ぽぷら さん プロフィール

  •  
ぽぷらさん: 北海道・札幌発・だべさ通信5
ハンドル名ぽぷら さん
ブログタイトル北海道・札幌発・だべさ通信5
ブログURLhttp://dabesa.sakura.ne.jp/wpkiyo1004-1/
サイト紹介文北海道から小さな幸せを探す暮らし
自由文私も夫も札幌生まれ札幌育ち。自営業の夫との北の生活です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供323回 / 365日(平均6.2回/週) - 参加 2008/01/30 09:18

ぽぷら さんのブログ記事

  • 風邪の次は唇が腫れて
  • 婆ちゃんと生前に仲がよかったお婆さまが二人、午後から来ることになっていました。午前中のうちに、草むしりでもやるか。前回は腕が草にかぶれで大変はことになったので、今回はしっかり手袋はいて(はめて)腕カバーもしたもんね。 しゃがんでグイグイベシベシとカマをふるうと、伸びた草が顔にまとわりついてきました。まったくもう・・・・・一仕事終えて、午後1時。タクシーが家の前に止まりました。「いらっしゃいませ、ぞ [続きを読む]
  • 夏は用心 家人がいても空き巣が入る
  • PR 厳しい暑さが続くと、窓は開けっ放しでついつい不用心。近所のお宅にドロボウが入ったって聞いたのは、去年の夏の暑いときでした。「○○さんち、ドロボウに入られたんですって、それも真っ昼間」え〜〜!カギ、壊されちゃったんだ。「いやあ、それがね、開けてたベランダから入ってきたらしいよ」ベランダ開けたまま外出しちゃったの?「ちがうちがう、奥さん、ソファーで昼寝してたんだって」ひえ〜!ドロボーは昼寝してた奥 [続きを読む]
  • 北海道限定のつゆ『めんみ』津軽海峡を渡る
  • 先日、内地からのお客様が来たときに、そばつゆで出したのがこの『めんみ』。以前、内地から嫁いできた人が、「北海道に来て美味しいって思ったのが『めんみ』」って言っていたのを思い出したもので、あえて『めんみ』を用意してみました。『めんみ』はキッコーマンから販売されている、濃縮タイプのそばつゆです。もう随分まえから使われている道民のお墨付きみたいな存在。北海道限定で販売されていたんて、大人になるまで、ちー [続きを読む]
  • めんみ は北海道限定5つのだしで津軽海峡を渡る
  • 先日、内地からのお客様が来たときに、そばつゆで出したのがこの『めんみ』。以前、内地から嫁いできた人が、「北海道に来て美味しいって思ったのが『めんみ』」って言っていたのを思い出したもので、あえて『めんみ』を用意してみました。『めんみ』はキッコーマンから販売されている、濃縮タイプのそばつゆです。もう随分まえから使われている道民のお墨付きみたいな存在。北海道限定で販売されていたんて、大人になるまで、ちー [続きを読む]
  • 飲む点滴だから好きなだけ、甘酒の話し
  • PR「甘酒は飲む点滴と言われているんですよ」飲む点滴!?お米屋さんのお兄さんが教えてくれたことは、甘酒大好きおばさんが甘酒を飲む理由として、これ以上すばらしいものはございません。そうです、私は暑さの厳しい夏のを乗り切るために、わざわざ甘酒を飲んでいます。あーおいし。 それにしても、点滴に例えられるほどの栄養ってどういうことなんでしょうね。ってことで、あちこち調べてみることに。なになに・・・『甘酒には [続きを読む]
  • ほおずき で感じる世界観の違い
  • 去年植えたほおづきに花が咲きましたよ。ほおづきは、花が終わって実の外にできる赤ちょうちんみたいな部分が可愛いいけど、その花はというと、よく見たことがないです。普通は、実よりも花の方がもてはやされるのにね。 漢字で書くと『鬼燈』とか『酸漿』と書くそうです。『鬼燈』と書くほおづき は『オニのあかり(ともしび)』という意味かな?鬼はオレンジ色した可愛らしい灯りをともすんだね。 『酸漿』と書く ほおづき は『 [続きを読む]
  • ほおずき という名前で感じる世界観の違い
  • 去年植えたほおづきに花が咲きましたよ。ほおづきは、花が終わって実の外にできる赤ちょうちんみたいな部分が可愛いいけど、その花はというと、よく見たことがないです。普通は、実よりも花の方がもてはやされるのにね。 漢字で書くと『鬼燈』とか『酸漿』と書くそうです。『鬼燈』と書くほおづき は『オニのあかり(ともしび)』という意味かな?鬼はオレンジ色した可愛らしい灯りをともすんだね。 『酸漿』と書く ほおづき は『 [続きを読む]
  • せいちゃんの手作りコーナーでジンギスカン
  • PR自宅の前にジンギスカンコーナーを手作りしちゃったせいちゃんから、”食べにおいで” とお誘いを受けました。壁や天井、かまどに至るまで、すべてが手作り。赤ちょうちんを下げた演出なんてニクいんでないかい!! ■ ジンギスカン鍋の中央が、山のように盛り上がっているワケおお!せいちゃん、本格派ジンギスカン鍋あるっしょ!鍋は鉄製で、中央が盛り上がった山型です。こんな形をしている理由は、『昔、兜を使って肉を焼 [続きを読む]
  • 免疫力も歳相応なのね
  • 数日前からノドが痛いなあと思っていたら、咳も出るようになりました。ま、今までの経験だと、そういうときは飴を口に放り込み、咳が出れば水を飲んで早く寝れば大丈夫だあ・・・・のはずでした・・・・・・ ところが三日過ぎても治まるどころか、次の日の朝は声が出ず、昼は喉が傷み、夕方から夜にかけては咳が止まらず、特に夜中は咳で何度も目がさめる始末。はあ〜・・・・朝方ついに布団をはい出し、ソファーにぐったりと転が [続きを読む]
  • ブラキストン線による違いを次々発見する叔母ちゃんたち
  • PR定山渓温泉からの帰り道も、旦那さんのワゴン車は内地からのお客様の車を先導して走りました。今度は、私たちの車に二人の叔母ちゃんが同乗しました。 定山渓温泉を出てまもなくすると見えてくるのが切り立った崖の見える八剣山。叔母ちゃんが「は〜、なして札幌はこない高い山ばかりあるのよ?」と訪ねて来たので、旦那さんが「あれはね、八剣山という山で・・」と答え始めると、「あれ〜、畑さ何作ってんだあ〜〜北海道はミカ [続きを読む]
  • ブラキストン線による意外を次々発見する叔母ちゃんたち
  • 定山渓温泉からの帰り道も、旦那さんのワゴン車は内地からのお客様の車を先導して走りました。今度は、私たちの車に二人の叔母ちゃんが同乗しました。 定山渓温泉を出てまもなくすると見えてくるのが切り立った崖の見える八剣山。叔母ちゃんが「は〜、なして札幌はこない高い山ばかりあるのよ?」と訪ねて来たので、旦那さんが「あれはね、八剣山という山で・・」と答え始めると、「あれ〜、畑さ何作ってんだあ〜〜」と、いきなり [続きを読む]
  • 藻岩山から見る札幌の夜景にワー!モーリスカーにワー!
  • PR札幌の藻岩山(もいわやま)からの夜景を見る方法は2つ。ロープウェイからモーリスカー(ケーブルカー)に乗り乗り継いで行く方法と、車で有料観光道路(660円)を利用して藻岩山中腹まで登り、そこからモーリスカーに乗る方法です。私たちは、後者の有料観光道路 + モーリスカーで展望台まで行く事にしました。 車が山を登り始め、カーブにさしかかるとチラホラと札幌の灯りが見えてくるようになりました。叔母ちゃんチー [続きを読む]
  • 大人数の料理は手抜きをしつつ、ひっそり楽しむ
  • いよいよお客様を迎える事になりました。迎えるのは、婆ちゃんの姉妹、いとこご夫婦、その娘さんと子ども達の7人。そこに、近くに住んでる婆ちゃんの妹の叔母ちゃんが加わり、総勢8人が泊まる事になりました。 時刻は4時を回ったところ、「着くのは7時くらいでねえか」旦那さんが言いました。数少ないレパートリーを駆使し、材料費を抑え、かつ見栄えも重視した料理もラストスパート。肉じゃがはあとは煮込むだけ、サバの南 [続きを読む]
  • 札幌最高34.9度!明日も暑いよ気をつけて
  • PR 毎日暑いですね。午前中に30分くらいなら大丈夫と思って、草むしりをしました。ゴム手袋に腕カバー、ツバの広い帽子をしっかりかぶってね。しゃがみながらアヒル歩きで、こっちの草を抜いて、あっちを抜いて、少しずつ進みました。 したっけさ、少しすると、もう背中を汗が ツーーーーーと流れるのがわかりました。おでこの回りもジトジトしてきて、しまいには目にも汗が入ってくる始末。こりゃ頑張るどころじゃないわ、もう [続きを読む]
  • 水漏れ修理代は心もおサイフもショック状態
  • 婆ちゃんの故郷から親戚が7人やって来る事になりました。婆ちゃんの部屋は随分整理はしたものの、まだ生活に必要なものは残っているので、とりあえずは泊まることはできます。掃除しておかなくっちゃ。ところが昨日、久しぶりに婆ちゃんの部屋の水道の蛇口をひねったら、水がワヤワヤ〜〜〜〜っと漏れ出しました。わわわ、なんということ。 と同時に、なにやら怪しい水の音もする。タッタッタッタ・・・・もしや・・・・洗面台 [続きを読む]
  • カメよりも長生きする叔母
  • 叔母はカメを飼っています。甲羅の大きさは15センチ以上あると思う。たまにお宅にお邪魔すると、自分の体の倍ほどの長さしかない飼育ケースの石の上で、物欲しげに両手をバ〜っと広げ、くびれのない首をヌ〜っと出しては、時々ヒュっと引っ込める。と思ったら、また何かを思い出したようにヌ〜っと顔を出すと、深いシワの皮がまるでジャバラのように広がる。何を考えているのかわからないけど、とにかく彼(彼女)にとって、すべて [続きを読む]
  • 豪華寝台列車に乗りたいアンケート
  • 『豪華寝台列車に乗ってみたい?』北海道新聞で行なったアンケートに、『はい』と答えた人は48%、『いいえ』と答えた人は52%だったそうです。『はい』と答えた人の多くは30〜40代の人に多く、『いいえ』と答えた人は若い人と年配者に多かったそう。 豪華寝台列車『TRAIN SUITE 四季島(トランスイート しきしま)』で行く3泊4日の旅だと、上野を出て日本海側を通って北海道 登別まで北上し、その後は日本海側の回って上野に到 [続きを読む]
  • 北海道の方言『なんもさ』は深い
  • ■ 札幌は観測以来125年ぶりの暑さ札幌は連日30度越え。7月上旬のこの時期に3日以上の真夏日が続いたのは、観測以来実に125年ぶりだそうです。今日(10日)もすでに、正午の気温は30度。こうなるといったい何年ぶりになるのかな。 ただ、札幌は夜になれば幾分涼しくなります(昨日はの夜は21度だったそう)が、それに比べて、九州は夜になっても気温が下がらないので、大雨で避難されている方たちは、大変 辛い思いをされている [続きを読む]
  • 桑の木は北海道を支えた絹の脇役
  • 山グワの実が黒く熟しました。熟した実は甘くて美味しい。でも柔らかいので、つまみ取るときに力が入っちゃうとつぶれちゃいます。そしたら赤紫の汁がでるもね。 ■ 桑の実の汁は付くと落ちにくい汁が服につくと、なかなか取れない。だから沢山食べると、指先や口の回りも真っ赤になって、吸血鬼みたいになっちゃう。人が見たらギョエ!っとなる恐れもあるね。 ■ 桑の葉は お蚕(カイコ)さんが食べる実は甘酸っぱくて美味しいけ [続きを読む]
  • 昔は子ども、今度は自分に水筒ね
  • 寄り合いの席。1時間くらいが経過したころ、ノドがくっついちゃったのか、ゲホゲホと咳がでて止まらなくなってしまいました。下向いてもウウ   ゲホゲホ・・・口を両手で抑えてもゲホゲホ止まれ〜〜止まれ〜〜〜 ウウ・・・・ゲホゲホ・・・・そのうち、涙も出て来ちゃう。仕方なく退席して、バッグからあめ玉を取り出してくちに放り込み、咳が治まったところでそっと戻りました。歳のせいかな、どこもかしこも乾いてくるよう [続きを読む]
  • ジーユーのセルフレジは一瞬で合計金額を出しちゃうレジ
  • 西友のセルフレジは、店員さんになったみたいに商品をひとつづつ、ピッ!ピ!とバーコードを通して清算する。でも、今日行った洋服屋さんのGU(ジーユー)のレジはさらなる進化をしていたんです! まず、洋服が何枚か入ったまんまのカゴを、レジの下の電子レンジみたいなスペースに入れて戸を閉じる。いくらかな? ピ!すると、全商品の詳細と金額が一瞬で画面に現れました! Tシャツ 980円ポロシャツ980円・・・・・・・・・・・ [続きを読む]
  • 死者の骨を拾ったタニウツギ
  • 公園に咲いているピンク色したタニウツギ。花の形がラッパのようです。奥に行くほど狭いので、蜂は迷うことなくまっすぐに密を吸いに行けますね。このタニウツギ、調べてみたらなんと死者の骨を拾う箸の材料だったそうです。それでついた名前がシビトバナ(死人花)とか、ソウシキバナ(葬式花)。それから、山一面に咲く花の様子がまるで山火事のように見えるので、カジバナ(火事花)という名前もあるそうです。そんな理由から、 [続きを読む]
  • ツッペは鼻血とティッシュの引き分けだった?
  • 北海道には『つっぺ』っていう方言があります。鼻血が出るときがあるっしょ。そういうときはティッシュをよじって鼻に栓をしますよね。北海道ではそれを「ツッペ」って言うんです。鼻水がすんごい時もツッペするかも。『ツッペ』は『栓をする』というような意味だけど、鼻のとき以外はあまり使わないかもね。 このあいだ、バスの添乗員さんから聞いた話しなんだけど、『つっぺ』という言葉は、山口県や広島県では『引き分ける』 [続きを読む]
  • 注意!ヤエムグラにかぶれるとこんなふうに
  • まさか草むしりでかぶれるとは・・・・先日、ボウボウになった草を、かたっぱしからむしってやったんです。その中にあったのがこの草。ヤエムグラっていう草らしいんですけどねコイツにやられてしまいました。見た目は小さな白い花を咲かせたりしてカワイイんですよ。”あらまあ可愛い、でも悪いけどむしっちゃうね。”なーんて、申し訳なく思っちゃうくらい。しかーし、これがどうして、したたかなんでございます! スポンサーPR [続きを読む]
  • ウニの食べてる部分は生殖器、黒いのは海藻
  • 今年も、礼文島に住んでいる旦那さんの友人から生ウニが届きました。本当にありがたい・・・・・・礼文島は利尻島と並んである北海道の北の島です。北海道で食べられているウニは、『バフンウニ』と『ムラサキウニ』の2種類です。どちらも、漁期が夏の間の数カ月と限られているので、生のウニを食べられるのはその間だけ。 ■ エゾバフンウニとムラサキウニの違いこちらは、バフンウニを網焼きしているところの写真です。バフン [続きを読む]