中久保浩平 さん プロフィール

  •  
中久保浩平さん: お仕事、頑張っている方へ元気を与えるブログ。
ハンドル名中久保浩平 さん
ブログタイトルお仕事、頑張っている方へ元気を与えるブログ。
ブログURLhttp://ameblo.jp/nertrap/
サイト紹介文一度読んだらやみつきに?数少ない、ビジネスの本質を突きまくる、超実践型ビジネスパーソン応援ブログ。
自由文元気を与えるアドバイザーとして全国各地の個人〜法人まで営業戦略・マーケティング戦略のコンサルティングとして活躍。熱烈なファンも非常に多い。マスコミへの執筆・寄稿、セミナー講師など活動範囲も幅広い。

2007年12月 宝塚CEO塾 セミナー講師
2008年1月 国際宝飾展 IJTセミナー講師

殿堂入り人気メールマガジン
「ビジネス真実践」
公式ホームページ
http://www.ner-trap.com/
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供102回 / 365日(平均2.0回/週) - 参加 2008/02/04 10:09

中久保浩平 さんのブログ記事

  • 感動は与えるものでない
  • ■与えることを考えない。お客様に感動を!満足を超えるサービスを!接客、サービス業ではよく耳にする言葉です。この言葉を合言葉にドンドンとサービスの向上や、接客対応のレベル、品質の向上に繋がっていけば素晴らしいことですよね。ですが、どうも言葉だけが1人歩きしているような違和感を感じることもあります。その理由は・・・より良いもの、より良いサービスというのは、見渡せばいくらでもあるわけで・・・言うなれば、 [続きを読む]
  • 顧客満足と商品価値
  • ■潜在的満足を顕在化する 販売や営業をしているとお客さんは、目の前にある商品そのものを求めていると思っていませんか? 確かにお客さんは目の前にある商品を求めて購入します。ですが、そこには、その商品を必要とする理由があります。いわゆるニーズやウォンツといったことです。それこそが、お客さんが感じる商品に対する価値観です。その価値観を察知することが第一線の現場ではとっても重要です。「いわれなくても、当た [続きを読む]
  • プロとしてコミュニケーションを大切に
  • ■どんな些細なことでもホウレンソウ仕事を円滑化し、且つ、成果を挙げていくために必要なことはなんでしょうか?そうです。コミュニケーションです。そして、そのの重要性は誰もが分かっています。ですが、ちゃんと出来ているつもりでも意外と出来ていないケースがあります。以前、大阪にある内装業を営んでいる社長のご相談を受けていたときのことです。「お宅んとこ、どないなってますのん。」突然のお客様からのクレーム。電話 [続きを読む]
  • 熱いトーク
  • ■相手を引き込むのではなく勝手に引き込まれるように数年前のお話で恐縮ですが、とても印象に残っている社長さんのお話を・・・。その会社は創業から35年間、美と健康を追求し続けている会社でした。社長は、学生時代から予防医学・皮膚学を学び続け「人が生きていくうえではミネラルが必要不可欠である。」ということを悟り、ミネラルが豊富に含まれている塩に注目されたそうです。塩といっても色々で、人体に最も良質なミネラ [続きを読む]
  • 我慢のときこそ楽しむ工夫を
  • ■ウジウジしても仕方がない 人は、笑顔の人のところに集まります。ニコニコしている人と一緒にいるとなんだか安心できます。これ、自然なことですよね。ですが、・売上が上がらない・集客ができない・やれどもやれども結果が出ないという悩みを抱えた営業マンや販売者、経営者などを見ていると・・・眉間にしわを寄せムスッとしてたり、元気がなかったり、なんとなく暗かったり・・・。ま、悩んでるから当たり前か。ではダメです [続きを読む]
  • 良いときばかり続かない
  • ■目先を追う悲劇クライアントさんには経験上「目先のことばかり考えてると後々しんどくなりますよ。」というようなことをお話しています。それでも、「目先がなければその先もないじゃないか。」と返してくる人もたまにいます。気持ちは分からなくないのですが、目先のことしか見えなくなってしまうと結果取り返しのつかないことに・・・。 かつてこんなことがありました。とある中規模の飲食店。毎日常連客のお客さん達で溢れか [続きを読む]
  • ビジョンがあって人も会社も成長する
  • ■社外に敏感、社内に鈍感ではダメこれまでにご相談頂いたり一緒にお仕事をさせてもらってきた中で様々な業界のビジネスマンと接する機会をいただきました。そして、このような機会を通して共通して感じることがありました。それは「ビジョン」についてです。5年後、10年後、自社(あるいは自分)はどのようになっていたいか?又、どうあるべきなのか?こうしたビジョンを明確に描く必要性というものを物凄く感じます。なぜそん [続きを読む]
  • 視野を拡げるために
  • ■しがらみから開放する過去、経営者から管理職、イチ営業マン、また、士業の方、あるいは、就職活動をされている方など・・・業界、規模、職種、役職、立場等ほんとに幅広い方達からのご相談をお受けさせていただきました。これだけ幅が広いと時々言われることがあります。「○○業界に特化したコンサルティングをする方が良いんじゃないですか?」さらには・・・「うちは飲食店なので、飲食店専門のコンサルタントにお願いした [続きを読む]
  • 「やらす」「やらされている」を撲滅する
  • ■仕事をする意志仕事を「やらされている」「与えられたことだけやっている」という感覚でいると、当然仕事は面白くも楽しくもありません。そして、そのような職場環境では当然ながら人は育ちません。よって、会社組織も成長しません。人材に対して「教育すること」と「命令をすること」や「叱咤激励すること」を無意識的に同じこととしてしまっている経営者・管理職は結構います。教育することと命令することとは全くの別物である [続きを読む]
  • 裏側をみせる企画
  • ■お金をかけなくても出来ること商品開発やサービス誕生に至るまでの紆余曲折や試行錯誤、あるいは、会社やお店を作っていく上で纏わる苦労話。こういったある種、その会社やお店、商品やサービスまたは、人そのものの歴史。表には見えない裏側というものを見せていく。裏側の情報を発信(形はどんなものでも良い)し、それを受け取った人達の何割かの人というのは、応援してくださる人になってきます。いわゆるファン層になるか [続きを読む]
  • 組織力、チーム力の真価が問われるとき
  • ■優秀な人材が抜けたときこそ社内で一目置かれる実力者や、一番頼りにしている右腕的存在のスタッフが、突然、退職することになったとき、会社としては大きな損害となります。というか、大きな損害となってしまう、と思い込んでしまっているという方が適しているのかも知れません。「Aさんが辞めてしまった穴を埋めるのは大変だ。」「Aさんの代わりを努めることのできるヤツはいない。」など。しかし、時間は止まりません。Aさん [続きを読む]
  • 1人の失敗をみんなで学ぶ
  • ■失敗こそ共有するラグビー好きな方にはよくご存知の言葉、ワンフォアオール・オールフォアワン、というのがあります。一人はみんなのために、みんなは一人のために、という意味です。この言葉、まさに会社組織にも当てはまるのではないでしょうか。特に、誰かがミスをしたり、失敗をしたときにこそ。    * * * * * 「何度言ってもあそこの会社は門前払いだよ〜。」「俺も今日は、担当者に会えたけど、全く話すら [続きを読む]
  • 変わりもの
  • ■異質な存在 あなたの周りに「変わってますね。」と言われるような人、いませんか?たとえば、みんながいう事に対していつも反対の意見を持っているようなご意見番のような人とか、みんなが好んでやらないことを率先してやっていく人など。実はそういう人こそブレない人であり、突き抜けていける人なのです。なぜなら、自分の中で絶対的な価値観を持っていて意思的だろうが、無意識であろうがその信念に沿っているからです。自分 [続きを読む]
  • 努力は報われるのか?
  • ■コツコツやるという意味前号では【結果は後からついてくる】という言葉からそのやり方によっては結果などついてきません、というお話をお届けしました。今回は、「努力すれば報われる。」という言葉から、努力の在り方についてお届けします。 これまでの経験上、スピード感の無い人やまるで行動力の無い人ほど「努力すれば報われる」という言葉を好みます。努力すれば報われる。というのは、質とそれに比例する量が伴わなければ [続きを読む]
  • 結果は本当に後からついてくるのか?
  • ■プロセスが大切「結果は後から付いてくる。」という言葉があります。ほんとに結果は後から付いてくるのでしょうか?などと考えたことはありませんか?あるいは、不安に思ったことがありませんか? 「結果は後から付いてくる」というのは、、やるべきことをやったことが結果という事象で現れているのです。たとえば、どうしても乗り越えられない壁があったとして、それを乗り越えるためにどうするか考え工夫し、何度も行動を繰り [続きを読む]
  • 意識を変えるといっているようじゃ無理
  • ■現在の居心地の良さから抜け切れるか?自分の能力やスキルを高めてさらならるステージを目指すという方は、たくさんいらっしゃいます。ですが、そのような思いや、やる気はあるものの実際に能力やスキルが目に見えてレベルアップしているという人は極少数派です。その主たる理由は、現在いるステージ(場所・取り巻く環境)から抜け出せないという人がほとんどだからです。現在あるステージに安心していたり、居心地がよかったり [続きを読む]
  • 行動力が鈍ったなと感じたら
  • ■子供の頃・・・ipadが発売されたころ、とあるTV番組で、小学低学年の子供に何も説明しないままipadを渡し「好きに遊んでいいよ。」と伝えると、あれこれ触り、電源を入れ、ゲームのアプリにたどり着き夢中に遊び始めるということがありました。一方で、同じようにipadを全く知らない大人にも何も説明しないipadを渡すと、「どこに電源があるのか?」とか「どうやってゲームのアプリケーションにいけるのか?」ということを触る [続きを読む]
  • やらないリスクとでメリット
  • ■やらなかったときのことを考える。これまで色々な業界の経営者、営業マン、管理職の方々にアドバイスやサポートなどをさせてもらってきた中で、「忙しくて中々言われたことに着手できないんですよ。」とか、「部下には指示を出したんですが、まだ報告がなくて。」とか、「早くやろうと思ってはいるんですけど、なかなか・・・」などと、とにかく「できない」ではなく「やらない」ことに対する言い訳をする人達も結構いました。 [続きを読む]
  • 仕事のいい訳をしないために
  • ■常日頃の準備が必要これまでにコサンルティングをさせてもらってきた中で、様々な助言だったり、提言をさせてもらったとき、「もう少し売上が伸びたら店内の改装をします。」「お客様が増えてきたらスタッフを増やします。」「この商品がヒットしたら次の新商品を考えます。」「有名になったら講演します。」「今いるスタッフが育ってきたら次の展開へ進みます。」「貯金が○○たまったら起業します。」「上司がYesと言ったら採 [続きを読む]
  • 失敗やミスをしてしまったら・・・
  • ■謝罪と反省だけでは足りない。誰にだって失敗やミスはあります。ですが、同じような失敗やミスを何度も繰り返しすのはよくないということをみんな認識しています。たとえ小さな失敗やミスであっても、信用や信頼といった商売・ビジネスにとって最も重要なものを失くしてしまう恐れがありますから。以前こんなことがありました。ある会社に仕事を依頼したときのことです。仕事をしてもらうには、先払いが必要ということで、先に [続きを読む]
  • 悩める営業マンへの指導のヒント
  • ■質を落としてしまっていませんか?先日、成果が出ていない。実力が発揮できていない。しかしながらポテンシャルは高い営業マンに話を伺ってきました。彼曰く、「『上司や先輩が言うことは、俺のやり方はこうだ、こんな場合はこうした感じで・・・』というようなアドバイスが多くて参考になるけど、やり方は、上司にしろ先輩にしろバラバラなのでどれをやっていいか分からないし、自分のやり方を感覚で伝えてくるのでイマイチピン [続きを読む]
  • 残念な社長
  • ■あなたの周りにもいませんか?勘違いか、それとも性格か?いわゆる成功を収めた人の中には「俺のいうことが全て」といったように常に上から目線・・・という残念な社長にもこれまでにたくさん会う機会がありました。私が出会って来た残念な社長の特徴は、自分の功績、過去の栄光にしがみつき他人の意見に耳を貸さない。いや、耳を貸さないどころか、他人の意見を否定するというタイプがほとんどでした。このようなタイプは [続きを読む]
  • 売れるコピーを考える前に知っておきたいこと
  • ■お客さんに対して適切かどうか「どうすれば売れるキャッチコピーが書けますか?」とか、「どうすれば、お客さんに興味を喚起させる表現ができるでしょうか?」「どんなコピーを作ればお客さんがたくさん来てくれますか?」という類の相談が以前は結構ありました。こうした相談を受けたときは、「表現をテクニックに頼ってはいけません。」と指導してきました。その意図は、「上手く表現できれば売れる」という考えを捨てましょう [続きを読む]
  • 自分を変えたいという人へのヒント
  • ■役作りでセルフイメージ以前、NHKの番組で声優の古谷徹さんが、役作りについて語っていました。「巨人の星の星雄馬を演じたときは、ピッチャーが投げるときの「フンッ」という息声を習得するために毎日弟とキャッチボールをしました。そのおかげで、画に合わせて自然にボールに力を込めて投げる雄馬を演出できたのでは?と思っています。」「ガンダムのアムロレイを演じたときは、未来を感じられるギンギラのジャンパーを [続きを読む]
  • ネガティブになった時の処方箋
  • ■工夫や改善のサインを見逃すな「毎日が単調で仕事に面白味がない。」「いわれたことだけをやっていればそれでいいや。」などと、仕事に対してネガティブな感情を持ってしまったことがある。心当たりのある人も少なくないかも知れません。本人だけの気持ちの問題なら全く構わないのですが、このようなネガティブな感情というのは知らず知らずに顔に出ていたりするもので、そうなると周りにはとっても迷惑なことなのです。た [続きを読む]