どくとるくま さん プロフィール

  •  
どくとるくまさん: 黒い森の白いくまさん
ハンドル名どくとるくま さん
ブログタイトル黒い森の白いくまさん
ブログURLhttp://germanmed.exblog.jp/
サイト紹介文ドイツ人夫&二人の子と南西ドイツで暮らしている医師のブログ。
自由文文学畠出身の大和撫子が、ドイツに医学留学し、7年後に医師になりました。日独の文化の違い、ドイツの病院・医療事情などを、日常の風景と共に発信しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供90回 / 365日(平均1.7回/週) - 参加 2008/02/03 02:14

どくとるくま さんのブログ記事

  • 夏が来ればアルザス
  • 大好きなアルザスのワイン街道へ、週末旅行してきました。一面のブドウ畑を見ると、「ああ!これが見たかった!」という気持ちになります。タルト・フランベと地ワインパティシエのケーキおいしいパン相変わらず、こうのとりラブです。■欧州日本人医師会の電話健康相談(無料)■(火)22時〜23時/ (水・木)21時〜22時 (ドイツ時間)+49 9951−9493−399↓... [続きを読む]
  • Picardの冷凍魚でお刺身食べてみた!
  • いなかそだちさんのこの記事とこの記事を見て、機会があれば行きたいとずっと思っていた、Picard。週末にアルザス旅行して、運よく寄る事ができました!店に行ってみて、びっくり。冷凍食品ケースだけがずらーっと並んでいて、パッと見「これ何の店?入っていいの?」という感じ。商品にはフランス語・オランダ語・スウェーデン語の3ヶ国語のみ。パッケージの図から見て、これは本来は加熱して食べ... [続きを読む]
  • 畠の力、鍼の力、西洋医学の力
  • また1週間が無事に終わりました。あと2週間で、夏休みに突入し、引越し!と思うと、あと少し。子ども達も、最初の頃は不安定になって、夜も眠りが浅く、しょっちゅう宥めてやらないといけなかったのですが、やっと慣れて落ち着いてきた感じです。労働時間が長くなった割に、疲労がそこまでひどくないのは、長い昼休みに畠に行っているからかも知れません。患者さんでも、90歳以上でも頭も体も元気な... [続きを読む]
  • BBQの火おこし器、凄いよ!
  • ドイツの夏のごはんと言えば、兎に角BBQ♪私もドイツに来て、炭火焼きのおいしさに目覚めました。でも、最初の火おこしが、ちょっと億劫。そこで、遂に火おこし器を買ってみました。10ユーロ弱。最近スーパーやホームセンターでよく見掛けるようになったものの、「まあ、なくてもやっていけるし・・・」と、買う決心がずっとつかなかったもの。(だって、こんなただの筒っぽに10ユーロって、高いよね。... [続きを読む]
  • 1週間分の料理
  • 新しい職場に移って2週間が過ぎ、大分慣れてきました。こちらも楽しいチームで、いっぱい笑わせてもらっています。最初の1週間は、自分ではそんなに緊張していたつもりはなかったのに、もの凄く不整脈が多くて、やっぱりアドレナリンとかいっぱい出ていたのかな。それが2週目には、すーっとまたおさまってきました。日曜日には、1週間分の料理。庭のプラムで、ケーキ。パン生地の土台は焼きたてがお... [続きを読む]
  • うちのキュウリさん
  • きゅうりさん、すりすり♪猫きゅうり?!なついてるよ!(Papricaさんちのニンジンの愛情表現も凄いけどね。)■欧州日本人医師会の電話健康相談(無料)■(火)22時〜23時/ (水・木)21時〜22時 (ドイツ時間)+49 9951−9493−399↓詳細はこちら。http://www.eu-jp-doctors.org/page2/不思議な魅力の絵本で、うちで... [続きを読む]
  • 長い一日
  • 日曜日は約束通り、こぐま達を連れて畠の収穫に行き、村祭りへ。用意しておいた晩御飯を食べさせ、お風呂に入れ、本を読み聞かせ、夜、こぐま達が寝静まってからジャム作り。月曜日、朝6時前に起きて、こぐま達のお弁当を作る。畠のソラマメごはんで、辰巳芳子さんのかつお節の佃煮、海苔、玉子焼きの段々に。7時に家を出て仕事に行き、お昼休みを挟みながら、19時過ぎまで仕事。それから小学校へ... [続きを読む]
  • はじめの一週間
  • 新しい職場に移って、一週間が過ぎました。面接から働き始めまで十日という、スピード転職。実は全く期待していなかったのですが、予想外に楽しいし、色んなやり方があるのだと気付かされ、世界が広がりました。たった3箇月半ですが、精一杯やろう。長い昼休みには、畠へ。木陰に椅子を置いて、お弁当を食べたり、本を読んだり、ぼーっと景色を眺めたり。労働時間は今迄よりぐんと長くなり、子ども達に... [続きを読む]
  • ハチドリじゃなかった珍客
  • 蝶くらいの大きさで、横から見ると正に鳥。何者?!上の写真を拡大すると、こんなの。バタバタ羽音をさせながら、花から花へと目まぐるしく飛び移り、決してとまらず、蜜を吸うほんの一瞬だけボバリングしている。肉眼では殆ど細部は判らず、カメラで追うのも難しい位。実は十数年前にも庭に来た事があったけれど、その時のカメラでは全くとらえられなかった。左上の蜂と較べても、この大きさ。いくらハチ... [続きを読む]
  • おいしい魚缶、三つ
  • 初めてRIO mareのツナ缶を食べた時は、衝撃的でした。妊娠中で凄く敏感になっていた時で、一口食べて「あなた、本当にツナ缶なの?カニ缶と間違えてない?」と思った位。(妊娠中は味覚・嗅覚が鋭くなって、色々辛い事も多かったけれど、こういう天にも昇る心地のおいしさを感じられたのは、よかったなー。)原材料はツナ、オリーブ油、塩だけ。私は油も捨てずに使います。提携しているSaupiqu... [続きを読む]
  • もう一つも、決まった
  • 今週面接に行って、研修先が決まりました。来週月曜にサインに行き、再来週月曜からスタートの予定という、スピード決定。もう、3月からの長い長いトンネルに嫌気がさしていて、何でもいいから兎に角さっさと片付けよう、と。しかも、院長もそのつもりで既に私の契約解約手続きを取っていたので、保険や年金から「今後どうするの?」の書類がばんばん届き、「そんなの私も知らんわ!」という感じで、決まる... [続きを読む]
  • 軽い長靴
  • 子どもが生まれ、長靴を何十年ぶりに手にしたのですが、その重さに驚きました。安全靴?足枷?という位、ずっしり重い。小さな子どもに、これは可哀想。それで、軽い長靴はないかとネットで調べたら、あったのです。ジョイントマットなどに使われている、EVA樹脂製の長靴。こちら、普通のゴム長靴。こちら、EVA樹脂製の長靴。15ユーロ強でした。こっちの方がサイズが大きいのに、断然軽い!... [続きを読む]
  • ひとつ決まった
  • 3箇月半分の研修先探し。最初に打診していたところはAB二人の先生の診療所なのですが、1週目:A 「いいよ、いいよ。でもB先生が今週休暇だから、詳しい話しは来週」2週目:B「A先生が今週休暇なんだよね。詳しい話しを聞いていないから、また来週」3週目:AB「税理士さんに相談しているところだから、ちょっと待ってね」4週目:A「昨日B先生が税理士さんと電話していたんだけど、今日いないから、... [続きを読む]
  • 夏の夜
  • 研修(日本では勉強会と言うのか?)で、マインツに行って来ました。夏至の直後で日は長く、プログラムが全部済んだ後でホテルを抜け出し、夏祭りへ。川辺に砂を敷き詰めて、擬似ビーチができていました。研修で知り合った、少し年上のお医者さん達と一緒に行って、カクテルで乾杯して、「ぼく」「きみ」になりました。ベルリンの壁の話しから始まり、テュービンゲンと言えばヘルダーリン、ここマインツ... [続きを読む]
  • ささやかな収穫開始
  • 夏らしい日が続いています。去年買ったサクランボの苗木に、初めての実がなりました。沢山花が咲いたのに、季節外れの雪に凍えて落ちてしまい、実ったのはほんの数個。でも甘くておいしかった!すぐりも色づいてきました。収穫が面倒なのと、足が早いのとで、果物が安いヨーロッパでもベリー類は高くてなかなか買えないのだけれど、鈴なり!ルバーブ。これは6月下旬までがシーズンなので、そろそろ終わ... [続きを読む]
  • 黒い森の素敵な家
  • 週末は、黒い森の素敵な家にお邪魔しました。りんごの木の下で、マーガレットに囲まれて。猫じゃらし。遊ぶ。摘んだ花を奥さんにプレゼントしようと、出待ち。こんな暮らし、いいなあ!■欧州日本人医師会の電話健康相談(無料)■(火)22時〜23時/ (水・木)21時〜22時 (ドイツ時間)+49 9951−9493−399↓詳細はこちら。http://www.eu... [続きを読む]
  • アルザスの夢
  • 先日夢を見て、また凄く行きたくなってしまった。これらは去年の夏休みの写真。葡萄畑ビューおいしい!(魂がイデア界に飛んで行っている状態)おいしい!(一心不乱に食べてます)コウノトリ・L・O・V・E(でも68ユーロもするの、買ってやれんわ・・・)犬(暑さにへばっている)コウノトリに心奪われている子ども達(と、アルザスワインに目が行く大人)今年も行きたいな♪... [続きを読む]
  • 心が壊れそうだった日々
  • 奈落の底に突き落とされてから返事が出るまでのこの3箇月間は、今迄にないつらさでした。自分で動けず、他人に動いてもらわなくてはいけない。答えが出るまでは、一歩も先に進めない。もしサインが揃わなかったら、差し引かれた1年を救うどころか、あのつらかった病院勤務時代の3−4年分が、全て無と化すかも知れない。しかも十年前の事を今更書類にしてもらえなんて、無理難題なのです。当時のボスはもう誰一人と... [続きを読む]
  • キターッ!迄の1週間
  • さて、あのもの凄ーく しんどかった何週間かが済み、3月から今迄かかって、やっとの事で集めた書類を管轄医師会に提出し、返事待ちの1週間でした。畠を始めてみたり・・・消防署のお祭りに行ったり・・・グリルしたり・・・往診先で患者さんの奥さんから手作りのBrezelを頂いたり・・・こぐまの誕生日に作ってやれなかったオムライスを作ったり・・・(これは妹こぐまの分。兄こぐまのは特大で... [続きを読む]
  • レーゲンスブルク番外編 固まるこぐま
  • レーゲンスブルクにて、うれしいなー!うれしいなー!と御機嫌で歩いていた二人だったのが・・・突然立ち止まって固まる。手を引いて先に進もうとしても、その手を振りほどいて固まっている。妹こぐまの見開かれた目。兄こぐまの困り顔。あ、あれは一体、何や?!駆け寄って一緒に記念撮影してもらっている子ども達もいたのに、うちのこぐま達はこの通り。どれだけ緊張しているかは、ロボットみたいに... [続きを読む]
  • レーゲンスブルクに行ってきました
  • 十日ほど前、Regensburgに行って来ました。旧市街全体がユネスコ世界遺産になっているだけあって、素晴らしい街並みでした。大聖堂のミサには少年合唱団「Regensburger Domspatzen」がいて、オルガンに合わせてきれいな歌声を聴かせてくれた。でも、特別なミサだったみたいで、立ち見も難しい位の超満員だった。こんな動物達にも遭遇。こぐま達、固まっていた。現存す... [続きを読む]
  • はたらけど はたらけど
  • 院長がババーンと12日間の休暇をとって、私一人で診療でした。しかもそこに、こぐまの誕生日が重なり、夫は出掛けると、その後必ず疲れが出て使いものにならなくなるし、普段なら5月は比較的静かな時期なのに、何故か予約がいっぱいで患者さんが溢れ、一人の患者さんが在宅での看取りに入り、かなり苦しそうだったのを何とか緩和できないかと苦戦し、夜も眠れない思いで、往復120kmの長距離通勤に、そこへの往診20... [続きを読む]
  • うっとり
  • こぐまの誕生祝いに、週末はおでかけ。うっとり。うっとり。ここのところ精神的にかなり追い詰められて、吐きたい位の感じだったのですが、こんなところで吐いていても物事は1ミリたりとも動かないし、子ども達のこの笑顔を守れるのは私しかいないのだし。最近目にする占いという占いが、「愛情あふれる姉御肌」「倒れるまで人に貢献」「車などを牽く労働的な使命をもった・・・」など、もうやめて!... [続きを読む]
  • ワーキングマザーが祝う誕生日
  • こぐまの誕生日、今年は運悪く、私の仕事が一番長い曜日に当たりました。朝6時半過ぎに家を出て、帰って来るのは夜8時半近く。帰宅すると子ども達は大体もう眠っています。昼休みを返上して、出勤を1時間遅くしてもらいましたが、それが限界。「その代わり、幼稚園のお弁当はママが作ってあげるからね」と約束。前日の昼休みに買い物に行き、夜中にシフォンケーキを焼き、お弁当の下ごしらえをして、当... [続きを読む]