蟠龍斎 さん プロフィール

  •  
蟠龍斎さん: 蟠龍戦記
ハンドル名蟠龍斎 さん
ブログタイトル蟠龍戦記
ブログURLhttp://banryu.blog51.fc2.com/
サイト紹介文自分の巡った城・城跡を紹介します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供354回 / 365日(平均6.8回/週) - 参加 2008/01/29 00:18

蟠龍斎 さんのブログ記事

  • 播磨苔縄城
  • いや〜この城で遭難しました…。まず登城口ですが、かつて赤松小学校のあった場所になり、現在は苔縄ふれあい公園の入口になっています。近くに公民館もあるので、駐車することも可能です。入り口を進むと、例の獣避けフェンスを越えて登城することになります。ここから展望台までは、登城道も整備されており、サクサク進みます。展望台に『白旗城跡と苔縄城跡(伝)』の説明板がありました。展望台は斜面にあり見晴らしは良かった [続きを読む]
  • 播磨白旗城(2)
  • 白旗城は、前回前を通っただけで登城していませんでした。今回は、充分な時間を確保して初登城してきました。場所は国道373号線を走れば、東側に大きな看板が見えてくるのですぐわかります。川沿いに駐車スペースもあり安心です。前回来たときは無かった案内として、『落ちない城 合格祈願』と書かれていました。いろいろ考えますね〜獣対策の柵を越え、麓を歩きます。ここもすでに館跡のようで、館の敷地がわかります。大き目 [続きを読む]
  • 播磨赤松居館
  • ここ赤松居館は、南北朝時代に活躍した赤松円心の居館跡になります。場所は、白旗城の西で現在は、赤松の郷として大きな看板が立っていました。説明板のあるところは、写真のようにグランド状態になっており遺構はありません。グランドの奥(写真中央)に『苔縄城址』と書かれた石碑がありました。苔縄城?と思い調べてみると、ここよりもっと南にあるお城で白旗城の支城だったそうです。なぜここにあるのか不明です。白旗城が戦時 [続きを読む]
  • おんな城主直虎第31回『虎松の首』
  • ↓直虎紀行第31回にて、少し紹介された『遠江井伊谷城』今回、衝撃だったのは徳政令を受け入れただけで、井伊家が取り潰しになったことです。たったそれだけで取り潰し=消滅しちゃうの?確かにこのタイミングで、徳政令を発しますが、取り潰しではないような??ちょっとよくわかりません。あと思ったのは、今川氏真。今までのイメージはバカ殿だったのに、今では単なる嫌な奴になりました。あ〜今川家は悪役だな〜直虎紀行は、 [続きを読む]
  • 静岡県の歩ける城70選
  • 最近、この手の県別また地方別のお城に関する書籍が増えたように思います。お城ファンにとってはうれしい限りです。有名なところから、マニアックな山城まで紹介されているのですからありがたいです。書籍によっては、縄張図まで掲載されていますよね。今年のお盆旅行は、直虎紀行ではないですが、大河ドラマ関連ということで、井伊谷〜浜松辺りも訪問しようと考えています。そこでこの書籍を見つけました。この本の特徴は、なんと [続きを読む]
  • 美作高田城(2)
  • 高田城は2回目の登城になりますが、主郭とは別に出城があるということで行ってきました。主郭側と違い、道路の反対側にある独立した小山が出丸になります。山頂に電波塔があるからなのか、舗装された道路が続きます。出丸と思い油断していましたが、突然竪堀と堀切が見え、絵入りの案内板もありました。写真は、山頂のひとつ下で『カンカン井戸』がありました。この辺りも遺構がよく残り、土塁や空堀が見えます。出丸まで含めると [続きを読む]
  • 備中大渡城
  •  大渡城は、高梁川沿いにはしる国道180号線と県道165号線の交差点から東にある山城になります。南麓の民家と民家の間が登城口になります。この城は特に案内など無く、登城口もネット情報で見ました。登城口すぐにブロックの社があり、そこから20分ほどで斜面に古そうな社がありました。最初この辺りが主郭?と思いましたが、特に削平地も無くさらに登ります。すると、開けたところに出て、曲輪っぽくも見えます。さらに進 [続きを読む]
  • 備中下倉城
  • 県道54号線を北上し、高梁川を渡る手前の西の山に下倉城がありました。地元の方が作成したような小さな案内があり、そこから登城できます。尾根の分岐点にも手作りの小さな案内板があります。そのため整備はされていますが、それほど遺構は残っていません。山頂の平地になっているところが、主郭なんでしょう。木々に張られている赤いテープが目立ちました。ちょっと寂しい城跡でした。 [続きを読む]
  • 備中鬼ノ身城
  • 同じ岡山県にある鬼ノ城ではなく、鬼ノ身城(きのみじょう)です。この城は、登城口がわかりにくく、ちょっと苦労しました。まずは、総社市山田地区から北上し、華光寺を目指します。お寺の手前の墓地に案内板があり、鬼ノ身城(蟻ヶ峠)方面へ歩きます。ちなみに自分は、道が細くなる手前に車を停めてそこから歩きました。案内板から歩いて、20分ほどでドラム缶に竹杖が置かれている登城口に到着します。この道が峠道になってお [続きを読む]
  • おんなの城
  • 女城主を主人公とした3つの短編小説になります。・岩村城主遠山景任に嫁いだ珠子・七尾城主畠山義綱の側室・佐代・大河ドラマの主人公井伊直虎(奈美)名前は創作でしょう。畠山義綱の側室については、全くの知識が無かったのでなかなか面白かったです。井伊直虎については、小野但馬守政次がドラマと違いとんでもない悪党に描かれていました。また、三方ヶ原合戦で徳川家康が命拾いしたのが、「直虎のおかげ」っていうのには驚き [続きを読む]
  • おんな城主直虎第30回『潰されざる者』
  • 今日は、再び徳政令の話。正直、あんな状況なら、今川家の使者・関口氏を斬って、とっとと徳川方に走れば良いような…。今川家もいつ武田家が攻めてくるかわからない状況で、遠江の西端まで攻めに行けないでしょう。万一の場合でも井伊家は、山城の三岳城に籠もって徳川家の援軍を待つという戦略もあるし…。まぁ、ドラマなんで、この辺りを深く追求するのも野暮でしょう。直虎紀行は、氏真も商業の振興をはかって楽市やっていまし [続きを読む]
  • 備中市場古城
  • 県道80号線と県道282号線の交差点から南東に行ったところの小山が市場古城になります。残念ながら石碑や説明板がないです。そのため本当にここでいいのか不安になりましたが、写真の形を見て城跡だと確信しました。曲輪や堀などの遺構が見えます。主郭には、社が3つならんでいました。一応、城跡なんで説明板があるとうれしいですね。 [続きを読む]
  • 備中折敷山城
  • 場所は、笠岡市立北川小学校の南西に小山になります。地元の方が作成された案内板があるので、それに従って登城します。本当に小さな小山なので本丸まで簡単に到着します。そこへ行くまでも手作り感のある案内があります。堀切など見どころもありますが。いかんせん藪だらけで歩けるところも少ないです。本丸もご覧の通りで歩き難いです。しかし、この奥に低いですが、石積みあります。そこに案内もありました。説明板もそうですが [続きを読む]
  • 備中伽藍山城
  • 登城口は、西方寺にあり駐車場もあります。そこから30分ほどで山頂の主郭に到着します。途中、『○合目』と書かれた案内板があるので安心です。昔は寺院があったらしく山頂近くになると、十二天巡りが出来るようになっていました。遺構は竪堀や土塁などありますが、それほど明確でもなかったように思います。山頂で印象的なのが、写真にも写っているこいのぼりです。ゴールデンウィークということもあってか、風で泳いでました。 [続きを読む]
  • 戦って候 不屈の武将・山上道牛
  • タイトルでは、山上道牛となっていますが、別名も多く、信長の野望シリーズでは、山上道及となっています。そんな彼の生涯を描いた小説です。自分は、信長の野望シリーズで武勇の高い武将ぐらいしか、認識していませんでした。その武将の小説ということで読み始めましたが、基本その合戦シーンが多いです。武勇の高い猛将なので、悪く言うとワンパターン的になりがちです。智謀を使った駆け引きみたいなのが無いので、面白味に欠け [続きを読む]
  • 備中庄氏館
  • 猿掛城の城主庄氏の平時の館がこの庄氏館になります。場所は、江戸時代に建築された福武家長屋門の東の竹薮の前に写真の小さな石碑があります。さすがに遺構はありませんが、ここに江戸時代の大庄屋が建築されたのも、ただの偶然ではないのでしょう。 [続きを読む]
  • 備中猿掛城
  •  猿掛城は、規模が大きい山城で登城時間も掛かるので、存在は知っていましたが、未訪問でした。今回は時間のある午前中から行って来ました。登城口は、小田川沿いにあり駐車スペースも案内板もあります。大手道と搦め手道とありましたが、自分は、寺丸〜太夫丸を経て本丸を目指す大手道で行きました。規模が大きいという意味で、太夫丸のあとも六の丸〜本丸まであり、しかも案内板も設置されていて整備もいき届いています。土塁や [続きを読む]
  • 備中鷹ノ巣城
  • 羽柴秀吉による備中高松城攻めの際、毛利軍・小早川隆景の陣所となったのが、ここ鷹ノ巣城になります。登城口は、倉敷市内にある日差寺になり、日差山〜江田山を経由して鷹ノ巣城を目指します。30分弱で写真の城跡に到着します。この手前にちょっとした石垣がありましたが、それ以外の遺構はほとんど無く、岩がゴロゴロしていました。ここからの見晴らしは良かったですね。造山古墳(造山城)が見えるのですが、前方後円墳の形が [続きを読む]
  • 備前岡山城(3)
  • この日の最後に岡山城へ行ったのですが、いろいろ苦労しました…。旅に出た初日からエンジンの調子が悪く、3日目のこの日アクセルを踏んでも思うように進まないというほどになっていました。岡山市内に入ることもあって、ディーラーへ車を持っていくと、ある部品が故障しているとの事、その部品もあるということで交換してもらうことにしました。当然時間もかかるので、車をそこに置いて電車で岡山へ。そして、岡山駅から岡山城へ [続きを読む]
  • 備中境目七城
  • 羽柴秀吉による中国征伐の際、毛利氏が対秀吉最前線に配置したのが境目七城。七城とは、宮路山城・冠山城・備中高松城・加茂城・日幡城・庭瀬城・松島城の7つです。そんな七城をまとめてみました。備中高松城言わずと知れた備中高松城。水攻めにて開城。備中冠山城激戦の末に落城。備中加茂城城中で内紛が起こり落城。備中日幡城内応者により落城。備中庭瀬城なんとか死守。その後宇喜多領に。備中松島城西方にあったので、攻めら [続きを読む]
  • 備中加茂城
  • 羽柴秀吉による中国征伐の際、毛利氏が対秀吉最前線に配置したのが境目七城。そしてその一つがここ加茂です。ちなみに七城とは、宮路山城・冠山城・備中高松城・加茂城・日幡城・庭瀬城・松島城の7つです。国道180号線の加茂北交差点を西進すると、境目七城ということもあってか、『加茂城二の丸』案内板が左手にあります。そこから田んぼへ向けて100mほど歩くことになります。若干盛り土になっているところに説明板があり [続きを読む]
  • 備中造山城
  • 造山城は、古墳を利用して築かれたお城です。ちなみにこの造山古墳は、岡山県では最大で全国では第4位の規模の巨大古墳です。しかも、墳丘に立ち入ることができる古墳としては全国最大の規模になります。ちなみに第1〜3位は、大阪府にあり、天皇陵として考えられています。古墳の東側に駐車場もあり、観光客も2組ほどいました。建物も低いため真横からでも古墳の形を拝むことが出来ます。古墳の南側には荒神社が建ち説明板もあ [続きを読む]