Kein さん プロフィール

  •  
Keinさん: 収益向上に貢献する物流コスト改善のコツ
ハンドル名Kein さん
ブログタイトル収益向上に貢献する物流コスト改善のコツ
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/gz0210/
サイト紹介文会社収益向上のためにコスト改善は必須。意外と難しい物流コスト改善の取り組みについて易しく解説します。
自由文大手製造会社で長年に亘り物流IE、物流技術担当として物流の構築、改善に取り組む。国内外を問わず、主として製造会社の物流改善の指導に明け暮れる日々を過ごしている。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供157回 / 365日(平均3.0回/週) - 参加 2008/01/26 21:54

Kein さんのブログ記事

  • 日々の物流管理(2) 1人1時間あたり出来高管理
  • 物流現場では日々収支としてみなし粗利を把握していく重要性についてお話してきました。そのポイントは労務コストを把握することでした。これはそれほど難しいことではないのでぜひ取り組んでいただきたいと思います。しかしもっと簡単に今日から管理する方法もあります。それは出来高管理です。一日でどれくらいの業務量をこなしたのかを見ていくやり方です。たとえば出荷業務。KPIを出荷伝票とし、それの枚数を把握していくので [続きを読む]
  • 日々の物流管理 みなし粗利管理
  • 物流職場の管理単位はどれくらいのメッシュでしょうか。年単位?これでは管理していることにはなりません。月単位?多くの会社で取り組んでいるレベルです。でもこれでも少し粗いかもしれません。やはり管理単位は日ではないでしょうか。1日が終わった段階でその日に予定していたことを達成できたのかどうかを把握することが最低限の物流管理ととらえるべきです。生産現場では時間ごと管理を実施しています。また常時デジタル表示 [続きを読む]
  • 物流管理監督者の仕事の仕方(3) マネジメント力の向上
  • 物流管理監督者の仕事はマネジメントです。マネジメントは仕事のパフォーマンスを見ていくこと、つまり当初の計画通りに仕事ができているかを日々確認することがメインとなります。そして部下のマネジメントも重要です。部下を指導し、仕事も標準手順に則って実行されているかを確認します。部下個人、個人への期待値と現状とのギャップを把握し、それを埋めていく活動も必要です。自ら指導したり外部教育に派遣したりしてギャップ [続きを読む]
  • 物流管理監督者の仕事の仕方(2) マネジメント力の重要性
  • 物流管理監督者の方はマネジメントの勉強をされて管理者になられましたでしょうか。よくプレーヤーの延長線上で管理監督者になられた方がいらっしゃいます。しかし実作業とマネジメントではまったく職種が異なります。マネジメントで失敗する事例がありますが、事前教育が不十分だったのではないでしょうか。管理監督者は仕事の配分を適正に行います。仕事を教え込み、その出来栄えを評価します。このあたりは実作業の延長線上でで [続きを読む]
  • 物流管理監督者の仕事の仕方 現業を管理するために
  • 物流に日々携わる皆さんの中には管理監督者の方もいらっしゃることでしょう。そこで少し物流管理監督者がどのように仕事に取り組むべきかについて考えてみましょう。物流の管理監督者の皆さんは直接物流現場を持っていらっしゃる場合もあれば、間接部門を管理している方もいらっしゃることでしょう。まず現業を管理されている方の仕事について見ていきましょう。後にも先にも必要となるのが「現場管理」です。目標とされる安全、品 [続きを読む]
  • 物流業務の魅力向上(3) 物流担当取締役(CLO)を設置する
  • 日本では物流担当取締役はあまり多くいません。物流部門もない会社はざらです。しかしサプライチェーン効率化の観点からは物流は極めて重要です。物流はサプライチェーンのキーであり、それを重視した取り組みを行っている会社ではしっかりとした物流組織が整備されています。そしてさらに意識が高い会社で物流担当取締役(CLO)を置いているのです。その名の通り物流に責任を負う役員です。日本の多くの会社では物流を軽視する傾 [続きを読む]
  • 物流業務の魅力向上(2) トラックドライバーの給料を上げるために
  • 物流業務の内、トラックドライバーという職種は特に人を集めづらい実態にあります。新たにドライバーにある人が増えないため、現役ドライバーの高齢化が進んでいます。高齢化が進むと体力も衰え、かつてのように無理がきかなくなってきます。このような現状では従来と同様の物流サービスを維持できるかというとそういうわけにはいかないでしょう。トラックドライバーの成り手がいないのは、給料が安いという点と、危険だと思われて [続きを読む]
  • 物流業務の魅力向上 労働時間と給与の問題
  • 物流業務を好んでやりたがる人は多くありません。物流はほぼすべての産業について回りますが、どちらかというと付帯的な仕事ととらえられがちです。そのためか物流業務は決してメジャーではなく、それを希望して入社してくる人もほとんどいません。物流事業者でも状況はまったく変わりません。自らどうしても物流の仕事がやりたいので物流事業者を希望するという人は少数派です。もちろん運輸業でも旅客の航空会社は人気業種ではあ [続きを読む]
  • 物流現場から迷いを無くせ(3) 製品番号と文字サイズに注意せよ
  • 物流現場で迷いが発生する要因として「オーダーの見にくさ」が挙げられます。出庫作業者はオーダーシートを見ながら必要な製品を棚から出庫することが多いと思います。この時に「わかりづらい製品番号」や「見にくい文字の大きさ」などは作業者にとって迷いの要因となるとともにストレスの原因にもなります。夕方になってくると疲れもたまっていますので、その迷いがミスにつながるリスクを考えなければなりません。作業者は間違え [続きを読む]
  • 物流現場から迷いを無くせ(2) 表示改善に着手せよ
  • 迷いを無くすためには倉庫内をあたかも地下鉄の駅のようにしなければなりません。表示を誰が見ても一瞬でわかるようなものにする必要があるのです。当たり前のことですが、表示はどこからでも目に付くような場所に掲示する必要があります。地下鉄では表示に路線名と共にマークを付けています。マークは色分けされていますが、その色で路線を認識している顧客も多いものと思われます。人は色に敏感ですから物流倉庫でも色を駆使する [続きを読む]
  • 物流現場から迷いを無くせ 迷い時間はロスタイム
  • 皆さんが日々仕事をしている中で「迷い」ってありませんでしょうか。仕事だけではなく生活まで範囲を広げると迷うことは結構あるものです。たとえば地下鉄の駅。自分がこれから向かう先までは何線に乗ったらよいのか迷うことがあります。そこで駅の路線図とにらめっこをしながら該当路線を突き止めます。次に乗り場です。ターミナル駅ではいくつもの路線が乗り入れていますので、その中から該当路線の乗り場へと向かいます。その時 [続きを読む]
  • 物流アウトソースの前にやるべきこと(3) 物流管理の委託
  • アウトソース先がどこまでの仕事を請け負ってくれるのかについてもあらかじめ確認しておくことが望ましいでしょう。大抵の物流アウトソースでは「輸送」を委託したり「保管」を委託したりします。これが一般的だと思われます。つまり物流業務の内、オペレーションだけを委託することが普通なのです。しかしオペレーションだけアウトソースするということであれば、管理は自社で実施しなければなりません。ここはもしかしたら十分に [続きを読む]
  • 物流アウトソースの前にやるべきこと(2) RFPの実行
  • 前回お話させていただきました通り、物流業務発注に際してできるだけ細部の条件を明確化して相手に伝えるという行為をしっかりと行っていただきたいと思います。これは原則として「物流仕様書」としてアウトソース先に提示することがベストです。この内容と条件でアウトソース先は業務を組み立てて実施します。もし相手から何かしらの提案が欲しいのであればRFP(Request for Proposal)を実施すればよろしいと思います。もし相手 [続きを読む]
  • 物流アウトソースの前にやるべきこと 期待外れの要因
  • 物流業務の内、何と85%がアウトソースされているというデータがあります。この数字が物語るもの、それは物流は自分たちの本業ではないという認識が挙げられます。その是非はともかくとして、物流はアウトソースされることが一般的になったことだけは確かなようです。一方で「期待外れのアウトソース」も後を絶ちません。発注者としてはもっと効果を期待していたものの、それを結果として得られなかったということです。そしてそ [続きを読む]
  • 頼れる物流パートナーを見つける(3) 物流アライアンス
  • 物流をアウトソースしている会社では「物流ワンストップサービス」を求めています。輸送はA社に、保管はB社にという取引は結構厄介ですから。どこかの会社が物流に関するすべての業務の窓口になってくれると大変ありがたがられると思います。まさに企業の物流部代行というイメージです。世の中には3PLという言葉があり、この3PLであれば荷主になり代わって物流業務をすべて代行できるはずです。しかし実際にはこのようにすべてが [続きを読む]
  • 頼れる物流パートナーを見つける(2) 在庫コントロール業務
  • 資材等の調達業務ですが、これには二種類があります。一つは業者選定と価格の決定業務です。一般的にソーシングと呼ばれている領域です。もう一つは日々の発注業務です。パーチェシングと呼ばれる業務で、決められた業者に決められた価格で納入してもらえるように情報を伝える業務です。この内、ソーシングは社内で実施することが圧倒的に多いと思われます。もちろん、ソーシングをアウトソースしている会社もあり、外出しすること [続きを読む]
  • 頼れる物流パートナーを見つける 製造業や小売業のパートナー
  • 物流ノウハウが十分ではない会社にあって、頼れるパートナーを見つけることは重要な案件になることでしょう。日本の場合、モノづくりは進んでいても、その前後にある物流については疎いことがほとんどだと思われます。小売りでも店先に商品を並べて売ることはできても、在庫を適正に管理したり、顧客に商品を発送したりすることは得意分野ではない気がします。モノづくりでも小売りでも、また別の仕事でも同様ですが、得意分野と不 [続きを読む]
  • 人に教えることで物流を学ぶ(3) 教える人の成長
  • いつも申し上げていることですが、物流は単純な運搬や輸送だけにとどまりません。むしろ物流は何かしらの結果であるため、その要因をつぶすことが改善につながる性質を持ちます。これは在庫でも同様です。在庫も物流の重要機能ですから、その要因を把握して一つひとつつぶしていくことが求められます。物流の場合はどちらかというと工程設計が要因の多くを占めることになります。保管場所をどこにするのか、その場所によって輸送の [続きを読む]
  • 人に教えることで物流を学ぶ(2) 物流改善アドバイス
  • 物流知識を教えることを通して自分自身のスキルが向上します。しかし物流知識だけではなくもう一歩踏み出した行動が求められます。それは物流改善のアドバイスをするという行動です。これは相手に非常に喜ばれますし、自分の力量が大幅に向上するビッグアイテムです。物流を本業としている、していないに関わらず、物流改善はビジネスを展開していくには必須アイテムです。一方で皆さんご存知の通り物流知識を持った人はそれほど多 [続きを読む]
  • 人に教えることで物流を学ぶ 物流知識を教える
  • 皆さんも多分ご経験があることと思います。その経験とは・・・。それは自分の学びに一番役立つこととして「人に教える」ということ。自分があることを勉強しているときに、理解度をチェックするには人にそれを教えてみるということです。きちんと理解してれば相手に伝えることは容易です。一方であいまいな理解度では正しい情報を伝えることは難しいでしょう。そこで会社で物流を担当し始めたばかりの人にはこの方法がお勧めです。 [続きを読む]
  • 物流か生産か(3) サプライチェーン高度化と物流
  • 日本のものづくりは世界で最高レベルです。品質のみならず生産効率のレベルも高く、東南アジア諸国の追い上げはあるものの、なかなか追随を許していません。トヨタ生産方式に代表される日本のものづくり、多くの人が注目し、自社にもその手法を導入しています。製造業全般にその改善思想が伝わっていますから、製造現場では常に上を目指して「カイゼン、カイゼン」という行動につながります。一方で物流だけ切り離して考えているせ [続きを読む]
  • 物流か生産か(2) 生産の一部としての物流
  • 生産工程にモノを届ける作業を供給と呼びますが、狭義の物流しかやったことのない人には理解できない言葉です。物流には「輸送」「保管」「荷役」「包装」「流通加工」の5つの機能があります。これは狭義の物流での定義となりますが、先ほどの「供給」は「荷役」の中に含まれると思われます。メーカーからみると物流は生産の一部だと考えます。たとえば工場の中でモノを移動することは「運搬」と呼び、生産工程の中でモノを取る動 [続きを読む]
  • 物流か生産か 物流の本質をとらえろ
  • 物流というと何か特殊な範囲の狭い業務としてとらえる人が多い気がします。特に物流を輸送と倉庫保管に代表される狭義の仕事として論ずるケースによく直面します。もちろん、輸送業務だけの論議もあれば倉庫保管だけの業務もあります。それは輸送距離や倉庫立地となればあまり他の要素が絡んでこないため、特化した話でもよいのでしょう。しかし大半はそれで片付く話ではありません。たとえば在庫の話。倉庫の観点からは在庫の量が [続きを読む]
  • 物流小改善を積み上げよう(3) 物流改善日を設ける
  • 輸送改善であれば輸送用荷姿の改善が効果的です。比較的取り組みやすいので、小さな改善をいくつも見つけ出し、実行することが可能です。それは容器への収納数の増加です。あと1個入れられないか、と考えながら実行すると実際には2個積み増しすることができることが多々あります。まず物流担当者で1日「輸送荷姿改善日」を設けてみてはいかがでしょうか。そして工場や倉庫の中で巡回しながら荷姿をチェックしていきます。この時 [続きを読む]
  • 物流小改善を積み上げよう(2) 基本を身につける
  • 初めから大きな効果を狙おうとする必要は全くありません。目の前の小さな問題を解消するという意識で物流改善に取り組みましょう。物流倉庫でモノを出庫する際に、「モノを探す」「迷う」という動作がどれくらいあるか把握されていますでしょうか。会社によって差はありますが、出庫作業時間の15%くらいが「探す」「迷う」行為です。これはまったく付加価値を生まない動作なので、無くさなければなりません。モノの置場を明確化 [続きを読む]