中久保浩平 さん プロフィール

  •  
中久保浩平さん: お仕事、頑張っている方へ元気を与えるブログ。
ハンドル名中久保浩平 さん
ブログタイトルお仕事、頑張っている方へ元気を与えるブログ。
ブログURLhttp://ameblo.jp/nertrap/
サイト紹介文一度読んだらやみつきに?数少ない、ビジネスの本質を突きまくる、超実践型ビジネスパーソン応援ブログ。
自由文元気を与えるアドバイザーとして全国各地の個人〜法人まで営業戦略・マーケティング戦略のコンサルティングとして活躍。熱烈なファンも非常に多い。マスコミへの執筆・寄稿、セミナー講師など活動範囲も幅広い。

2007年12月 宝塚CEO塾 セミナー講師
2008年1月 国際宝飾展 IJTセミナー講師

殿堂入り人気メールマガジン
「ビジネス真実践」
公式ホームページ
http://www.ner-trap.com/
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供104回 / 365日(平均2.0回/週) - 参加 2008/02/04 10:09

中久保浩平 さんのブログ記事

  • ○○を捨ててこそ差別化
  • ■足し算ではなく引き算年度末のこの時期、来期の営業戦略やビジョンも明確になっているところでしょう。その中でも、いかにして競争を勝ち抜くか、ということで差別化や付加価値といったことをキーワードに計画を立てているところも多いと思います。これまで様々な業界で商品やサービスに付加価値をつけて差別化を図ろうとする会社やお店からのご相談は数多くありました。差別化を図ろうとすること自体は、もちろん悪いこと [続きを読む]
  • お客様とは?
  • ■定義を明確にする サービス業なんかではときどき、「お客様至上主義、お客様が第一」と掲げる会社やお店があります。かつては、そうした主義や考えから、 「お客様は神様です。」というフレーズもあったほどです。しかし、現代はそのフレーズを逆手にとって、「お客様は神様ではない。そんな扱いをすれば売上は伸びない。」「お客様を神様だと思って、お願い営業すれば失敗する。」といったようなことが言われた [続きを読む]
  • 三日坊主にならないために
  • ■継続する意味は? 「継続は力なり」という言葉がありますが、なにかを継続するということは、簡単なようで難しいものと感じている方も少なくないと思います。たとえば、社内で「毎朝みんなで自分のデスクを拭き掃除しましょう。」とかって決めても続かなかったり、「顧客向けのニュースレターを必ず毎月発行しよう。」と決めても半年ももたなかったり、「ブログを毎日更新しよう」と決めても3日坊主。「ホウレンソウ [続きを読む]
  • 魅力ある会社作り
  • ■待遇が良い?福利厚生の充実? ご存知の方も多いと思いますが、先月末、世界最大の総合人材サービス会社 ランスタッド社による「勤務先として魅力ある企業」が発表されました。日本企業のベスト3は以下のとおりです。1位 日清食品2位 トヨタ3位 サントリーちなみに海外企業での1位はamazonでした。どこも世界に名の通った大手一流企業ばかりですね。「だから魅力を感じる」という部分も要因としてはあるので [続きを読む]
  • 具体化する
  • ■自ら考え具体化することの大切さ今から4年ほど前、月1回のペースで経営者、ビジネスマンのための勉強会を地味に開催していました。この勉強会では毎回テーマを決めて参加者自身にテーマに沿って自分の事業や経営に関することを目一杯考えてもらい、アウトプットして頂くというワークショップのようなスタイルで行っていました。なので、テーマは毎回非常にシンプル且つ抽象的。ちなみに第1回目は「経営理念はなぜ必要か? [続きを読む]
  • 素直さ
  • ■成長に欠かせないもの「会社の常識は社会の非常識」なんて言葉があるように今まで当たり前のこととして捉えていたものが実は外の世界では違って映っていた、普段気にもとめていなかったことが実は、進化・成長していく種だった、なんていうことがあります。成長していく会社、あるいは、人というのは、アドバイスや助言を受けたり、苦言を呈されても素直に受け入れ、次から次へと自らハードルを設定しそれを超えていきます。当た [続きを読む]
  • 仲間探しはやめましょう。
  • ■傷の舐めあいになってませんか? 起業したての人に特に多いのですが、ビジネスに関する不安や悩みを抱えると、「同じような境遇にいる人は他にいないか?」「自分と同じような悩みや不安を持っている人はどう対処しているのか?」などと気になり、ビジネス交流会なんかに出かけそこでたまたま名刺交換をした人なんかと「ぜひ情報交換しましょう。」てなことで仲良くなったりします。 しかし…そうした所からはじまった [続きを読む]
  • 応援力
  • ■自分のためにも今夜からいよいよWBC(世界ワールドベースボールクラッシク)が開幕しますね。野球ファンのみならずとも、2009年決勝でのイチロー選手が放った歴史に残る1打に歓喜したこと思い出す人も多いのではないでしょうか?あのときの歓喜をもう1度。という願いを持って、今大会も東京ドームはもちろんのこと、各地のスポーツバーなどは盛り上がるんでしょうね。さて、野球に限ったことではありませんが、スポーツ観戦を [続きを読む]
  • 褒める教育の弊害
  • ■ほんとに褒めるだけで?「僕は褒められて伸びるタイプですから。」というビジネスマンと、時たまに出くわします。そんなとき、「あ〜、彼の会社ではちゃんと人材教育ができていないのかな。」と思わず疑ってしまいます。確かにどんな些細なことでも褒められると誰でも嬉しいしテンション上がります。そして、そのことが活力になって「また頑張ろう!」ってなるでしょう。ですが、褒められるだけで”伸びる”なんてことはあ [続きを読む]
  • 目先に囚われると中途半端に終わる
  • ■自ら首を絞めないようにこれまでに様々な業界の経営者や営業マンの売上に関するご相談をうけてきて、1つ思うことがあります。それは、「あれもこれも良い商品ですから・・・」などと、とにかく目の前にある商品を何でもかんでもお客さんに奨めてしまう、ということです。あるいは、ライバルが展開している商品やサービスを見て、「うちだって、負けてないぞ!」などといき込み、むやみやたらに商品数を増やしたりしてしま [続きを読む]
  • 注意!こだわりの伝え方
  • ■「○○にこだわってます!」はNGです。お店や商品、あるいはサービスの強みを伝えたり、インパクトを与えるために、はたまた差別化だといって、「当店では○○にこだわっています。」みたいなことを謳っている店舗は少なくありません。確かに、素材や原材料、サービスの質などこだわっているのでしょう。ですが、「○○にこだわっています。」という謳い文句は、実は、お客さんに伝わり難いものなのです。しかも、「ライバルが○ [続きを読む]
  • 身内の裏切り
  • ■どこの会社でも起こりうることです。某営業会社に勤めいてた後輩から以前こんな告白がありました。「中久保さん、聞いてください。僕、営業所長をやっていたんですけど、部下が不正を起こしてしまって、責任を取らされ降格異動を命じられたんです。今では、平の営業マンです。」彼の勤めていた会社は全国で300名ほどの営業マンを有する会社でした。彼はその300名の中でも常に1位、2位の成績を収めるほどのトップ営業マンとなり、 [続きを読む]
  • 認める勇気
  • ■認めないと何も変わらない。相談を受けてコンサルティングさせてもらっても一向に何の改善も改革も進まず、現状のまま成果も上がってこない、むしろ、ジリ貧になっていくという会社やお店が時々ありました。そのような会社やお店の経営者の共通点が、「いやっ、うちはこれまでこれでやってきたんだ。」「今更、新しいやり方でやるにはリスクが大きい。」「以前は、これで上手く行っていたんだ。今はとにかく我慢の時期だ。」など [続きを読む]
  • 儲けたいか?儲かりたいか?その違い
  • ■「売上を伸ばす」「儲ける」という発想を捨てる 「どうすれば売上は伸びるのか?」というアプローチで相談をしてくる人の多くは、売上を伸ばす方法論を求めてきます。ですが、私はそれに応えることはありません。売上を伸ばす方法なんてないからです。こういうことをいうと、「いやっ、プロモショーンを仕掛けるとか、成約を伸ばすための仕組みを作るとか、いろいろあるじゃないですか。」みたいな反論をしたくなるか [続きを読む]
  • 必ずヒトから
  • ■商売、ビジネスに必要な「ヒト」「ヒト・モノ・カネ」とはよくいった言葉で、商売やビジネスはこの順序で成り立っており、そのヒトの信用や信頼がまず重要であるという、この原理原則は変わることはありません。そんなことは十分解っているし、感謝という言葉も口にする。でも、この当たり前のことがきちんと出来ていない経営者も結構いるものなのです。自己都合や自己利益のみを追求する経営者がそうです。信頼のおける会社やお [続きを読む]
  • お客さんに届けなきゃ
  • ■職人と経営の間 「この新商品を販売したいのですが・・・」と相談に来られた某製造業の経営者がいました。会社の規模は小さいながらも仕事は丁寧で創業してン十年、コツコツやってきて取引先、顧客への信頼・実績も十分ありました。新商品についても非常に魅力的なものでテストマーケティングを行った結果、市場からの評判も上々でした。そして、いよいよ「では本格的に動きますか?」って段階になったときに、「いやっ、ま [続きを読む]
  • コサンルタントの営業
  • ■成功事例を語ることが営業前号では「こんなコンサルタントは信用するな!」ということをお伝えしました。今回は、引き続きコンサルタントの営業方法についてお伝えします。コンサルタントに相談や依頼をする前に、、あるいは、コンサルタントから成功するためのノウハウを学ぶ前に、ご参考ください。    * * * * *コンサルタントはとかく成功事例を語りたがります。「当方のクライアントでは売上が2ヶ月で3倍にまで [続きを読む]
  • こんなコンサルタントは信用するな!
  • ■とにかく契約を迫るクライアントの獲得に躍起になっているコンサルンタントほど始末の悪いものはありません。僕がまだコンサルを始めた頃です。恥を忍んでお話します。集客相談110番、というキャッチコピーのチラシを撒きまくってみたり、1日100件,業種問わずテレアポをしまくり「あいさつに伺いたい。」とか、FAXDMを使って、1000件以上の企業や店舗に「無料相談受付中」と送信してみたり、結果はお察しのとおり、全滅でした。 [続きを読む]
  • 問題を根本的に解決するヒント
  • ■「なぜ?」の効用業績に伸び悩んだり、商品が思うように売れないという相談者に対して「その理由はなぜだと思いますか?」と訪ねてみると・・・「価格で他社に負けているから・・・」「上手く営業トークが出来ないから・・・」「立地が悪いから・・・」「ブランド力が無いから・・・」「営業マンが育たないから・・・」「景気が悪いから・・・」「うちの商品だけでなく、業界全体が冷え込んでるから・・・」「媒体そのもの [続きを読む]
  • 学ぶべきは「やり方」ではない
  • ■フレームワークや方程式に頼ってはいけない! マーケティングに関する相談を受けていたとき、クライアントの雑貨販売店を営む社長が仰っていた言葉が今でも耳に残っています。社「中久保さん、実はね、うちは以前○○総研にコンサルタントを依頼したことがあるんですよ。」中「へぇ〜そうなんですね。で、どうでした?」社「それがね、資料やらマニュアルやらは、やたらと立派なものを持ってくるんですけど・・・で、それに [続きを読む]
  • ある社長との会話にて
  • ■草食系男子、最強説久しぶりにお会いしたクライアントとの会話。「いつもメルマガ読んでます。僕のことをいわれてるのか?と思うことが結構あるんですけど(笑)」「だって社長のことを言ってるんですから(笑)」とまぁ、談笑しつつ、本題へ。 社「実は最近困ったことがありまして・・・」私「と、いいますと?」社「草食系男子、ってやつです。」私「草食系男子?ですか。」社「そう、草食系男子。もう、僕には理解不能で [続きを読む]
  • RPGで組織力を高める
  • ■それぞれの違った能力を発揮する 社会現象を巻き起こすほどかつて一世を風靡し、未だ根強いファンが多いロールプレイングゲームといえば「ドラゴンクエスト」はまった方、今も尚はまっているという方、多いのではないでしょうか?プレーヤー自身が主人公となり旅に出て、スライムやドラキー、ドラゴンなどといったモンスターを次々と倒し、経験値を積み、色々な武器や技を覚えたりしながら成長して強くたくましくなっていき [続きを読む]
  • リーダーシップとマネジメント
  • ■両輪のバランスがカギ先月、リーダーシップについての特性には4つありますというお話をお伝えしました。⇒ http://ameblo.jp/nertrap/entry-12229771900.html組織を成功へ導くためには、リーダーシップを発揮するだけではいけません。もう1つの力が必要となります。それがマネジメントです。リーダーシップとマネジメントの両輪が発揮されてはじめて、組織として機能するからです。では、リーダーシップとマネジメント [続きを読む]
  • 目標達成できない3つの理由
  • ■ビジョン・人財・ミッション年始のうちは「今年の目標」「今年のテーマ」にむけて「みんなでがんばりましょう」と士気も上がります。ですが、しばらくするとちょっとしたことで挫折したり、目標も下方修正されたりします。これが毎年同じことの繰り返しとなり、会社は一向に変わることなく大した成長もしないまま。結局、士気が高まっているのは最初だけ・・・。思い当たるフシのある人もいるのではないでしょうか?なぜこ [続きを読む]
  • 伝える能力
  • ■プレゼン力を伸ばす為に普段からできること30名の若手経営者達が「夢」をテーマにした3分間スピーチを行うという会にお招き頂いたときのお話。3分間で「自分の会社やお店の夢」をプレゼンするというルールなのですが、3分という時間を上手に使って「夢」を伝えきれる人もいれば時間が足らずに真意を伝えられないままという人もたくさんいました。(2分50秒経つとベルで”チン”と鳴らされ、3分超えると連打でベルが鳴らさ [続きを読む]