Kuukkeli さん プロフィール

  •  
Kuukkeliさん: あれこれ暮らし@タピオの国
ハンドル名Kuukkeli さん
ブログタイトルあれこれ暮らし@タピオの国
ブログURLhttps://kuukkelijaika.blogspot.com/
サイト紹介文フィンランドで暮らしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供46回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2008/01/26 02:18

Kuukkeli さんのブログ記事

  • 林業専門学校の学校公開日に出会った動物たち
  • 前回の記事(林業専門学校の学校公開日)の続きになります。この専門学校には、林業コースのほかに、動物関連の仕事を目指す人たちのための動物コースもあります。学校で飼われているのは、馬やポニー、羊、鳥(オウム)ぐらいのようですが、この日はふだんはあまり見かけない動物たちも来ていて、来校者たちを楽しませていました。凛としたアルパカさんと食いしん坊のアルパカさん。マンガリッツァ…フィンランド語では villasika [続きを読む]
  • 林業専門学校の学校公開日
  • 月初めの土曜日の話です。だいぶ日がたってしまって、いまさらの感もありますが…専門学校の学校公開のイベントへ足を運びました。この学校の今の名称は違いますが、地域の人たちの間でのこの学校の通称は『Metsäkoulu(森林学校)』。主に林業を教えている学校だけあって、所有している森林の広さは約400ヘクタールだそうな。いろんなことが機械化されている時代ですから、この時もいくつかの大型機が展示されていました。これは [続きを読む]
  • 2017年2月を振り返る
  • 3月に入ってもうほぼ1週間…異常なほどに時間に加速度がついているんじゃないか?と思うのは私だけ?今更ですが、2月の振り返りです。2月の気候朝の風景(2月27日)2月の中旬にフェーン現象なるものがあって、気温が最高で7.2℃まで上がりました。この界隈の2月としては、かなりの暖かさです。とはいうものの、やはり北欧です。真冬日(日中の最高気温も氷点下)は全部で9日、その中でも一番冷え込んだ日は、最高気温が-6.9℃でし [続きを読む]
  • 「出前一丁」はフィンランドのスーパーにもあった!
  • 久しぶりに大型スーパーマーケットに行って、こんなものを見つけました!!インスタントラーメン自体はフィンランドでもめずらしいものでもなんでもないけれど、「出前一丁」には今まで出会いませんでしたわ。ちなみにスーパーでのお値段は、一袋 0.75?(付加価値税14%を含む)でした。製造国はハンガリー。個人的には味噌味ラーメンが好きなんですけどね、ヨーロッパの製品には味噌味なんてないんだろうなあ…*****フェーン現 [続きを読む]
  • 青空の下の散歩
  • 冬場はどんよりした曇りの日が続くことが多いフィンランド南西部。でも今日は、久しぶりに青空の下を散歩することができました。このところ零度前後の日が続いていましたが、今日から冷え込み始めました。寒すぎるのは好きじゃないけれど、滑りやすかった小道が、先日に少し降った雪とこの気温のおかげで歩きやすくなったのはありがたかった…前回この道を歩いた時には、滑って滑って大変だったのですよ。でも今日は、オモがどんな [続きを読む]
  • 2017年1月を振返る
  • あっという間に1月が終わってしまいましたね。本当にすごい勢いで月日が流れていく気がしますわ。恐ろしい…今年は、ブログでひと月ごとの振返りをしてみようと思います。どんな形で何を書いていくのか、まだしっかり決めたわけではありません。1月についてはとりあえず、気候と、オモに関するメモと、ひと月の間にご訪問いただいたブログ記事TOP3の記録です。1月の気候朝焼け(1月21日)暖炉もあるけれど、主な暖房には電気を使っ [続きを読む]
  • 庭に来ていた野鳥たち 2017年
  • BirdLife Suomi が毎年主催している Pihabongaus というイベントに、今年も参加してみました。指定された週末の土日(今年は1月28日と29日)のどちらかに、1時間だけ庭を観察。そして、その間に見た鳥の種類と数を BirdLife Suomi に報告する、ただそれだけなので、気軽に参加できます。去年初めて参加して、今年は2回目…と思って過去記事を見たら、参加したのは去年じゃなくて一昨年でした。(関連記事 庭に来ていた野鳥たち) [続きを読む]
  • 近所の犬との遭遇
  • オモは、散歩中によその犬を見ると吠えかかってしまう子です。要は、しつけるべきときにちゃんとしつけられなかったってこと。オモがどんなに吠えても気を取られることなく、飼い主さんと一緒に歩いていってくれる子とすれ違うときにはいいのですが、オモと同じような子と会った時はちょっと大変…先日の散歩のときの話です。森林の遊歩道を歩いていると、犬が飼い主と一緒に向こうからやってきました。前にも会ったことがある犬で [続きを読む]
  • 元日の風景
  • あけましておめでとうございます。このブログに遊びに来ていただき、ありがとうございます。更新があまりにも気まぐれなブログではありますが、今年も昨年に引き続き、よろしくお願いします。今朝はしっかり初日の出を見るつもりでいました。でも、ちょうど太陽が昇る方角に雲がかかっていて、日の出は拝めませんでした。それでも、日中には太陽が少し顔を出してくれましたよ。大みそかはフィンランドとしては例年になく気温が高く [続きを読む]
  • お絵かき
  • 毎日何かしらひとつ、新しいことをしてみるといいですよ〜という話に乗せられて、最近それを心がけているくうっけりです。とはいっても、たいしたことはしていません。インスタグラムなるものを始めたとか、市の図書館から電子書籍を借りてみたとか…そんなもんです。今日は、タブレットで絵を描いてみました。もうすぐ新年ですから、新年のご挨拶に使えるような酉の絵を描くつもりだったのですが…じゃ〜ん!!悲しいぐらいに稚拙。 [続きを読む]
  • 鳥インフルエンザ…フィンランドでは
  • 高病原性鳥インフルエンザがフィンランドで見つかったというニュースがあったのは、11月末のことです。H5N8型だそうで、人への感染は心配ないとのこと。それでも、死んだ野鳥を見つけたら触れずに、速やかに自治体の獣医に連絡をするように、と報道されています。広範囲で見つかっているわけではないようで、今までのニュースで取り上げられていたのは、オーランド島とフィンランド南西部にある島のみ。鳥インフルエンザでまず影響 [続きを読む]
  • うちの庭のリスの話
  • 昨冬は、鳥の餌台に2匹のリスが来ていたので(関連記事 小鳥の餌台の常連さん)、もしかすると、夏には子リスも見ることができるんじゃないかと楽しみにしていたのですが……でもその後、リスたちがなぜか姿を消してしまったのです。もっといい場所を見つけて引っ越していったのか、何かに襲われてしまったのか、理由は分かりません。いずれにしてもこの夏は、子リスどころか大人のリスさえもうちの庭には現れませんでした。秋に [続きを読む]
  • オモの目のその後
  • 暖炉の前を陣取るオモ目をしょぼしょぼさせているオモを病院に連れて行ったのは、今月初めのこと。(関連記事 オモの左目の濁りが悪化)その後の経過です。目をしょぼしょぼするのは痛みがあるからだ、と言われ、病院に行った日から痛みどめを約1週間服用。目薬も処方されて、毎日数回ずつさしてきました。先週の木曜に再診。角膜の表面の傷は治っているようだとのこと。ただし、角膜はまだ腫れているので、念のため目薬はまだ与 [続きを読む]
  • 暗い季節の必需品
  • 11月の前半は、雪が降り真冬日が続きました。雪に覆われた冬景色がこのまま続くかと思いきや、再び気温はプラスに。最近は、雪ではなくて雨が降り、銀世界は、再び晩秋の典型的なくら〜い景色に変わりはてました。暗い季節の必需品、歩行者用の反射鏡です。この時期、フィンランドでは、反射鏡/反射材を身に着けることを歩行者にも義務付けています。とはいっても、実際にそれを守っているのは、歩行者の約半分ということなんです [続きを読む]
  • オモの左目の濁りが悪化
  • オモの左目が濁っているのに気付いて、病院に連れて行ったのは夏のこと。その時は、核硬化症と診断されて胸をなでおろしたのでした。(関連記事 オモを病院へ)1週間半ほど前、その左目がしょぼしょぼしているのに気付きました。最初は一時的にも見受けられたのですが、日がたつうちにしょぼしょぼすることが多くなり、白い濁りもひどくなってきたんです。それで今日、病院に連れて行きました。検診の結果、角膜に傷がついている [続きを読む]
  • 食用キノコと庭の変なキノコ
  • 今日の午後は、近くの小山に散歩してきました。いつもの頂上からのいつもの眺め。広葉樹の葉はもうだいぶ落ちています。白樺は、てっぺんあたりに黄色い葉を残しているのみ。今日の散歩では、あわよくばキノコ狩りができるかもしれないという、下心もありました。この時期に探しているのは、フィンランド語で suppilovahvero とよばれるキノコ。グーグル先生によれば、和名はミキイロウスタケだそう。このキノコ、9月上旬にはまあ [続きを読む]
  • ヒューズが切れたと思ったらブレーカーが落ちていたという話
  • いつものようにアイロンがけを始めたら……もう熱くなっているはずのアイロンが、いまいち熱くなかったのです。どうやら、そのアイロンは、一度温まり始めたものの、途中で電源が切れてしまった模様。アイロンが壊れたのか?とあせりました。でも、そのコンセントに他の電気器具を差し込んで確かめてみると、それも全く作動しません。問題はアイロンのほうではなくコンセントのほうらしい。さらに確認していくと、そのコンセントと [続きを読む]
  • フィンランドのレシピでリンゴケーキを作る
  • 知人からリンゴをたくさんいただきました。リンゴケーキを作ろうと思い、インターネットでレシピ探し。で、見つけたのがこのブログページ → Liian hyvää: Muhkea omenapiirakkaこのブログ(Liian hyvää)全体がとにかく素敵です。説明も分かりやすい。フィンランド語が理解できる方は、このくうっけりの記事を読むよりも、そちらのページを読んだほうがいいです。フィンランド語ができない方も、そのブログを覗いて損は [続きを読む]
  • 10年ぶりのオモの失敗
  • ショックです。オモが失敗をしでかしました。10年ぶりのことです。オモが、室内でおしっこをしてしまったのです。今年に入ってから、尿漏れは確かにありました。でも、それらはあくまで「漏れ」。でも今回は、完全なる排尿です。前回オモが室内でおしっこをしたのは、生後4か月の時。その時はすでに、トイレトレーニングはちゃんとできていたはずだったのですが、洩らしちゃったんですよね。でも、それが最後でした。それ以降は、 [続きを読む]
  • 小山からの秋の風景
  • 青空にさそわれて、今日の散歩は久しぶりに近くの小山へ。日曜日だから他にも人がいるんじゃないかと思ったけれど、くうっけりとオモで、頂上を完全独占!! 岩の上にしばし腰を下ろして、風景を楽しんできましたよ。今の時期、すでに黄葉も紅葉もしていますが、針葉樹が多いからか、写真からだとよく分かりませんね。そもそもこっちは、紅葉する木自体が少ないので、日本のような華やかな紅葉を見ることは、残念ながらほとんどあり [続きを読む]
  • 標識いろいろ
  • 9月の初め、ヘルシンキのカイサニエミ公園に「ポケモンgo プレーヤーに注意せよ!」(?!)の標識が登場したそうですよ。誰かが勝手に取り付けたものらしい。だから最初は、「無許可の物なので撤去」って話でした。(参考・参照Webページ ”Liikennemerkki” varoittaa Pokémon Gon pelaajista Kaisaniemenpuistossa ? mutta kaupunki vie sen kohta pois | Pokémon Go | HS)でも、実際にこういうものを管理するお役所さんの [続きを読む]
  • フィンランドの乳癌検診
  • 先日、市からマンモグラフィへの招待状!!が届きました。市が主催する乳癌検診は2年に1回。うちの市では、50歳〜69歳が対象(年齢がちょっとばれたか?)になっています。(自治体によって多少の違いはあるかもしれません。)検診の場所は隣の市の私立病院。うちの市がその病院のサービスを買う、という形になっているのでしょう。検診の自己負担はありません。ただ、住んでいる場所によっては、その病院まで足を運ぶのがめんどう [続きを読む]
  • 何の骨?
  • 森林を散策中に見つけました。 何の骨でしょう?ここは、人里離れた場所ではありません。それでも今までずっと気づかれることもなく、こうして横たわっていたのでしょうか?何の動物なのか気になります。骨だけじゃ、図鑑を見ても分かるはずもない。大きさは中型犬ぐらいかなあ。骨だけだから、いまいち感覚がつかめなかったのだけれど。撮った写真はこの1枚だけなのですよ。森林の中でこれを見つけたときには、ギョッとし [続きを読む]
  • 伐採された森林、そして古代遺跡
  • くうっけりの住んでいる地域は、ど田舎ではありません。住宅地よりは農耕地が確かに多いし、森林もそれなりにありますが。でも本当の田舎とは違って(⁈)、うちの近くで森林になっているのは、ほとんどが農耕地としては適さないような場所のみ…岩山とその周辺です。この辺りは昔は海だったそうです。現在ほぼ平地となっている場所は海の底でした。それで土も堆積したんでしょう、見るからに海の底であったような地形の場所は、今 [続きを読む]
  • 庭のアンズタケ
  • アンズタケが庭に生えていることを発見したのは2年前(関連記事 庭で採れたアンズタケ)。去年は条件がよくなかったのか、顔を出してくれませんでした。でも今年は、再び顔を出してくれましたよ。そして、とある夕方、夕食用に収穫。嬉しいですね、庭で収穫してすぐ料理に使えるっていうのは。でも、生えているのはごくごく限られた一角。そして、そこに生えているそれなりの大きさのものは、全部収穫してしまいました。霜が降り [続きを読む]