win_win さん プロフィール

  •  
win_winさん: 日経平均の予想
ハンドル名win_win さん
ブログタイトル日経平均の予想
ブログURLhttp://yslab.blogspot.com/
サイト紹介文日経平均の短期的な見通しについて、強気・弱気材料に基づいて考察します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供307回 / 365日(平均5.9回/週) - 参加 2008/02/01 15:53

win_win さんのブログ記事

  • [2017/07/24]今後の日経平均の見通し
  • [市況]21日のNYDowとNASDAQは下落しました。24日の日経平均先物は、前日比130円安で寄り付くと、午前中は120円安から210円安と下げ幅を拡げ、午後は190円安から100円安と下げ幅を縮めて、結局140円安で取引を終えました。日経平均の終値は124円安の19975円で、出来高は15.61億株と低水準でした。寄り付き前の外国人の売買注文は220万株の買い越しでした。高値更新銘柄数と安値更新銘柄数との差は、プラス幅を縮めました。個別銘柄 [続きを読む]
  • [2017/07/23]今週の日経平均の見通し
  • [ファンダメンタルの現状認識]先週の米国市場では、ハイテク株は堅調でしたが長期金利の低下や経済指標の伸び悩みで、まちまちな動きでした。一方、中長期的には、ドイツ銀行始め欧州の銀行の信用力不足と信用収縮懸念、FRBの利上げ、中国など新興国の景気減速、原油相場低迷などによる世界経済の減速懸念や、中東やウクライナの地政学的リスクに引き続き注意が必要です。日米市場のイールド・スプレッドの差は、発表された2018年 [続きを読む]
  • [2017/07/21]今後の日経平均の見通し
  • [市況]20日のNYDowは下落し、NASDAQは小幅上昇しました。21日の日経平均先物は、前日比30円安で寄り付くと、午前中は40円安から30円高の間でもみ合い、午後は30円安から10円高の間でもみあって、結局10円安で取引を終えました。日経平均の終値は44円安の20099円で、出来高は13.46億株と低水準でした。寄り付き前の外国人の売買注文は60万株の買い越しでした。高値更新銘柄数と安値更新銘柄数との差は、プラス幅を拡げました。個別 [続きを読む]
  • [2017/07/20]今後の日経平均の見通し
  • [市況]19日のNYDowとNASDAQは上昇しました。20日の日経平均先物は、前日終値と同値で寄り付くと、午前中は10円安から80円高と上昇幅を拡げ、午後も50円高から130円高と上げ幅を拡げて、結局80円高で取引を終えました。日経平均の終値は123円高の20144円で、出来高は15.02億株と低水準でした。寄り付き前の外国人の売買注文は120万株の売り越しでした。高値更新銘柄数と安値更新銘柄数との差は、プラス幅を拡げました。個別銘柄に関 [続きを読む]
  • [2017/07/19]今後の日経平均の見通し
  • [市況]18日のNYDowは下落し、NASDAQは上昇しました。19日の日経平均先物は、前日比20円安で寄り付くと、午前中は50円安から30円高と上昇に転じ、午後は30円高から20円安の間でもみあって、結局30円高で取引を終えました。日経平均の終値は20円高の20020円で、出来高は16.41億株と比較的低水準でした。寄り付き前の外国人の売買注文は130万株の買い越しでした。高値更新銘柄数と安値更新銘柄数との差は、プラス幅を拡げました。個別 [続きを読む]
  • [2017/07/18]今後の日経平均の見通し
  • [市況]17日のNYDowは小幅下落し、NASDAQは小幅上昇しました。18日の日経平均先物は、前日比70円安で寄り付くと、午前中は50円安から190円安と下げ幅を拡げ、午後は160円安から110円安の間でもみあって、結局130円安で取引を終わりました。日経平均の終値は118円安の19999円で、出来高は18.17億株と比較的低水準でした。寄り付き前の外国人の売買注文は120万株の売り越しでした。高値更新銘柄数と安値更新銘柄数との差は、プラス幅 [続きを読む]
  • [2017/07/16]今週の日経平均の見通し
  • [ファンダメンタルの現状認識]先週の米国市場では、FRBの利上げペースが緩やかになるとの期待から、買いが優勢でした。一方、中長期的には、ドイツ銀行始め欧州の銀行の信用力不足と信用収縮懸念、FRBの利上げ、中国など新興国の景気減速、原油相場低迷などによる世界経済の減速懸念や、中東やウクライナの地政学的リスクに引き続き注意が必要です。日米市場のイールド・スプレッドの差は、発表された2018年のOECDの実質GDP予想値 [続きを読む]
  • [2017/07/14]今後の日経平均の見通し
  • [市況]13日のNYDowとNASDAQは上昇しました。14日の日経平均先物は、前日比50円高で寄り付くと、午前中は60円高から0円高の間でもみ合い、午後は50円高から20円高の間でもみあって、結局30円高で取引を終わりました。日経平均の終値は19円高の20118円で、出来高は18.68億株と低水準でした。寄り付き前の外国人の売買注文は70万株の買い越しでした。高値更新銘柄数と安値更新銘柄数との差は、プラス幅を拡げました。個別銘柄に関して [続きを読む]
  • [2017/07/13]今後の日経平均の見通し
  • [市況]12日のNYDowとNASDAQは上昇しました。13日の日経平均先物は、前日比80円高で寄り付くと、午前中は110円高から20円高と上昇幅を縮め、午後は40円高から20円安の間でもみあって、結局20円高で取引を終わりました。日経平均の終値は1円高の20099円で、出来高は17.40億株と低水準でした。寄り付き前の外国人の売買注文は100万株の売り越しでした。高値更新銘柄数と安値更新銘柄数との差は、プラス幅を縮めました。個別銘柄に関し [続きを読む]
  • [2017/07/12]今後の日経平均の見通し
  • [市況]11日のNYDowとNASDAQは小幅上昇しました。12日の日経平均先物は、前日比80円安で寄り付くと、午前中は100円安から40円安の間でもみ合い、午後は60円安から140円安と下げ幅を拡げて、結局120円安で取引を終わりました。日経平均の終値は97円安の20098円で、出来高は14.80億株と低水準でした。寄り付き前の外国人の売買注文は190万株の売り越しでした。高値更新銘柄数と安値更新銘柄数との差は、プラス幅を縮めました。個別銘 [続きを読む]
  • [2017/07/11]今後の日経平均の見通し
  • [市況]10日のNYDowは小幅下落し、NASDAQは上昇しました。11日の日経平均先物は、前日比50円安で寄り付くと、午前中は50円安から40円高と上げに転じ、午後は10円高から90円高と上昇幅を拡げて、結局80円高で取引を終わりました。日経平均の終値は114円高の20195円で、出来高は14.36億株と比較的低水準でした。寄り付き前の外国人の売買注文は590万株の売り越しでした。高値更新銘柄数と安値更新銘柄数との差は、プラス幅拡大しまし [続きを読む]
  • [2017/07/10]今後の日経平均の見通し
  • [市況]7日のNYDowとNASDAQは上昇しました。10日の日経平均先物は、前日比110円高で寄り付くと、午前中は60円高から130円高でもみ合い、午後は170円高から80円高の間でもみあって、結局150円高で取引を終わりました。日経平均の終値は151円高の20080円で、出来高は15.40億株と比較的低水準でした。寄り付き前の外国人の売買注文は110万株の買い越しでした。高値更新銘柄数と安値更新銘柄数との差は、プラスに転換しました。個別銘柄 [続きを読む]
  • [2017/07/09]今週の日経平均の見通し
  • [ファンダメンタルの現状認識]先週の米国市場では、6月の雇用統計で雇用増加が予想を大きく上回り、投資家のリスク選好が強まり、買いが優勢でした。一方、中長期的には、ドイツ銀行始め欧州の銀行の信用力不足と信用収縮懸念、FRBの利上げ、中国など新興国の景気減速、原油相場低迷などによる世界経済の減速懸念や、中東やウクライナの地政学的リスクに引き続き注意が必要です。日米市場のイールド・スプレッドの差は、発表された [続きを読む]
  • [2017/07/07]今後の日経平均の見通し
  • [市況]6日のNYDowは小幅下落し、NASDAQは上昇しました。7日の日経平均先物は、前日比110円安で寄り付くと、午前中は140円安から0円安と下げ幅を縮め、午後は100円安まで下落したあと10円安まで戻して、結局20円安で取引を終わりました。日経平均の終値は64円安の19929円で、出来高は14.36億株と低水準でした。寄り付き前の外国人の売買注文は70万株の買い越しでした。高値更新銘柄数と安値更新銘柄数との差は、マイナスに転換しま [続きを読む]
  • [2017/07/06]今後の日経平均の見通し
  • [市況]5日のNYDowは小幅下落し、NASDAQは上昇しました。6日の日経平均先物は、前日比10円安で寄り付くと、午前中は0円安から110円安の間でもみあい、午後は80円安から140円安の間でもみあって、結局100円安で取引を終わりました。日経平均の終値は87円安の19994円で、出来高は14.80億株と低水準でした。寄り付き前の外国人の売買注文は750万株の買い越しでした。高値更新銘柄数と安値更新銘柄数との差は、プラスに転換しました。個 [続きを読む]
  • [2017/07/05]今後の日経平均の見通し
  • [市況]4日のNYDowとNASDAQは休場でした。5日の日経平均先物は、前日比10円安で寄り付くと、午前中は10円高から140円安まで下落し、午後は90円安から70円高と上昇に転じて、結局60円高で取引を終わりました。日経平均の終値は49円高の20081円で、出来高は16.18億株と比較的低水準でした。寄り付き前の外国人の売買注文は180万株の売り越しでした。高値更新銘柄数と安値更新銘柄数との差は、マイナスに転換しました。個別銘柄に関し [続きを読む]
  • [2017/07/04]今後の日経平均の見通し
  • [市況]3日のNYDowは上昇し、NASDAQは下落しました。4日の日経平均先物は、前日比110円高で寄り付くと、午前中は120円高から20円高と上昇幅を縮め、午後は60円高から110円安と下げに転じて、結局60円安で取引を終わりました。日経平均の終値は23円安の20032円で、出来高は16.99億株と比較的低水準でした。寄り付き前の外国人の売買注文は330万株の買い越しでした。高値更新銘柄数と安値更新銘柄数との差は、プラス幅を縮めました。 [続きを読む]
  • [2017/07/03]今後の日経平均の見通し
  • [市況]30日のNYDowは上昇し、NASDAQは小幅下落しました。3日の日経平均先物は、前日比50円高で寄り付くと、午前中は20円高から90円高の間でもみあい、午後は100円高から40円高と上昇幅を縮めましたが、結局は80円高で取引を終わりました。日経平均の終値は22円高の20055円で、出来高は14.41億株と低水準でした。寄り付き前の外国人の売買注文は150万株の売り越しでした。高値更新銘柄数と安値更新銘柄数との差は、プラスに転嫁しま [続きを読む]
  • [2017/07/02]今週の日経平均の見通し
  • [ファンダメンタルの現状認識]先週の米国市場では、欧米の金融緩和終結観測と主力ハイテク株の下落で、売りが優勢でした。一方、中長期的には、ドイツ銀行始め欧州の銀行の信用力不足と信用収縮懸念、FRBの利上げ、中国など新興国の景気減速、原油相場低迷などによる世界経済の減速懸念や、中東やウクライナの地政学的リスクに引き続き注意が必要です。日米市場のイールド・スプレッドの差は、発表された2018年のOECDの実質GDP予想 [続きを読む]
  • [2017/06/30]今後の日経平均の見通し
  • [市況]29日のNYDowとNASDAQは下落しました。30日の日経平均先物は、前日比220円安で寄り付くと、午前中は150円安から280円安の間でもみあい、午後は270円安から180円安と下げ幅を縮めましたが、結局は220円安で取引を終わりました。日経平均の終値は186円安の20033円で、出来高は16.95億株と比較的低水準でした。寄り付き前の外国人の売買注文は200万株の売り越しでした。高値更新銘柄数と安値更新銘柄数との差は、マイナスに転嫁 [続きを読む]
  • [2017/06/29]今後の日経平均の見通し
  • [市況]28日のNYDowとNASDAQは上昇しました。29日の日経平均先物は、前日比100円高で寄り付くと、午前中は130円高から40円高の間でもみあい、午後は110円高から50円高の間でもみあって、結局70円高で取引を終わりました。日経平均の終値は89円高の20220円で、出来高は19.50億株と比較的高水準でした。寄り付き前の外国人の売買注文は650万株の買い越しでした。高値更新銘柄数と安値更新銘柄数との差は、プラス幅を拡げました。個別 [続きを読む]
  • [2017/06/28]今後の日経平均の見通し
  • [市況]27日のNYDowとNASDAQは下落しました。28日の日経平均先物は、前日比30円安で寄り付くと、午前中は30円安から70円高の間で上下し、午後は20円高から50円安まで下落して、結局10円安で取引を終わりました。日経平均の終値は94円安の20130円で、出来高は19.20億株と比較的高水準でした。寄り付き前の外国人の売買注文は420万株の買い越しでした。高値更新銘柄数と安値更新銘柄数との差は、プラス幅を縮めました。個別銘柄に関し [続きを読む]
  • [2017/06/27]今後の日経平均の見通し
  • [市況]26日のNYDowは小幅上昇し、NASDAQは下落しました。27日の日経平均先物は、前日比90円高で寄り付くと、午前中は100円高から30円高の間でもみあい、午後は80円高から20円高の間でもみあって、結局30円高で取引を終わりました。日経平均の終値は71円高の20225円で、出来高は15.74億株と比較的低水準でした。寄り付き前の外国人の売買注文は50万株の売り越しでした。高値更新銘柄数と安値更新銘柄数との差は、プラス幅を拡げまし [続きを読む]
  • [2017/06/26]今後の日経平均の見通し
  • [市況]23日のNYDowは小幅下落し、NASDAQは上昇しました。26日の日経平均先物は、前日終値と同値で寄り付くと、午前中は10円安から80円高の間でもみあい、午後は60円高から30円高の間でもみあって、結局40円高で取引を終わりました。日経平均の終値は20円高の20153円で、出来高は13.96億株と低水準でした。寄り付き前の外国人の売買注文は180万株の売り越しでした。高値更新銘柄数と安値更新銘柄数との差は、プラス幅を拡げました。 [続きを読む]
  • [2017/06/25]今週の日経平均の見通し
  • [ファンダメンタルの現状認識]先週の米国市場では、原油安が売り圧力となりましたが、ハイテク株のリバウンドで買いがやや優勢でした。一方、中長期的には、ドイツ銀行始め欧州の銀行の信用力不足と信用収縮懸念、FRBの利上げ、中国など新興国の景気減速、原油相場低迷などによる世界経済の減速懸念や、中東やウクライナの地政学的リスクに引き続き注意が必要です。日米市場のイールド・スプレッドの差は、発表された2018年のOECD [続きを読む]