本やめられんっ!明日なにかいいことあるかもぉーーーー(笑)! [続きを読む]
  • なんだかんだ言っても毒婦に惹かれる男たち
  • [画像]糸井美幸という20歳台の女性の生き様を彼女を取り巻く人間たちのエピソードで語る異色作。主人公美幸の姿を周りの人間の会話と行動が浮き彫りにして行く。ある時は中古車販売会社の事務員。ある時は麻雀荘のアルバイト。ある時は65歳男性のマンション同居人。ある時はお料理教室の生徒。ある時はパチンコ店常連。ある時は岐阜市柳ヶ瀬の高級クラブママ。したたかで強欲な女の生き様に翻弄される男たちの哀れな姿が痛々し [続きを読む]