びんぼっちゃん さん プロフィール

  •  
びんぼっちゃんさん: ワーキングマザーの放浪絵日記
ハンドル名びんぼっちゃん さん
ブログタイトルワーキングマザーの放浪絵日記
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/wm_horo/
サイト紹介文仕事や家庭、企業や社会への、WMとしての思いを綴ります。イラストと、ちょっとナナメの感性が隠し味
自由文育児と仕事の両立、生業としてきた化学、企業と消費者の関係etc、仕事にまつわる思いを、オリジナルイラスト付きでつづっています。
3歳児神話などの常識と喧嘩したり、「男心の研究」を論じたり。万年反抗期のワーキングマザーのサイトに、よろしかったらお立ち寄りください。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供0回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2008/01/28 22:05

びんぼっちゃん さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 生まれ変わるの
  • 体調、絶好調。なのに、ガンが最近急激に膨らんで、大出血しました。さすがにこりゃ、切らねば。病院で相談中です。大出血は、悪化じゃなくてメンゲンだと信じてるワタクシです。ぜんぜん科学的根拠がないけど、たくさんの冷えとり先輩の体験を生で聞いてるとぜったいそうだと思えます。とはいえ、いくらメンゲンでも、血がドバドバ出たら大変すぎるし周囲にも大迷惑がかかるのでこの際、西洋医学のお世話になることにしました。そ [続きを読む]
  • スタミナのもとは
  • 疲れにくくなってきました。激しい肉体労働には縁がない生活なので疲れる場面といったら、大抵は日常のこまごました生活でのこと。たとえば、一日中、幾つものゴチャゴチャ家事に追われたり暑い中、あちこち出かけて冷房と酷暑の間を行き来したり・・・そんな場面。こういう時の疲れ方は、気が上がる疲れ方。イライラ、カッカしてくるような、脚が重くなるような、頭の芯も鈍くなるような。この疲れが、だいぶ減ってきました。こう [続きを読む]
  • 食生活は関係あるのね
  • 昨日、おとといの講演会で異口同音に言われたことはガンは生活習慣病だということ。もちろん知ってたけど、今や、国立ガンセンターのホームページにも書いてあるそうです。生活習慣は早寝早起きや運動などのライフスタイルと食事、心の持ち方。心の持ち方はひとつ前の記事で書きました。食事は腹八分目とか、よく噛むとか、バランス良く・・・・かなあと思っていたら、そんなのは基本のキでした。いろいろ、いろいろ、教わりました [続きを読む]
  • あらためて
  • 暑~い中、参加しました。ガンの患者学研究所の講演会です。みっちり4時間。http://www.naotta.net/lecture/いやーためになりました。やっぱり癌って侮れないな、と思いました。そして本当に、本当に治せるんだな。と思えましたそして1人では無理だな、とも思いました。実際に治った人と会うことは、ものすごく大事なことだと実感しました。会って、実際に顔を見て声を聞いて雰囲気をつかむこと。これが、書物を100冊読む以上のも [続きを読む]
  • 治るぞ2
  • ガンを切らずに治した人たちの話を直接聞く会に参加してきました。どーせ心の持ち方が問題だとか言われるんだろうなあ、心を簡単にどうにか出来たら苦労しないのになんて、半分ぐれながら聞きにいきました。もっのすごく体調も良くて楽しいことも充実してて気分よく過ごしているのに皮膚癌の一つがここ数か月で急に大きくなり膿は出る血は出るでここんとこ、滅入っていました。いくら養生しても癌には勝てないのかと、打ちのめされ [続きを読む]
  • 作り笑い?
  • 時々思うのですがほんとにそんなに、前向き思考でなきゃいけないのでせうか。笑えば脳も勘違いして、幸せ物質を出すっていう。どうやら実証されているらしいから、前向き思考や笑顔を心掛けた方がいいのは確かなんだろう。実際私もそうしているし、そうだなと思う。でもね最近、やっぱりそうでもないなと思ったりする。笑いたくないのに笑った後味は、いつまでもいつまでも、嫌なもの。楽しいことが見つかれば幸せだけどそれが終わ [続きを読む]
  • 汗が変わった
  • ここ何年も、夏の冷房から遠ざかっているので夏はとにかく大量に汗をかくのですが汗をかくのは好きじゃあない。「暑い!」という感覚が体の奥の方で生まれてそれが表面に向って突き上げてくるような不快感があって皮膚の直下で噴火して、べっとり吹き出すって感じで。「うわー汗が出ようとしている、出ようとしている!!」と意識せずにいられないような抵抗感がある。いちいち身構えて、なんか、ストレス。いくら汗が毒だしと言わ [続きを読む]
  • 覚悟
  • ある先生とお会いした時、言われた言葉。(私一人に対してじゃなくて、その場にいた何人かの人に、一般的なこととして語った内容です。)「病気になった時、大したことない。だいじょうぶだいじょうぶ、と言っている人は先が短い」びっくりしました。世間でよく言われることと、逆だから。よく言われるのは「病気のことなんか忘れるくらいがいいよ。あまり考えてると、それだけでストレスだよ」です。私もある時期はそう思っていま [続きを読む]
  • 生命力
  • 落ちるところまで落ちたら、生命力は勝手に賦活するもんだと思ってます。でも表現むずかしくて黙ってました。そこまでして書かんでもいいかなと。しかし、それを見事に表現している方を見つけました。http://ameblo.jp/reimiyukikawa/entry-12043044000.html霊能者さんらしいです。私はその方面には関心ないですが、この記事で書かれてることには大きくうなずけます。でもって、覚書代わりにリンクです。 [続きを読む]
  • ああストレス
  • 癌の大敵はストレスだと、どこでも言われるし、自分でもそう思いますが、納得したくなかったです。強い悩みがあったわけでもないのに癌が出来てしまったことの説明がつかない。それ以上に、癌があること自体、強いストレス。そのストレスがあるうちは、癌から逃れられないってこと?それじゃ困るんですけど。そういう思いがあって、認めたくありませんでした。だけど、このへんで白旗をあげます。認めます。癌の大敵は、間違いなく [続きを読む]
  • ゆるゆるは命取り
  • 今日の記事は相当に散漫です。しかも事実と推測が、渾然一体になってます。動揺しておりますゆえ、どうかご容赦ください。それから人づてに聞いたことなので、伝聞口調になります。-------知人が癌で旅立ちました。詳しくは知らないですが、たぶん、初発。初期ではなかったようですが、4期まではいってないはず。3大治療を断り、養生的に治していこうとしていたようです。冷えとりも始めていましたがかなわず、あっというまに病 [続きを読む]
  • 過去の記事 …