株式会社 シーエーエム さん プロフィール

  •  
株式会社 シーエーエムさん: 事業再生コンサルタント・シーエーエム
ハンドル名株式会社 シーエーエム さん
ブログタイトル事業再生コンサルタント・シーエーエム
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/cam7/
サイト紹介文経営危機への予防。貴社の得意先が 明日突然に倒産しない保証はありますか?
自由文経営危機は、徐々に拡大したり、突然にやってきたりします。徐々に拡大する時は、予め対策を講じたり心の準備もできますが、突然にやってきた時には経営者の資質が問われる場面になります。どちらの場合でも経営者の対応次第で、今後の展開が大きく変わってくることは間違いありません。正しい情報と知識さえあれば必ず打開できます。冷静になって、基本事項を認識してください。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供101回 / 365日(平均1.9回/週) - 参加 2008/02/01 21:59

株式会社 シーエーエム さんのブログ記事

  • 瀬戸際の対策① 経営状況の把握・・・
  • 経営危機という環境は、経営者に大きな負担をかけることになります。拭いようのない大きな負担は、経営者の精神を弱らせ、得体のしれない不安が拡大し、神経を過敏にしてしまうでしょう。わずかな変化や情報に、意味の無い反応を示してしまい、環境をよりネガティブに向かわせてしまうのです。これが、負のスパイラルであり、経営危機の怖さなのです。経営に対する不安というものは、根拠などない場合が多いものです。経営者の精神 [続きを読む]
  • 瀬戸際の判断・・・
  • 『もう、事業を続けるのは無理かもしれない・・・。』資金繰りが悪化し、そんな過酷な判断を迫られることが、中小零細企業の経営者には訪れるかもしれません。そんなとき、追い込まれた状況において、経営者はどうすればいいのでしょうか。『土壇場』や『瀬戸際』,『土俵際』などという、追いつめられた表現が使われる経営状況においても、対処すべき方法はや選択肢は様々に存在します。しかし、経営に造詣の深い経営者であろうと [続きを読む]
  • 信用保証協会への違和感・・・
  • 債務処理の環境は、ここ数年で随分と変化したようです。特に、日本政策金融公庫や信用保証協会などの、公的な機関が債権者の場合の対応が、目に見えて変化したように感じます。平成26年2月、政府が、中小零細事業者の債務処理の方向性について、舵を大きく切ってから3年になりますが、その成果は確実に根付き始めた様です。結論からご紹介すると、債権者である日本政策金融公庫や信用保証協会などは、債務者の環境に合わせた対 [続きを読む]
  • 金融の建前と本音・・・
  • 世の中には、建前と本音というものがあります。建前という理想と、本音という現実は、大きく異なって当たり前なのかもしれません。この事実は、子供に教えたくはありませんが、綺麗事だけでは生きていけないのが実社会なのです。そして、この建前と本音のギャップを理解できないと、社会人としては、なかなか成功しないのかもしれません。中小事業者の経営環境においても、建前と本音の使い分けは、様々な場面で見受けられます。そ [続きを読む]
  • 銀行との交渉のポイント・・・
  • 中小企業にとって、資金的な命綱である金融機関への対応は重要です。融資などの必要性を考えれば、健全な経営時でも金融機関対応はおろそかにできませんが、資金繰りの厳しい経営危機に陥ると、その重要度は更に格段に増加します。したがって、金融機関と対応する術を知っているかどうかは、その後の展開を大きく変える可能性があるといえます。金融機関との対応の基本は、決して難しいことではありませんので、復習をしてみたいと [続きを読む]
  • 借金と時効について・・・
  • 借金には、逃げずに正面から向き合え・・・時効など、援用できるはずがない・・・モラルに欠けるような対応は実にくだらない・・・などと、専門家は主張されます。たしかに、学校で習うならば、この通りなのかもしれませんが、実社会においても合理性が確保できて通用するのでしょうか。暇つぶしに、大手のポータルサイトを覗いていると、『借金の時効は何年で成立するのか・・・』というコピーが目に飛び込んできました。当然に、 [続きを読む]
  • 第2会社のまとめ・・・
  • ここ最近、第2会社について具体的に考えてきました。第2会社は、経営危機という究極の危機から、事業を維持しながら脱出できるかもしれない最後のチャンスなのかもしれません。そんなチャンスを逃さないために、第2会社を有効に活用するための条件や、様々に配慮すべき点について、最後の総まとめをしてみたいと思います。まず、何のために第2会社を作って、事業を維持しようとするかについてです。第2会社を作って運営するには、 [続きを読む]
  • どうなっているのか・・・?
  • いったい、何がどうしたというのでしょうか。この仕事を始めて15年目に入り、ITバブルの崩壊やリーマンショックも経験してきましたが、こんな状況は初めてです。ブログをアップする間隔が開いてしまい、その言い訳をする訳ではなく、2月の中旬に差し掛かった頃から妙にバタバタし始めて、突発的なご相談が増えました。しかも、ご相談の内容が、整理に直結するものがほとんどですから、どうしても違和感を覚えてしまいます。今年 [続きを読む]
  • 第2会社での運営開始・・・
  • 事業は、川上から川下まで、スムーズな流れを確保しなければなりません。せっかく、得意先から仕事を受注しても、仕入や製造などを出来なければ、仕事にはならないのです。第2会社においても、事業の継続について得意先に理解してもらうだけでなく、従業員や仕入れ先などにも理解してもらい協力をしてもって、流れを完成させる必要があります。第2会社として、仕事の流れを完成させるために、得意先以外の関係者への対応について [続きを読む]
  • 第2会社での船出・・・
  • 負担を背負わずに、新たな形態で事業を継続する受け皿が第2会社です。第2会社を設立すれば、それで終わりではなく、旧会社の事業を第2会社に承継させ、事業として維持させてこそ意味があります。しかし、この事業を承継させて継続をするという作業は、様々に配慮すべきことがあり簡単ではないのです。どうすれば、第2会社への事業譲渡が上手くいくのか、具体的に考えてみたいと思います。第2会社への事業継続を成功させるポイ [続きを読む]
  • 金銭感覚の怖さ・・・
  • 中小零細企業は、いつも儲かっている訳ではなく、当然に浮き沈みがあります。中小零細企業の経営者も、経営する会社の経営状況に合わせ、儲かっている時には人も羨む様な贅沢三昧の生活が出来るでしょう。しかし、経営状況が悪化すると、経営者として、そんな生活が維持出来るはずはなく、状況にあった生活に見直さなければなりません。最近になって気付いたのですが、経営改善が順調に進んでいる会社の経営者には、この経営環境に [続きを読む]
  • 第2会社設立のタイミング・・・
  • 第2会社は、早く設立すべきです。経営危機を感じた時には、迷わずに、設立に向けて動き出すべきだろうと思います。設立時期や運営開始が、早ければ早いほど、移管期間が長ければ長いほど、第2会社を有効に活用できる可能性は高くなるのです。もしも、経営改善が成功して、本来の意味での第2会社が不要になっても、その使い道に悩むことはありません。ご相談者に、第2会社の設立をお勧めしても、スムーズに設立に向けて動き出される [続きを読む]
  • 第2会社の捉え方・・・
  • 第2会社を、何のために設立し、活用をしようとするのでしょうか。現在の会社のままでの事業継続に不安を感じ、その対策として第2会社を設立されるのだと思います。現在の会社での事業継続を、仕方なく諦めなければならない場面において、第2会社に事業を承継させ、活用することにより新たな展開を図ろうとされるのでしょう。そして、その本当の目的は、経営者としての責任を、最後まで果たすことにあるのだと思います。第2会社 [続きを読む]
  • 資本と役員と第2会社・・・
  • 第2会社を設立するうえで、『資本』と『役員』をどうするかで悩まれる方は多いようです。『名称』,『所在地』と共に、『資本』,『役員』は、第2会社の設立時に、絶対に外せないポイントとなります。旧会社を連想させるような『資本』,『役員』であれば、第2会社イコール旧会社として、債権者から追及をされる可能性さえありますから、様々な条件に留意しながら、慎重に選定することが求められるのです。第2会社を設立するう [続きを読む]
  • 信用保証協会の差押・・・
  • 不良債権の処理について、よく見かけるパターンのお問い合わせをいただきました。現実的に問題として抱えておられる方が多い、『連帯保証人』,『自宅』,『信用保証協会』,『低額の債権』というキーワードに絡むご質問です。少し長くなりますが、お問い合わせ内容と、私がお答えした内容をご紹介させていただきたいと思います。◇ お問い合わせ内容私の主人と主人の経営する会社が、3年ほど前に倒産しました。私は会社の借金( [続きを読む]
  • 第2会社をつくる・・・
  • 第2会社で事業を承継して維持しょうするならば、まず第2会社を設立しなければなりません普通に会社を設立するのとは違い、第2会社は、明確なテーマに沿って設立をする必要があります。スムーズに事業を引き継ぐことが出来て、旧会社の債権債務とは関係のない会社であることが、設立におけるテーマということです。番頭さんが、新会社を設立して独立し、旧会社の従業員さんを引き連れ、得意先や仕入先などとも取引を始めるという [続きを読む]
  • 何故、第2会社か・・・
  • 事業経営が厳しくなり、その対応についてネットなどで色々と調べていると、『第2会社』という表現に出くわすことが多いと思います。第2会社を作れば、事業を維持することが可能になり、この厳しい経営からも脱却できるというような、非常に興味深い内容が書かれているでしょう。ところが、更に詳しく調べてみると、第2会社にも複数のパターンがあり、手続きも一定ではなく、経営状況により適用の可否も変わるようで、ちょっと複 [続きを読む]
  • 読者よりのご指摘・・・
  • 年頭のブログで、『今年は、徹底的に本質にこだわったブログにしたい・・・』と書かせていただきました。お正月休みに、昨年のブログを読み返して、どうも体裁ばかり気にして、お伝えすべき事を具体的にご説明していないと感じたからです。しかし、それ以降のブログにおいて、何ら改善が見られなかったようで、『本質を表現していない・・・』と、早速に、お読みいただいた方からご指摘をいただきました。ご指摘のメールに感謝し、 [続きを読む]
  • 経営危機での社長夫人・・・
  • 経営者夫人としての理想については、昔から様々に語られてきています。しかし、なかなか一つの理想の形には集約されないのが現実ではないでしょうか。事業の規模や内容によって異なるでしょうし、経営者の性格や立ち位置によっても変わってくるでしょうから、理想の経営者夫人についての答えを出すのは簡単ではありません。ところが、経営危機に陥った中小零細企業における経営者夫人というくくりであれば、私には自信を持ってお勧 [続きを読む]
  • 戎さんのお陰で・・・
  • 様々な形で、商売の験(ゲン)を担ぐ経営者は多く、私も、毎年、商売の神様『戎さん』には、必ずお参りをしています。新年の1月10日には、必ず今宮戎に商売繁盛を祈願し、毎年同じパターンで行動するのが、私の唯一のゲン担ぎなのかもしれません。今年も、通年通りにお参りをしましたが、相変わらず身動きでないほどの大盛況です。参拝されている商売人は、笑顔の方から陰りの表情の方までこもごもで、それぞれのお仕事や経営環境 [続きを読む]
  • 資金繰りの苦労・・・
  • 経営者として何が辛いかと問われれば、間違いなく『資金繰り』とお答えすると思います。資金余力の大きい健全経営時の資金繰りなど、何の苦労でもありませんが、経営の厳しい状況での資金繰りは、経営者にとって本当に厳しい、苦痛といえるほどの作業になります。入金と支出のバランスを確保するため、知恵を振り絞り、あらゆる努力をするのですが、帳尻の合う答えを導けだせない苦痛は表現できないほどのものであり、それが、毎月 [続きを読む]
  • 今年は、言うべき事を言う・・・
  • 年末に、最近の私のブログを読み直してみたのですが、もっと、具体的な本音の話をする必要があると気づきました。ブログであろうとも、読んでいただける方が求められる内容について、本気で本質のお話をしなければ意味がありません。中途半端な表現や、オブラートに包んだような内容などは、読者に対して失礼ですし、私のカラーでもありません。今年は、中小零細事業者が経営を維持し、人生を守るためのお役に立てるように、妥協を [続きを読む]
  • 今年の経営環境は・・・
  • 私の住む奈良は、穏やかな天候に恵まれたお正月になりました。今年、1年間も、この天候の様に穏やかであればいいと思いながら、のんびりとお正月休みを過ごすことができました。細々と続けていたダイエットの事も忘れ、おせちやお餅などをたらふく食べて、あきらかにお腹の周りは貫禄を増したようです。今日から、日常に戻るわけですから、しっかりと気持ちを切り替えて取り組まなければなりません。お正月の風景は、随分と変わっ [続きを読む]
  • お世話になりました。
  • 平成28年。あっという間の1年でしたが、本年もお世話になりました。振り返ると、中小零細事業者の経営環境において、大きな変化が始まった年であったように思います。選択と淘汰を容認した様々な政策が実施をされ、生き残りを掛けた経営が求められるようになったのでしょう。確実に、勝ち組には優しく、負け組には厳しい対応を強いられるようになり、中小零細事業者は今までの経営感覚を捨て、しっかりとした対策を持つことが必要 [続きを読む]