龍岡慶満 さん プロフィール

  •  
龍岡慶満さん: 整体生活
ハンドル名龍岡慶満 さん
ブログタイトル整体生活
ブログURLhttp://se1ta1.blog116.fc2.com/
サイト紹介文その時々にあった生活の仕方やよくある健康法などを整体の立場から見て感想をつづっています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供25回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2008/01/24 21:00

龍岡慶満 さんのブログ記事

  • 浮き指について
  • 先日、整体を受けに来られた方から浮き指についての質問を受けましたので今回はこの事柄について書いていきます。浮き指というのは足の親指が地面についていない状態のことを指すようです。この状態になると太りやすくなり様々な病気の原因になるということです。二宮整体ではこれを第一蹠骨の異常と見ています。足の親指がついている大きな骨のことです。足の親指が地面についていないと第一蹠骨の周囲が硬直してくるようになりま [続きを読む]
  • 胃腸の弱さについて
  • 今回は胃腸の弱さについて書いていきます。時折、「胃腸がすごく弱いんです」と訴えられる方があります。実際、右腰が下がり吸収の悪い方もいらっしゃいますが、そうでない方もたくさんおられます。具体的には肩幅が広く体格のいい方です。その上、肥満傾向のある方は尚更違います。本当に消化器の弱い方はまず太ることができません。ではなぜ上記のような体格のいい方は消化器が弱いなどというのでしょう?よく聞いてみますとその [続きを読む]
  • 重心について
  • 私事ですが、毎週火曜日はスポーツクラブでブートキャンプのレッスンを受けています。一時期流行った格闘技の動きを取り入れたプログラムでパンチ、キック、ステップ等を50分間やると汗だくです。お風呂に入って靴下を履こうとしてふと足を見ると面白いことに気づいたので写真を撮ってみました。決して見栄えの良い物ではないので、写真はアメブロ版にだけ載せています。もし気になる方はそちらをご覧ください。激しい運動をした [続きを読む]
  • 木の芽時の注意点について
  • 早いものでもう3月に突入しました。今から4月にかけてを木の芽時といいます。木の芽や虫などが冬を越え、新たに動き出す時期といった意味です。この時期は人間にも大きな影響を与えます。今回は木の芽時と健康について書いていきます。木の芽時がもっとも人間に影響を与えるのは心だと一般的には言われています。三寒四温の変わりやすい気候がストレスとなり、精神のバランスを崩すと考えられています。ある意味事実なのですが、 [続きを読む]
  • 膀胱炎について
  • 今日は少し暖かいですが、まだまだ寒い日は続きます。こういった気候のときに起こりやすい疾患はたくさんありますが、代表的なものの1つに膀胱炎があります。今日はこの事について書いていきます。女性に多い疾患です。理由は尿道と肛門の距離が近く、細菌の感染が起こりやすいためと一般的には言われています。ですが実際のところほとんど関係ありません。場所が場所だけに無菌状態などということはありえないはずです。しかし症 [続きを読む]
  • 身体各部の急所について
  • 近頃、テレビの健康番組を見ていますと医学博士のような方が、得意分野の症状を抑えるのに身体各部の急所を押さえている場面がありました。そういった急所に効果があると思うなら、もっと研究し薬を使わなくても症状が改善していく方向を目指すべきなのでは?と思うのは私が整体師だからでしょうか?花粉症と高血圧に関する番組でしたが、医学博士の方々はあくまでも薬による治療がメインで急所を押えるのは補助的なものといった感 [続きを読む]
  • 風邪の時の入浴法について
  • 急激に寒くなったせいか風邪の方が増えています。インフルエンザの話もチラチラ聞こえてきます。こういった中でよく訊かれることが「風邪の時、お風呂はどうしたらいいでしょう?」ということです。少なくてもこじらせて熱が40度もあるときや、インフルエンザで節々が痛んでいるようなときはやめておいた方が無難でしょう。まあ、そんなときはしんどくてお風呂のことを考える余裕もないでしょうけれど。そこまで重症でなければ入 [続きを読む]
  • お正月の過ごし方について
  • あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願い致します。毎年のことになりますが、お正月があけると左の骨盤の弛み過ぎている方を多くお見かけします。原因はご馳走の食べ過ぎです。ここでも何度か書きましたが、お正月の食べ物は保存の観点から味が濃く高カロリーの物が多いのです。とくにお餅。最近は炭水化物を控える健康法が流行っていますが、お餅はその真逆をいく物です。普段はそんなに食べなくてもお雑煮などに入 [続きを読む]
  • 巻き爪について
  • 今回は巻き爪について書いていきます。先日、整体を定期的に受けに来られている方から「こちらにお世話になって巻き爪が治りました。」というお話を聞かせてもらいました。元々は腰痛を訴えて来られた方でした。事務職で一日中座っているために骨盤の可動性が無くなり、慢性的な腰痛になってしまったのです。調整法は左の骨盤を閉め、右の骨盤を上げる基本操法を行ったうえで、腰椎5番の3側の硬直に輸気を行いました。この時、合 [続きを読む]
  • 坐骨神経痛について
  • 今回は坐骨神経痛について書いていきます。読んで字のごとくお尻から脚にかけて走っている坐骨神経が痛んだり、痺れたりする疾患です。病院で明確にされている原因は椎間板ヘルニアと脊柱管狭窄症の2つになります。もっとも実際の現場でこの2つが原因になっていることは20%未満のようですが・・・・・・・整体的観点から診ると椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症共に背骨の際、1側が硬直しています。症状の出ている側の腰椎5番、 [続きを読む]
  • 皮膚掻痒症について
  • だんだんと気温が下がり、空気が乾燥する季節になってきました。こういった時期に増えてくるのが皮膚の痒みです。発疹などが出る病的なものではなく、普通の状態の皮膚が痒くなってしまうようです。これは皮膚掻痒症と呼ばれるもので、主に年齢のいった方に起こります。皮膚の水分が抜け、かさつくことが原因になります。ですから掻けば掻くほど痒みは増してしまいます。整体的な対処法としては恥骨への輸気になります。これは皮膚 [続きを読む]
  • 盲腸について
  • 先日、テレビで盲腸の特集をやっていたので、今回はこのテーマで書いていきます。正式名称は虫垂炎で、盲腸の先にある虫垂が炎症を起こす疾患です。番組を見ていて驚いたのですが、西洋医学では未だに正確な原因は不明なのだそうです。整体の観点から言いますと原因は食べ過ぎです。基本、化膿して膿が溜まるような疾患はすべて同じ原因と考えて差し障りありません。ウィルスや細菌感染などと言われますが、それはあくまでも引き金 [続きを読む]
  • 寝違いと骨盤について
  • 最近、左の首の寝違いを訴える方が続いたので、今回はこのことについて書いていきます。症状としては首を動かしたとき左側が痛み、肩こり、肩甲骨周辺の強張りなども合わせて訴えてくる方もありました。初めて来られた方は1ヶ月近くも症状を引きずっておられました。発症したときは痛みが酷かったので、整形外科に行きレントゲンを撮り検査したものの異常は見つからず、湿布と痛み止めの処方をされたそうです。しかし湿布だけでは [続きを読む]
  • 神経性頻尿について
  • 先日、テレビ番組で神経性頻尿について取り上げていましたので、今回はこの事柄について書いていきます。神経性頻尿とは膀胱などに器質的異常がないにも関わらず、頻尿になってしまう疾患で主な原因は精神的ストレスとされています。具体的には1度トイレで苦い経験に遭った方がなりやすいようです。バス旅行や学校の卒業式などで漏らす寸前まで追い詰められた等の経験があるとトイレに行けない状態を神経質なまでに恐れ、結果あま [続きを読む]
  • 抜く技術の注意点について
  • 二宮整体は抜く技術だと言われています。抜くというのは圧していた急所から力を緩めると表現するのが一番近いと思われます。具体的に書くと胸椎12番左3側に硬直があるとします。その硬直に左の親指を当て、圧を加えながら輸気をします。そうすると当然その硬直は右側に移動していきます。そのままでは気は通りませんので、胸椎12番右3側に右の親指を当て圧を加えていきます。すると硬直は左側に戻ってきます。戻って来た硬直 [続きを読む]
  • 整体のメリットについて
  • 時折、整体を受けに来られている方とお話をしていて驚かれることがあります。それは整体を始めて25年間、歯科医院以外の病院に行ったことも薬を飲んだこともないということです。もちろんメタボ検診他、各種の健康診断もオールスルーです。「それで不安にならないですか?」と聞かれますがまったく平気です。虚勢を張っているわけではありません。二宮整体をやっていると良いことがたくさんありますが、その中の1つに無暗に病気 [続きを読む]
  • 骨盤の開く異常について
  • 「最近、身体がものすごくしんどくて熱中症じゃないでしょうか?」と訴えられる方がいらっしゃいます。今回はこの症状について書いていきます。結論をいいますと左の骨盤の開き過ぎる異常になります。なぜ今の時期に多いかというと今が一年で一番骨盤が開く時期になるからです。お盆の時期を過ぎますとお正月に向けてだんだんと骨盤は閉まっていきます。お正月を過ぎるとお盆に向けて骨盤は開いていきます。骨盤は年単位ではこうい [続きを読む]
  • 歯の健康について
  • 私事ですが、先日食事をしていると歯がかけてしまいました。今までなかったことなのでけっこうな驚きでした。色々な人に話しを聞いてみますと年齢がいくとよくあるということです。いつまでも若いつもりでも確実に年をとっていっているということなんでしょうね。それはともかくかけたままでは都合が悪いので数年ぶりに歯医者に行きました。幸い、虫歯ではありませんでした。他の歯もぐらつきはなく、歯周ポケットも酷い状態ではな [続きを読む]
  • 痩せの大食いについて
  • 時折、テレビで見かけるフードファイターを見て「いくら食べても太らないからうらやましい」という方があります。私はああいう人たちを見ると空恐ろしくなってきます。一見元気そうでもある日突然、とんでもない壊れ方をするんじゃないかと。食べ物も突き詰めていけばエネルギーですから、余分に入れたものが消え去るなどということはありえません。必ず何らかの形に変化して姿を見せます。例えば大きな板チョコを毎日食べていたと [続きを読む]
  • 素足について
  • 7月に突入しいよいよ気温も高くなってきました。素足にサンダル、七分丈のパンツといったような格好の方をよく見かけます。まったく関係のない方は仕方ありませんが、私のところに整体を受けに来られた方に関しては注意させてもらっています。真夏でも普通の長ズボンと綿の靴下1枚は必須です。とくにクーラーが入り始めているので皆さんが思っている以上に身体は冷えています。「冷えはそこまで身体に悪いのですか?」と聞かれ [続きを読む]
  • 肩こりについて
  • 先日、肩こりをテーマに取り上げている番組がありました。なかなか大胆というかおもいきった結論を発表していたので今回はこの事柄について意見を述べていきます。最終的に肩こりは外部からの治療では完治せず、自分自身が動かすことでしか解消しないというものでした。その効果的な方法がラジオ体操という結論です。テレビの前で苦笑いが禁じ得ませんでした。確かにラジオ体操をきちんとこなせば肩こりに有効なことはある程度間 [続きを読む]
  • ギックリ腰について
  • 整体指導をしておりますとギックリ腰の方がよくいらっしゃいます。そこで今回はギックリ腰について書いてみたいと思います。ギックリ腰と名称はよく耳にしても実際はどんなものかよくわかっていない方がほとんどです。簡単に言えば腰の筋肉の捻挫のようなものです。疲労で腰の筋肉が限界まで強張った状態の時に起こします。重たい物を持ち上げることが原因と考えている方も多いかもしれませんが、ティッシュを取ろうとして起こす [続きを読む]
  • 五月病について
  • 最近、何となく身体がだるくやる気が起きないといったことを訴えられる方を多く見受けます。今の時期、真夏に向けどんどん骨盤が広がっていっています。人によってはそれが過剰になり、上記のような症状を引き起こします。さらに酷くなりますと職場に行きたくない、学校に行きたくないとなっていきます。いわゆる五月病と呼ばれている疾患です。一般的には新しい環境への適応障害的なことが言われていますが、それはあくまでもき [続きを読む]
  • 突然死について
  • 最近、比較的若い年齢の方が突然死する事例が続き、不安に思う方もあるかと思います。テレビのコメンテーターも「誰の身にも起こり得ることです。」というような発言をしていました。病院にかかっていた人が突然死したことを受けたコメントです。確かにそうなると防ぎようはないと思われれるかもしれません。ですが整体の観点から見ますとまったくの杞憂です。人間が突然死ぬなどあり得ません。死に至るまでにかなりの警告を発し [続きを読む]
  • 自然食品について
  • 最近の健康ブームにのってよく自然食品を特集する番組や雑誌を見かけます。化学肥料を使わない農作物や食品添加物を含まない加工品などです。家畜を飼育する際も自由に放牧しストレスを与えないようにすると病気になりにくく、抗生剤を与えなくても済むようになるそうです。確かにこのような物を日頃から摂取することは健康において理想的であるといえます。一方で自分自身が少し体調が悪くなると病院に飛んで行って簡単に抗生剤 [続きを読む]