中久保浩平 さん プロフィール

  •  
中久保浩平さん: お仕事、頑張っている方へ元気を与えるブログ。
ハンドル名中久保浩平 さん
ブログタイトルお仕事、頑張っている方へ元気を与えるブログ。
ブログURLhttp://ameblo.jp/nertrap/
サイト紹介文一度読んだらやみつきに?数少ない、ビジネスの本質を突きまくる、超実践型ビジネスパーソン応援ブログ。
自由文元気を与えるアドバイザーとして全国各地の個人〜法人まで営業戦略・マーケティング戦略のコンサルティングとして活躍。熱烈なファンも非常に多い。マスコミへの執筆・寄稿、セミナー講師など活動範囲も幅広い。

2007年12月 宝塚CEO塾 セミナー講師
2008年1月 国際宝飾展 IJTセミナー講師

殿堂入り人気メールマガジン
「ビジネス真実践」
公式ホームページ
http://www.ner-trap.com/
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供102回 / 365日(平均2.0回/週) - 参加 2008/02/04 10:09

中久保浩平 さんのブログ記事

  • やらないリスクとでメリット
  • ■やらなかったときのことを考える。これまで色々な業界の経営者、営業マン、管理職の方々にアドバイスやサポートなどをさせてもらってきた中で、「忙しくて中々言われたことに着手できないんですよ。」とか、「部下には指示を出したんですが、まだ報告がなくて。」とか、「早くやろうと思ってはいるんですけど、なかなか・・・」などと、とにかく「できない」ではなく「やらない」ことに対する言い訳をする人達も結構いまし [続きを読む]
  • 仕事のいい訳をしないために
  • ■常日頃の準備が必要これまでにコサンルティングをさせてもらってきた中で、様々な助言だったり、提言をさせてもらったとき、「もう少し売上が伸びたら店内の改装をします。」「お客様が増えてきたらスタッフを増やします。」「この商品がヒットしたら次の新商品を考えます。」「有名になったら講演します。」「今いるスタッフが育ってきたら次の展開へ進みます。」「貯金が○○たまったら起業します。」「上司がYesと言ったら採 [続きを読む]
  • 失敗やミスをしてしまったら・・・
  • ■謝罪と反省だけでは足りない。誰にだって失敗やミスはあります。ですが、同じような失敗やミスを何度も繰り返しすのはよくないということをみんな認識しています。たとえ小さな失敗やミスであっても、信用や信頼といった商売・ビジネスにとって最も重要なものを失くしてしまう恐れがありますから。以前こんなことがありました。ある会社に仕事を依頼したときのことです。仕事をしてもらうには、先払いが必要ということで、 [続きを読む]
  • 悩める営業マンへの指導のヒント
  • ■質を落としてしまっていませんか?先日、成果が出ていない。実力が発揮できていない。しかしながらポテンシャルは高い営業マンに話を伺ってきました。彼曰く、「『上司や先輩が言うことは、俺のやり方はこうだ、こんな場合はこうした感じで・・・』というようなアドバイスが多くて参考になるけど、やり方は、上司にしろ先輩にしろバラバラなのでどれをやっていいか分からないし、自分のやり方を感覚で伝えてくるのでイマイチピン [続きを読む]
  • 残念な社長
  • ■あなたの周りにもいませんか?勘違いか、それとも性格か?いわゆる成功を収めた人の中には「俺のいうことが全て」といったように常に上から目線・・・という残念な社長にもこれまでにたくさん会う機会がありました。私が出会って来た残念な社長の特徴は、自分の功績、過去の栄光にしがみつき他人の意見に耳を貸さない。いや、耳を貸さないどころか、他人の意見を否定するというタイプがほとんどでした。このようなタイプは [続きを読む]
  • 売れるコピーを考える前に知っておきたいこと
  • ■お客さんに対して適切かどうか「どうすれば売れるキャッチコピーが書けますか?」とか、「どうすれば、お客さんに興味を喚起させる表現ができるでしょうか?」「どんなコピーを作ればお客さんがたくさん来てくれますか?」という類の相談が以前は結構ありました。こうした相談を受けたときは、「表現をテクニックに頼ってはいけません。」と指導してきました。その意図は、「上手く表現できれば売れる」という考えを捨てましょう [続きを読む]
  • 自分を変えたいという人へのヒント
  • ■役作りでセルフイメージ以前、NHKの番組で声優の古谷徹さんが、役作りについて語っていました。「巨人の星の星雄馬を演じたときは、ピッチャーが投げるときの「フンッ」という息声を習得するために毎日弟とキャッチボールをしました。そのおかげで、画に合わせて自然にボールに力を込めて投げる雄馬を演出できたのでは?と思っています。」「ガンダムのアムロレイを演じたときは、未来を感じられるギンギラのジャンパーを [続きを読む]
  • ネガティブになった時の処方箋
  • ■工夫や改善のサインを見逃すな「毎日が単調で仕事に面白味がない。」「いわれたことだけをやっていればそれでいいや。」などと、仕事に対してネガティブな感情を持ってしまったことがある。心当たりのある人も少なくないかも知れません。本人だけの気持ちの問題なら全く構わないのですが、このようなネガティブな感情というのは知らず知らずに顔に出ていたりするもので、そうなると周りにはとっても迷惑なことなのです。た [続きを読む]
  • 「かもしれない」の効用
  • ■リスクを最小限にすることが運転免許をお持ちの人なら、必ず教習所で習うことなので「だろう運転は危険なので、かもしれない運転をすること。」という教えはよくご存知だと思います。免許の無い方のために簡単に説明しておきますと、だろう運転とは、たとえ見通しの良い直線道路であっても「飛び出してくる子供や自転車はいないだろう。」というような「〜だろう」という意識のまま運転することで事故を起こす危険が高まるという [続きを読む]
  • 仕事を後回しにしないための処方箋
  • ■損失を考える日々仕事をしていると、こんな思いをしたことありませんか?「あの時にやっておくんだった。」「なぜあの時、すぐに取り組んでおかなかったんだ!」「どうして、お客様にあの時、伝えなかったんだ!」なんて後悔。なんの自慢にもなりませんが、私もそういったこと、多々ありました。今でこそ、その回数は激減してきましたが、それでもまだまだあります。こんなことでは、当然、モチベーションも下がるし、仕事 [続きを読む]
  • ○○的な貢献が成果を出す
  • ■数字を生むプロセスに関わること「会社へ貢献する」という言葉からは、売上や利益、コスト削減、顧客獲得数、成約数など数字のことが浮かんでくるという方が多いのではないでしょうか。確かにこうした数字は、会社への貢献度を表す目安となります。そして、それはそのまま評価へと繋がっていきます。ですので、直接的に会社へ貢献したものとされます。しかしながら、会社への貢献というのは、数字ありきの直接的な貢献だけ [続きを読む]
  • 信念があるから信用される
  • ■決してぶれてはいけないもの長い間、商売・ビジネスをしていると良いときもあれば悪いときもあることでしょう。約50年ほどの時代の流れでも高度成長期、バブル、バブル崩壊、リーマンショックというように活気ある時期から低迷期というように良いときもあれば悪いときもあります。特に昨今は「失われた20年」なんて風にもたとえられていました。こういう時期・状況の変化に応じて商売、ビジネスを続けていく工夫は大切な [続きを読む]
  • 何がNo1なの?
  • ■「?」が付く「売り」は意味がない。「当店は、地域で一番元気なお店です!」「当店は、接客No1を目指しています!」「当店は、どこにも負けない癒し空間です。」「顧客満足NO1です!」みたいなポスターやポップを店内やWebサイトに掲げたりしているお店を時々見かけますが、正直言って、どれもピンときません。「地域で一番元気なお店」って言われても、声が大きいだけなのか、スタッフが元気なのかどうかなんてことは [続きを読む]
  • 新たなチャレンジ=リスク?
  • ■フォーカスする部分も変えてみる新しい商材やサービスを展開していこうとするとき、新たにプロジェクトを立ち上げようとするとき、あるいは、今まで取引したことのない相手と取引することになったとき・・・大なり小なり不安を感じることもあるでしょう。ですが、「不安=リスク」という考えに凝り固まっていては、決して成果は得られません。 このような会社がありました。その会社では新たに新商品を販売することが [続きを読む]
  • 経営者と社員
  • ■違い裸一貫、全くのゼロから独立し起業した人や一代で会社を築き上げてきた人というのは、雇われている会社員とは根本的に違うものがあります。それは、お金を払ってでもその仕事をするかどうか、ということです。たとえば、普段当たり前のように使っている名刺や携帯電話。あるいは、コピー用紙にパソコン、机や椅子。さらには、出勤するための交通費、給与などの人件費。会社員は、それを経費とわかっていてもそこにかかってい [続きを読む]
  • ○○を捨ててこそ差別化
  • ■足し算ではなく引き算年度末のこの時期、来期の営業戦略やビジョンも明確になっているところでしょう。その中でも、いかにして競争を勝ち抜くか、ということで差別化や付加価値といったことをキーワードに計画を立てているところも多いと思います。これまで様々な業界で商品やサービスに付加価値をつけて差別化を図ろうとする会社やお店からのご相談は数多くありました。差別化を図ろうとすること自体は、もちろん悪いこと [続きを読む]
  • お客様とは?
  • ■定義を明確にする サービス業なんかではときどき、「お客様至上主義、お客様が第一」と掲げる会社やお店があります。かつては、そうした主義や考えから、 「お客様は神様です。」というフレーズもあったほどです。しかし、現代はそのフレーズを逆手にとって、「お客様は神様ではない。そんな扱いをすれば売上は伸びない。」「お客様を神様だと思って、お願い営業すれば失敗する。」といったようなことが言われた [続きを読む]
  • 三日坊主にならないために
  • ■継続する意味は? 「継続は力なり」という言葉がありますが、なにかを継続するということは、簡単なようで難しいものと感じている方も少なくないと思います。たとえば、社内で「毎朝みんなで自分のデスクを拭き掃除しましょう。」とかって決めても続かなかったり、「顧客向けのニュースレターを必ず毎月発行しよう。」と決めても半年ももたなかったり、「ブログを毎日更新しよう」と決めても3日坊主。「ホウレンソウ [続きを読む]
  • 魅力ある会社作り
  • ■待遇が良い?福利厚生の充実? ご存知の方も多いと思いますが、先月末、世界最大の総合人材サービス会社 ランスタッド社による「勤務先として魅力ある企業」が発表されました。日本企業のベスト3は以下のとおりです。1位 日清食品2位 トヨタ3位 サントリーちなみに海外企業での1位はamazonでした。どこも世界に名の通った大手一流企業ばかりですね。「だから魅力を感じる」という部分も要因としてはあるので [続きを読む]
  • 具体化する
  • ■自ら考え具体化することの大切さ今から4年ほど前、月1回のペースで経営者、ビジネスマンのための勉強会を地味に開催していました。この勉強会では毎回テーマを決めて参加者自身にテーマに沿って自分の事業や経営に関することを目一杯考えてもらい、アウトプットして頂くというワークショップのようなスタイルで行っていました。なので、テーマは毎回非常にシンプル且つ抽象的。ちなみに第1回目は「経営理念はなぜ必要か? [続きを読む]
  • 素直さ
  • ■成長に欠かせないもの「会社の常識は社会の非常識」なんて言葉があるように今まで当たり前のこととして捉えていたものが実は外の世界では違って映っていた、普段気にもとめていなかったことが実は、進化・成長していく種だった、なんていうことがあります。成長していく会社、あるいは、人というのは、アドバイスや助言を受けたり、苦言を呈されても素直に受け入れ、次から次へと自らハードルを設定しそれを超えていきます。当た [続きを読む]
  • 仲間探しはやめましょう。
  • ■傷の舐めあいになってませんか? 起業したての人に特に多いのですが、ビジネスに関する不安や悩みを抱えると、「同じような境遇にいる人は他にいないか?」「自分と同じような悩みや不安を持っている人はどう対処しているのか?」などと気になり、ビジネス交流会なんかに出かけそこでたまたま名刺交換をした人なんかと「ぜひ情報交換しましょう。」てなことで仲良くなったりします。 しかし…そうした所からはじまった [続きを読む]
  • 応援力
  • ■自分のためにも今夜からいよいよWBC(世界ワールドベースボールクラッシク)が開幕しますね。野球ファンのみならずとも、2009年決勝でのイチロー選手が放った歴史に残る1打に歓喜したこと思い出す人も多いのではないでしょうか?あのときの歓喜をもう1度。という願いを持って、今大会も東京ドームはもちろんのこと、各地のスポーツバーなどは盛り上がるんでしょうね。さて、野球に限ったことではありませんが、スポーツ観戦を [続きを読む]
  • 褒める教育の弊害
  • ■ほんとに褒めるだけで?「僕は褒められて伸びるタイプですから。」というビジネスマンと、時たまに出くわします。そんなとき、「あ〜、彼の会社ではちゃんと人材教育ができていないのかな。」と思わず疑ってしまいます。確かにどんな些細なことでも褒められると誰でも嬉しいしテンション上がります。そして、そのことが活力になって「また頑張ろう!」ってなるでしょう。ですが、褒められるだけで”伸びる”なんてことはあ [続きを読む]
  • 目先に囚われると中途半端に終わる
  • ■自ら首を絞めないようにこれまでに様々な業界の経営者や営業マンの売上に関するご相談をうけてきて、1つ思うことがあります。それは、「あれもこれも良い商品ですから・・・」などと、とにかく目の前にある商品を何でもかんでもお客さんに奨めてしまう、ということです。あるいは、ライバルが展開している商品やサービスを見て、「うちだって、負けてないぞ!」などといき込み、むやみやたらに商品数を増やしたりしてしま [続きを読む]