Kein さん プロフィール

  •  
Keinさん: 収益向上に貢献する物流コスト改善のコツ
ハンドル名Kein さん
ブログタイトル収益向上に貢献する物流コスト改善のコツ
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/gz0210/
サイト紹介文会社収益向上のためにコスト改善は必須。意外と難しい物流コスト改善の取り組みについて易しく解説します。
自由文大手製造会社で長年に亘り物流IE、物流技術担当として物流の構築、改善に取り組む。国内外を問わず、主として製造会社の物流改善の指導に明け暮れる日々を過ごしている。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供157回 / 365日(平均3.0回/週) - 参加 2008/01/26 21:54

Kein さんのブログ記事

  • 物流の実力を知りたい方へ 正しい物流コスト認識とは
  • 皆さんの会社では物流のレベルについて把握できていますでしょうか。このような質問をすると困った顔をする方がほとんどです。メーカーにしろ小売りにしろ物流は本業ではないと考え、あまり真剣に物流のことを考えていないのです。でも今や会社間の競争力は物流力でも変わってきます。これは営業利益と物流コストを把握してみると「えっ!」と思うとことからもよくわかります。ではその二つ、どちらが大きいでしょうか。大体の会社 [続きを読む]
  • モチベーション向上の取組(3) リーダーの立場にさせる
  • 人は任せられると意欲がわくものです。ですから「権限移譲」は効果ありですね。会社がどこまで従業員に権限移譲できるかどうかがポイントになります。前にも出した例ですが、少額の購入品などは権限委譲してもよいと思います。他には何が考えられますでしょうか。例えばパート社員の評価が挙げられます。一般的に倉庫にはセンター長という管理職がおり、その人が配下のパート社員の評価を実施しています。しかしここでセンター長の [続きを読む]
  • モチベーション向上の取組(2) 表彰と権限委譲
  • たとえば従業員の仕事の結果が評価される仕組みなどはどうでしょう。出来高は会社として管理しなければならない項目です。そうであるならば出来高を管理しつつ、目標よりも上回った場合にそれが皆にわかるとともに、評価につながるしかけはあってもよいかもしれません。ほぼ標準時間通りにできる人が少なければ、それができている人が誰かわかるように現場の管理ボードに掲示します。先月の現場での「チャンピオン」を決めて表彰す [続きを読む]
  • モチベーション向上の取組 マズローの定義に学ぶ
  • 物流現場は人による作業に頼るところが大きい傾向にあります。ということは従業員のモチベーションが生産性や品質にも表れる特性を持つともいえます。各社この点について悩まれているのではないでしょうか。モノの扱いには慣れていても、人のマネジメントが苦手という物流管理監督者は大勢いますから。そこで従業員のモチベーション向上について少し考えてみたいと思います。皆さんだったらどのような状態であればモチベーションは [続きを読む]
  • 顧客に喜ばれる倉庫業とは(3) 保管・入出庫の「延長線上」にある業務
  • 単純な保管業務や入出庫業務ではなく、ちょっとしたプラスアルファの業務があれば顧客を振り向かせることは可能です。ちょっとしたプラスアルファですから、通信販売業務のようなレベルにいかずとも、ちょっとした努力と工夫さえすれば対応はできるはずです。では具体的にそのような業務について考えていきましょう。まず「梱包」です。これにつきましてはすでに対応されている会社も多いと思います。単純な荷姿転換に始まり、やや [続きを読む]
  • 顧客に喜ばれる倉庫業とは(2) 通信販売業務の代行
  • 通信販売業務を請け負っている倉庫会社では顧客のニーズを満足させるためにさまざまな業務を行っています。その中で一般的な物流業務としましては以下のような業務を行っています。・ 在庫保管・ 受注管理業務・ 入出庫作業(ピッキング作業含む)・ 出荷梱包(梱包資材管理含む)・ 配送業者管理このあたりは普通の物流業務です。どこの物流会社でもできる、それほど難しくはない仕事でしょう。これは「通信販売物流」と呼ば [続きを読む]
  • 顧客に喜ばれる倉庫業とは 単純な在庫保管業務
  • 皆さんは倉庫というとどのようなイメージを思い浮かべますでしょうか。・ 暗い建屋の中に荷物が積み上げられている様子・ シーンと静まり返った庫内で黙々と作業が行われている様子・ 多くの作業者が活気にあふれピッキング作業を行っている様子倉庫に対するイメージは人それぞれです。ただし倉庫を借りる側、つまり荷主の立場に立つとどちらかというとネガティブな印象ではないでしょうか。それは「倉庫=在庫保管」というイメ [続きを読む]
  • 物流現場の労務管理(3) 物流作業者の技能向上
  • 物流現場の労務管理は何も労働時間管理だけをやっていればよいわけではありません。当たり前のことですが。やはり人財育成が重要テーマとなることを忘れてはならないでしょう。物流現場でよくあるリスク。それは「あの人しかわからない」という状況です。これを長年放置している会社があります。もしかしたら皆さんの会社でも部分的に見ればこのような問題を抱えているのではないでしょうか。もし特定の会社向けの業務で「あの人し [続きを読む]
  • 物流現場の労務管理(2) 労働時間管理
  • 物流現場では人手による作業がたくさんあります。ということは人が工数をかけてこなさなければならない仕事が多いということ。もし顧客からのオーダーが増えれば人が時間をかけて対応することが求められます。ここで労働時間管理が必要になってくるのです。望ましい形は月間で毎日どれくらいの時間、何人で仕事をするかが計画されていることです。これは顧客からの予測情報をもらうか、過去の実績から推測するか、あるいは仕事量を [続きを読む]
  • 物流現場の労務管理 物流管理監督者の実態
  • 皆さんの会社の現場では長時間労働の問題は発生していませんでしょうか。長時間労働は労働者に身体的・精神的負担を与え、労働災害にもつながる大きな問題です。もし長時間労働に代表されるような労務上の問題があるのであれば、優先的に解決することが必要です。何か事が起きてからでは遅いのです。まず物流現場の管理監督者について考えていきましょう。管理監督者はその現場の責任を一手に引き受けていますのでいろいろとプレッ [続きを読む]
  • 物流環境変化への対応(3) 海外高度人材の受け入れ
  • 物流環境が変化していることと、社内で高齢者を有効に活用することはベクトルが合うかもしれません。そのベクトルが内製で物流を実施することなのです。従来の流れは圧倒的に物流をアウトソースすることでした。この背景には物流は自分たちの本業ではないという考え方があります。この考え方の是非は別としてこのところずっと物流は物流専業者に委託されてきました。しかし明らかに流れは変わりました。その昔は物流も社内でやって [続きを読む]
  • 物流環境変化への対応(2) 物流の内製化
  • 物流をアウトソースしている立場でもいくつか検討していかなければならないことがあります。最低限言えることは輸送力を確保すること。これが途絶えてしまったならばビジネスは成立しないからです。そのために最初に準備すべきことは中期的な物量を予測することです。自社の販売計画に基づき、向こう3年間の方面別物量をはじきます。この物量予測が無ければ何も始まりません。優先的に取り組みましょう。それができたところで将来 [続きを読む]
  • 物流環境変化への対応 物流労働環境の改善
  • 物流を取り巻く環境は明らかに変わりつつあります。物流に限ったことではありませんが、高齢化に伴う労働力不足は深刻です。人々のライフスタイルの変化も物流に大きなインパクトを与えています。一昔前の人でしたら必ず店に行って自分の目で確かめて購入していたものが、今や通信販売が主流になりつつあります。店で購入した時のあの大きな袋を持ち返る必要はなくなりました。その反動で物流の仕事が増えました。宅配といった小口 [続きを読む]
  • 物流業務での若手育成 コミュニケーション力
  • 皆さんの会社で若手の物流担当の方はいらっしゃいますでしょうか?若手と一言で申し上げてもその範囲は受け止め方によって異なりますよね。まず入社10年程度を比較的若手と定義するならば、おおよそ35歳未満ということになるでしょう。このクラスは今後の物流幹部候補ですからしっかりと教育しておく必要がありそうです。さて今の中堅社員、この定義を40歳代としたときに、皆さんの会社ではきちんと育ってきていますでしょうか。実 [続きを読む]
  • エンジニアリングとしての物流(2) 荷姿設計業務
  • 「荷姿設計業務」。これもオペレーション開始前にやっておくべき重要エンジニアリング業務です。荷姿はいろいろな機能に影響を与える重要機能です。効率的な荷姿はコンパクトかつ中身がたくさん格納できる荷姿です。このような荷姿を設計すれば保管エリアが小さくて済みます。1台のトラックに多く積載することが可能となるため、輸送効率が向上します。構内物流での運搬でも同様のことがいえます。つまり効率的な荷姿を設計できる [続きを読む]
  • 物流診断の勘所(3) 物流作業者の動き
  • 物流は労働集約型産業ですから人の生産性はとても重要です。各作業者が目標通りのスピードで作業できれば言うことなしですが、実際にはそうはなっていないようです。そこで物流現場で診断する際には「作業速度の基準の有無」を確認します。つまりその仕事を実施する際の標準時間が定められているかどうかをチェックするのです。また仕事の納期も細かく定められているかどうかもポイントです。物流倉庫でよくあるパターンが「本日の [続きを読む]
  • 物流診断の勘所(2) フォークリフト荷扱い
  • フォークリフトでの荷扱いのポイントは「丁寧さ」だと思います。理由は2つあります。1つはフォークリフトが危険を伴う機械であるということです。フォークリフトはバランスを崩すと転倒する可能性があります。もし人がその下敷きになったら重大災害になることは間違いありません。また、爪の部分は凶器のようなもので、それで突かれたら人であれば重大災害、モノであれば損傷の危険があります。本来ならばこのような危険な機械は [続きを読む]
  • 物流診断の勘所 保管状況は確実か
  • 物流現場を診断する。これは今の仕事の仕方を客観的に見て正しいのか、改善の余地があるのかを判断するための重要な行為であると考えられます。では皆さんが実際に診断する立場に立たれた時には何を重視されるでしょうか。この点について少し考えていきたいと思います。物流の仕事を大きな視点から見ると、在庫を保管する入庫・保管業務とそれをオーダーに基づき出庫する業務とに分かれます。つまりモノの入りと出を管理することが [続きを読む]
  • 日々の物流管理(3) 労働時間管理
  • 物流管理は物流センター単位で見ていくことも必要ですが、センター目標を達成するためには作業者個人単位でも見ていく必要があります。前回ご紹介した1人1時間あたり出来高はまさにそれにミートするKPIだといえそうです。ですからこれを使いながら作業者各人が生産性を意識することが大切になってくるわけです。前回の例では1人が1時間にさばける出荷伝票の枚数でした。これは職場、職場で変えていっても構いません。1人1時 [続きを読む]
  • 日々の物流管理(2) 1人1時間あたり出来高管理
  • 物流現場では日々収支としてみなし粗利を把握していく重要性についてお話してきました。そのポイントは労務コストを把握することでした。これはそれほど難しいことではないのでぜひ取り組んでいただきたいと思います。しかしもっと簡単に今日から管理する方法もあります。それは出来高管理です。一日でどれくらいの業務量をこなしたのかを見ていくやり方です。たとえば出荷業務。KPIを出荷伝票とし、それの枚数を把握していくので [続きを読む]
  • 日々の物流管理 みなし粗利管理
  • 物流職場の管理単位はどれくらいのメッシュでしょうか。年単位?これでは管理していることにはなりません。月単位?多くの会社で取り組んでいるレベルです。でもこれでも少し粗いかもしれません。やはり管理単位は日ではないでしょうか。1日が終わった段階でその日に予定していたことを達成できたのかどうかを把握することが最低限の物流管理ととらえるべきです。生産現場では時間ごと管理を実施しています。また常時デジタル表示 [続きを読む]