Kein さん プロフィール

  •  
Keinさん: 収益向上に貢献する物流コスト改善のコツ
ハンドル名Kein さん
ブログタイトル収益向上に貢献する物流コスト改善のコツ
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/gz0210/
サイト紹介文会社収益向上のためにコスト改善は必須。意外と難しい物流コスト改善の取り組みについて易しく解説します。
自由文大手製造会社で長年に亘り物流IE、物流技術担当として物流の構築、改善に取り組む。国内外を問わず、主として製造会社の物流改善の指導に明け暮れる日々を過ごしている。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供157回 / 365日(平均3.0回/週) - 参加 2008/01/26 21:54

Kein さんのブログ記事

  • 物流時間管理の基本(2) 標準時間の設定
  • 物流作業を標準化することは真っ先に実施したいことです。標準化について手を抜くことによって会社に発生するデメリットは数え切れません。もしかしたらそのデメリットにすら気づいていない会社もあるかと思います。その一つが労働生産性です。ある会社はある物流作業を1分でやっているとします。何の疑問を持つこともなく。しかし同じ作業を他社では30秒でこなしているかもしれません。ということは自社は他社に負けていること [続きを読む]
  • 物流時間管理の基本 標準化の必要性
  • 製造メーカーであれば必ずといってよいほど整備されているのが「標準時間」です。この元には標準作業が決められており、誰もがその通りに仕事を実行することがルールです。作業手順を決められたとおりに行うとともに、作業時間も決められた時間で実行することが求められます。原則として決められた手順で行えば、かかる時間に大きな差は出ません。一方で物流はどうかというと、標準作業が決められていない現場が多いと思います。そ [続きを読む]
  • 専門家でなくても物流改善(3) 物流にさまざまな要望を出す
  • 物流の専門家でなくても物流を改善することに貢献できる方法はまだあります。それは物流に対する要望を出すことです。物流改善というとコスト削減や品質向上などが真っ先に頭に浮かびますが、改善すべきはそれだけではありません。もっと重要なことがあります。それは何か。ずばり物流水準の向上です。その中でも特に注目すべきは物流サービス水準の向上だと思います。そして物流サービスの恩恵を受けるのは企業だけではなく、個々 [続きを読む]
  • 専門家でなくても物流改善(2) 購買と生産管理で物流改善
  • 物流にはいろいろな活動の結果が反映されます。モノを買いすぎたために調達在庫が増えた、モノをつくりすぎたために完成品在庫が増えた、といったことはよく聞く話です。在庫が増えれば在庫置場が必要になります。在庫を入れておく容器も必要になります。それに伴って管理業務が発生します。この逆を考えてみましょう。調達の方法を改善して在庫が減った。生産の仕方を変えたら完成品在庫が減った。つまり物流を効率化する意図がな [続きを読む]
  • 専門家でなくても物流改善 物流は特別なものではない
  • 物流を専門として担当されている方に限らず、会社で改善活動を行っていると「物流改善」に取り組む必要性が出てくることがあります。その時にどのようなことに取り組んでいったらよいでしょうか。このことについて少し考えてみたいと思います。まず「物流改善」といっても特別なものではないということに気づいていただきたいと思います。何となく物流というと特別なものに思えて、取っつきにくいと感じる方が多い気がします。でも [続きを読む]
  • 物流とタイミング(3) 作業開始・終了時刻を定めよ
  • 物流が生産タイミングを指示するということはとても価値のあることです。なぜなら従来の物流の仕事の仕方は「受身」であるからです。運んでくれと言われたから運ぶ、保管しておいてと言われたから保管するといった仕事の仕方だけでは物流の本来の力を発揮することはできません。できるだけ付加価値度の高い仕事の仕方をしていきたいものです。そしてそのために今後心がけなければならないことは「計画的な仕事」を実施していくこと [続きを読む]
  • 物流とタイミング(2) 物流がペースメーカー
  • 仕事は遅れることは許されません。得意先への未納や納入遅れなどを起こすことは絶対にあってはならないことです。だからといってあまりにも余裕を持ちすぎることもよくないことです。その一つが在庫で対応しようとする姿勢です。何か起きた時のために持つ「安全在庫」がありますが、これを通り越し、持っていることで安心する「安心在庫」が目立ちます。在庫を抱えた本人は安心でしょうが、実際にそれを保管する物流担当者はたまっ [続きを読む]
  • 物流とタイミング 調達部品と先行時間
  • ジャスト・イン・タイムという手法は今や常識となりつつあります。ちょうど間に合うタイミングのことを指します。これを「正しく」実行していくことでいろいろな改善が図られることになります。料理も待つことなくタイムリーにサーブされることほど嬉しいことはありませんよね。一方で注文したのに何分も待たされるようではその店に対する評価は下がる一方です。レストランに限らず注文してから受け取るまでのリードタイムは企業間 [続きを読む]
  • 簡単な荷姿設定原則(3) 容器数量管理
  • 荷姿は最もよく使う輸送機器のモジュールに合わせるというお話をさせていただきました。海上コンテナ、大型トラックなど会社の物流で一番よく使うものに合わせるのです。荷台を輪切りにしていって最終的にできる直方体が荷姿の箱ということになります。パレットに載せるのであればパレットの容積を考慮する必要がありますので念のため。このパレットについても考え方は同じです。トラックの荷台にぴったりとはまるパレットサイズを [続きを読む]
  • 簡単な荷姿設定原則(2) 入り数にあった箱を決める
  • 入り数を決めた後にその数にふさわしい箱を決めます。ところで入り数ですが、「12」という数字は結構入り数としては良い数字です。2でも3でも割り切れます。4でも6でも。箱の中に並べるときにこの数字の組み合わせが何かと便利です。ダースといわれる「12」という数字。念のために頭の中に入れておきましょう。箱の選定ですが、数字に見合った箱を選ぶわけですが、その数は無数にあります。しかしここでもポイントをお話し [続きを読む]
  • 簡単な荷姿設定原則 箱の入り数を決める
  • 荷姿は物流の機能の中でも最も重要なものです。しかし物流業界では輸送という「運ぶ作業」に目が行きがちで、輸送コストの要因となる荷姿の注目度はあまり高くありません。でも実際に輸送コストを改善したいのであれば荷姿改善が欠かせません。もっと注目していくべきなのです。荷姿を良くすることですべての物流が改善される点に着目し、少し荷姿設定における原則について触れておこうと思います。まず荷姿に複数の部品を入れるこ [続きを読む]
  • 物流費値上げは最高の改善チャンス(3) 倉庫内作業の値上げ対応
  • 倉庫内作業でも人材不足の影響を受けています。多くの会社では輸送事業も倉庫事業についても取り組んでいます。しかしその2事業間には壁があり、お互い人の融通は行っていないようです。最近物流事業に進出し、急に株価が上昇した会社がありますが、この会社は人の行き来を行っています。それによって人材不足を緩和しているとのことです。どの会社も同様ですが組織間で人の流動性が低いと柔軟度が低くなります。すべての工程で不 [続きを読む]
  • 物流費値上げは最高の改善チャンス 輸送コスト改善を実施しよう
  • 最近は人材不足に起因する値上げが話題になっていますね。この人員不足は高齢化に伴い労働力人口が減少している影響です。物流事業者では人員不足を理由に真っ先に他の産業に先立って値上げを始めました。今までなかなか値段を上げることなどできなかった物流業でやっと値を上げるチャンスが到来したといったところでしょう。確かにそれに対する是非の論議はあるでしょう。製造業は「一歩の削減」といった血がにじむような改善努力 [続きを読む]
  • 工場物流の誤解と正解(6) 付加価値の高い仕事
  • 工場物流の誤解とは「受け身で仕事をする」ことである、と言えるのではないでしょうか。やはり構内物流でお示しした通り、物流は主体的に仕事に取り組む必要がありそうです。よく物流のステータスが低いという話を耳にしますが、厳しい言い方をすればそれなりの仕事しかしていないのでそれなりの評価しか受けないと考えるべきでしょう。「この部品を運んで」と言われたから運ぶのではなく、「この部品を使って生産を開始するタイミ [続きを読む]
  • 工場物流の誤解と正解(5) 情報を運ぶ
  • 構内物流が生産コントロールを行うには適切なタイミングで部品などを届けるということをお話させていただきました。実はこれ以外にあと2つ容易なやり方があります。その1つは完成品を入れる容器を生産計画数分だけ届けるということです。たとえば生産計画が100台だとしましょう。この時に完成品が20個入る容器はいくつ届ければよいでしょうか。これは簡単ですね。100÷20で5台だけ届ければよいことになります。部品が [続きを読む]
  • 工場物流の誤解と正解(4) 構内物流による生産コントロール
  • 工場において構内物流が生産をコントロールするなど思いもよらない、という方が大半でなないでしょうか。従来から物流は受け身の仕事ばかりを行う傾向にあります。運んでくれと言われれば運ぶ、倉庫に保管しておいてと言われれば保管する。このような他からの指示に基づいて仕事をしてきたのが物流ではないでしょうか。しかし物流は他からの依頼を受けて動くだけの存在ではありません。むしろ工場では生産コントロールを行うという [続きを読む]
  • 工場物流の誤解と正解(3) 構内物流が行うべき一工夫
  • 構内物流が生産工程と一体であることが理解できれば、物流のあり方につていての認識も変わってくるものと思います。前回ご紹介した「供給作業」はあくまでも生産工程の作業者の「部品取り」行為の延長線上にあるわけです。ですから、今すぐに部品が取り出せる状態になっていなければなりません。ではすぐに取り出せる状態とは?要は手を伸ばせば取れる状態になっている必要があります。生産工程作業者は工場の付加価値を生み出す担 [続きを読む]
  • 工場物流の誤解と正解(2) 生産行為の一部である物流
  • 工場物流の内、特に構内物流は生産と一体物と考えるべきだと思います。そのうち最小物流は生産作業者が加工前部品を「取る」という行為でしょう。これはほとんどの場合「生産工程の作業者」が行う物流作業です。しかし生産工程の本来の仕事は「加工」ですから、この「取り」という行為は無くせるのであれば無くしたいところです。それはともかくとして、構内物流の主な作業について考えていきましょう。やはり注目を浴びるものは「 [続きを読む]
  • 工場物流の誤解と正解 生産工程と物流工程の違い
  • サプライチェーンの主役はメーカーです。モノを調達し、生産を行った後にユーザーへと届けます。この一連の管理を行っているのがサプライチェーンのオーナーであるメーカーなのです。このサプライチェーンの中心にある工場ではさまざまな物流活動が行われています。最も高度なスキルが要請されるのは工場の中の物流です。この工場内物流は一般的に構内物流とも呼ばれ、工場の敷地の中でオペレーションされています。この構内物流、 [続きを読む]
  • 物流品質向上法(6) フールプルーフを導入する
  • 今までご説明してきた標準化のPDCAを実行していただき、場合によってはマンネリ化解消策を行っていただきたいと思います。ここまでは「お金をかけない改善」です。もちろん改善は原則お金をかけないことが基本です。お金をかけずに知恵を出して実行していくのが改善だからです。しかしもしゆとりがあるのであれば「フールプルーフ」を導入することも考えてもよいかもしれません。フールプルーフとは知らない人が作業を行っても間違 [続きを読む]
  • 物流品質向上法(5) マンネリ化防止策を考える
  • 標準作業の確立、それに基づく作業指導、そして作業観察と作業修正、この手順を踏めば物流品質不良が出ることはほとんど無くなると思われます。もしこのPDCAを回していても不良が無くならないのであれば、それは標準作業に問題があると考えた方がよいでしょう。類似品の識別方法やオーダーと製品の照合方法などについて標準作業書への記述が不十分なのかもしれません。今一度標準作業書を読み直し、不十分な記述を修正しましょう。 [続きを読む]