mitosya さん プロフィール

  •  
mitosyaさん: 未踏社
ハンドル名mitosya さん
ブログタイトル未踏社
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/mitosya
サイト紹介文個人誌未踏 小説、詩、散文、日記
自由文個人誌、未踏 http://www.geocities.jp/mitosya/
小説 詩 散文 日記等
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供410回 / 365日(平均7.9回/週) - 参加 2008/01/24 11:21

mitosya さんのブログ記事

  • ロット - ハンス・ロット (Hans Rott)
  • ロット - ハンス・ロット (Hans Rott)ハンス・ロット(Hans Rott, 1858年8月1日 - 1884年6月25日)は、オーストリアの作曲家。作曲家としては習作的な管弦楽曲を残したに過ぎず、今日では無名だが、生前は恩師アントン・ブルックナーや学友グスタフ・マーラーから高く賞賛されており、ブルックナーは、いつしかロットが大収穫をもたらすことを信じていた。マーラーは《交響曲第1番》において、ロットの交響曲から引用を行なった。 [続きを読む]
  • ロッティ - アントニオ・ロッティ (Antonio Lotti)
  • ロッティ - アントニオ・ロッティ (Antonio Lotti)アントーニオ・ロッティ(Antonio Lotti, 1667年1月5日 ヴェネツィア - 1740年1月5日 ヴェネツィア)[1] は、イタリア・ヴェネツィアにあるサン・マルコ寺院を中心に活動した盛期(中期)バロック音楽の作曲家、オルガニスト。晩年は同寺院の楽長を務めた[2]。従来、アカペラの宗教合唱曲 「十字架に付けられ給いて」、歌曲 「美しい唇よ、お前は言ったのだ」 など少数の作品が知 [続きを読む]
  • ロッシーニ - ジョアキーノ・ロッシーニ (Gioachino Antonio Rossini)Ⅶ
  • ロッシーニ - ジョアキーノ・ロッシーニ (Gioachino Antonio Rossini)関連する人物ニコロ・パガニーニルートヴィヒ・ファン・ベートーヴェンフレデリック・ショパンジョルジュ・サンドスタンダール 『ロッシーニ伝』(山辺雅彦訳、みすず書房、1992年)がある。アルベルト・ゼッダオノレ・ド・バルザック(1830年に交友を結ぶ。1835年に書いた『夫婦財産契約』(Le Contrat de mariage)を、1842年にロッシーニに献呈している。そ [続きを読む]
  • ロッシーニ - ジョアキーノ・ロッシーニ (Gioachino Antonio Rossini)Ⅲ
  • ロッシーニ - ジョアキーノ・ロッシーニ (Gioachino Antonio Rossini)牛肉とフォアグラのロッシーニロッシーニは10代終わりの頃からオペラ作曲家としての活動を始めた。1813年、20歳から21歳にかけての作品『タンクレーディ』と『アルジェのイタリア女』でオペラ作曲家としての評判を確立し、1816年、24歳の作品『セビリアの理髪師』でヨーロッパ中にその名声をとどろかせた。1816年以降、ウィーンではロッシーニ人気の高まりによ [続きを読む]
  • ロッシーニ - ジョアキーノ・ロッシーニ (Gioachino Antonio Rossini)Ⅱ
  • ロッシーニ - ジョアキーノ・ロッシーニ (Gioachino Antonio Rossini) 略歴1792年 - 2月29日、ペーザロに生まれる。1800年 - (8歳)ボローニャ に移り住み、ボローニャ音楽学校に学ぶ1810年 - (18歳)フィレンツェで一幕のオペラ・ファルサ『結婚手形』を初演。オペラ作曲家としてデビュー。1812年 - (20歳)ブッファ『試金石』をスカラ座で初演。初のヒット作となり兵役を免除される。1813年 - (21歳)『タンクレーディ』『ア [続きを読む]