mitosya さん プロフィール

  •  
mitosyaさん: 未踏社
ハンドル名mitosya さん
ブログタイトル未踏社
ブログURLhttp://blogs.yahoo.co.jp/mitosya
サイト紹介文個人誌未踏 小説、詩、散文、日記
自由文個人誌、未踏 http://www.geocities.jp/mitosya/
小説 詩 散文 日記等
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供358回 / 365日(平均6.9回/週) - 参加 2008/01/24 11:21

mitosya さんのブログ記事

  • モッラー・サドラー
  • モッラー・サドラーサドル・アッ=ディーン・シーラーズィー、通称モッラー・サドラー (サドル=オル=モテアッレヒン ) (年1572-1640年)はイランのシーア派イスラーム哲学者、神学者、ウラマー 。17世紀イランの文化的ルネサンスを主導した。イスラーム哲学 ・ユダヤ哲学 ・東洋哲学 を研究しているオリヴァー・リーマン によれば、モッラー・サドラーは最近の四世紀間では最も重要で影響力のある哲学者だと言えるという[1][2]。彼は [続きを読む]
  • ロイスナー - エザイアス・ロイスナー (Esaias Reusner)
  • ロイスナー - エザイアス・ロイスナー (Esaias Reusner)Esaias Reusner (若者)(1636年4月29日、 シレシアの Löwenbergで、現在はポーランドの LwówekŚląski - 1679年5月1日、 ベルリン 、 ドイツ )は、ドイツの管財人であり作曲家でした。彼の最初のリュート教師は、彼の父のEsaias(Bernstadtの王子、 ヘンリー・ヴァンセラウス )のルーテル師でした。 彼は子供の天才であり、彼の父と共に様々な裁判所を旅し、演奏しま [続きを読む]
  • レボヴィッツ - ルネ・レボヴィッツ (René Leibowitz)
  • レボヴィッツ - ルネ・レボヴィッツ (René Leibowitz)ルネ・レイボヴィッツ(René Leibowitz, 1913年2月17日 ワルシャワ - 1972年8月29日 パリ)はポーランド出身のユダヤ系作曲家・指揮者・音楽理論家。ウィーンに留学し、亡命先のフランスを拠点に、西欧全土に新ウィーン楽派の作曲技法を伝播する上で貢献した。解釈の正当性をめぐって議論は多いが、卓越した指揮者としても活躍、伝統的なレパートリーをステレオ録音で残した [続きを読む]
  • レファニュ - ニコラ・レファニュ (Nicola LeFanu)
  • レファニュ - ニコラ・レファニュ (Nicola LeFanu)Nicola Frances LeFanu (1947年4月28日生まれ)は、 英国の作曲家、学者、講師、監督です。 [1]人生Nicola LeFanuは、 ウィリアム・ルファヌとエリザベス・マコンチ (作曲家、後にデイ ・エリザベス・マコンチー)に贈られた、イングランドのエセックス州の ウィッカム・ビショップスで生まれる。 彼女はハーバード大学で ハークネスフェローシップを取る前に、オックスフォード [続きを読む]
  • レヒナー - レオンハルト・レヒナー (Leonhard Lechner)
  • レヒナー - レオンハルト・レヒナー (Leonhard Lechner)レオンハルト・レヒナー(Leonhard Lechner, 1553年 チロル南部 - 1606年9月9日 シュトゥットガルト)は、ドイツの作曲家、楽譜編集者。南チロル出身。オルランド・ディ・ラッソに師事、イタリア音楽、特にヴェネツィア楽派の技法の影響を受けながら、輪郭の明確な上部旋律、ホモフォニー的な構成など独自の世俗歌曲を作曲した。これらはドイツ・リートの源流となった。 同時 [続きを読む]
  • ホセ・オルテガ・イ・ガセット
  • ホセ・オルテガ・イ・ガセットホセ・オルテガ・イ・ガセット(西: Jose Ortega y Gasset、発音: [xo?se o??te?a i ?a?set]、1883年5月9日 - 1955年10月18日)は、スペインの哲学者。主著に『ドン・キホーテをめぐる思索 (Meditaciones del Quijote)』(1914年)、『大衆の反逆』 (La rebelion de las masas)(1929年)などがある。生涯マドリード生まれ。父親は高名なジャーナリスト、ホセ・オルテガ・イ・ムニーリャ(es:Jose Ort [続きを読む]
  • レハール - フランツ・レハール (Franz Lehar)Ⅲ
  • レハール - フランツ・レハール (Franz Lehar)レハール作品の特色1912年、仕事場でのレハール東欧植民ドイツ人の家に生まれ、自身ハンガリーやチェコに長く住み、ウィーンに落ち着いて後半生はベルリンを上演の拠点としたレハールの作品は国際性豊かである。特にバルカンを含めた東欧情緒は色濃い。ただし、生地からハンガリー人と表記されることがあるにもかかわらず、民族的にもハンガリー人であるカールマンと比べるとハンガリ [続きを読む]
  • レハール - フランツ・レハール (Franz Lehar)Ⅱ
  • レハール - フランツ・レハール (Franz Lehar)レハールとナチスの関係ヨーゼフ・ゲッベルス(右)と夫人がユダヤ人であるにも関わらずドイツを率いていたナチス党政権の庇護を受けた理由は、『メリー・ウィドウ』が、オーストリア生まれのアドルフ・ヒトラーの好きな作品であったためである。レハールは『メリー・ウィドウ』のスコアをヒトラーに贈っており[2]、ここからもレハールとヒトラーとの関係がうかがえる。しかし、このヒト [続きを読む]
  • レハール - フランツ・レハール (Franz Lehar)Ⅰ
  • レハール - フランツ・レハール (Franz Lehar)フランツ・レハール(ドイツ語: Franz Lehar, 1870年4月30日 - 1948年10月24日)はオーストリア=ハンガリー帝国に生まれ、オーストリア、ドイツを中心にオペレッタの作曲により活躍した作曲家。生涯ドイツ人を両親にハンガリーのコマーロムに生まれる。父フランツは元々スロヴァキアへの植民者だが軍楽隊長として帝国内の転勤族、母クリスティーネはハンガリーへの植民者であった。プ [続きを読む]
  • レゾン - アンドレ・レゾン (André Raison)
  • Sainte-Geneviève修道院教会レゾン - アンドレ・レゾン (André Raison)アンドレ・レゾン(André Raison, 1650年以前 パリ - 1719年 パリ)はフランス盛期バロック音楽の作曲家・オルガニスト。17世紀後半から18世紀初頭までのフランス・オルガン楽派の興隆に重要な貢献を果たし、オルガン音楽を単旋聖歌による定旋律技法から解放した。ナンテルの聖ジュヌヴィエーヴ教会に学んでその名誉オルガニスト職に指名され、パリでイエズ [続きを読む]
  • ジッドゥ・クリシュナムルティ(Jiddu Krishnamurti)
  • ジッドゥ・クリシュナムルティジッドゥ[1]・クリシュナムルティ(英語:Jiddu Krishnamurti, 1895年5月12日 - 1986年2月17日)は、インド生まれの宗教的哲人、教育者。既存の宗教や哲学によらず、生を通しての十全な気付きにより、精神をあらゆる条件付けから解放することを説いた。 洞察による脳細胞の変容などを指摘した彼の教え[2]は、その現代的なアプローチから宗教という枠にとどまらず、幅広い支持者を獲得した。生涯誕生か [続きを読む]
  • レスピーギ - オットリーノ・レスピーギ (Ottorino Respighi)Ⅳ
  • レスピーギ - オットリーノ・レスピーギ (Ottorino Respighi)バレエ音楽ロッシーニの主題によるバレエ《風変わりな店(フランス語: La boutique fantasque)》(1918年作曲、初演:1919年、ロンドン・アルハンブラ劇場)舞踊付き喜劇《ヴェネツィアの遊戯(Scherzo veneziano. Commedia coreografica)》(台本:イレアナ・レオニドフ、作曲:1920年、初演:1920年、ローマ・コスタンツィ劇場)17世紀と18世紀のフランス音楽の主題 [続きを読む]
  • エマニュエル・レヴィナス - Emmanuel Levinas
  • エマニュエル・レヴィナス - Emmanuel Levinasエマニュエル・レヴィナス(Emmanuel Levinas、1906年1月12日 - 1995年12月25日)は、フランスの哲学者。独自の倫理学、エトムント・フッサールやマルティン・ハイデッガーの現象学に関する研究の他、タルムード の研究などでも知られる。ロシア帝国、現リトアニア、カウナス出身のユダヤ人。リトアニア語名はEmanuelis Levinas(エマヌエリス・レヴィナス)。フランス語ではレヴィナ[ [続きを読む]
  • レスピーギ - オットリーノ・レスピーギ (Ottorino Respighi)Ⅲ
  • レスピーギ - オットリーノ・レスピーギ (Ottorino Respighi)歌劇3幕の喜歌劇《エンツォ王(Re Enzo)》(台本:アルベルト・ドニーニ、1905年作曲、初演:1905年3月、ボローニャ・デル・コルソー劇場)《(Al mulino)》(1908年、未完の断片)3幕の悲歌劇《セミラーマ(Semirama. Poema tragico)》(台本:アレッサンドロ・チェレ、1910年作曲、初演:1910年、ボローニャ・コムナーレ劇場)4幕5場の歌劇《マリー・ヴィクトワー [続きを読む]
  • レスピーギ - オットリーノ・レスピーギ (Ottorino Respighi)Ⅱ
  • レスピーギ - オットリーノ・レスピーギ (Ottorino Respighi)ボローニャ高等音楽学校に定職が得られることを要望するも果たせず、やっと1913年にサンタ・チェチーリア音楽院作曲科教授に任命されてローマに移住し、最晩年まで同地に暮らした。1917年に交響詩《ローマの噴水》をローマで初演するが成功せず、自信を喪失する。しかし1918年、アルトゥーロ・トスカニーニによるミラノでの再演が大成功に終わって、作曲家としての突破 [続きを読む]
  • 黒部峡谷[西尾善介/1957]
  • 黒部峡谷[西尾善介/1957]黒部ダムを知る 西尾善介 監督1956.02.28 西海国立公園  東京映画 1957.07.30 黒部峡谷  日本映画新社 1959.02.17 黒部侠谷 第二部 地底の凱歌  日本映画新社1960.05.15 エレブの海  日本映画新社 脚本1950.10.27 リンゴ園物語  東宝1953.03._ 森の音楽会  芦田漫画映画製作所1957.07.30 黒部峡谷  日本映画新社1959.02.17 黒部侠谷 第二部 地底の凱歌  日本映画新社1959.06.3 [続きを読む]
  • フランシスコ・バレラ(Francisco Barrera)Ⅱ
  • フランシスコ・バレラ(Francisco Barrera)最もよく知られているグループはに出展し、しかし、 フォーシーズンズ (1638)のシリーズですセビリアの美術館季節や寓話の文字にほのめかした風景を背景に、素晴らしい表現され、食品の特徴量毎日。 春には、例えば、画像のは女神であるフローラなどカモ、ハト、子羊、穴子、ヤツメウナギ、ニシン、豆、ネギに囲まれ、景観庭園に囲まれた宮殿、表現を参照してくださいすることができま [続きを読む]
  • フランシスコ・バレラ(Francisco Barrera)Ⅰ
  • フランシスコ・バレラ(Francisco Barrera)フランシスコ・バレラ、またはBarreda、( C。 1595年から1658年)であったスペインのバロック様式の画家で活躍マドリード絵画に特化、 静物画や静物画。 時間の専門用語で「画家テント」、そしてかなりの幸運は、気前の芸術の彼の防衛のためではなく、生き残った少数の絵を働くことにより、芸術の歴史で知られています。伝記一度セビリアと考えられているが、すべての証拠書類は彼を置 [続きを読む]