路地裏男 さん プロフィール

  •  
路地裏男さん: ラーメン大好き草野球馬鹿の日々
ハンドル名路地裏男 さん
ブログタイトルラーメン大好き草野球馬鹿の日々
ブログURLhttp://logiura.blog71.fc2.com/
サイト紹介文横浜市発、草野球とラーメン、スノーボードを愛する自称・日本一几帳面なO型男の多趣味欲張りブログ。
自由文☆パッと見、横浜・藤沢あたりのラーメン食べ歩きブログです。HANABI@鎌倉、海龍@藤沢、塩や@横須賀あたりが好み。
☆その一方で、スノーボードも1シーズン15〜20日滑走中の週末サラリーマンボーダーであったりします。昨シーズンJSBA1級を取得しました。ただいま9シーズン目突入の独身三十路男です。尾瀬岩鞍、丸沼高原あたりに毎週末出没中。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供122回 / 365日(平均2.3回/週) - 参加 2008/01/23 20:49

路地裏男 さんのブログ記事

  • 【限定メニュー】 流星軒@吉野町「エビとホタテの揚げネギしおワンタン麺」
  • このブログでは新着情報としてご紹介できませんでしたが、流星軒@吉野町では5月4日(木)からロ麺ズ×流星軒コラボ第12弾「エビとホタテの揚げネギしおワンタン麺」が始まっていました。エビとホタテの揚げネギしおワンタン麺(1,350円)+味玉(100円)麺以外は既存アイテムの組み合わせで、完全限定というよりも不定期限定といった趣。「揚げネギしお」は「つなぎの限定」の定番ですものね。でもこうした飾らない限定にも定番的 [続きを読む]
  • お知らせ
  • 実は先月の初めに思いがけないことがあり、以来、ブログに費やすだけの時間は元より精神的な余裕もなく、ご承知のようにブログ更新が難しい状況が続いております。ラーメンを食べる時間も、です。そうした現状はもちろん、これまでのこと、そしてこれからのことも考慮し、このままブログを辞めてしまうことも検討したのですが、ひとまず辞めることはせず、落ち着き次第、以前のように再始動したいと今は考えています。そうこうして [続きを読む]
  • 製麺rabo@西新宿五丁目 「中華そば」
  • 2014年7月オープンのお店。店主さんは嗟哉@初台の初代店長…と言っても嗟哉さん、未訪問です。こちら、接客が色々言われてもいるようですが、自分には許容範囲というか、こちらが普通にしている分には特に問題ありませんでした。個人的には最低限の受け答えや挨拶ができていれば、仮に笑顔が無かったりしても無問題。むしろ最近は多くを求めすぎる客が多い気がして、そちらの方に違和感を覚えます。券売機。「らーめん」「中華そ [続きを読む]
  • 麺屋 庄太 津久井浜本店 「味噌らぁ麺」「背アブラ煮干しつけ麺」
  • 5月上旬訪問。庄太店主にはお店の外でお会いすることが何度かありましたが、津久井浜本店へは2016年11月の復活オープン後、初めて。およそ3年ぶりの訪問、メニューも様変わりしていました。らぁ麺(並)(800円)絶対的看板メニュー。六浦店も美味しいですが、本店は本店で、また違った旨さであり凄味を感じさせてくれます。本支店で切磋琢磨している感。茶色がかった自家製の極太麺、ちょっとくり山@白楽を連想させるかも(当社 [続きを読む]
  • 横浜らーめん源泉@戸塚 「赤みそ豚骨らーめん」
  • 以前訪れた際、他のお客さん達が軒並み注文していて気になっていたメニューがあり再訪問しました。赤みそ豚骨らーめん(780円)ほぼ1年前に訪れたときより30円値上げされたようです。時に「赤みそらーめん」という表記、日頃ラーメンを食べ慣れている人なら「辛いんだろうな」と見当が付くと思いますが、そうでないと「赤味噌のラーメン」、つまり「一般的な味噌ラーメン」と勘違いされやしないだろうか、と余計な心配をしながらい [続きを読む]
  • 金八家(Kinpachi-ya)@金沢八景 「ラーメン並盛+温キャベツ」
  • かつては「六角家姉妹店」を謳っていた1998年オープンの老舗。4月下旬、久々の訪問です。数年に一度、店の前を通るとそのたびに外観が変わっているような印象を受けるのですが、今回は大幅な変更。と言っても現在の仕様は2012〜2013年頃に変更されたようです。横浜家系としては異例な、ポップでカジュアルな雰囲気ですね。店内はL字カウンター13席、タッチパネル式発券機による食券制…ということで券売機の写真は無し。2月より閉 [続きを読む]
  • 太陽堂@鎌倉 らーめん(しお)
  • 地元鎌倉の御成通りにいつの間にかオープンしていたお店。2016年9月12日オープンだそうですが、存在を知ったのはだいぶ後になってからでした。4月上旬に初訪問。なんでも都内は立川からの移転だそうですが、店構えは湘南らしくてなかなかの趣です。メニュー。おもに「らーめん」と「つけめん」の「しお」と「しょうゆ」という展開。大盛は150円増し。店内はカウンター10席、訪問時は1席を残して満席。週末のちょうど正午ということ [続きを読む]
  • 煮干しつけ麺 宮元@蒲田 「極上煮干しそば」
  • 2015年4月のオープン直後から気にはなっていたお店。3月下旬に初訪問しました。訪れたのが閉店時刻ギリギリだったので早じまいも覚悟しましたが、21時キッカリまで営業していてくれました。有難いです。メニューは「極濃煮干しつけ麺」「極上濃厚煮干しそば」「極上煮干しそば」の3本。店内はカウンターのみ10席、オシャレ感は皆無で、食べるためだけの空間といった趣。このあたりは一燈出身だと思うと意外。また、スタッフは3人中 [続きを読む]
  • 支那そば たんたん亭@浜田山 「ミックスワンタンメン」
  • 多くの門下生を輩出している「たんたん亭系」の総本山、今さらながら初訪問です。実は…設備工事による臨時休業にフラれ(3月29日)…スープ切れによる早じまいにフラれ(3月30日)…これにはたんたん亭を前にしながら淡々とはしていられず(ぇ同じ店にこれだけフラれ続けたのは善行時代のカミカゼ以来です(ぁ日頃の行いは日本代表クラスに良いつもりなのに、おかしいなぁ(´Д`?それでもめげずに訪れた3月31日。ホームページもT [続きを読む]
  • 無銘@神田 「塩らーめん〜トリュフオイル掛け〜」
  • 神田駅から秋葉原駅にかけてのガード下に2013年1月オープンしたお店。店名は正式には無し。オープン当初にまだ決まっていないから暫定的かつ便宜的に「無銘」と呼ばれるようになったと認識していましたが、結局対外的には「無銘」で定着、実際には店名無しのままのようです。店内はカウンター6席、先客1名、後客1名、食券制。店主さんはイタリアン出身、BGMはJ-WAVE。塩らーめん〜トリュフオイル掛け〜(750円)一般的にはオリジナ [続きを読む]
  • 中華そば 大井町 和渦 「醤油そば」「塩そば」
  • 現ajito ismの近所で、移転前の旧ajitoの2軒隣に2016年5月にオープンしたお店。券売機。かなりタイトな店内はカウンター6席のみ、調理場も手狭な上に暑そうです(^_^;)麺メニューは「醤油そば〜牡蠣のアヒージョを添えて」「塩そば〜蟹と海老の和風アメリケーヌ 海の恵み」の2種類と、訪問時は限定で「魔法の塩チーズそば」がありました。以前はもう1種レギュラーメニューがありましたが、消滅していました。しかしアヒージョくらい [続きを読む]
  • 中華蕎麦 蘭鋳@方南町 「中華そば」
  • 環七沿いに2010年7月にオープンした人気店。偶然待ちは無く、タイミング良く1つだけ空いていた席に滑り込むことが出来ましたが、すぐに待ちが発生していました。年季の入った店内は裸電球に振り子時計、車が表を通ればガラス戸がガタピシと音を立てて揺れてすきま風が入って来そうなノスタルジックな雰囲気。「昭和レトロ」と言うとファッション的要素が入ってくるきらいがありますが、ここは昭和がそのまま息づいている感。BGMもT [続きを読む]
  • RAMEN CiQUE@南阿佐ヶ谷 「塩ラーメン+焼きトマト」
  • 2008年2月オープンのお店。オープン当初にお店の前までは来たものの案の定の行列&時間に余裕がなかったので泣く泣く踵を返して以来の訪問。店主さんはAFURI@恵比寿などでの修業経験があるようです。この日はここへ来るつもりはなかったのですが、らぁめん小池@上北沢から徒歩で浜田山まで移動したところ、お目当ての「たんたん亭」が臨時休業。慌てて杉並区のコミュニティバス「すぎ丸」(どこまで乗っても運賃100円!)に乗車 [続きを読む]
  • らぁめん 小池@上北沢 「煮干しラーメン」
  • 上北沢にある「ミシュランガイド東京2016」掲載店。金色不如帰@幡ヶ谷でいただいた後、京王線に乗り直しての訪問。こちらは2013年11月に「つけ麺 小池」としてオープン、評判となるも店主さんの健康上の理由により2014年9月に「らぁめん 小池」としてリニューアルオープンしたお店。ということでこじんまりとしたお店をイメージしていましたが、カウンター12席に対して厨房に男性スタッフ3名という厚めの布陣。平日の19時台で常時 [続きを読む]
  • SOBAHOUSE 金色不如帰@幡ヶ谷 「塩そば」
  • 新宿駅から京王新線に揺られること2駅、ラーメン界にその名を轟かす超有名店へ5年ぶりの訪問。2014年10月にそれまでの「SOBAHOUSE不如帰」から「SOBAHOUSE金色不如帰」へと改名しており、5年ぶりですから改名後は初。夜営業は18:30からですが、平日18:13着ですでに8名待ち、席数はカウンターのみ8席ですから僅かな差で1回転目を逃がしました。満席の場合は先頭の3名程度は店内の券売機で食券を買い、それをスタッフさんに渡したう [続きを読む]
  • 【限定メニュー】 ラーメン 雪ぐに@中田 「鯛みそラーメン」
  • 今月初めのこと。3月27日(月)の夜営業から新たな期間限定メニューが始まった雪ぐにさんへ。エリア的に本来は自分の守備範囲外ですが、駅からの近さと居心地の良さから、つい足を運びたくなるお店です。路地裏という立地にも親近感が…?その限定メニューは「鯛みそラーメン」。「100%鯛ダシ」「手もみ麺使用」「追いゆずこしょう付き」の「あっさり」な一杯だそうです。限定メニューが「いかミソ」「牡蠣ミソ」「蟹ミソ」「鯛み [続きを読む]
  • らーめん五文@金沢八景 「らーめん」
  • 国道16号線沿いのビルの1階に2016年9月10日にオープンしたお店。券売機。メニューは「らーめん」と「中華そば」の2本立て。「らーめん」のボタンには「醤油拉麺」、「中華そば」のボタンには「辛み&魚粉」と補足説明がありますが、正直、イメージが湧きづらいものがあります。コンクリ打ちっぱなしの店内はカウンター9席、日曜日の12時台で先客2名。店主と思われる中年男性お一人での営業、率直に言って辛気臭く、やる気がなさそ [続きを読む]
  • 麺屋 庄太 六浦店@金沢八景 「らぁ麺」「中華そば」
  • 3月中旬、およそ1年ぶりの訪問。常に念頭にありながらもずいぶんご無沙汰してしまいました。週末の13時台でしたが、タイミングが良かったのか並びは無し。津久井浜本店復活の影響もあるでしょうか。券売機。らぁ麺(並)(700円)前回は閉店間際だった(自分が最後の客でした)ためかスープに拍子抜け。それ以来ですがこの日は…「良かった、戻ってる」。「羽釜豚骨」にふさわしい、力強いコラーゲンスープ。骨粉のざらつきはあり [続きを読む]
  • 啜磨専科@上大岡 「正油細つけ麺H」「正油細つけ麺F」他
  • このところブログの更新が滞りがちですが、ちゃんと生きています。元気です。正油細つけ麺H(並)(880円)3月中旬、レギュラーメニューを復習。「H」はご存知「浜虎風」の「H」。浜虎の「醤そば」テイストで、動物系清湯をベースにおそらくXO醤使用のカエシ+ニンニク油+揚げネギ+揚げ鰹節の荒削りなのかな(詳細は未確認)。カリカリとした鰹節フレーバーが最大の特徴です。啜磨専科がオープンした当時のG麺7は魚介不使用がひ [続きを読む]
  • タンメン・カントナ@平沼橋 「カントナタンメン」
  • 3月中旬、大幅に遅ればせながら初訪問。店主さん自身が食生活の乱れから体調を崩したことを背景に、「からだが喜ぶ料理」をモットーに野菜をいっぱい食べられるお店を…ということで2012年8月にオープンされたのがこちら。化学調味料も不使用だそうです。店内はカウンター4席+テーブル5卓12〜13席、後会計制。飄々とした雰囲気ながら動きはキビキビとした店主さんは横浜中華街の老舗「萬珍樓」のご出身で、ふくろう@戸塚の長友店 [続きを読む]
  • 楽観 NISHIAZABU GOLD@六本木 「琥珀」
  • 2016年3月1日オープンのお店…と言っても、2011年6月にこの場所にオープンし、翌年には立川に移転した同店が創業の地に凱旋した形。2012年の立川移転以降は武蔵小山に2号店、南青山に「アルス南青山」、立川に「白菜タンメン楽観」(旧「煮干しの楽観」旧々「楽観(赤)」)、そしてここ西麻布と順調に業務拡張しておられます。隠れ家的雰囲気満点な店内はカウンター8席。旧店舗はわずか4席のみで、テレビ番組「激セマ繁盛店」で紹 [続きを読む]