giantwatcher さん プロフィール

  •  
giantwatcherさん: プロ野球ウォッチング学
ハンドル名giantwatcher さん
ブログタイトルプロ野球ウォッチング学
ブログURLhttp://giantwatcher.seesaa.net/
サイト紹介文巨人の試合を通じてのプロ野球ウォッチング学。試合での駆け引き通じて、人生にも起きることを解説。
自由文巨人の試合を通じてプロ野球における一球一球の駆け引きを楽しむウォッチング学をお伝えします。試合のどこがポイントだったか、どこで配球を間違えたか、どの選手が鍵だったか。そうした人生にも起きることをプロ野球を通じてご説明して行きます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供139回 / 365日(平均2.7回/週) - 参加 2008/02/04 16:42

giantwatcher さんのブログ記事

  • 連勝
  •  甲子園での第2戦も投手戦でしたが、巨人が3-1で逃げ切りました。 ポイントは5回。福留が3塁打で、1死3塁。そこで吉川が鳥谷に危険球。突然の登板となった田原が何とか抑え、無失点。 その後、8回に亀井がタイムリー。代打の神(亀)。亀ってる。      さらに、9回に長野が2点タイムリー3塁打。かなり調子が戻って来ました。      さぁ、今日もしっかりと守って、勝ちたいですね。Go Go Giants。 [続きを読む]
  • 圧巻
  •  甲子園での阪神との第1戦は、菅野の好投で、1-0で巨人が勝ちました。 まさに圧巻の投球。さすがエース。かつての頼りない菅野が成長を見せました。特に糸井を無安打に抑え、福留も1安打に抑えました。最後まで速球が冴えていました。送りバントも簡単にはさせない。7回を無失点。お見事。          打撃面では、ダイナマイト石川慎吾が2死から貴重な2塁打。そして小林がタイムリー。 守備面では、最終回の糸原の3塁 [続きを読む]
  • 田口完封
  •  DeNAとの第3戦は、4-0で田口が完封。内海との違いを見せつけました。 同じ左投手でもかなりの違いがあります。   ■内海&山口鉄はチェンジアップ依存症   ■その分、速球やカーブのキレが無い   ■右打者の外角にチェンジアップは慣れると打たれやすい   ■所詮は落ちてゆく半速球なので、バットに当てさえすれば良い   ■田口はカーブ投手   ■チェンジアップも投げるが、依存していない   ■田口はイン [続きを読む]
  • 内海では勝てない
  •  DeNAとの第2戦は、4-6で巨人が逆転負け。内海が守れない。初回にロペスにチェンジアップを打たれ、2失点。その後もロペスにタイムリーを打たれ、最後はランナー二人を置いて降板、桜井が甘い球を投げて、最後の2失点。内海の自責点は6点すべて。早く山口俊に上がってきて欲しい。 高橋監督はいつまで内海を使い続けるのでしょうか? ここ数年、同じパターンで打たれます。もうスピードが無いので、組み立てができないのです。山 [続きを読む]
  • 連敗ストップ
  •  DeNAとの横浜での第1戦は、延長にもつれましたが、5-3で巨人が勝ちました。連敗ストップ。ホッ。 マイコラスが好投。7回を3失点。勝ちはつきませんでしたが、良い内容。 先取点は長野のタイムリー3塁打。チョー久しぶり。         一時は逆転されましたが、マギーの犠牲フライで3-3に。 そして延長10回に、またマギーが2点タイムリー。好調を維持しています。     今日勝ってカード勝ち越しとしたいです。 [続きを読む]
  • 得点能力ゼロ
  •  ヤクルトとの第3戦も0得点で巨人が0-1で負けました。 2試合でゼロ得点。この試合でも9安打でゼロ得点。 坂本/村田/中井/実松が無安打。逆にマギー4安打、立岡3安打。 これで貯金もゼロ。4位がすぐ近くに。トホホ。 [続きを読む]
  • 快気祝い?
  •  ヤクルトとの第2試合は、由規が復帰したので、遠慮気味、大竹も滅多打ちされて、0-7で巨人が大敗。 そう思わないと納得できないほどの、巨人の貧打線。 今日こそ、しっかり勝ちましょう。 [続きを読む]
  • エースと4番
  •  ヤクルトとのドーム第1戦は、エース菅野が8回を1失点と好投、4番阿部が2ランとタイムリーと大活躍、5-1で巨人が快勝しました。     ただ、マギー/亀井/中井/小林が無安打と貧打は変わらず。上位の阪神と広島と対照的。もう少し打線が活性化しないと、しわ寄せが投手陣に来ます。 でも勝ちは勝ち。今日もがっばって勝ちましょう。 [続きを読む]
  • 酷い試合
  •  広島との第2戦もボロボロで1-8で大敗。守れない&打てない。 今朝の報知に下記のような記事が載りました。同感なので、抜粋します。 ◆広島8―1巨人(14日・マツダスタジアム) 巨人が、宿敵カープに連敗した。先発の田口が同点の6回に鈴木に決勝2ランを浴びるなど、6回を5安打3失点で今季初黒星。打線は4安打に抑えられ、守備陣も、3回に中井のエラーが失点につながり、8回には打者・石原に2度のワイルドピッチ [続きを読む]
  • 初回の3失点がすべて
  •  広島との第1戦は2-11で巨人の大敗。それだけです。マイコラスの責任は重い。とにかく前提として弱い。いずれ、DeNAに追いつかれて4位転落も目の前。石川/坂本/長野/小林が無安打。FAで取ってきた3選手が全員が2軍生活も含めて、これが巨人の現状。高橋監督、根本で何かが狂っていると思いませんか? 私なら、まず長野と内海とじっくり話し、2軍に落とします。1軍のレベルではないから。 明日の田口は、若さゆえ、悪い巨人を引き [続きを読む]
  • 巨人の新化
  •  阪神との第2戦。一番良い菅野で負けた次の日なので不安いっぱいの試合前でしたが、打撃戦の末、巨人が9-7で逃げ切りました。     巨人が5本塁打。坂本が2本。右方向の新化。阿部が1本。少し覚醒。マギーが1本。好調を維持。長野が1本。お久しぶり。これらの本塁打がほぼ右打者というところが巨人の新化。ここ10年近く、本塁打は阿部か高橋由か外人の左打者中心。やっと右のホームランバッターが増えた。これで左投手を安易 [続きを読む]
  • 舞い上がり過ぎ
  •  阪神との第1戦は、4連続完封を目指しますが、心技体がカラ回り。初回の4安打で2失点、3回に苦手の福留に2ランを浴び、2-4で巨人が負けました。舞い上がり過ぎ&ガックリし過ぎ。完封も大切ですが、勝つことが優先ですよ。     ただし、4失点でも、もっと打てばよいのにと思って見ていました。阿部とマギーはOK。ところが、1、2,3番が無安打。勝てるわけがありません。 それでも菅野は意地で8回を投げ切りました。次の試合で [続きを読む]
  • 内海じゃ勝てない!
  •  中日との第3戦は、1-8で負けました。最下位にぼろ負け。お粗末。 先発内海が初回からヘロヘロで4回で5失点。それも最近連続負け。内海の先発は見たくない。2軍降格らしいですが、2軍にいるルーキーの畠くんの方が良いのでは。 この試合での打線は、たったの5安打。うち石川が2安打。情けない限り。ジョーダンだけに冗談??? 一日休んで頭を切り替えましょう。 [続きを読む]
  • 巨人圧勝
  •  中日との第2戦は、初回坂本が先制弾。その後2点を取り、田口の投球も冴えて、6-1で巨人が勝ちました。 マギーが4安打。長野も3安打の復活ののろし。阿部のバットを使って打っています。坂本も中井も小林も2安打。阿部を休ませて、マギーがバッチリ。                昨年とは違う巨人。中日なので明日も勝ちましょう。 [続きを読む]
  • 泣き笑い
  •  DeNAとの第3戦は巨人が負け、ナゴヤドームでの中日との第1戦は、巨人が逆転勝ちでした。 DeNAは3タテは難しいので仕方がないと思っていましたが、昨日のバルデスはやばかったです。でも8回表にマギーの2塁打から小林のスクイズまでで2点を取り、逃げ切りました。小林のスクイズも危なかった。普通のスクイズではなく、セーフティスクイズだったので間一髪。捕手がポロリ。長野がミットをはねのけた感じ。            [続きを読む]
  • 良い感じの勝ち
  •  DeNAとの第2戦は、4-1で巨人が勝ちました。 先取点は1点取られましたが、2回裏2死2,3塁で小林がセンターへポテンヒット。小林が少しずつしぶとい打撃を取り戻しつつあります。この試合ではリードも終始して良かった。      7回の大竹から山口鉄、そしてマシソンへの切り替えが良かった。 ようやく勝ち越した状態を維持しつつ、逃げ切って勝つという形ができつつあります。今日も頑張って3タテしたいですね。 [続きを読む]
  • 0点に抑えれば必ず勝つ
  •  DeNAとのドーム第1戦は、菅野が完封、5-0で巨人が快勝。3試合連続完封は28年ぶりの快挙。 1回の坂本のホームランが良いムードを作りました。11安打の巨人。特に坂本が4安打の固め打ち。阿部だけ蚊帳の外。 今日の第2戦が大切。打って勝ちましょう。     [続きを読む]
  • つながらない打線
  •  ヤクルトとの第3戦も8安打なのに2点しか取れない巨人が負けました。またも初物の星が打てなかった。 その原因は、坂本と阿部に疲れ、長野が不調、石川信吾も無安打。要するに打点を取れる人間が不在なのです。 それでも4月が終わって、貯金1。最低ノルマは果たしました。 陽岱鋼も山口俊も不在。まぁ、勝負は交流戦から。今は我慢しましょう。 [続きを読む]
  • 惜敗
  •  ヤクルトとの第2戦は、1-2で巨人が負けました。小川も田口もまぁまぁの好投。ただ巨人が得点できなかった。8安打で1点。情けない得点能力。結果、紙一重のゲーム。阿部のタイムリーで1点取ったことを喜ぶしかありません。 今日勝ちましょう。今のヤクルトに負け越すのはダメです。 [続きを読む]
  • 点が取れれば勝つ
  •  完封負けの次の神宮でのヤクルトとの第1戦は、7-0で巨人が勝ちました。 立ち上がりの悪かった石川から初回にいきなりの4得点。特にマギーの3ランが効きました。その後も追加点を挙げて7点。巨人の石川が2ランを含む猛打賞。乗っています。"ダイナマイト慎吾"誕生。    一方のマイコラスはイマイチでしたが、要所を締め、6回を無失点。その後、篠原と池田が締めて、最後はカミネロ。"篠-池-カミ"の神締め。 ヤクルトは畠山 [続きを読む]
  • 0点で勝てる試合は無い
  •  広島との第3戦は巨人が1-0で完封負けをしました。 とにかく打てない。4安打。特に阿部が酷い。 良いところを探せば、宮國。1失点はしたものの、6回を投げ切りました。次回に期待しましょう。 巨人は3位転落。神宮でまずヤクルトに勝ち越すことです。 [続きを読む]
  • よく6点取った
  •  広島との第2戦は、大竹が守り切れず、7-6で巨人が負けました。それでも6点取ったのですから、よく頑張った。それにしても、よく打たれました。(苦笑) 池田が誤算でした。マツダのマウンドで、これまでと違ってビビっていました。 菅野の後の右先発投手では、打たれやすい。左の先発の方が良かったのでは。 いずれにしても、今日頑張りましょう。Go,Go,Giants。 [続きを読む]
  • エース対決
  •  広島とのマツダ第1戦は、野村と菅野の対決になり、1-0で菅野が完封勝ち。3勝目。     マギーが先取点と攻守で活躍。やっと楽天時代のマギーに戻りました。     まずは先勝。もう一つ勝って勝ち越しましょう。 [続きを読む]
  • 情けない
  •  阪神との第3戦は1-2で巨人が負けました。巨人が10安打で1点、阪神が5安打で2点。いかに効率が悪い巨人か・・・。 初モノで左の横山が先発。嫌な予感がしました。能見を打てるのに、ほぼ真っ直ぐだけの横山が打てない。情けない巨人です。 1日休んで頭を冷やして欲しいです。 [続きを読む]
  • 投打かみ合う
  •  阪神との第2戦は、投打のかみ合った巨人が4-1で勝ちました。 1回に先取点を取られた田口がその後ナイスピッチングで、7回を4被安打、1失点。阪神キラーが続いています。阪神に6連勝。 打は3回の坂本の芸術的なバッティング。能美の地面スレスレのフォークをひろったもの。2打点。           小林が2盗を防いだのも秀逸。(2塁走者が投手田口なので)立岡の犠牲バントが絶妙、そして7回のタイムリーも見事。阿部は休 [続きを読む]