蟠龍斎 さん プロフィール

  •  
蟠龍斎さん: 蟠龍戦記
ハンドル名蟠龍斎 さん
ブログタイトル蟠龍戦記
ブログURLhttp://banryu.blog51.fc2.com/
サイト紹介文自分の巡った城・城跡を紹介します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供355回 / 365日(平均6.8回/週) - 参加 2008/01/29 00:18

蟠龍斎 さんのブログ記事

  • 備中鳶ヶ巣城
  • 鳶ヶ巣城は、鳶ヶ巣山の山頂になり、新見高等学校の北にある道を東進すると、山頂まで車で行けます。ただ、案内板などが無いので、最初は誤って新見市公園墓地に到着してしまいました。修正して山頂へ。以前はテニスコートなどもあったようですが、時代の流れなのか、その場所にはソーラパネルが設置されていました。電波塔がたくさんあるところが山頂とあったので、その辺りを撮影しました。土地も改変されたのでしょう、やはり遺 [続きを読む]
  • 備中塩山城
  • 別名を『潮城』ともいいます。JR岩山駅のすぐ西、県道32号沿いに登城口が2ヶ所あります。1つは標柱と説明板が立つところ、もう1つが、『潮城跡 大手口』と書かれた石碑が立つところです。ただ、石碑側は、登城口がよくわからなかったので、自分は標柱側から登城しました。登城道は、そこそこ整備されているのですが、矢印案内など一切なく、そのわりに分岐点が多く道に迷いかけました。何とか写真の石積みところに到着しま [続きを読む]
  • 裏関ヶ原
  • 関ヶ原合戦に関する武将たちを集めた短編小説になります。その武将たちは、黒田如水、佐竹義宣、細川幽齋、真田昌幸、最上義光、織田秀信です。読んでいて気づいたのですが、この6人は、なんらかな関係で関ヶ原合戦に関わっていますが、本戦には参加してないんですね。(だから『裏関ヶ原』なのかな?)それもあってか、合戦時の話より、数年前にさかのぼってから話が始まります。あと、6人全員ではありませんが、石田三成登場し [続きを読む]
  • 美作山王山城
  • 山王山城は、別名を小原城ともいいます。場所は、美作市内にある大原神社の裏手(北側)の山になります。国道429号沿いに案内板があるのですが、そこには『小原城跡0.5km』とありました。案内板通り行くと、麓を歩くことになりますが、神社の真裏の山を登ります。自分が行った時は、落ち葉が多く滑りやすかったです。最初は、この道で良いのか半信半疑で登りましたが、後半は階段が出てきてこの道でよかったと確信して登り [続きを読む]
  • 播磨草置城
  • 生野方面から国道429号線を使って西進し、草置城の看板があるところを東進します。この道はちょっと狭く、さらに登っていきます。登りきったところが、草置城になります。この城は、模擬天守が建ちます。しかもナゼか山頂ではなく中腹に建っています。説明板が模擬天守内部にありました。山頂へは、すぐに到着します。ここには、無料の双眼鏡がありました。見晴らしは良かったです。標柱も立っていましたが、何が書いてあるのか [続きを読む]
  • 島津の陣風 義久の深謀、義弘の胆力
  • 島津氏の小説になりますが、関ヶ原合戦におけるいわゆる島津の退き口から本領安堵を勝ち取ったところまでを描いています。あえて期間を短くしていることで、より詳しく描かれているように思います。登場人物も多く、島津氏はもちろんですが、敵対する徳川家康・本多正信、島津攻めを準備する黒田如水・加藤清正、大阪商人などなど。いろんな人物の思惑が描かれています。個人的に思ったのは、島津義久の策(ネタバレになるで読んで [続きを読む]
  • おんな城主直虎第24回『さよならだけが人生か?』
  • 今日のインパクトは、織田信長の登場!桶狭間合戦に登場せずに今回で初登場。いまだに斉藤氏も滅ぼせない信長をそこまで怖がる必要あるのかな?直虎紀行は、久しぶりに登場の瀬名姫関連。もちろん行ってませんが、今回の竹千代と徳姫の婚姻って、結局、瀬名姫の死に繋がるのかと思うとちょっと寂しいですね。瀬名こと築山殿って悪女のイメージがあるけど、この大河ではイメージ回復に繋がるのかな?それにしても、侍女の竹と梅の話 [続きを読む]
  • 但馬生野城
  • 生野城は、生野銀山攻防の舞台にもなったお城です。国道312号線近い琵琶の丸公園が登城口になります。駐車場もありますが、数が少ないので、自分は生野小学校の南にある観光駐車場に停めてそこから歩きました。山城だけあって、主郭まで40分ほどかかりました。とはいえ、少しですが石積みがあったりと遺構はほどほどに残っています。写真のように曲輪の形もしっかり残っています。標柱も立っていました。生野銀山には多くの観 [続きを読む]
  • 但馬生野平城
  • 銀山といえば、石見銀山が世界遺産登録されて有名になりましたが、ここ但馬生野にも銀山がありました。以前から知っていましたが、なかなか行けなかったので、今回、国道312号線を北上して行って来ました。生野銀山そのものは、国道312号線から国道429号線を東へ入り、さらに奥へ行ったところになります。非常に見るところが多く、なんだかんだで90分ほど観光していました。写真は生野代官所跡で、場所は生野小学校の南 [続きを読む]
  • 播磨福本陣屋
  • 国道312号線を北上し、神崎高等学校の前を右折した突き当たりにある大歳神社に福本陣屋がありました。石碑や説明板はありますが、すっかり神社になっているので、遺構はほとんどありません。それでも写真の池泉回遊式庭園が残ります。正直、お世辞にもきれいとはいい難いですが…。福本藩は、大名ではなく、交代寄合の旗本でしたが、庭園は持てるんですね。 [続きを読む]
  • 播磨鶴居城
  •  鶴居城は、鶴居中学校の北西にある山城です。麓の墓地が登城口になり、獣避けのゲートを越えて登城します。ここに説明板があり、そこには『稲荷山城』と書かれていました。墓地から見ると、山頂に削平地っぽいところが見え、そこに木が数本立っているのが見えます。「あ〜あそこまで登るのか〜」と思い登城しました。登城道は整備されており歩きやすくなっていますが、さすが山城、40分ほどかかりました。それでも途中途中に「 [続きを読む]
  • 播磨飯盛山城
  • 場所は、市川大橋を東へ行き、坂を登った南側に登城口があります。木の板に『飯盛山登山口』とありますが、小さい字で『飯盛山城跡へ』とも書かれています。車で坂を登っていることもあり、10分ほどで山頂の主郭に到着します。それまでにちいさな神社があり、削平地になっていたので、ひとつの曲輪だったかもしれません。主郭はとても狭く、さらに巨石が配置され虎口のようにも見えました。巨石に登ることもでき、周囲を見渡すこ [続きを読む]
  • 播磨恒屋城
  •  恒屋城もまた、綺麗に整備されたお城です。県道409号線に案内板が出ており、麓に駐車場もありますが、そこまでの道が狭いので、自分は県道沿いの公民館に停めさせてもらいました。県道沿いから山頂の幟などが見えます。この城は前城と後城に分かれています。まずは前城、20分弱で到着します。(写真左)ここは見晴らしが良いですね。麓から見えた場所もここでしょう。幟が多く立っています。ちなみにその幟は『姫路城』。住 [続きを読む]
  • 海道の修羅
  • 「海道一の弓取り」と称された今川義元を主人公とした小説です。若き日というよりは、栴岳承芳と呼ばれた頃、家督を継ぐ前から始まります。まぁ、この家督相続から義元の策謀が始まります。花倉の乱〜武田・北条氏との駆け引きなど、丁寧に描かれています。大河ドラマにもなっている井伊家も登場します。義元といえば、領国経営に長けた政治家のイメージがありますが、この小説では、謀略家のイメージが強いです。最後はもちろん桶 [続きを読む]
  • 播磨田野城
  • 場所は、姫路市香寺町田野になります。住宅地を抜けた西が登城口で説明板があります。この前に車を停めました。このすぐ西にため池が2つあり、見学できる道があります。思わずこの道を行きましたが、行き止まり。登れそうな獣道もないので引き返しました。実は登城口は、説明板のやや東に山へ入る道があり、そこから登ります。案内板がないので注意しましょう。ため池を上から見下ろすように西へ進みます。進んでいくと徐々に険し [続きを読む]
  • 播磨春日山城
  • 春日山城は、越後だけでなくここ播磨にもあるんですね。福崎町にある飯盛山(春日山)が城跡になります。南麓はキャンプ場になっていますが、西麓はグラウンドがあって駐車場もあるので、ここに停めた方が良いでしょう。標高198mの山なので15分ほどで山頂に到着します。残念ながら遺構はほとんどありません。珍しいものとして、『食糧貯蔵庫』と書かれた標柱が立ち、そこには大きめの穴がありました。悪くいえば、単なる穴な [続きを読む]
  • 播磨南山田城
  • 何の変哲もない公園タイプのお城に見えますが、この城は大坂城五人衆の一人・後藤又兵衛基次の父・基国が築いたと伝えられるお城です(現地説明板より)。大河ドラマ真田丸の『真田丸紀行』でも紹介されました。場所は、姫路市山田町南山田にある児童公園になります。地元の方には普通の公園なんでしょう。大河関連の幟などはありませんでした。遺構もほとんどありません。公園内の裏手に平坦地になったところがあり、あとはほとん [続きを読む]
  • 播磨小谷城
  •  近江小谷城ではなく、播磨小谷城です。こちらは、『こだにじょう』と読みます。加西市内にある陽松禅寺から登城します。自分は、その手前の公民館前に駐車しましたが、ここに説明板と地図があり、矢印案内板もあるので、登城口まで楽に行けます。登城口から山頂の主郭までは、10分ほどで到着します。この城は、整備がいき届いており、案内板も多いです。遺構もよく残っており楽しめます。山頂入口に横堀と土塁があり、曲輪も多 [続きを読む]
  • 播磨笹倉城
  • 別名を殿原城とも言います。加西市笹倉町にある極楽寺の北側にある小山が城跡ということで、行ってみました。他のサイトの方の写真を見ると、木々が切り倒されて見やすい状況になっていたので、自分も行ってみたのですが、数年で藪状態に戻っていて、遺構はよくわかりませんでした。写真右手の山を歩き、一番高そうなところも歩いたんですけどね。それにしても僅か数年であれほど藪状態になるとは、自然って恐ろしいですね。 [続きを読む]
  • 蝮の孫
  • 蝮の孫ということで、斉藤道三の孫・斉藤龍興が主人公の小説です。あえて、龍興が主人公というところがポイントです。龍興というと、暗愚のイメージがありますが、この小説はダメなところもありつつ、がんばっているところが多々あり、そんななか、結局敗者となっていく、そんな小説です。同じ美濃の人竹中半兵衛がライバルになっていて、龍興の才能を引き立てさせています。ラストがなかなかのどんでん返しなんですが、どうやら、 [続きを読む]
  • 播磨満久城
  • 山城の満久城(まくじょう)は現在、ゴルフ場の敷地内にあるため、残念ながら立ち入ることができません。遺構は残っているようですが、それを見た人がいるのか謎です。写真は、河内城から撮影したものです。中央の山と思われますが、確証はありません。いつの日か、発掘調査が行われて、見学できる日が来ると良いですね。 [続きを読む]
  • 播磨河内城
  • 播磨にある河内城です。『こうちじょう』と読みます。登城口は六処神社になります。入口に『河内ふれあいの森』と書かれた大きめの案内板があり、ここから整備されたハイキングコースが続きます。10分ほどで東屋のある小山に到着しました。ここからゴルフ場にあるという山城の『満久城(まくじょう)』が見えます。さらに15分ほど歩くと、説明板のある曲輪に到着します。縄張りは、大きく東郭と西郭に別れているタイプです。写 [続きを読む]