蟠龍斎 さん プロフィール

  •  
蟠龍斎さん: 蟠龍戦記
ハンドル名蟠龍斎 さん
ブログタイトル蟠龍戦記
ブログURLhttp://banryu.blog51.fc2.com/
サイト紹介文自分の巡った城・城跡を紹介します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供354回 / 365日(平均6.8回/週) - 参加 2008/01/29 00:18

蟠龍斎 さんのブログ記事

  • 播磨野村城
  • 別名を野村構居とも呼ばれます。場所は、JR西脇市駅の東、加古川沿いにある諏訪神社の南のお堂付近になります。遺構は特に無く石碑や説明板もありませんでした。諏訪神社に『諏訪神社由来記』と書かれた大きな石碑があり、そこに野村城についても紹介されています。戦国時代に落城したお城で、諏訪神社の辺りは、『字カマエ』と言い当時の城の一部だったそうです。ということなので、写真はその諏訪神社にしました。 [続きを読む]
  • 播磨鳴尾山城
  • 西脇市内にある旭丘団地集会所の前に説明板があり、そこから南西に歩いたところが登城口になります。登城口前には『愛宕山入口』と書かれています。小山程度なので10分もあれば、写真の主郭に到着します。小さな社が1つあるだけですが、石碑がありました。広さはそれほどありませんが、高さはそこそこあるので見晴らしはよかったです。周囲が帯曲輪のように一段低くなっていました。石積もあるそうですが、見えませんでした。『 [続きを読む]
  • 播磨穂積陣屋
  • 場所は、滝野社インターより西で、中国自動車道の高架の北になります。以前は竹薮だったようですが、自分が訪問したときは、その竹が伐採されていました。周囲より若干高地になっており、土塁らしきものも見えました。残念ながら石碑や説明板はありません。あまりに遺構が少ないので、さらに西にある了徳寺に移築されている陣屋の山門も見学して来ました。 こちらはなかなか立派な山門でした。 [続きを読む]
  • 播磨三草陣屋
  • 三草陣屋は、やしろ国際学習塾内に写真の石碑と説明板があるのみで遺構はありません。すぐ隣に家臣の武家屋敷が残り、そこだけ城下町風情があります。説明板によると、三草藩の藩主は丹羽氏との事。ちょっと調べてみると、丹羽長秀の一族(児玉丹羽氏)ではなく、小牧長久手の戦いで尾張岩崎城を守っていた丹羽氏次・氏重兄弟の一族(一色丹羽氏)だそうです。岩崎城へ行った時、この兄弟が大きく取り上げられていた記憶があります [続きを読む]
  • 播磨上久米陣屋
  • 加東市立米田小学校のすぐ西に上久米陣屋がありました。残念ながら遺構は無く、石碑や説明板もありません。何か無いかな〜と探しましたが、写真が土塁っぽく見えました。陣屋と聞くと、江戸時代を想像しますが、この陣屋は、戦国時代の天正年間に存在した陣屋だそうです。当時から陣屋なんて呼ばれていたんでしょうかね? [続きを読む]
  • おんな城主直虎第20回『第三の女』
  • 直親の隠し子話、なんか知っていただけに特に見新しく感じませんでした。触れなくても良いことにあえて大河が踏み込んだところが良かったのかな?南渓和尚の出生の秘密にもあえて触れていたし…。さて、今週の直虎紀行は、松岡城。行った事ないんですが、もっとも興味があるお城ですね。この夏行ってみようかな? [続きを読む]
  • 播磨三草山城
  • 以前、国道372号線を走っている時、、「源平合戦古戦場(三草山)」という案内を見たことがあります。一ノ谷や屋島合戦は知っていますが、三草山合戦は知りません。調べてみるとどうやらお城があるらしい…。ということで、行って来ました。登城口はいくつかあるようですが、自分は、東麓の「口池」から登城しました。ゴールデンウィークということもあって、何人か登っていました。ハイキングコースと言うこともあって整備もされ [続きを読む]
  • 歴史街道セレクト 竹中半兵衛
  • 月刊誌になっている『歴史街道』のなかで竹中半兵衛の原稿をまとめた書籍になります。表紙のようなリアルな絵が何点かあったり、絵図の説明があったりとわかりやすくまとめられています。内容は小説家が書かれたものも多くありました。後半は黒田官兵衛との関係に多くページを割いていました。こうやって見ると、実際の半兵衛の功績が少ないことがわかります。どこまでが実際の功績なのか…まさに伝説の軍師ですね。 [続きを読む]
  • 美濃篠脇城
  • 東氏館の詰の城がここ篠脇城になります。登城口は、東氏館へ行くと石碑や説明板があります。写真の主郭へは20分ほどで到着します。このお城の最大の魅力は、畝状竪堀です。しかし、この頃の自分は、それに気付かずに一部の竪堀のみを見て撮影していました。ん〜残念。主郭は広いのですが、二の丸と続くぐらいで縄張りはそれほど複雑ではありませんでした。それにしても、畝状竪堀をじっくり見学していないのは残念です。夏草の無 [続きを読む]
  • 美濃東氏館
  • 篠脇城の登城口前にあるのがここ東氏館になります。ここにある庭園跡が有名で、古今伝授の里フィールドミュージアムと呼ばれる施設も近くにあります。というのも、この東氏の中に古今伝授の祖ともいわれる東常縁がおり、一時居館としていたからです。いわゆる大名庭園を持つ居館跡になり、広さも充分にあります。戦時の篠脇城に対して平時の居館といったところでしょう。 [続きを読む]
  • 飛騨帰雲城
  • 帰雲城と書いて『かえりくもじょう』と読みます。いわゆる埋蔵金伝説でも有名なお城です。国道156号線沿いに『帰雲城埋没地』と書かれた案内板が立ち、そこを曲がったところ、写真の石碑が立ちます。ただ、このお城は、天正年間に地震による崩落で消滅してしまいました。そのため確かな場所はわかりません。その関係で『幻の帰雲城』なんて呼ばれることもあります。埋蔵金伝説は、あとから尾ひれが付いたと思いますが、ロマンは [続きを読む]
  • 飛騨荻町城
  •  世界遺産の白川郷にあるのがここ荻町城です。いわゆる合掌集落を見渡せる高台にあるため、観光客でいっぱいです。お城見学に来ているのは、自分だけかも…。と思いましたが、始めて白川郷へ訪れましたので、その景色も堪能していました(写真右)。遺構の方は、少ないですが、土塁なども残っています。標柱など城を示すものがあるのも、観光地ならでしょうか、ありがたいです。お城だけ見るなら駐車場所に苦労しそうですが、町並 [続きを読む]
  • おんな城主直虎第18回『あるいは裏切りという名の鶴』
  • ↓直虎紀行第18回より、『遠江二俣城』内容的には、鶴こと小野但馬守正次はいい奴だった…というストーリーの伏線だった気がしますね。それより、武田義信の幽閉問題が、今川家としても大きな事件に取り上げているのがいいですね。義信が一場面とはいえ登場するとは、思いもよりませんでした。今回の直虎紀行は、瀬戸方久繋がりで、まさかの二俣城。徳川家康の長男・信康が切腹をとげたお城として知られています。写真の天守台が [続きを読む]
  • 飛騨小島城
  • この城は、城跡まで林道が続いており、車で行けるのですが、その入口がわからず、麓から歩きました。登城口はいくつかあるようですが、県道75号線沿いにある浄慶寺あたりから登城しました。ちなみに登城口に石碑がありました。最初は、城跡の雰囲気も無くただただ登るだけでしたが、アンテナ塔があるところに石碑がありました。さらに登っていくと、山中に写真の石垣があります。期待していなかっただけに、これには驚きました。 [続きを読む]
  • 飛騨百足城
  • 百足城(むかでじょう)とは、なかなかインパクトのある名前がついています。場所は、JR飛騨古川駅から南西方向にあって、国道41号線沿いになります。大きな城郭では無く、小さめの城郭ですが、堀切や曲輪の形など遺構もよく残っています。標柱もありますが、横に倒れていたので、木にもたれさせてあげました。名前のインパクトが大きいだけに、記憶に残りやすいお城です。 [続きを読む]
  • 播磨備中にて
  • さて、今回の旅の行程はこちらです。1日目播磨三草山城 − 播磨上久米陣屋 − 播磨三草陣屋播磨穂積陣屋 − 播磨鳴尾山城 − 播磨野村城 − 播磨大木城播磨光龍寺山城 − 播磨野間山城 − 播磨河内城播磨満久城 − 播磨笹倉城 − 播磨小谷城 − 播磨南山田城播磨春日山城2日目播磨田野城 − 播磨恒屋城 − 播磨飯盛山城 − 播磨鶴居城播磨福本陣屋 − 但馬生野平城 − 但馬生野城 − 播磨草置城 [続きを読む]
  • 岡山より帰還
  • 只今、戻りました。いや〜今回はなかなかのトラブル続きでした。いつものように車で旅しましたが、エンジンの調子が悪く、急遽岡山のディーラーに持って行くことになるわ、山城で遭難するわ、大変でした。それでも何とか事故無く、ケガ無く無事に生還できました。また、明日にでも、旅の詳細について、ご案内します。 [続きを読む]
  • マンガで読む 井伊直政とその一族
  • 大河関連書籍になると思いますが、一応タイトルは、井伊直政になっています。その一族ということで、1章ごとに一族の武将を主人公としていき、直虎や直平・直盛も登場します。自分が読んだ書籍と違うのは、瀬戸方久と井伊谷三人衆・井伊直孝にも焦点を当てています。井伊直孝もなかなか波乱万丈な生涯を送っていますし、井伊谷三人衆の一人、近藤秀用もなかなか面白い生涯を送っています。漫画のわりに、しっかり井伊直政の苛烈な [続きを読む]
  • 飛騨古川城
  • 古川城の登城口は、ちょっとわかりにくいです。しかも案内板などもありません。城の規模は小さく、主郭の前の曲輪に写真の標柱と、別名蛤城の由来ともなった蛤石が置かれています。遺構もあるにはありますが、それほど明確ではありません。むしろ、この蛤石が神秘的に見えます。飛騨を領有した金森氏は、飛騨北部の拠点としてこの城に入城しましたが、のちに増島城へと移りました。手狭だったのか、典型的な山城から平城へと移行し [続きを読む]
  • 飛騨増島城
  • 増島城は、写真のような石垣の天守台を持つお城です。というのも、戦国時代の築城ではなく、金森長近が豊臣秀吉より飛騨一国を与えられたあとに築城しています。天守まで建てたのは不明ですが、なかなか立派な石垣です。天守台の上には増島天満宮が建てられおり、この周辺が城跡のようです。ただ、見どころはこの石垣ぐらいでほかに遺構はありません。また、近くにある円光寺と林昌寺には移築された城門があります。周辺は、いわゆ [続きを読む]
  • 日本の歴史 本当は何がすごいのか
  • この書籍の著者は、西洋文化の研究が専門ということで、日本の歴史を語る上で、文化面から語られています。もちろん、その日本の時代について触れながら、文化面について多くページを割いています。そのため、普段自分では気付かないような日本の事について、書かれています。外国の方々が、どういうところに感心を持っているのか、特に仏像や浮世絵に関して、専門用語を交えて詳しく書かれています。日本の歴史というよりは、日本 [続きを読む]
  • 信濃桐原城
  • 桐原城へは、残念ながら登城口がわからず、主郭まで辿り着けませんでした…。登城口に小さな説明板があって、ここへは辿り着けました。ここから山道を登らなければいけなかったのですが、その山道の入口に気付かず、舗装された道(直進方向)を進んでしまいました…。ただ、この道は、進めば進むほど、写真のような石積み遺構が見れるんですよね〜なので、この道で間違いないと思い込んでしまい、進んでしまいました。今思えば、山 [続きを読む]