蟠龍斎 さん プロフィール

  •  
蟠龍斎さん: 蟠龍戦記
ハンドル名蟠龍斎 さん
ブログタイトル蟠龍戦記
ブログURLhttp://banryu.blog51.fc2.com/
サイト紹介文自分の巡った城・城跡を紹介します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供354回 / 365日(平均6.8回/週) - 参加 2008/01/29 00:18

蟠龍斎 さんのブログ記事

  • 越前金ヶ崎城
  • 金ヶ崎城よりも金ヶ崎の戦い・金ヶ崎の退き口が有名です。いわゆる織田信長による朝倉攻めです。この金ヶ崎城は降伏勧告を受け入れ開城となりましたが、近江の浅井長政が離反し、挟撃を恐れた信長は、一目散で退却しました。その戦いの舞台となったのがここ金ヶ崎です。現在は、金崎宮として整備されており、お城の遺構もいくつか見えます。やはり有名なお城ということもあって、石碑や説明板も多いです。写真は、最高所となる月見 [続きを読む]
  • 戦国と宗教
  • 戦国時代に関す書籍は多いですが、あえて宗教に焦点を絞った書籍です。この時代の宗教といえばやはり、一向宗とキリスト教。それについて詳しいのはもちろんですが、、「天道」という概念について多くのページを割いています。この当時は、宗教戦争も激しかったと何かの書籍で読みましたが、それよりも「他人の信仰には関与しない」という考えが一般的だった、という考えには驚きました。そのため信長も安土宗論で他宗を攻撃する法 [続きを読む]
  • 越前燧ヶ城
  • 燧ヶ城と書いて、『ひうちじょう』と読みます。現地説明板を見ると、登城口はいくつかあるようですが、自分はJR今庄駅の近くにある新羅神社・観音堂から登城しました。ここに大きな説明板があります。夏場だったこともあって、登城道は草が生い茂っており、場所によって道が見えませんでした。ただ、そんななか、一部石垣が見え隠れするところがあります。(写真)登城口から15分ほどで主郭に到着しましたが、それほど遺構は見 [続きを読む]
  • おんな城主直虎第12回『おんな城主 直虎』
  • 直親死して直虎登場。今日の話を見ていると、確かに『直虎が悪い』のも頷けます。すべて逆説的に考えて、直親謀殺は、直虎の謀略説の方が、話の展開としては面白いのかも…。女ゆえに家督を継げなかった直虎は、直親を謀殺、さらに直平まで謀殺して家督を相続。しかし、井伊家を思う小野政次に井伊家を追われる身となる、な〜んてストーリーを思いついてしまいました。まぁ、今後は、女城主がいろいろ難事件を解決していくお話なの [続きを読む]
  • 越前杣山城
  • 杣山城と書いて、『そまやまじょう』と読みます。この城は山城で、中腹まで車で行けるのですが、そこからでも登山並みに斜面を歩きます。登城道は、ハイキングルートとして整備されています。20分ほど歩いたところで、曲輪のひとつ西御殿に到着します。ここからさらに30分弱登ります。途中、岩肌が見えるところ登りました。写真が本丸です。さすがにこれだけ登っただけあって見晴らしは良かったです。逆に遺構については、戦国 [続きを読む]
  • 長宗我部元親・盛親 四国一篇に切随へ、恣に威勢を振ふ
  • 長宗我部本の集大成とも呼ぶべき1冊です。最新の研究を踏まえ、一次史料を忠実に一次史料にないところを二次史料参考にしながら、より史実に近づけようと心がけているのがわかります。そのため、久武親直の讒言説も否定的ですし、元親の後継者問題についても、吉良・津野氏の国人の力を弱めるため豊臣政権による中央集権体制に応えるためとしています。今まで無かったので、「なるほどなぁ〜」と思いました。ほかにも鉄砲を重視し [続きを読む]
  • 越前小丸城
  • 小丸城は、府中三人衆の一人佐々成政(他は前田利家・不破光治)の居城でもありました。府中三人衆の他の居城(府中城・龍門寺城)と違い、写真のように石垣か堀など遺構もよく残っており、なかなか見応えがあります。中世のお城らしく、自然石を利用した石垣でやや大きく感じました。平城なので苦労せず登城出来ますし、規模もさほど大きくなく、全体も見ることが出来ます。 [続きを読む]
  • 越前龍門寺城
  • 龍門寺城は名前の通り、現在の越前市内にある龍門寺にありました。もともと龍門寺があって、そこに築城されその後、同じ場所に再興されたそうです。この城は、府中三人衆の一人不破光治(他は前田利家・佐々成政)の居城でもありました。残念ながら遺構はほとんど残っておらず、土塁がわずかに残るぐらいです。写真の小さな石碑と説明板があるのはありがたいです。 [続きを読む]
  • 越前新善光寺城
  • 新善光寺城は現在、正覚寺になっています。なんだかややこしいですね。現地説明板によると、南北朝の動乱期に新善光寺跡へ築城されたのでこの名前が付き、廃城後の城跡に正覚寺が建立されたそうです。遺構は写真の僅かに盛り上がった土塁の跡を留めるのみですが、石碑と説明板があります。それに何より府中城の移築門もあるので、一度に二度おいしいお城です。 [続きを読む]
  • 越前府中城
  • 越前府中城は、越前市役所の周辺にあったらしく、市役所玄関前に『越府城跡』と書かれた石碑と説明板があるのみです。あまりに寂しいので、正覚寺にある移築された門を撮影しました。(写真)府中城といえば、府中三人衆の一人前田利家(他は佐々成政・不破光治)が居城としたお城としても知られています。確か大河ドラマ『利家とまつ〜加賀百万石物語〜』でも紹介されていたような…。 [続きを読む]
  • 越前鯖江陣屋
  • 鯖江陣屋は、江戸時代中期に成立した鯖江藩の陣屋です。陣屋ということもあって、遺構は残っておらず、鯖江市屋形町にある屋形稲荷神社が陣屋の中心地だったようです。また、移築門が神社から南南東にある萬慶寺にあります。(写真)遺構は少ないですが、家老の長屋があるなど、探せばいろいろあるようです。 [続きを読む]
  • 越前吉江陣屋
  • 吉江陣屋を築いた吉江藩は、越前福井藩から独立し、再び福井藩に吸収合併されました。期間としては、一代30年ほどの短期間でした。時代も江戸時代初期なので、遺構もほとんど残っておらず、鯖江市吉江町の県道252号線沿いに写真の石碑があるぐらいです。あと、ここから南に少し行ったところにある西光寺に移築門が現存しています。さすがに30年しか経っていないので再利用したのでしょう。 [続きを読む]
  • 越前北ノ庄城
  • 北ノ庄城へは、かつて2回訪れています。まぁ、福井城の近くですからね。歩いても行ける距離です。現在は柴田神社になっています。遺構はほとんどありませんが、写真のように発掘された石垣の一部を保存したりしています。1回目は、柴田勝家の像ぐらいで、なんだか寂しいところだな〜と思っていましたが、2回目は、新しい説明板や石碑などが追加され、復元石垣などきれいに整備されていました。これも昨今のお城ブームのおかげな [続きを読む]
  • 越前福井城(2)
  • 以前、福井城へ行った時、福井藩松平家の菩提寺でもある瑞源寺に立ち寄りました。ここに福井城唯一の現存建物が残っています。 お寺の本堂と書院が福井城本丸御殿の遺構で、本堂が「本丸御小座敷」(写真)、書院が「大奥御座の間」を移築したものになります。ただ、共に幕末に建てられ数十年後に移築されたものになります。なので、結城秀康の時代のものではありません。お寺らしくお墓の多いのですが、草木が多くお世辞にもきれいと [続きを読む]
  • 越前吉崎御坊
  • 比叡山延暦寺などの迫害を受けて、京から逃れた本願寺第8世法主蓮如が、北陸における布教拠点としたのが、ここ吉崎御坊です。厳密にはお城とは言えませんが、城郭寺院には当たりますのでご紹介します。自分は加賀から越前へ入りましたが、思っていた以上に加賀よりの国境付近にあるんですね。ここから加賀へと進攻したのでしょうか?写真は天守っぽい建物なので撮影しましたが、吉崎山に削平地がありました。正直、やはりお城でな [続きを読む]
  • 加賀大聖寺城
  • 大聖寺城は現在、錦城山公園として整備されています。整備と書きましたが、自分が登城したときは、ものすごい荒れていました。入口に『大聖寺城跡』と書かれた説明板がありますが、かなり公園化が進んでおり、遺構もわかりにくいです。写真が本丸だったと思います。面白かったのは、『贋金造りの洞穴』があったことです。本物なのかナゾです。大聖寺城といえば、麓にある茶室の長流亭の写真を見かけます。これは江戸時代、大聖寺藩 [続きを読む]
  • 加賀勅使館
  • 加賀市立勅使小学校に勅使館がありました。遺構はありませんが、写真のように発掘調査後、、一部を埋め戻して保存し地表にはもとの形状がわかるように摸式復元されています。全国的にも珍しい石垣や石列が発見されたそうですが、一体どんなものだったんでしょう。 [続きを読む]
  • 加賀今江城
  • 小松市内にある今江小学校の南の高台に写真の石碑があります。ちなみに石の裏側に説明が書かれています。この高台が、櫓台なのか土塁なのか不明ですが、遺構と呼べるものは、これぐらいです。どうやら小学校建設に伴い、いろいろ改変されたようです。ちょっと惜しい気がしますが、この石碑が立っていることに感謝しましょう。 [続きを読む]
  • 加賀小松城
  • 小松城は、写真のようにきれいな打込ハギの石垣天守台が残るお城です。築城は戦国時代にさかのぼりますが、江戸時代に加賀二代藩主前田利常の隠居城という名目で再築され、近世城郭へと生まれ変わりました。写真の天守台は、小松高等学校にあります。かなり規模が大きかったようで、高校から南東の方角にある芦城公園が三の丸跡になります。また、来生寺には、移築された鰻橋御門があります。現地説明板によると、城地の約30%を [続きを読む]
  • 加賀和田山城
  • 和田山城は、いわゆる古墳の形を活かしたお城の縄張りになっています。場所は、能美市内の和田山末寺山史跡公園の中にあります。古墳を見ながら、お城見学もできますが、しっかり説明板もありますし、和田山城絵図と描かれた縄張図もありました。また場所を示す小さな石碑もあり、お城としてもわかりやすく案内されています。一度に二度おいしいそんなお城です。 [続きを読む]
  • 加賀二曲城
  • 二曲城と書いて、『ふとげじょう』と読みます。二ノ曲輪までしかない、といわけではありません。場所は、道の駅・一向一揆の里からやや南にあります。ちょうど鳥越城の南にあたり、共に信長軍の攻勢に最後まで抵抗した一向一揆のお城です。規模としては、鳥越城ほど大きくありませんが、それでもよく整備されています。山城ではありますが、主郭までは15分ほど到着します。写真はその主郭で、向こう側の山に鳥越城が見えました。 [続きを読む]
  • 加賀鳥越城
  • 鳥越城は、加賀一向一揆の最期の砦になります。織田家の加賀侵攻を防ぐために築城されたので、築城年代は新しいお城です。場所は、道の駅・一向一揆の里からやや北にあります。写真のように復元された城門や櫓も設置されており、きれいに整備されています。写真だけでなく、空堀や土塁、建物の礎石跡などわかりやすく案内もあります。近くに鳥越一向一揆歴史館(有料)があり、一向一揆について詳しく学ぶこともできます。一緒に立 [続きを読む]