株式会社 シーエーエム さん プロフィール

  •  
株式会社 シーエーエムさん: 事業再生コンサルタント・シーエーエム
ハンドル名株式会社 シーエーエム さん
ブログタイトル事業再生コンサルタント・シーエーエム
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/cam7/
サイト紹介文経営危機への予防。貴社の得意先が 明日突然に倒産しない保証はありますか?
自由文経営危機は、徐々に拡大したり、突然にやってきたりします。徐々に拡大する時は、予め対策を講じたり心の準備もできますが、突然にやってきた時には経営者の資質が問われる場面になります。どちらの場合でも経営者の対応次第で、今後の展開が大きく変わってくることは間違いありません。正しい情報と知識さえあれば必ず打開できます。冷静になって、基本事項を認識してください。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供101回 / 365日(平均1.9回/週) - 参加 2008/02/01 21:59

株式会社 シーエーエム さんのブログ記事

  • 6年振りのお電話・・・
  • 経営者が、諦めさえしなければ、経営は維持出来るものなのです。たとえ倒産扱いされようが、不渡りを出そうが、そんなことは関係ありません。最低の資金繰りの維持と、仕組みさえ確保することができれば、事業は続けられます。経営を続けるかどうかは、金融機関や債権者の判断ではなく、債務者の意思で決められるものなのです。以前、お聞きしたことのある様なお名前の経営者から、ご連絡をいただきました。随分と前に、ご相談をさ [続きを読む]
  • 資金繰りとの苦闘・・・
  • 資金繰り表と、にらめっこ。どんなに計算しても、数字は合いません。計算を成り立たせるために、さまざまに知恵を巡らせ算段しても、答えなど得られずに気は滅入るばかりです。こんな時は、資金繰りの捉え方を根本から変えて、違う角度や手法により、常識に囚われず大胆に取組んでみては如何でしょうか。マイナスにしかならないものを、絶対にプラスにしなければならないという、数式を無視した要求をされるのが、経営危機での資金 [続きを読む]
  • 経営改善は、人任せにしない・・・
  • なぜ、自らが主体となって、経営改善に取組まれないのでしょうか?事業の将来を、決定付けるかもしれない経営改善を、なぜ、安易に、他人任せにしようとされるのでしょうか?高度な専門知識を必要とする作業で、経験のない素人では、取り組むのがとても難しいからでしょうか。そんなことは、絶対にありません。経営改善は、そんなに難しいものではなく、自らが取り組んでこそ良い結果を得られる作業だと思います。『経営改善』は、 [続きを読む]
  • 国金の動産執行・・・。
  • 自宅に戻り、郵便ポストを開けると、目を疑う様な書類が、裁判所から届いています。嫌な予感を感じながら目を通すと、なんと、『動産執行』の文字が飛び込んできます。どうやら、日本政策金融公庫が、私の自宅の家具などの動産に対して強制執行をかけてきたようなのです。誰もいない昼間、裁判所の執行官が動産執行に来たが留守だったので、この催告書を置いて行ったのでしょう。まさか、あの日本政策金融公庫が、差押をしてくると [続きを読む]
  • 深く、頭を下げて・・・
  • いったい、何回、謝ればいいのでしょうか。しかも、私の落ち度ではなく、謝罪の原因は、全て電車の延着が原因になります。日本の鉄道は、時間に正確だと思っていたのですが、今日1日の出張だけで、なんと電車が三回も延着して、大幅にお客様との約束の時間に遅刻をしてしまいました。お客様には、遅れたことをお詫びし、快く許してはいただけましたが、当事者のJRなどは当たり前の風情で、何ら謝罪の意思などないことが不思議で [続きを読む]
  • 借入するか、返済を止めるか・・・
  • 社会人なら、誰でも判っていることなのかもしれません。立派な大人でも、してはいけないことだと判っていても、ついつい、してしまうことは少なくないでしょう。この世知辛い世の中を生き抜こうとすれば、それも仕方がないのかもしれませんが、その結果が、取り返しのつかないことになるかもしれません。これぐらい大丈夫だろう、という根拠のない対応は、事業経営においては破綻に結びつくかもしれないのです。『赤信号で渡っては [続きを読む]
  • 経営危機での選択肢・・・
  • 色んな選択肢が、脳裏を横切りました。破産することができれば幸せだと思えるほど、悲惨ともいえる選択肢が浮かんでは消えていきます。破産に前向きに取り組んで、この苦しみから脱出しようと決意したとき、破産さえも必要がないと言われたのです。破産が最善の選択だと信じていた私は、半信半疑で説明を聞き、自分なりにも調べ直して驚きました。従業員の雇用や、仕入先との取引、さらには家族の生活を守れる方法が、現実として様 [続きを読む]
  • 最初はカウンセリング・・・
  • 私は、経営コンサルタントに関する資格は、何も持っておりません。元々の職業である、建設関係や不動産関係の資格は沢山持っていますが、経営コンサルタントに関する資格は、業務上あえて取得しない様にしてきました。開業した頃は、中小企業診断士などの資格を取得しようかとも考えましたが、公的な資格を持ってしまうと、法律など制度上の制約を受け過ぎて、本音のコンサルティングが出来なくなってしまうのです。会社再生や経営 [続きを読む]
  • 制度も、限界超えた・・・
  • 今は、本当に好景気なのでしょうか?政府の発表や、マスコミ報道によると、日本中が好景気の真っただ中にあるように思えてしまいます。しかし、現場の第一線で仕事をしている立場からすれば、そんな発表や報道に、違和感を抱かずにはおれません。我々が、直面している中小零細事業者の経営実態は、好景気などとはかけ離れた、破綻と背中合わせの厳しい経営状況で、頑張っておられる事業者がほとんどなのです。私の仕事は、会社再生 [続きを読む]
  • 時効が完成していたのに・・・
  • そのお客様とは、随分と長いお付き合いになりました。初めて、ご面談をさせていただいたのは平成20年ですから、かれこれ9年のお付き合いになろうかとしています。この間、何度かの処理を重ね、勤務先や業種も複数に亘って変わられ、波乱万丈の人生をおくってこられたといえるでしょう。それでも、ここまで、人生と生活はしっかりと確保されてきたのですから、男として立派なものだと思います。最初は、建設設計関係の会社の専務 [続きを読む]
  • 資金繰りは、誰がする・・・?
  • ある経営者から、資金繰りを誰にしてもらえばいいのかとお問い合わせをいただきました。今まで、資金繰りを担当していた総務責任者が定年で退社をされるのですが、その後を担当できる適任者がおられません。その会社は、年商が6億円ほどで、従業員は40名ほどおられ、経理の担当者は若くて交渉能力が未知数で未熟、総務の部長として責任者になられる方は交渉能力こそあるが経理が判らずということで、安心して任せられる方がいな [続きを読む]
  • 瀬戸際の対策⑦ 具体的な対応・・・
  • お客様に、経営判断の基準をご説明していると、キャッシュフローと資金繰りは何が違うのかと、同席していたベテランの税理士から尋ねられました。この税理士は、キャッシュフローも資金繰りも同じであるという意図を持って、私に問いかけてきたのだろうと思います。たしかに、資金の動きを追うという面では、同じ様な意味をもった資料になるのかもしれません。しかし、キャッシュフロー表は過去における資金の動きの結果であり、一 [続きを読む]
  • 瀬戸際の対策⑥ 状況に合わせて・・・
  • 正しい経営状況を把握したうえで、当座の資金繰りも確保して、経営危機に対応する最低限の知識も取得しました。経営が悪化した原因についても理解できて、経営的な瀬戸際から脱出するための基本的な準備は整ったとします。いよいよ、これから具体的な対応が始まるわけですが、全ての事例が同じ方向に進む訳ではありません。経営状況により、対応すべき方向は変わり、取組むべき手続きも異なるのです。瀬戸際の対応については、会社 [続きを読む]
  • 瀬戸際の対策⑤ 追い込まれた理由・・・
  • なぜ、経営が厳しくなってしまったのでしょうか・・・?それほど楽ではありませんでしたが、事業として確保できていたはずなのです。ところが、ある日、資金繰り破綻の可能性に直面し、経営の継続が難しくなってしまいました。経営が瀬戸際に追い込まれてしまった理由は、いったい何だったのでしょうか。どんな場合でも、問題を解決するには、まずは問題になった原因を把握する必要があります。特に、事業が継続できるのかどうかと [続きを読む]
  • 瀬戸際の対策④ 理解する・・・
  • 経営が瀬戸際に追い込まれ、正しい経営状況を把握して、資金繰りも確保を出来たとします。これで、瀬戸際から脱出するために準備は終了し、次のステージで本格的な対策を実施することになります。しかし、その前に、よりベーターな結果を得るために、どうしても取組んでいただきたい作業が、必要な『知識』を持っていただくということになります。瀬戸際に追い込まれた時の、対応すべき最初のステージが、正しい経営状況の把握であ [続きを読む]
  • 瀬戸際の対策③ 資金を確保する・・・
  • 経営が厳しくなり、瀬戸際の状況に追い込まれたと思っても、まだ何も諦めることはありません。たとえ大幅な債務超過状況であろうとも、驚くような赤字状況であっても、それを理由に答えを決めつける必要などないのです。資金さえ確保することができれば、事業の継続は十分に可能であり、そのことについてはご理解いただけたと思います。その資金を、いかに確保していのかという話であり、これからが本当の資金繰りだといえるのかも [続きを読む]
  • 瀬戸際の対策② 基本的判断・・・
  • 理論と実践は違うといいますが、債権債務処理に関する場面においては、理論という机上の空論は無意味です。関係者の損得に支配された判断基準により、全ての結論が導かれる実践の世界だといえます。学校で習った経営学を、経営が厳しくなった状況において振り回すのは、自殺行為だとさえ言えるのかもしれません。前回のブログで、経営が厳しい状況での、正しい経営状況の把握についてご説明をしました。経営状況を把握するというの [続きを読む]
  • 瀬戸際の対策① 経営状況の把握・・・
  • 経営危機という環境は、経営者に大きな負担をかけることになります。拭いようのない大きな負担は、経営者の精神を弱らせ、得体のしれない不安が拡大し、神経を過敏にしてしまうでしょう。わずかな変化や情報に、意味の無い反応を示してしまい、環境をよりネガティブに向かわせてしまうのです。これが、負のスパイラルであり、経営危機の怖さなのです。経営に対する不安というものは、根拠などない場合が多いものです。経営者の精神 [続きを読む]
  • 瀬戸際の判断・・・
  • 『もう、事業を続けるのは無理かもしれない・・・。』資金繰りが悪化し、そんな過酷な判断を迫られることが、中小零細企業の経営者には訪れるかもしれません。そんなとき、追い込まれた状況において、経営者はどうすればいいのでしょうか。『土壇場』や『瀬戸際』,『土俵際』などという、追いつめられた表現が使われる経営状況においても、対処すべき方法はや選択肢は様々に存在します。しかし、経営に造詣の深い経営者であろうと [続きを読む]
  • 信用保証協会への違和感・・・
  • 債務処理の環境は、ここ数年で随分と変化したようです。特に、日本政策金融公庫や信用保証協会などの、公的な機関が債権者の場合の対応が、目に見えて変化したように感じます。平成26年2月、政府が、中小零細事業者の債務処理の方向性について、舵を大きく切ってから3年になりますが、その成果は確実に根付き始めた様です。結論からご紹介すると、債権者である日本政策金融公庫や信用保証協会などは、債務者の環境に合わせた対 [続きを読む]
  • 金融の建前と本音・・・
  • 世の中には、建前と本音というものがあります。建前という理想と、本音という現実は、大きく異なって当たり前なのかもしれません。この事実は、子供に教えたくはありませんが、綺麗事だけでは生きていけないのが実社会なのです。そして、この建前と本音のギャップを理解できないと、社会人としては、なかなか成功しないのかもしれません。中小事業者の経営環境においても、建前と本音の使い分けは、様々な場面で見受けられます。そ [続きを読む]
  • 銀行との交渉のポイント・・・
  • 中小企業にとって、資金的な命綱である金融機関への対応は重要です。融資などの必要性を考えれば、健全な経営時でも金融機関対応はおろそかにできませんが、資金繰りの厳しい経営危機に陥ると、その重要度は更に格段に増加します。したがって、金融機関と対応する術を知っているかどうかは、その後の展開を大きく変える可能性があるといえます。金融機関との対応の基本は、決して難しいことではありませんので、復習をしてみたいと [続きを読む]
  • 借金と時効について・・・
  • 借金には、逃げずに正面から向き合え・・・時効など、援用できるはずがない・・・モラルに欠けるような対応は実にくだらない・・・などと、専門家は主張されます。たしかに、学校で習うならば、この通りなのかもしれませんが、実社会においても合理性が確保できて通用するのでしょうか。暇つぶしに、大手のポータルサイトを覗いていると、『借金の時効は何年で成立するのか・・・』というコピーが目に飛び込んできました。当然に、 [続きを読む]
  • 第2会社のまとめ・・・
  • ここ最近、第2会社について具体的に考えてきました。第2会社は、経営危機という究極の危機から、事業を維持しながら脱出できるかもしれない最後のチャンスなのかもしれません。そんなチャンスを逃さないために、第2会社を有効に活用するための条件や、様々に配慮すべき点について、最後の総まとめをしてみたいと思います。まず、何のために第2会社を作って、事業を維持しようとするかについてです。第2会社を作って運営するには、 [続きを読む]
  • どうなっているのか・・・?
  • いったい、何がどうしたというのでしょうか。この仕事を始めて15年目に入り、ITバブルの崩壊やリーマンショックも経験してきましたが、こんな状況は初めてです。ブログをアップする間隔が開いてしまい、その言い訳をする訳ではなく、2月の中旬に差し掛かった頃から妙にバタバタし始めて、突発的なご相談が増えました。しかも、ご相談の内容が、整理に直結するものがほとんどですから、どうしても違和感を覚えてしまいます。今年 [続きを読む]