いづな薫 さん プロフィール

  •  
いづな薫さん: 戦国カフェ
ハンドル名いづな薫 さん
ブログタイトル戦国カフェ
ブログURLhttp://cafe.kenshingen.fem.jp/
サイト紹介文時事問題を考え、歴史、戦国、幕末、特に上杉家を愛する日記です。 サッカー、料理もあります。
自由文管理人・いづな薫
仕事(技術・研究系)と家族を愛する普通の人。
時事問題、歴史、戦国、幕末、上杉家、上杉謙信公、料理いずれかお好きな方はぜひ一度ごらん下さいませ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供181回 / 365日(平均3.5回/週) - 参加 2008/01/21 19:16

いづな薫 さんのブログ記事

  • 今度の総選挙は、日本崩壊するか否かの境目
  • 安倍首相は、次の総選挙(10月22日になるか?)で消費税10%の是非を問うと言っている。もちろん、カムフラージュで安倍の目的は「憲法改正」である。安倍政権は、国民の生活など一切考えたことはない。これまでも、この先も「憲法改正」だけである。今度の選挙、誰しも行って欲しい。平和な日本を維持したいのなら、自分や家族を戦争に行かせたくないのなら、自公以外に投票しなければならない。与党に組するものはすべてダメだ。 [続きを読む]
  • 秋ごよみ
  • 庭の木々や落ち葉に少しずつ、黄色や茶色、赤が混じり始めている。今年の夏は、さして暑くなく、東京も秋が早かった。空の色、夜鳴く秋虫の声も秋の気配が漂っている。私は、この秋から冬が終わるまでの季節がとても好きである。猛暑の夏は無論のこと、百花繚乱の春よりも秋冬が好きである。春夏、植物はひたすら伸び拡散し養分を作る。秋に葉を落とし、エネルギーを静かに蓄えている。人間は、吸収した知識感動を新たな形に変えて [続きを読む]
  • 謙信、鷹山、官兵衛、加藤重徳
  • 昨日、仕事仲間の学者にくだらない説明を強要され珍しく頭痛になった。そんなもの一般人ならわかるよって言う内容である。実は私は本を書く人間である。上記の学者は共同著作になる人である。最近書籍どの分野も落ち込みが激しいので、本は儲からない。今回の本は大学で使う専門書なので、そう多くはないがまあシェアは失わないのが救いか。頭痛が一晩寝ても治らないので、午前中寝ていて、布団の中で上杉鷹山の家系図を見ていた。 [続きを読む]
  • 八王子城2
  • 上杉家と北条家の越相同盟の、直接の交渉者であった北条氏照。同盟の証に、北条氏康の子の景虎が人質になり謙信の養子になっている。同盟交渉が進展する中、謙信から北条家に太刀が贈られて来た。手紙は、その返礼。「太刀ありがとうございます♪上の人に見せたらとっても喜んでいました。」原本は米沢上杉博物館八王子城近くのベンチが可愛い。 [続きを読む]
  • 八王子城
  • 初秋の八王子城跡に来ています。北条氏照(氏政の弟)の城です。豊臣秀吉の命により前田利家、上杉景勝&直江兼続がこの城を攻めています。北条さん、どーもすみません…。八王子城ガイダンス施設で、ガイド映画が「春日山城」とか言っているので行って参ります。 [続きを読む]
  • おんな城主直虎 「井伊家最後の日」 &最近の不倫報道
  • 直虎は、龍雲丸と結婚したの?直虎は、井伊の姫→僧侶→殿→盗賊の女房になったの?面白い展開である。歴史上の人物が、架空のオリジナルキャラと夫婦になりおった。笑まあ、架空キャラとのロマンスはこれまでの大河でもあったので別段珍しいわけではない。直虎には、直親より政次より、龍雲丸が似合う。彼が1番生きる力があり、一緒にいて楽しそうだ。小野政次が人気で、壮絶な死に方したので、「政次ロス」なんて言 [続きを読む]
  • レオナルド・ダ・ビンチ ミケランジェロ
  • レオナルド・ダ・ビンチ、ミケランジェロ展を見て参りました。場所は、東京の三菱一号館美術館です。レオナルドダ・ビンチ、建築、科学、解剖学と研究を重ね、しかも反転した鏡文字で記録している。天才なので、脳のポテンシャルが余っているようだ。レオナルドとミケランジェロは、同時期に生き互いに芸術家として交流がありその書簡が展示されている。日本で言えば、彼らが生きたのは戦国時代初期の頃である。毛利元就や北条早雲 [続きを読む]
  • 金継ぎ(きんつぎ)
  • 形あるものは壊れます、それがあなたにとって大事な品だった場合どうしますか?私が、最近はまっていたのが金継ぎです。壊れた器を、金や漆でつなぐ日本古来の技法です。昔、千利休が夫婦げんかして、大事な茶碗を奥さんにぶん投げられてしまい修復したと言う逸話があります。私も京都で求めたお気に入りのご飯茶わんが壊れてしまい、捨てるに忍び難く、金で繕いました。お気に入りの器を、自分の手でよみがえらせる喜び、壊れる前 [続きを読む]
  • 二分間憎悪
  • 北朝鮮がミサイル発射で、日本が大騒ぎだ。北朝鮮も、日米の軍需関連産業もこの日本人の騒ぎようは大喜びだろう。あほらしくて安倍のミサイル対応なんて書きたくないんだが、刀らぶイベントも終わってしまったので書くことにする。普通は、国に危機が迫ると通貨価値は下がる。なのに、円高が急激に進んでいる。株関連情報を見ていたら、北朝鮮がこの機に乗じて円買い取引しているではないか。今日、日本各地でJアラート警報が鳴っ [続きを読む]
  • 八月納涼歌舞伎
  • 休日、野田秀樹版 「桜の森の満開の下」を見て来た。演出家の野田秀樹氏が、坂口安吾の短編小説「桜の森の満開の下」と「夜長姫と耳男(みみお)」をモチーフに作成した歌舞伎版である。古代、天智天皇治世の時代、大きな耳を持つ耳男ら3人のヒダの匠名人が集められる。ヒダの王(長者)の愛娘、夜長姫と早寝姫姉妹をを守る仏像を彫って欲しいとの依頼である。3人の匠たちは、彫刻で競う合う。ヒダの王は、3人のうちの勝者に、奴 [続きを読む]
  • サイコパス
  • 今ベストセラーになっている、「サイコパス」中野信子著を紹介する。サイコパスが少しでも気になる人は、この本の最初p3、p4だけ読むことをお勧めする。さもなくば、ネットでサイコパスをググると沢山出て来る。それで、意味が通じる。サイコパスとは何か。一言でいえば、精神病質者である。その病状とは、有り得ない嘘をつき、とんでもない不正をしても平然としている。その嘘が露見しても、悪いとも思わない。それどころか、自分 [続きを読む]
  • ローストビーフ
  • 今日はメインのおかずになるローストビーフ。お家で作ると、やわらかくてとっても美味しいです。作り方も簡単。材料 和牛肉ブロック 500g今回はももかたまり。部位によって味わいが違うのでいろいろ作ってみるのも良いかもしれません。塩コショウ 適宜にんにく 2かけ醤油 適宜酒かワイン 200ccみりん50cc塩麹か醤油麹 大さじ2オリーブオイル 適宜好みでネギかアサツキ 少々付け合わせにポテトサラダを作りまし [続きを読む]
  • 仲代達矢さん、桂歌丸さんが語る戦争
  • 報道特集 戦争と憲法〜仲代達矢さん、桂歌丸さんが語る戦争 〜平和憲法の原点に迫る 0110... 投稿者 YKami1945年5月24日25日、東京山の手(世田谷、青山)が空襲された。1000機を超えるB29が、6000トンの焼夷弾を投下し22000人が死傷している。1945年5月25日の夜、13歳だった仲代さんは、友達に会うため渋谷から青山へ歩いていた。その時、仲代さんは空襲に遭ったのである。(上の映像冒頭から)逃げる仲代さんは、小学生にもなら [続きを読む]
  • 羊飼いの暮らし
  • 私はあまりブックレビュー書かないけれど、結構本を読む。テレビ新聞などメディアに比べ、まだ書籍は真実が比較的多い。最近読んだ本で面白かったのが、ジェームズ・リーバンクス著「羊飼いの暮らし」。リーバンクス氏は英国人、湖水地方の600年続いた羊飼いの家系に生まれた。オックスフォード大学を出て、羊飼いになりその暮らしを丁寧に書いている。英国、米国でベストセラーになり日本でも人気の書である。競売市が開かれる秋 [続きを読む]
  • 異常な日本
  • 最近の日本極めて異常。長崎原爆式典で安倍首相に参列者が「改憲反対」と言ったら警察が拘束し、国会前で「平和」とプリントした袋を持つ女性が職質を受ける。 教科書:慰安婦言及 灘中など採択学校に大量の抗議はがき - 毎日新聞 https://t.co/VQIEsJm6xY— いづな薫 (@kaoru_izuna) 2017年8月10日「9条」や「平和」「護憲」は“危険思想”扱いする警察。長崎原爆の式典で安倍首相に「改憲反対」と叫んだ参列者を警察が拘 [続きを読む]
  • 福島原発内に不発弾
  • 福島第1原発:敷地内に不発弾か - 毎日新聞 https://t.co/YfZQ21X46h— いづな薫 (@kaoru_izuna) 2017年8月10日まじかよ。爆発したらどうするんだ。不発弾処理が、現代になってもあちこちで行われている。と言う私も、車で向かおうとしたら通行止めをくらって避難させられたことがある。戦前、軍事基地があった場所や、東京の橋や幹線道路、大きな駅ではもれなく空襲が行われ爆弾が落ちている。そして地上戦が行われた沖縄で [続きを読む]
  • 東京上空で飛行する魔の11分
  • 今朝地元を歩いていたら、耳慣れない轟音と大きな影が差しかかった。空を見上げて探すと大きな旅客機。機体の底の部品まではっきり見えた。東京区部西部の今まで航路でなかった所も、五輪に備えて増便され飛んでいる。騒音で不動産価値が低下したり落下物の心配したりするようになったのだ。— いづな薫 (@kaoru_izuna) 2017年8月9日東京オリンピックに向けて、舛添元都知事の時に決められたのが羽田空港増便計画である。日本 [続きを読む]
  • 角館 青柳家
  • 殿様佐竹一門の芦名(あしな)氏の家臣団だったのがこの青柳家です。芦名氏は断絶し、やはり親戚の佐竹北家に仕えました。屋敷の広さは3000坪あります。植わっている植木は、600種もあります。薬医門をくぐって入ると、道沿いに武者窓とよばれるのぞき窓のついた造りになっています。薬医門は公家や上級武士の武家屋敷の正門とされています。その横には、樹齢400年の枝垂れ桜が植わっていました。角館の観光写真によく写っているの [続きを読む]
  • 角館 岩橋家
  • 佐竹北家に仕えた上級武士の館、岩橋家です。明治33年の大火で角館は262軒の屋敷を焼失してしまいます。幸運にも残ったのが、この岩橋家です。明治30年に、岩橋家は茅葺から木羽葺き(こばぶき)に屋根をふき替えました。木羽葺き(こばぶき)とは屋根を木材の板で葺くことです。これが、火災を防いだと言われています。これをもって、以後木羽葺き(こばぶき)の家が主流になりました。『たそがれ清兵衛』のロケ地になったのが、 [続きを読む]
  • 角館 石黒家
  • 佐竹本家の分家である佐竹北家に長く仕え、財政関係の役職についていた家柄です。長く続いた黒い塀と、茅葺の母屋があります。正玄関と脇玄関を備えた武家の格式の高さが伺える屋敷でした。現存する角館の武家屋敷の中では一番の格式を誇ります。築200年、江戸時代文化文政の頃の建物です。玄関が、身分により使い分けられいくつもあります。表玄関から真っ直ぐ先にある表玄関は、当主よりも身分の高い人が訪ねて来た時使います。 [続きを読む]
  • 角館 西宮家
  • 角館の武家屋敷、西宮家です。西宮氏は1602年(慶長7年)、秋田に佐竹氏の家臣として移ってまいりました。殿様である佐竹氏が、関ヶ原の戦いで徳川に味方しなかったため、常陸から秋田へ国替えになったのです。角館を当初まかされたのは、佐竹氏の一門の芦名氏です。当時の城下町は田沢湖町神代にありました。しかし、水害や火災に見舞われた上、狭いので新たな街が必要となり、作られたのが、現在の角館です。現在の角館田町にあ [続きを読む]
  • 角館の旅
  • 秋田新幹線に乗って、角館を旅して参りました。角館に出かけたのは初めてです。まずは、角館駅で下車してホームにあった山車。角館祭りのやま行事と言うお祭りに使われるものです。2016年「ユネスコ無形文化遺産」に登録されています。毎年9月7〜9日の3日間に行われる角館神明社(しんめいしゃ)と薬師堂(やくしどう)のお祭で、約400年続いて参りました。やま(山車)がそれぞれ神明社・薬師堂へお参りしたのち、佐竹氏一門、殿様 [続きを読む]